オペラ座の怪人単語

オペラザノカイジン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

「オペラ座の怪人」(Le Fantôme de l'Opéra)とは、

  1. フランス作家ガストン・ルルーが1909年に発表した小説
  2. 1.を原作とした演劇映画テレビドラマ等。

日本では現在三輪訳版、日影丈吉訳版、長島良三訳版、児童小説版などが出版されている。

概要

原作は取材談を基盤とした擬似ノンフィクション形式で進行。正確にはある人物が記録した手記を手に入れたルルーが、手記を元に本作を執筆したという「設定」である。

実際にルルーオペラ座(ガルニエ宮)を概観から細部まで綿密に調べ上げ、ストーリーも「得体の知れない怪人が潜んでいるのではないか」という噂に着想して作られていった。
またシャンリア落下等の実際に在った事件を交えながら、物語が展開されている。

現在では小説を基にしたミュージカル映画などが多数製作されている。
特にミュージカル現在でもブロードウェイのみならず、世界各地でたびたび上演されている。日本では劇団四季宝塚歌劇団などにより演されている。
また映画版は1916年に最初に作られのを皮切りに、様々な「オペラ座の怪人」が製作されている。

ちなみに初めて日本に来た映画版の邦題は「オペラ怪人」で、田中早苗訳による日本語原作は「オペラ座の怪」という邦題であった。原題の「l'Opéra」が「オペラ座」とも訳すことが出来ることを知らなかったことが関係…しているのかどうかは定かではない。
今では「l'Opéra」がオペラ座とも訳すということがわかっているため、古い映画版等の事情がない限りは「オペラ座の怪人」で統一されている。

あらすじ

1905年のパリ舞台

オペラ座(ガルニエ宮)には「怪人」が住み着いているという噂があった。マネージャーに対しては給2万フランと5番ボックスの常時確保を手紙で要しており、これを違えれば恐ろしい事になると。
若手歌手クリスティーヌ・ダーエはオペラ座のガラに出演し、采を浴びる。クリスティーヌの幼馴染ラウル子爵彼女の歌を聞き、愛していた事を思い出す。
怪人クリスティーヌに心を抱いていたが、怪人の望みに反し、数日後の『ファウスト』ではカルロッタがプリマドンナ名された。怒った怪人の手によってカルロッタはを失い、更にはシャンリアが客席に落下するという惨事が起きる。

混乱の中、クリスティーヌは怪人によってオペラ座地下へと連れ去られた。そこで怪人仮面をかぶって彼女の前に現れ、自分の名がエリックであることを明かし、共に暮らす事を希望した。
数日を過ごしたクリスティーヌだったが、ふと魔が差してエリック仮面をはぎ取ると、そこにはおぞましいミイラのような顔があった。素顔を暴かれたエリックは怒り、自分の醜さを知ったクリスティーヌが離れる前に、彼女永遠に自分のものにしようと考える。
クリスティーヌの希望を受け、程なく彼女は開放される。決してエリックを裏切らない事を条件に、そのにはエリックから与えられた指輪が嵌められていた。

カルロッタに代わりプリマドンナとなったクリスティーヌは、自分の楽屋裏から聞こえる『音楽天使』の導によってめきめきと実をつけていく。ラウルはその様子を不審に思い、『音楽天使』の正体を暴こうと決意。
その結果わかったのは『音楽天使』はエリックだという事で、ラウルは一度は自分の前から消えたクリスティーヌを守る事を約束した。だがクリスティーヌは賦の際を持ちながら醜さ故に決して表に出られないエリックを哀しく思い、彼の為に歌う事を心に決める。そんな二人の様子を見ていたエリック嫉妬を抱くが、二人が気づく事はなかった。

翌日の『ファウスト』上演の最中、をくくったエリッククリスティーヌを舞台から誘拐。地下に連れ込み、結婚の誓いを理矢理立てようとする。拒絶すれば地下に仕掛けた爆弾オペラ座を破壊すると脅すが、クリスティーヌはこれを拒否。
その頃ラウルエリック過去を知るペルシャ人のダロガ(国家警察長官)の手助けを借り、オペラ座の地下に潜入。しかしエリックにかかり、クリスティーヌはオペラ座ばかりかラウル達の命までに取られる事となった。
だがクリスティーヌはそこまで追いつめられた怪人」を哀れに思い、エリックを込めた口づけを返した。にすらされた事のないエリックは感極まってを流し、一同を解放
自分が死んだらクリスティーヌにやった指輪を返してくれるよう頼むと、永久に姿を消す。ペルシャ人は事の末を手記に書きとめ、新聞に彼が死んだことを伝える記事を出し、事件はここに終わりを告げた。

映画版について

先にも触れたとおり、初めて小説映画化したのは1916年。Ernst Matray監督によるサイレントモノクロ映画であった(この作品は日本開作品)。

日本では1925年にはルパートジュリアンによって、再び映画化された作品が最初に有名になった。原作に忠実な映画化をめるならこの作品が一番適切だろう。このときに製作されたオペラ座のセット世界最古の現役映画セットとして現役である。

1929年にはセリフBGMを加えられ、パートカラーが追加されたバージョン開。1943年に製作されたバージョンからは三角関係などのアレンジが施されるようになる。

最新版は2004年製作されたジョエル・シュマッカー監督によるアメリカイギリス合作映画

翻案映画化作品としてロックミュージカルファントムオブパラダイス』、レスリー・チャン演の映画半歌/いたくて、えなくて』がある。

ミュージカル版について

下手したら映画版より著名なのがこちらかもしれない。

1976年にはケンヒルが手がけた舞台が最初であった。が、しばしば過小評価され視されている可哀相なバージョンであった。それでも後にものすごく有名になるバージョンとなるアンドルーロイド・ウェバー版に多大な影を与えているバージョンである為、今でもされている作品だと思われる。

時を経て1986年10月9日アンドリューロイド・ウェバーを中心に製作された「The Phantom of the Opera」がロンドンウエストエンドにて初演。
をかけた衣装舞台装置、当時名だったサラブライトマン(当時はロイド・ウェバーの妻)をクリスティーヌ・ダーエ役に抜ロイド・ウェバーによる流麗な音楽、怪奇ものでありながら怪人を中心としたラブロマンスや演出などにより今でも多くの人々の人気を集めている。
劇団四季ではこちらのバージョンを演じているのだが、英語以外のアンドリューロイド・ウェバー演は劇団四季が初演した1988年4月29日が最初である。ダブルキャストや代役もロイド・ウェバー版でよく起用される。

1991年にはアーサー・コピット&モーリー・イェストンによる舞台版『ファントム』が初演。
だが、この作品は当初、一足先にロンドンアンドリューロイド=ウェバー版が大ヒットしてしまったがためにスポンサーが付かなくなり、資金的な意味で製作する余裕がなくなってしまった。
その為、脚本をテレビドラマように修正してアメリカテレビ局にてテレビドラマとして放送され、ようやく放送されたという経緯がある。宝塚歌劇団ではこちらのバージョン演している。

テレビドラマ版について

初のテレビドラマ版は1960年アルゼンチンで放送された『El fantasma de la ópera』と思われる。
以降、アメリカブラジルでも製作されるのだが、前述の通り、1990年製作された、バート・ランカスター演による『The Phantom of the Opera』は後に「ファントム」として演されているので、こちらが較的知名度が高いと思われる。

日本ではNHK日本独自の編集を施した1990年ドラマ版のみが一、日本オンエアされている。

ニコニコではどうなの?

この手のものは著作権などの理由で敬遠されがちだが、地味に様々な動画投稿されている。

特にこのりふるぅふぃが歌う「The Point of No Return」のカバー現在完成度の高さゆえに9万再生に迫る勢いで再生されている。

他にもVOCALOIDカバーフィギュアスケートプロミュージシャンカバーなど多岐に渡る。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オペラ座の怪人

16 ななしのよっしん
2015/06/11(木) 19:26:43 ID: MhiWJUkqWt
たまたま見てみたら>>9摘が気になったので概要を微修正。
前の表現だと『羊毛』みたいだったので。
17 ななしのよっしん
2015/10/24(土) 16:54:02 ID: o9QogI/2rp
数年ぶりにミュージカルの方を観に行って来たけど、演奏が今のに変わってて歓喜

>>13
原作の『マンハッタンの怪人』はガストン・ルルーの著作じゃないし、
ファンにしてみれば「そりゃねえよ」な内容で元からあまり評判は良くなかったのさ
この手のが読みたければスーザン・ケイの『ファントム』で止めておけと一昔前の掲示板でよく言われてたわ
こっちも賛否両論あるんだけどね…
とりあえずどちらに転んでもラウル気の毒である
18 ななしのよっしん
2016/03/31(木) 07:55:41 ID: JvR4IPYoTd
要するに
「かおーかおー」
あたしは顔は気にしてません。人殺しすんなってだけ」

という話なんだよなあ
19 ななしのよっしん
2016/04/15(金) 20:22:07 ID: uo6gCMK3gX
ノートダムせむし男」もオペラ座の怪人テーマは全く一緒だな。
ディズニー版はハッピーエンドだけど、やっぱり顔。
20 ななしのよっしん
2016/10/08(土) 17:20:34 ID: 50OZJ6gol3
ロイドウェバー版は見る人によって解釈がだいぶ変わる作りだね
曲がキャッチーなのは論だが
煮え切らなさを残す感じが受けてるんだろうなと思ったわ

ノートダムディズニー版しかしらないけど
原作調べたらえぐいね
21 ななしのよっしん
2016/12/27(火) 01:22:06 ID: OCHVSG/vWm
>>15
亀レスいがこういう感じ。
(04年度版は時期的に金田一少年に影与えていので省略
原作:殺順はジョセフが最初(冒頭で既に故人)、カルロッタは死なずシャンリアの下敷きになるのは観客。
(さらにファントムの口調からするとジョセフの絞殺以外は事故っぽい)
25年度版:原作とほぼ一緒、ただしシャンリアを落としたのはファントムの仕業っぽい。
43年度版:カルロッタに当たるビアンカロリは殺されるが、シャンリア関係(シャンリアはかなり後の方で落ちる)。
89年度版:未見だが、カルロッタが首を切られて殺されるらしいのでたぶん別物。
22 sage
2017/01/10(火) 23:21:29 ID: E1OcKF5BpP
ちなみに原作を読むと、

近隣のレストランから、漬けの豚足ハム、そしてパテを含む食料品が盗まれた。(もちろん怪人の仕業)

とある。怪人の食に対する嗜好が伺えてニヤリとさせられた。ちなみに漬けの豚足は、日本人の感覚だとややゲテモノ寄りに聞こえるけど、原作舞台であるフランス含む西洋諸では上質な味だったりする。
23 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 00:50:32 ID: OCHVSG/vWm
>>22
そういえば原作読むと(25年度版映画にもあったが)終盤で「クリスティーヌに自分を受け入れるかという返答にサソリバッタの彫刻のついたスイッチを動かせと命じる」場面があるんだが。

この彫刻「日本製のブロンズ」らしい(創元推理文庫だとP425)。
これ、本来何の用途に作られてはるばるパリまで来たんだろう?
24 ななしのよっしん
2021/03/06(土) 11:08:53 ID: ms5fz0MJKF
>>18
少なくとも原作クリスチーネなら「あたしは顔は気にしてません」は理あるだろ
エリックがどうこうというより、初めからラウルが好きだっただけ
25 ななしのよっしん
2021/03/25(木) 20:10:46 ID: vmCV0YnpxY
本日発売のSwitch向けADV「MazM: オペラ座の怪人プレイレポート。オペラ座に燃え上がる恐怖を描く,古典小説ゲーム化作品
https://www.4gamer.net/games/554/G055444/20210324074/exit