オレイカルコス・シュノロス単語

オレイカルコスシュノロス

オレイカルコス・シュノロスとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」に登場するカード、のような何かである。
……たぶん。

概要

アニメDMオリジナルドーマ編」の最終決戦遊戯海馬VSダーツ戦でダーツが使用した、ぼくのかんがえたさいきょうのもんすたー。ダーツが思いついた効果を好きなときに適用できるを持つ、イメージが問われるモンスターである。

……ではあんまりなのでに説明すると、このカードは「オレイルコス・キュトラー」のの姿であり、おそらく以下のような効果を持つと思われる。

  1. このカードは「オレイルコス・キュトラー」の効果でのみ特殊召喚することができる。
  2. この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃は、「オレイルコス・キュトラー」が効にしたダメージの合計となる。
  3. このカード戦闘を行った場合、ダメージステップ終了時にこのカードの攻撃戦闘を行った相手モンスターの攻撃ダウンする。
  4. このカードの特殊召喚に成功した時、「オレイルコス・デクシア」と「オレイルコス・アリステロス」をそれぞれ1体特殊召喚する。
  5. このカードが破壊される時、このカードの攻撃を0とする。また、攻撃が0のこのカードが破壊された時、自分のライフ10000ポイント以上ある場合、ライフポイントを全て払い、手札を全て捨てることで、「邪神ゲー」1体を特殊召喚する。この効果を発動する場合、自分のライフポイントが0となっても自分は敗北とならず、「邪神ゲー」が破壊された時、自分は敗北する。

正直、OCGに説明するなんて理な気がする。


「オレイルコス・デクシア」の効果は恐らく以下の通り。

  1. このカードは「オレイカルコス・シュノロス」の効果でのみ特殊召喚することができる。
  2. 自分フィールド上に「オレイカルコス・シュノロス」が存在する限り、このカードは破壊されない。
  3. このカード戦闘を行う場合、ダメージステップ終了時までこのカードの攻撃は、戦闘を行う相手モンスターが攻撃表示である場合は攻撃+300ポイント、守備表示である場合は守備+300ポイントの数値となる。
  4. この効果が発動した場合、自分フィールド上に存在する「オレイカルコス・シュノロス」の攻撃は、戦闘を行ったダメージステップ時のこのカードの攻撃ダウンする。

「オレイルコス・アリステロス」の効果は恐らく以下の通り。

  1. このカードは「オレイカルコス・シュノロス」の効果でのみ特殊召喚することができる。
  2. 自分フィールド上に「オレイカルコス・シュノロス」が存在する限り、このカードは破壊されない。
  3. このカード戦闘を行う場合、ダメージステップ終了時までこのカードの守備は、戦闘を行う相手モンスターの攻撃+300ポイントの数値となる。
  4. この効果が発動した場合、自分フィールド上に存在する「オレイカルコス・シュノロス」の攻撃は、戦闘を行ったダメージステップ時のこのカードの守備ダウンする。

というやりたい放題な効果を持っている。

ミラーフォース・ドラゴン」に「オレイルコス・キュトラー」が破壊されたことで特殊召喚される。このときの攻撃は「オレイカルコスの結界」の効果と合わせて、実に20000というとんでもない数値になっていた。しかし、このあととかえるとかわけの分からないのが出ている上に、後にサイバー流や絆パワーなどがこの数値を上回っているため、今となってはどうもインパクトがない。

「殉教者の呪い」で海馬の「ミラーフォース・ドラゴン」と強制的に戦闘を行い、海馬ライフを0にした。だが、海馬は倒れる前に「決死の希望」で遊戯希望ライフポイント)を託した。
次のダーツターンにはデクシアで「翻弄するエルフの剣士」を攻撃するが、「ソウルシールド」で破壊を免れられ、バトルフェイズを終了された。

この強大なを前に一度はあきらめかける遊戯であったが、その後立ち直り「レジェンドオブハート」を発動。ティイオス、クリティウス、ヘルモスの3体の名もの姿を特殊召喚し、「オレイカルコスの結界」、「オレイルコス・デウテロス」、「オレイルコス・トリトス」の3枚のオレイルコスの三重結界を破壊した。
……ええ、ごらんの番組は遊戯王ですよ。

その後、アリステロスが連続で攻撃を受けたことでこのカードの攻撃5900までダウン。最終的に「聖なるバリア-ミラーフォース-」を吸収したクリティウスの効果で破壊された。そして「邪神ゲー」が登場。いよいよデュエルは学芸会へ向かっていく……。


攻撃名は「フォトンリング」。カイトさんがやってきそうである。

常にあるモンスターの攻撃にいくらかの数値を加えた数値となる、という点では「邪神アバター」と類似する効果。また、後述のOCG効果は「邪神イレイザー」と類似する。

レイルコス(ορεíχαλκος , oreichalkos)は、古代ギリシアローマの文献中にある金属のこと。「オリハルコン」とも。系合のことだとする説や、存在自体が架のものであるとする説など、さまざまある。

OCG版

「LIMITED EDITION 15」(Vジャンプ2009年7月号応募者全員サービス)でOCGに登場。「ガーディアン・エアトス」とともに数年越しでのOCG登場となった。

効果モンスター
10/闇属性/機械族/ATK ?/DEF 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する通常モンスター戦闘によって破壊された場合、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃は相手フィールド上に存在するモンスターの数×1000ポイントアップする。
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在するレベル4の通常モンスターカードの効果では破壊されない。

※「LIMITED EDITION 15」収録のカード(LE15-JP001)による

なんだかよく分からない変を受けて別物となってOCGに登場した。アニメ版が狂いすぎていたのでこの変もやむなしかもしれない。

効果の都合上、通常モンスターデュアルトークンデッキなどに投入されることになる。
通常モンスター戦闘破壊をトリガーに特殊召喚される奇襲性の高さは魅だが、攻撃が相手の場に依存してしまうのが難点。相手がモンスターを大量展開していない限り、特に耐性もないので簡単に対処される可性が高い。

レベル4のモンスターに効果破壊耐性を持たせる効果もあるが、戦闘破壊はカバーできないので、レベル4くらいの攻撃だと対処される可性が高い。

このカードを使いたいなら「凡骨の意地」などを入れてレベル4通常モンスターを中心としたデッキを組むのがいいだろう。「強者の苦痛」などで戦闘サポートも行いたい。また、「おジャマトリオ」などで相手フィールドモンスターを特殊召喚すればこのカードの攻撃動的に上昇させることができる。
戦士デッキなら「ジェネティック・ワーウルフ」などのレベル4通常モンスターが使え、また、「機王バルバロスUr」のコストにもなる。

後にOCG化した関連カードオレイカルコスの結界」は発動時に自分の特殊召喚モンスターを破壊する効果を持っているため、もし両方を採用した場合、このカードを特殊召喚した後に発動すると自滅してしまう。その代わり、特殊召喚されたレベル通常モンスターがこのカードフィールド上に存在していた場合、レベル通常モンスターは破壊されずにフィールドに残る。
その点にさえ気をつければ、自分のレベル通常モンスターを結界で補強しつつ、このカードで効果破壊を防ぐ戦術が一応とれる。
このカードが自身の効果で弱体化した場合も、「オレイカルコスの結界」の効果で攻撃される危険性を減らせるので、それなりにかみあっている。


同じく土偶をモチーフとする「磨破羅」とは違い、機械族に設定されている。

レスキューラビット」などの自壊効果もこのカードで回避できる。

自身の効果でアップする攻撃理論上の最大値は5000。どう頑っても20000にいかないのが残念なところである。それどころか、実際のデュエルでは3000すら大変かもしれない。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オレイカルコス・シュノロス

57  
2016/06/04(土) 17:10:09 ID: KXa+4Pn82s
・召喚条件とコスト→同じ系統で純に軽くなった
・攻撃(ただし作中で与えた戦闘ダメージ250)→こっちから攻撃する分にはほとんどの相手を戦闘破壊できる、いわゆる強固な大(クェーサー、ハムオベリスク)やライトニングでも突破
できないの(シフル、レモンアビスグレートマグナススカノヴァ、ベエルゼ)やこっちは限大の戦闘ダメージを与えられない代わりにアニメのゲーでも突破できないの(ゴルゴニックガーディアンアバタークリスタルウイング鬼畜モグラ)も
突破できる、翻弄するエルフの剣士に翻弄されない
王様すぎる俺ルールで今考えただろって「限をえる限」を得た合身に倒された→戦闘でこっちが攻撃されるときはそこまで強固じゃない
でもある程度の攻撃(永続)+対耐性、とそこそこ硬くて効果除去やダベリオンみたいなのに対してはオリジナルのゲーより強い

ステータスは別物だけど作中の振る舞い自体は再現上位と同等以上というかほぼ再現してるよね、最強の自縛と違って相手と展開の都合で限大の戦闘ダメージ与えら
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
58 43
2016/06/24(金) 17:12:04 ID: 5Rb1RUwcCS
>>44
それなんか違う気がするんだよね
それに宝石とかゴーストパンプリンセスみたいに永続魔法カード化して魔法ゾーンに置くってのがすでにいるしそんなに非現実的でもないとおもうんだよね

自分モンスターいなくなったらモンスターゾーンに放り出される効果とかまるで前衛が全滅したら後衛が前線にさせられるリアル戦場的な意味も持てるし
レイルコスはやっぱ(永続魔法扱いの)後衛モンスター魔法ゾーン圧迫+第二第三の結界でさらに圧迫されながら
あせくせ戦術考えさせられるような効果欲しいわ
59 43
2016/06/24(金) 17:25:13 ID: 5Rb1RUwcCS
宝石じゃねぇ宝玉獣だった

そういえば方界のヴィジャムも永続魔法化するんだね流れきとるでぇ
まあ永続魔法カード化しちゃったら攻撃できないけど
めて考えてみれば守られてる後衛が突撃しちゃったらいろいろおかしいからこれはこれではいいや
60 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 06:07:18 ID: ZtqlFOPH/7
今のままだと全然アニメ効果が再現出来てないよな
レイルコス・キュトラーをサポートカードとしてOCG化してくれれば再現できそうなんだが…
61 ななしのよっしん
2017/10/11(水) 01:47:48 ID: TZINySHiTl
レイルコス・キュトラーの効果で条件視してシュノロスSS
効にしたダメージ分シュノロスの攻撃アップ
両手を戦闘する相手の打点+300アップする効果のレベル4トークンにして出すだけで再現なんだよな
レベル4トークンにすればシュノロスの耐性付与も活用できるし強化一枚で済むからそういうに活かして欲しい
62 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 09:52:53 ID: inQDM4cXK2
ある意味じゃヲーよりも酷いだろ
ヲーは確かに弱体化くらって特殊召喚まで封じられたが一応ライフを自分の攻撃に加算する効果と1000ライフで相手を焼き払うのは実用性があるかは別として多少の再現はされてる
ライフ回復系のカード入れて特化させれば最後のエースアタッカーっぽくもなるけど
シュノロスに関してはアニメとは全く別物、効果の関係上エースにもなれない、ゲー共々コイツに特化させたデッキが厳しい
と散々だよなほんと
63 ななしのよっしん
2018/06/03(日) 17:30:05 ID: +IJwsyif1s
効果効、リリース不可
シュノロス破壊で特殊召喚
特殊召喚に成功した際にLP全部払ってステータスに加算
デッキ10枚裏側除外で攻撃宣言可
フィールド上に存在する限りLPによる敗北条件
フィールドを離れたときに敗北

ゲーに関してはこのくらいほしかったわ
64 ななしのよっしん
2018/08/11(土) 03:43:55 ID: 9R/mZX0JwI
両腕マダー?
65 ななしのよっしん
2018/08/19(日) 13:20:14 ID: pn6S2q38oi
レイルコデクシアアリステロスとキン肉マンオメガマンディクシアアリステラって似てるなと思ったらどちらもギリシャ語の左右がなのかな?(キン肉マンの方はそのまんま)
66 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 21:33:29 ID: bQko3fST8u
何とか戦闘に強い感を再現しようとしてるのが伝わるゲーはともかく、シュノロスは何をどうすればこんな原作再現欠片もない効果になるのか…
原作軽視度と実用性のなさではアンチホープにも全く引けを取らない聳え立つクソだと思う

急上昇ワード