オーランド・ロマン単語

オーランドロマン

オーランド・ロマン(Orlando Roman1978年11月28日-)とは、プエルトリコ出身の元プロ野球選手投手)である。

概要

プエルトリコ出身(籍はアメリカ)。1999年MLBドラフト31ニューヨーク・メッツ名され入団するが、メジャー昇格することはできず、マイナーリーグを転々とする。2006年2009年WBCではプエルトリコ代表として出場していた。

2010年から台湾兄弟エレファンツに所属し、先発として活躍。2年連続奪三振王、2年2011年には16勝を挙げ最多勝にいた。

2012年東京ヤクルトスワローズに入団。ヤクルト外国人は昨年本塁打王ウラディミール・バレンティンに、期待の新外国人ラスティングス・ミレッジ、前年セットアッパートニー・バーネットに不動の守護林昌勇と人材がっていたため、その4人のかに何かあったときのための5番手外国人としての獲得だったが、オープン戦から好成績を残して先発ローテーション争いに食い込み、調整の遅れていた林昌勇二軍に追い落として開幕ローテーション入りを果たした。
開幕から3試合は全く援護がなく3連敗を喫したが、4月22日読売ジャイアンツ戦で来日初勝利6月外国人の関係で一度二軍落ちしたが、復帰後は3試合連続投・2試合連続完封勝利マークするなど、シーズンを通してローテーションを守り活躍。26試合に登板して9勝11敗、防御率3.04の成績を残した。

2013年WBCプエルトリコ代表として出場。シーズンでは前年に続き先発としてスタートしたが、リリーフが開幕々に故障者続出で火のになったため中継ぎに配置転換。5月末からローテーションの谷間先発に戻ったが5試合で1勝3敗と振るわず、終盤はまたリリーフに戻ることになった。最終的に30試合に登板先発7試合)して3勝6敗4ホールド1セーブ防御率4.24と数字はパッとしなかったが、救援での防御率は1.16をマークした。

2014年は抑えを務めたが、右腕に全治不明の負傷を抱え、閉幕まで一軍に帰てこれなかった。

2015年セットアッパー先発谷間として61試合に登板し、23ホールドを挙げ、ヤクルトの優勝に貢献したが、オフ自由契約となった。

2016年台湾のLamigoモンキーズに所属。34試合に登板し、12勝を挙げた。

2017年WBCに4季連続で出場した。中信兄弟に所属していたが、オフFAとなった。

2018年から2019年プエルトリコウィンターリーグでプレイ。閉幕後に引退を表明した。

2019年からはプエルトリコアマチュアリーグコーチを務める。2019年5月にはボートの転覆事故にあうも事。パンアメリカン競技大会野球競技にも出場し、決勝で失点投球。見事チームの初優勝に貢献した。

ヤクルト巨人千葉ロッテマリーンズに所属したディッキー・ゴンザレス幼なじみ

成績

通算投手成績

通算:7年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
CPBL:3年 99 75 10 4 40 20 0 5 .667 553.2 186 457 253 222 3.61
NPB:4年 133 36 3 2 18 22 6 27 .450 324.0 138 207 121 108 3.00

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オーランド・ロマン

1 ななしのよっしん
2012/09/18(火) 01:21:58 ID: T98I47XCI8
いつの間に・・・記事乙
2 ななしのよっしん
2013/03/19(火) 00:46:02 ID: rAILwOIAh1
登板するかどうか分からんが、WBCの決勝戦頑って欲しいね

急上昇ワード

2019/08/21(水)10時更新