オールトの雲単語

オールトノクモ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

オールトの雲オールト雲)とは、太陽系を球状に取り囲んでいるとされる仮想的な体群である。

概要

1950年オランダ天文学者、ヤン=オールトによって提唱された。仮想であり、存在は未だ確認されていない。

オールトの雲は太陽から1万~10万単位(1単位AU)=地球から太陽までの距離=約1億5千万km)くらいの距離に位置し、彗星の巣とも言われている。

二酸化炭素一酸化炭素メタン等からなる氷が成分であるとされる。

関連動画

現在タグ検索exit_nicovideoで引っ掛かるのは全て柴田淳関連である

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E9%9B%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オールトの雲

1 ななしのよっしん
2019/10/17(木) 15:44:34 ID: wcUIxXyc6c
あらゆるfixed starsこの様なobjectsいますか?
それはchaffを連想させるようなものですが…しかしそうした機あるでしょうかね?
これは体それぞれの大きさに応じてより大のOort cloud-likeな外套的objectsっている観測されますか?特にAlpha Centauriではどうでしょう、それThe Sunに非常近接のfixed star言われていますが彼の体Oort Cloud持つかを測定したのastronomerいます?