カオスナンバーズ単語

カオスナンバーズ

カオスナンバーズ(英:Number C)とは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場する特定カードの総称である。
カード名やカードテキスト上では「CNo.」と書いて「カオスナンバーズ」と読む。

概要

作中に登場する特別なモンスターエクシーズカードナンバーズ進化した存在。ルール上はNo.の一部であり、戦闘破壊耐性など、ナンバーズ共通の特徴は受け継いでいる。また、CXカオスエクシーズ)と合わせて、「カオスモンスターエクシーズ」の一種としても扱われる。あるいは、CXとCNo.を総称して「カオスエクシーズ」と呼ぶことも。
現状、漫画版にこの設定は存在しないが、ナンバーズ進化形態としてシャイニングナンバーズSNo.)が登場している。

この形態になる方法は大まかに2種類存在する。

1つは、CNo.のほうに、定したモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果が備わっているもの。こちらの場合、カオス化前後でランクや攻守などのステータスに変化がく、効果や要する素材などのテキストが変化する。

もう1つは、何らかのカードRUM(遊戯王)を参照)によってランクアップする形で出すもの。こちらの場合、ランクアップという呼称の通り、CNo.のランクは、元のNo.より1つ高くなり、攻守にも変化が見られる。
こちらの場合、効果発動のために、特定モンスターからのランクアップが条件に定されていることが多い(例外的に「CNo.39 希望皇ホープレイV」は「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」によるランクアップ定している)。

作中で最初に出たのは前者で、該当するモンスターは2体しか存在せず、限られた人間だけができる特別な召喚方法といった扱いであった。その後、ZEXAL後者の召喚方法が登場。バリアン世界によってランクアップすることが多いが、「RUM-ヌメロン・フォース」によるランクアップはその例外である。

どちらの場合でも、通常のエクシーズ召喚のための素材定されているが、アニメで実際に通常のエクシーズ召喚が行われた例はほぼない。数少ない例外として、ベクターの「RUM-千死蛮巧」、ドン・サウザンドの「ヌメロンカオス・リチューアル」によるエクシーズ召喚は、テキストに書かれた素材定に則ってエクシーズ召喚が行われた。


実際に作中で存在が確認できたナンバーズは記事の後半にある表のとおりだが、アニメでは「No.54 反骨の闘士ライオンハート」をランクアップさせようとしている場面が存在した(実際には行われなかった)ことから、設定上は以下に示されたもの以外にもカオスナンバーズは存在し得ることがわかる。

アニメでは「『CNo.』と名のついたモンスター」を定するカードとして、「カオスフィールド」、「カースド・カオス」などが登場している。
カオスナンバーズ自体がくから登場していた割には、実際にテキストでCNo.を定するカードが出たのは遅く、多くはバリアン関連の人物によって使用されている。

漫画版では『CNo.』と名の付いたモンスターは存在せず、代わりに『SNo.(シャイニングナンバーズ)』と名の付いたモンスターが少数ながら登場している。

オーバーハンドレッド・ナンバーズのカオス化(CNo.10X)について

オーバーハンドレッドナンバーズカオス化の呼称は、「カオスオーバーハンドレッドナンバーズ」と「オーバーハンドレッド・カオスナンバーズ」の2種が存在する。前者は129話のアストラル(「カオスオーバーハンドレッド」と呼んでいる)や136話のベクター、141話、142話のナッシュなど。後者は、125話の鉄男、141話の遊馬
141話では両者が混在しているため、途中で設定変更があったとは考え難く、なぜ統一されていないかは不明。単にスタッフが呼称について特別意識していないだけかもしれないが。

一応、前者はバリアン世界アストラル世界の者、後者人間世界の者が使用しているが、これが何らかの意味を持つのかは不明。

もっとも、アニメテキスト上では「『CNo.10X』(Xは1~7の任意の数値)」と定しているため、上記の呼称はあくまで(ルール上は)通称に過ぎず、また、特に「オーバーハンドレッド」かつ「カオス」であることが重要でない場面では、単に「オーバーハンドレッドナンバーズ」や「カオスナンバーズ」、「カオスエクシーズ」と呼ばれる。CNo.10Xに特別の呼称が多用されるようになったのは、CNo.10X専用サポートが登場する終盤になってからである。

OCGにおいて

OCGでもカオスナンバーズは存在する。
特定モンスターランクアップした場合というアニメ版の条件は、特定モンスター素材にした場合という条件に変えられている(そもそもその条件自体が消された「CNo.101 S・H・Dark Knight」なども存在する)。
また、このカテゴリに内包される「CNo.39」というカテゴリも存在する(現状、該当するのは全て「希望皇ホープ」と名のついたモンスター)。

「CNo.」に関する効果を持つカードとしてはRUMや「ドン・サウザンドの玉座」のほかに、公式使用不可なカードとして「勝利の方程式」が登場している。

カオスナンバーズ一覧

→通常のナンバーズこちらを参照。

詳細はそれぞれのナンバーのリンク先を参照。
(下の表の数字にマウスカーソルを当てると、リンク先で扱われているカオスナンバーズの名前が出てきます。)

背景いものは記事が作成されておらず、当記事下部の紹介へ飛ぶ。
背景がそのナンバーズ属性の色になっているものは、記事が作成されており、その記事へ飛ぶ。

C01 C05 C06 C09 C15 C32 C39 C39V C39V
C40 C43 C65 C69 C73 C80 C88 C92 C96

以下は、オーバーハンドレッドのカオスナンバーズ。全てドン・サウザンドに由来するカードであり、アストラルの一部ではない。また、CNo.1000は特殊で、カオスではない同じナンバーのカードが存在しない。

C101 C102 C103 C104 C105 C106 C107 C1000

記事が作成されていないカオスナンバーズは以下で解説する。
(記事が作成された場合、上のリストに追加していただけるとありがたいです)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カオスナンバーズ

44 ななしのよっしん
2014/03/08(土) 03:51:10 ID: iayvuhTriZ
寧ろOCGオリジナルCXCNo.とか作っていいのよ
45 ななしのよっしん
2014/03/22(土) 12:07:39 ID: wCDluigK9D
カオスキマイラドラゴンがコレクターズパック収録だそうな
46 ななしのよっしん
2014/06/01(日) 21:31:02 ID: CmUgkD3OzH
呼称の部分見て思ったけど、確か遊馬だけじゃなくて鉄男も「オーバーハンドレッドカオスナンバーズ」って言ってたよね。
ベクター以外の七皇のカードが一斉にランクアップした後に使われた呼称だったせいか、個人的にはこっちの方が印強いな
47 ななしのよっしん
2014/06/10(火) 17:50:19 ID: gd0y508nUp
>>46
だから自分は向こう側の呼称とこっち側の呼称って考えてたな
48 ななしのよっしん
2014/06/28(土) 21:40:53 ID: CTuwFC2EBm
こうして見ると属性カオスナンバーズってないんだな
49 ななしのよっしん
2014/06/30(月) 20:37:15 ID: MKYxedUqkf
>>28
そもそも、属性ナンバーズが少ない・・・w
50 ななしのよっしん
2014/06/30(月) 20:40:42 ID: MKYxedUqkf
あ、>>28じゃなくて>>48
51 ななしのよっしん
2015/11/14(土) 12:32:53 ID: p1JOT+JNf6
ライオンにもカオスは設定的にあったのか
他にもカオス化しそうなのいっぱいあるよな
52 ななしのよっしん
2016/01/24(日) 21:59:40 ID: WUlKmbp4uA
設定にあったというかRUMを使ってNo.の進化体を創造するってことなんだろう
つまりやろうと思えばベビー・トラゴンやおしゃもじソルジャーカオス化すると思う
53 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 08:55:17 ID: qNuHCqVd9T
ああ……次は全No.のCNo.化だ……。

急上昇ワード

2019/10/14(月)22時更新