カオス・アヴェニール単語

カオスアヴェニール
8.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

カオス・アヴェニールとは、漫画キン肉マンⅡ世』に登場するキャラクターである。

概要

物語の第2部にあたる「究極のタッグ編」から登場したキャラクターであり、キン肉マングレートとして主人公であるキン肉万太郎パートナーに抜され、シリーズの中心人物として活躍している。金髪の長で頭にはがあるヘッドギアを付けている。当初は人間だと思われており、本人も記憶がないため自分のことを人間だと思っていた。の多いカオスの正体が何者なのかがシリーズ前半の大きなとなっていた。

その正体は正義・時間人アヴェニール一族の王ミニッツ・アヴェニールの息子。7歳の頃(学研の図鑑では6歳)、悪行・時間人のライトニングサンダー世界五大厄)によって両の前で惨殺されるという凄惨な過去があり、王は滅ぼされている。逃げ延びたカオスは、復讐のために世界五大厄を追って過去ワープするが、まだ幼くが未熟だったため的としていた時代の7年前の地球にたどり着いてしまい、その反動によって記憶を失ってしまう。
と共に「がきんちょハウス」の前で寝ていたところをシスターに拾われ、孤児として育てられる。その後、インチレスリングショー行に”ブタマン"として出演し、日本を渡り歩ていた。

記憶を失っていた頃は、泣きヘタレ。あまりのヘタレさに万太郎がしっかりするようになるほど一人称は「ワチキ」で数々のグッズコレクションするほどのオタク。また、アイドル好きでもあり、一目惚れした二階堂凛子子のコスプレをお願いして気持ち悪がられていた。レスリング技術は素人そのものだったが、本人も自覚な潜在を秘めており、それに気付くものもいた。また、過去記憶フラッシュバックされると発作が起こり、鎮静剤を使って落ち着かせていた。

ヘッドギアに差し込むことで記憶を取り戻してからは、それまでの気弱な性格は消え失せ、勇敢で正義感の強い一人前の人に変貌。一人称も「オレ」に変わり、2000パワーズと互以上に渡り合うほどの実を見せる。覚醒してからは凛子から想いを寄せられるようになり、両想いになる。おい、ジェイドはどうした?ラーメンマンからも「間隙の救世主」として見込まれ、ラーメンマンの死後は弁髪を胸の傷に埋め込まれ、度々サポートを受けることとなる。

実質物語主人公的な扱いを受け、散々カオスの成長物語が描かれていたため、本来の主人公である万太郎さえもに追いやってしまうほどだったが、なんと決勝戦を前に死亡してしまい、最終決戦を前に退場となる。決勝の万太郎パートナーケビンマスクが務めることになり、ケビンの引き立て役になってしまった感は否めず、また散々煽っていた因縁のライトニングサンダーとの直接対決が実現しないままに終わり、究極のタッグ編の評判が賛否分かれている原因の一つになっている。

プロフィール

作中での活躍

大会前

インチレスラーショー行にブタマンとして出場していたときに、21世紀からタイムワープしてやって来たキン肉万太郎と出会う。究極のタッグに出場するタッグパートナーを探していた万太郎は、ショーキン肉バスターを決めてみせたカオスパートナースカウトする。交渉の末、出場を決意したカオスは、人間であることを隠すために偶然見つけたキン肉マングレートマスクを被り、万太郎とのタッグ「マッスルブラザーズ・ヌーボー」を結成する。

間引きバトルロイヤル

キン肉マングレートとして出場したカオスだったが、入場のときはガチガチに緊し、さらにオタクっぷりが抑えきれず他のライバルチーム人にサイン写真をせがむ空気を読めない行動に出てしまい、周りからのひんしゅくを買ってしまう。

参加チームを4チームを減らすためのバトルロイヤルが開始しても、グッズを手に入れようとしたり、フィギュア作りを始めたりと相変わらずだった。サンダーに大切なフィギュアを壊されたことで世界五大厄に対して怒りを見せる・・・が、怒りのチョップは全く通用せず、実の差を見せつけられると泣き出して弱音を吐くヘタレっぷりを発揮。何とか逃げ出したところで今度はネプチューンマンをつけられてしまう。意識のうちに実の片鱗を見せて反撃するが、かえってネプチューンマンの怒りを買うことに。ヘル・イクスパンションズの「オプティカル・ファイバークロスボンバー」の餌食にされかけるが、間一万太郎に救われる。だが、今度は万太郎ネプチューンマンの猛攻を浴びてピンチに陥ってしまう。そのとき、カオスの素質を見抜いたバリアフリーマンイリューヒンの火の玉・飛爺隊が万太郎の身代わりとなって顔の皮を剥がされ、間引かれる最後のチームとなるのだった。

何とか生き抜くことはできたが、控室で万太郎とミートがカオスとのタッグを解消する話をしているところに偶然出くわしてしまい、ショック逃げてしまう。逃亡したカオスの代わりにイケメン・マッスルがグレートマスクを被るというどう考えても理のある変装で組合わせ抽選に参加する。
逃亡したカオスは、がきんちょハウスシスターに説得され、自分の記憶を受け取り、記憶を取り戻す勇気を得るために万太郎の元へと戻っていく。

1回戦

本戦がようやくいよいよスタートし、1回戦ではデーク・棟梁とプラモマン地獄カーペンターズと対戦。先発理矢理任されたカオスは、案の定ビビって逃げ回るものの、万太郎示もあってデーク・棟梁からダウンを奪ってみせるなど善戦。プラモマン変身攻撃に対しては豊富なオタク知識で対抗。潜水艦変身したときは、万太郎と同じくカナヅチであることが発覚し、マッスルブラザーズ・ヌーボーは防戦一方になるが、余ったプラモパーツアクアラングを作り出すことで万太郎を救う。
ようやく形勢を逆転させたヌーボーは、マッスル・ドッキングで勝負を決めようとするが、人相手にキン肉バスターを決めたことがないカオスが持ちこたえられず、技を失敗してしまう。ここにきて素人であるカオスの未熟さが露呈されてしまうが、万太郎がマッスル・Gによって棟梁をKOすると、万太郎のフォローを得てのパワーボムプラモマンを倒し、どうにか初戦を突破する。試合後、棟梁はカオスの持っている潜在を認める発言をしていた。

急きょおこなわれることになったリザーブマッチで時間人にテガタナーズ(ブロッケンJr.ジェロニモ)が挑むことになったときは、人間から人に転生した過去を持つジェロニモに対してシンシーを抱き、応援のために蔵前技館へと足を運ぶ。試合中、時間人が使った伝説人の過去トラウマを呼び起こし行動不能にするという”伝説”破壊鐘になぜかカオスまでが反応してしまい、ミートだけが何かを感じ取っていた。テガタナーズが敗れたときは、重傷を負ったジェロニモの姿を見てライトニングサンダーに対ししい怒りを覚えると共に、過去に故郷を滅ぼされた記憶裏をよぎる。

2回戦

組み合わせ抽選により、2回戦の相手は伝説人であるモンゴルマンバッファローマン2000パワーズに決まる。強と戦うことになり恐怖心で不安になったカオスは、万太郎たちと違って自分には仲間もいないことを痛感してしまう。だが、インチレスラーショーで一緒だった仲間たちから励ましの言葉をもらったことで自分は1人じゃないことを思い出し、万太郎の中でのスパリングに打ちこむ。

試合直前、万太郎とミートの会話を盗み聞きした国辱人のカナディアンマンスペシャルマングレート=カオスの正体が人間であることがバレてしまう。一方、仲間たちのおかげで恐怖心に打ち勝ったカオスは、2000パワーズとの戦いで命を落とすことを覚悟し、シスター宛てに書いた遺書を残す。
2000パワーズとの試合は、国辱人たちの密告を受けたハラボテ・マッスルが、グレート人間かどうかをあぶり出すために発案した「バーニングコート(火刑法廷)・ケージデスマッチ」という過デスマッチおこなわれることに。決意を胸に危険なリングへと足を踏み入れたカオスは、1回戦と違って自ら先発を志願する。明らかに格上であるバッファローマンに対し、21世紀の技で応戦。モンゴルマン相手にも21世紀の技であるシュバインで応戦し、1回戦とは見違えるほどのファイトを見せる。しかし、流血したモンゴルマンの姿がトリガーとなって過去記憶フラッシュバックし、いつもの発作が起きてしまう。動きが止まったことで2000パワーズの猛攻を一方的に喰らい、さらに万太郎とのコンビネーションの未成熟さを露呈してしまう。追い打ちをかけるように、万太郎からタッグ拒否する発言をされたことで2人の関係がぎくしゃくしてしまう。試合を辞めさせようとするシスターも虚しく、2000パワーズの攻撃を喰らったカオスボロボロになり、ダウンする。意を決したカオスは、記憶ヘッドギアに差し込み、自らが何者なのかを思い出そうとする。
グレートマスク衣装が破けて素顔をし、自らが正義・時間人アヴェニール一族の王子「カオス・アヴェニール」だと思い出したカオスは、覚醒。たった一人で2000パワーズと互以上に渡り合うほどの実を見せる。悪魔に一時的に戻ってパワーを吸収しようとするバッファローマンを跳ね除け、正義超人としての姿勢まで見せる。カオスこそがかつてドクター・ボンベが予言していた「間隙の救世主」かもしれないと考えたモンゴルマンは、マスクを脱いで素顔のラーメンマンとして戦うことを決意。
カオスの前に巨大なとして立ちはだかるラーメンマンは、必殺技のキャメルクラッチを繰り出してくる。万太郎パートナーとして認める発言に奮起したカオスは、裂け始めたから出ていた血を浴びせることでキャメルクラッチから脱出し、「麺切断絞(パスタカッター)」という返し技を披露する。2000パワーズは切り札のツープラトン技「ロングホーントレイン」で勝負を付けようとする。これに対し、タッグの極意に気付いたマッスルブラザーズ・ヌーボーは、課題となっていた連携で攻略すると、初めてのツープラトンホールド「マッスル・エボルシオン」でついに2000パワーズを撃破する。
試合後、モンゴルマンマスクしで長く戦ったラーメンマンは自らの死を悟り正義三角形をくぐり抜けて消滅する。カオスは、ラーメンマンから「間隙の救世主」だと認められ、試合中にの傷に自らのリボンを埋め込んでいた。全てを託されたカオスは、ラーメンマンの想いを受け止め、バッファローマンからはラーメンマンの形見である肩当てを渡される。

記憶を取りも出したカオスは、自分が20世紀にやって来た的はライトニングサンダーへの復讐であることも思い出しており、彼らに対するしい敵意を見せていた。

準決勝

準決勝の前万太郎と共にプリンス・カメハメの霊から特訓を受け、富士山トーナメントマウントでの準決勝の日を迎える。試合の組み合わせは4チームによる綱引きによって決まることになり、マッスルブラザーズ・ヌーボーの相手はなんとキン肉マンテリーマンのザ・マシンガンズに決定。試合前、現役バリバリの頃の父親と戦う運命となった万太郎からへの想いを聞き、万太郎マスクの紐を結び直すことでお互いのを確認し、決戦に挑む。なお、この試合からコスチュームデザインが一新されており、両腕にはオープンフィンガーグローブを付けている。
試合は、万太郎が序盤からマシンガンズに捕まり、横綱相撲を展開する「タッグの珠玉の逸品」の凄みを見せつけられる。憧れだった正義超人トップが悪辣な裏技攻撃で攻め立て、ついには万太郎マスクにまで手をかけようとしたキン肉マンの行為に昂する。考えの甘さを摘され怒り爆発カオスは、掟破りのクロスボンバーを喰らいそうになった万太郎を救出するが、テリーマンの容赦のない鉄拳制裁の前に防戦一方となる。さらに、マシンガンズのバスターバリエーションPART5によってダウン。意識が朦朧とする中、その裏にラーメンマンが現れ、今のカオス復讐心が心の支えになってしまっていると摘され、心にがなければ英雄たりえないとアドバイスされる。さらに、凛子やがきんちょハウス子供たち、インチレスラー仲間たちからの援により冷静さを取り戻す。
連携面でもマシンガズに対抗できるほどに成長するが、マシンガンズの必殺技「マッスル・ドッキング」を受けてしまう。しかし、キン肉マン砂時計呪いに苦しんでいたこともあり放たれたのは不全なマッスル・ドッキングαだったため万太郎カオスダメージを受けながらも立ち上がることができた。マシンガンズは今度こそ全なマッスル・ドッキングβで決着を付けようとするが、キン肉マンの消耗のしさもあって未然に脱出に成功する。30分をえる死闘が繰り広げられる中、お互いに消耗がしくなる。再びマッスル・ドッキングβを喰らいそうになるが、タッグの極意が見えた2人は至高のツープラトンを連携で攻略。最後は、完璧なマッスル・エボルシオンによってマシンガンズ相手に勝利する。

試合後、ライトニングサンダーの非おこないを撃したことで怒りが抑えきれず、単身世界五大厄の控室まで殴り込みをかける。自らの素性と一族を滅ぼされた恨みをし、世界五大厄に挑もうとするが、駆けつけた万太郎によって制止される。冷静さを取り戻すと、決勝戦のリングで倒すことを誓い、いつも通りがきんちょハウス子供たちと戯れる。そのとき、膝を突いて突如苦しみ始めたカオス背中から死神のようなものが形をなし、それを見ていたラーメンマンの霊は驚きを隠せなかった。

準決勝第2試合の世界五大厄と新ヘル・イクスパンションズの試合中もフード男"絶対的知性の気配を感じて苦しみ始める。さらに、ネプチューンマンを裏切ったうえに試合を放棄してリングから立ち去ろうとするマンモスマンに対して猛抗議をする。ながらの体をった必死の説得もマンモスマンは聞くをもたず、フード男と共に試合会場から姿を消す。
試合に勝利したライトニングサンダーは、すでに息絶えていたネプチューンマン亡骸富士山の火口に投げ捨てるという非な行為に出る。ネプチューンマンを救うためにトーナメントマウンテンを登り始めていたカオスは、アクセレレイションを使った高速移動によって火口にまでたどり着き、さらにエキゾチック物質を放出することで救出に成功。万太郎から受け取っていたウォーズマンデバイスを使ってネプチューンマンを蝕んでいた心臓の病も治させる。そして、さらにエキゾチック物質を放出ネプチューンマンを21世紀の未来へと帰らせる。
しかし、エキゾチック物質を使い果たしてしまったカオスの体は限界点を越えてしまい、本人も命が長くないことを自覚していた。幼い頃に魔をへし折ってタイムワープをしたカオスは、もともと長生きできない運命であったが、をしたせいで死期が一気にまったのだった。二度火山噴火による爆発に巻き込まれたカオスの体はいずこかへと吹き飛ばされてしまう。

富士樹海を彷徨っていたカオスはがきんちょハウスに戻っており、カオス捜索を打ち切って戻ってきた万太郎たちと遭遇する。だが、エキゾチック物質を使い果たした後遺症で記憶が退行していたうえに、すでにが見えなくなっていた。そこにいるもがもはやカオスの死を悟った中、万太郎凛子たちと出会ったときに撮った写真を手にしたカオスはとうとう意識がなくなり、仲間たちに看取られながら息を引き取るのだった・・・。

その後

カオスの死の翌カオスが7年前にタイムワープして倒れていたときに一緒に握っていた「ピラリア」の種が初めてを咲かせる。カオス遺体東京ベイエリア・第六台場埋葬される。する人の死を看取ることとなった凛子は泣き崩れ、万太郎カオスの死を乗り越え、決勝へ闘志を燃やす。埋葬後、ピラリアから大量の花粉放出され、ネプチューンマンによって顔の皮を剥がされたスカーフェイスたちの傷が回復するという奇跡が起きる。フェイスフラッシュかよ!

決勝戦では、万太郎とのタッグ不協和音となり仲違いするケビンマスクの前に、ピラリアが作り出したとなって現れ、ケビンを説得することでザ・坊ちゃんズ再結成にを貸す。
戦いに勝利した万太郎は、20世紀にやってくる際に壊してしまった墓がカオスの墓だと確信し、謝罪の言葉と共にトロフィー球根を墓前に投げ込む。

おもな必殺技

キングジャーマンスープレックス
本来のを取り戻したカオス・アヴェニールがもっとも得意とする美しいブリッジによって放物線を描くジャーマンスープレックスは相手を高く持ち上げて度をつけながら放つハイアングル式。
連載当時のプロレス界の背景を考えると、"帝王"高山善廣エベレストジャーマンモチーフにしたのだろうか?
キン肉バスター
インチレスラー時代に使用していたが、本物の人相手に使用したことがなかったため、実戦では失敗している。
パワーボム
レスリングデビュー戦となった地獄カーペンターズ戦のフィニッシュとして使用。途中で体勢を崩しかけたが、万太郎サポートによってプラモマンマット叩きつけKOしている。
シュバイ
相手の体を担ぎあげた肩と同じ側の腕で頭部を抱え込む垂直落下式の水車落としの生技。21世紀の技のため、カオスが使用したときは20世紀の人たちを驚かせた。
元はCIMAが得意としている実際のプロレス技
カオススフィア・ボトム
相手の背後から両脚で体をクラッチし、 そのまま後方へ回転しながら相手を頭から地面へと叩きつける。
麵切断絞(パスタカッター
相手の頭部をの下にロックし、反対の腕で相手の腕を極めあげる関節技。
スカルステイラー
中で相手の右腕を固めた状態のまま反転し、逆さ状態の相手の頭を膝の上に乗せ、相手の左脚をキン肉バスターのような形でクラッチして自分の膝の裏をリングコーナーへ落とし、その衝撃によって相手の首、腕、脚にダメージを与える。技をかけたカオスの右足も破壊されそうだが・・・。
プレイボーイ連載時は「アヴェニール・ジャッジメント」という技名だった。
加速(アクセレレイション)
体内に蓄積させたエキゾチック物質を使用し、体の周りの時間軸をコンマ1ずらし未来へと移動する時間人のチート
カオスは試合の中では一度も使用しておらず、ネプチューンマン救出の際に使用している。

タッグ技

マッスル・エボルシオ
マッスルブラザーズ・ヌーボー最大のツープラトン技。マッスル・Gを仕掛けた万太郎の体をカオスジャパニーズ・レッグロックホールドをかけたまま両腕で抱えることで2つの技が合体。そのまま落下することで1人はマッスル・Gの重力で体があらぬ方向に裂かれ、もう一方はカオスキングジャーマンスープレックスによってから叩き落とされる。
万太郎カオスコンビの息が合ったことで誕生した技であり、2000パワーズ、ザ・マシンガンズという伝説タッグチームを連続で破った技でもある。
マッスル・ドッキング
キン肉バスターキンドライバー合体させた初代マッスル・ブラザーズ及びザ・マシンガンズによる珠玉のツープラトン技。万太郎は、マッスル・ブラザーズ・ヌーボーとして再現しようとするもカオスキン肉バスター失敗したため実現できず、以降は使用していない。
ビッグフット・エクスプレス
2000パワーズ戦でロングホーントレインに対抗するために即で編み出した技。ロングホーントレインの要領でカオスの両足を前に出し、そのまま相手に突っ込んでいく。これによって見事本家の技を攻略している。
ムーンサルトヘッドレス
カオスが相手を足四の字で固め、万太郎ムーンサルトレスで攻撃する。
スカルカンパーナ
万太郎カオス中で背中合わせとなり、それぞれ相手を肩車で担ぎ上げてから両手首をクロスさせながら股の下を通し、相手の頭同士を突させる。
マンカオ落とし
万太郎パワーボムに捕らえた相手をカオスコーナーからムーンサルト気味に飛び込んで腕を相手の首に引っ掛け、そのまま落下させる。

タッグ

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カオス・アヴェニール

1 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 18:54:43 ID: vCVyMX5tA2
二世にはしく応援したくなるキャラクターだった
なぜ決勝戦前に殺したのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 19:07:13 ID: R7GYsSDI6g
本当かどうかわからないけど、カオス人気がいまいちだったので、理やり退場させて人気の高いケビンを活躍させたって話は聞いたことあるが

確かに、あれだけ長々とカオスの成長物語をやっておいて、肝心の時間人との戦いを前に退場はあんまりだよな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 19:14:57 ID: lm6OMkAq0P
なんというか成長物語描き切ったのとそもそも決勝で坊ちゃんズを再結成させるのありきで動かされてた気がする。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 19:17:56 ID: xOeL9GsJNO
タッグ編は愚痴だけで本一冊書けそうなくらいガタガタだったからな・・・
数少ない良点がカオスだったのに
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 19:38:34 ID: ScEKm5loQm
そもそも名前キン肉マンっぽくないと思ってた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 18:29:16 ID: GzD0lXD5/q
>>3
もどっちかというとケビン復活までの繋ぎ兼
ケビンネプチューンマンの為に散ったカオス
という悲劇性の為にこうなった説を考えている。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2021/08/21(土) 23:13:02 ID: 0QTZ5Vw+GE
彼にが付くとしたらヘタレてる時と覚醒の時両方合わせて案外関俊彦さん辺りがマッチしたりして?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2022/12/17(土) 20:21:34 ID: lm6OMkAq0P
若干(陰で割と隠れる)スグルの素顔にシルエットが似てないこともない。
着てた着ぐるみスグル偽物だったしある程度意識はしてそう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0