カサブランカ級護衛空母単語

カサブランカキュウ

カサブランカ級護衛空母とは、太平洋戦争アメリカ海軍が投入した空母である。わずか1年の間に50隻もの空母が作られたため週刊空母の異名を持つ。

前史

1940年、時のアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルト軍に向けて以下の提案を行った。

  1. イギリスへの物資輸送船団に小空母を護衛につけてはどうか。
  2. その空母民間の貨物船を買い取って改造したらいいのではないか。
  3. ということで研究しなさい。

1939年に始まった第2次世界大戦においてドイツはあっという間にフランスを制圧、ヨーロッパドイツに喧を売るのはイギリスだけという状況になった。ドイツUボートイギリス大西洋側に多数配置し、アメリカインドオーストラリアからくる貨物船を沈めまわっていたのである。イギリスと石炭こそ豊富にあるが、さすがはメシマズ国家食料とかその他の資は輸入に頼っていた。このままではイギリスは飢えてしまう、そんな状況だったのである。

さて、1933年ルーズベルトは不気対策であるニューディール政策の一環として商船法なる法律を成立させていた。ざっくりいうと、

  1. アメリカ内で使う輸送船は全部アメリカ製にしなさい。
  2. 今後作る産輸送船はが定めた規格に従って寸法や性をそろえなさい。

で、このが定めた規格に従って作られた貨物船をが買い上げて空母装したらいいじゃんという話であった。

アメリカ海軍はさっそく研究を開始し、41年には貨物船改造空母1号ロングアイランド』が工。ロングアイランドともう1隻作られた試験改造空母アーチャー[1]』とともに運用を開始したが運用結果は良好であった。

これらの運用データを元に本格的な護衛空母(のちにボーグ級と呼ばれる)の建造に取り掛かったのであるが、なんせ元になるのは民間の貨物船。いくら札束で業者ひっぱたいても捻出できる船には限界があるし、あんまり徴発したらてめえの輸送に影が出る[2]おまけ太平洋ではやばいことになっていた。米海軍太平洋側に5隻の空母を配置していたが、の向こう側、日本は6隻もの正規空母を持っていることが判明したのである。全然空母が足りんじゃん!……そんな時。

ヘンリー・J・カイザーこんなこともあろうかと!

このカイザーという御仁、「ヨーロッパ戦争難民を!」とアメリカ中にキャンペーンる一方縫製工場を建てて作ったに売りつけてぼろけして得たを元に建設業に進出、さらに造船所をたくさん作りリバティ船[3]を大量生産してまたもぼろけしていたという人物である。

で、このカイザーが提案したのは商船法規格の船の設計図を流用したうえでリバティ船で採用されたブロック工法と電気溶接を駆使した護衛空母の大量生産だった。軍はこの提案に飛びつき50もの大発注カイザーの造船所に行ったのである。

こうしてカサブランカ50人の姉妹が生まれる。

とりあえず性能諸元

全長 156.13m
全幅 19.89m
排水量 基準:7,800トン
満載:10,400トン
乗員 860
武装
搭載航空機
レーダー
19.25kt

ボイラー4缶
スキナー式ユニフロー蒸気レシプロエンジン×2

たくさん

え、たくさんって投げやり? ウィキペ様でも見たらいいやん。50姉妹だよ? シスプリべびプリカラフルキッスだよ?! 聖闘士星矢と言ったやつは表出ろ
もっとも、フレッチャー級駆逐艦175姉妹という、上には上があるんだけどね。

解説

数はとばかりにわずか1年(正確には13か)で50隻生まれたカサブランカ級の姉妹たち。「数は」を徴するような性、生産数ではあったが、彼女たちは決して『安かろう、悪かろう』な船でもなかったのだ。

建造について

建造はワシントン州のタコマやバンクバー(※カナダバンクバーとは別の都市)にあったカイザー造船所のドックで作られた。建造は1隻あたり大体4かぐらいを要しており、そこから逆算すると大体16~17か所もの船台[4]があったことになる。建造に際して、可な限り生産性を挙げるために、『ブロック工法』と『溶接』が多用された。ブロック工法とは、船体をいくつかの『ブロック』に分け、それを複数の工場で同時に製造、最後に船台の中でつなぎ合わせるというものである。利点としては、巨大な建造施設のない、較的小規模な工場でも建造可なこと、一つの部品を一つの工場もしくは場所で作り続けるので、作業を単純化しやすく、従って製品の品質管理がしやすいこと、なにより建造期間の大幅な短縮が可なことなどが上げられる。また溶接工法の利点は当時の鋲打ちによる接合は鋲打ち機がでかくて男しか扱えないが、溶接なら女性でもできるやろということである。実際カイザー造船所では女性の溶接工が多数いたとのこと。これは女性を労働として使えるということで男を戦争に取られても製造が低下しないことを意味した。あと、溶接とブロック工法はリバティ船の建造でノウハウが蓄積されておりカイザー造船所としても慣れていたということもあった。

飛行機とカタパルト

艦載機としてF4Fワイルドキャット戦闘機16機とTBFアベンジャー攻撃機12機を積んでいた。日本でいうと同じく護衛空母である大(24機)と同じぐらい。ところが船のサイズは大べても半分しかない。なんでこれで同じなんだよというと、これはアメリカ空母カタパルトを実用化していたからである。

当時のカタパルトは油圧式で、カサブランカ級に搭載されたH-4カタパルトは7.2tの物体を時速137㎞まで加速することができた。アベンジャー限界まで爆装すると8トンえたというが、上に向かって全空母を走らせれば合成速度で何とか発艦できたのだろう。

機関

よくネタにされる『蒸気タービンや一般的な膨式往復動蒸気レシプロ機関ではなく、ユニフロー蒸気レシプロ機関なんてものを積んで機関要員泣かせであった』というくだりだが、実はこれもカイザー造船所がこの機関の取り扱いに慣れていたから採用しただけであった。

採用された『スキナー式ユニフロー蒸気レシプロ機関』とは実はリバティ船に採用されていたエンジンで、当時デトロイトにあったスキナーエンジン社が大量生産していた。本来はに五大や沿航路の貨物船に使われていたもので、当時最高の効率を持つ機関とされていたものである。
リバティ船はこれを2基積んでいたのだがそれをどうもチューンナップしたものをカサブランカ級で積んだものであるらしい。機関要員泣かせだったのは扱い慣れた蒸気タービンや膨式往復動蒸気レシプロ[5]とは似ても似つかぬ民生品のエンジンかつチューンナップされた代物による不慣れさが問題だったのではないだろうか。

あと、実はエンジンについては選択肢がなかったというのもあった。蒸気タービンは他の軍艦用で製造がいっぱいいっぱい、膨式往復動蒸気レシプロは出不足、ディーゼルエンジンは実は船用としてはまだまだ実用化されたばかりな上、出の大きいものは潜水艦用や護衛駆逐艦用としての需要でいっぱいいっぱい。そこそこの出でたくさん確保するには選択肢がなかったのである。

なお、軍艦らしく2基のエンジンシフト配置。縦に2基エンジンを置くことで横から攻撃されたとき片方にダメージを食らって動かなくなっても、もう片方が動くので生残性が上がるのである。

レーダー

                              この記事を読む前に言っておくッ!
                      おれは今カサブランカ級を調べててほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解をえていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|        『全艦が対レーダー
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ              対水上レーダーを標準装備していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ       おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \     催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ  そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/` /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしい米国面の片鱗を味わったぜ…

マジである。アメリカ軍はすでに1940年には各種レーダーを実用化しており、1941年より建造されたカサブランカ級にも当然のように搭載されていた。

レーダー『SK』は約5m四方のでっかい正方形状のアンテナで、最大半径185㎞の域を走査できた。対水上レーダーSG』は戦艦なら41㎞先に、低を飛ぶ爆撃機なら28㎞ぐらいで探知できたという。

確かに商船規格の船体で、まともな軍艦よりもかに脆弱な船ではあったが、レーダーの搭載とシフト配置の採用など、最低限やるべき事はしっかりとやっている事が分かる。何より、艦載機の運用に関しては軽空母にも匹敵するを確保しており、可な限り生産性を高めつつ、空母として最低限の性を確保した非常に優秀な兵器と言う事も出来る。決して『安かろう、悪かろう』な船ではないのだ。

…まぁ、以上は用兵側のお話で、現場の兵士たちは「ベビー空母」「ジープ空母」「燃えやすい(Combustible)、壊れやすい(Vulnerable)、消耗品(Expendable)、略してCVE(※本当の意味はCarrier Vessel Escort」と散々な評価だったりするのですが。

戦歴

元々はボーグ級が足りないってことで計画されたカサブランカ級であったが、彼女たちは数隻が大西洋戦線や地中海に送られただけで残りはすべて太平洋戦線に放り込まれ、日本海軍闘を繰り広げた。
上記のように防御には難があったものの、軽空母並みの搭載量と私が死んでも代わりはいるもの的精ヤンキー魂のもと、船団護衛から艦隊防、上陸支援航空機輸送など地獄の最前線から天国の後方まで太平洋のありとあらゆる場所で活躍し、勝利に貢献した。

50姉妹のうち5隻が太平洋戦争中に失われているが、うち3隻が特攻機によって沈められている。特に有名なのは神風特別攻撃隊の最初の犠牲者となった9番艦『セント・ロー』であろうか。また、19番艦『ガンビア・ベイ』は戦艦大和以下戦艦巡洋艦10隻以上に袋叩きにされ沈められた『撃で沈んだ米海軍一の空母』として知られている。

太平洋戦争終了後はすぐにスクラップになった艦もあったが大抵は保管され、中には航空機輸送艦とかヘリコプター空母として再度現役に戻った艦もいた。カサブランカ級は1隻の例外[6]をのぞき1960年にすべて姿を消した。

関連動画

その他カサブランカ級護衛空母に関するニコニコ動画動画を紹介してください。昔MMDで作った方がいたらしいのですが。

関連商品

叩きと自らを犠牲にして米軍勝利に貢献したことに定評があるガンビア・ベイがプラモ化されている。お値段が高い(汗)

関連コミュニティ

カサブランカ級護衛空母に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

カサブランカ級航空母艦(wikipedia)exit

脚注

  1. *この空母イギリスに渡されイギリス軍が運用している。
  2. *結局4隻ほど不足したため、ボーグ級の元になったC3輸送船ではなくが所有していたC2タンカー(これも商船法による規格品)を元に空母に仕立てた。これがサンガモン級でのちにコメンスメント・ベイ級護衛空母元ネタになる。
  3. *Uボートに連合の貨物船が沈められまくったため、その埋めで建造された1万トン級の貨物船。とにかくたくさん作りたかったため作りやすさ優先で設計された。1941年から45年までの間に2,710隻もの数が建造された。そのためこの船にも「三時刊規格輸送船リバティ」なる異名が付いている。文字通りの『安かろう悪かろう』で日本戦時標準船よりはだいぶマシではあったものの、当時の溶接技術の未熟さから航行中に船がっ二つになる事故が相次ぎ200隻以上が沈んでいる。
  4. *船を作るぼこ。普通造船所では1~5つぐらいの船台がおかれている。普通船台1つで1隻作るものだが、住友重機械工業追工場のようにバカでかい船台で2隻いっぺんに作るとかということもある。
  5. *同じ蒸気レシプロでも膨式往復動機関とスキナー式機関は構造も動作方法も全く異なる。
  6. *36番艦『セティス・ベイ』は強襲揚陸艦装され1964年まで現役で働いた。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E7%B4%9A%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E7%A9%BA%E6%AF%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カサブランカ級護衛空母

54 ななしのよっしん
2018/04/14(土) 10:42:03 ID: j7dHztzaEH
カサブランカ級の大百科でガンビアベイ関係ないから関連項目から消すとか凄い発想する人もいるんですね
まあ、それはそれとしてガンビアベイカワイデス
55 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 00:04:47 ID: FrvxsqqE8X
ハァ~~~(クソデカため息)まったく、これだから…

>>51
まぁ、これら一連の欠陥から工学的に大きな教訓を得られた訳だし、多少はね?(並感)
56 ななしのよっしん
2018/04/21(土) 09:34:20 ID: j7dHztzaEH
お前大和の記事の関連項目から武蔵外していいだろ?って聞いてるようなもんだって自覚ないだろ
57 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 18:21:43 ID: FrvxsqqE8X
いい加減T様方は軍艦美少女ではないと言う事実を受け入れてくれませんかねぇ…
58 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 21:37:52 ID: PIoV+EFH2u
美少女軍艦であって軍艦美少女でないのは重々承知している…
とは別に、何故軍艦姉妹艦とか彼女とか女性で扱われてるのかね
乗る乗員はほぼ男だろうに
59 ななしのよっしん
2018/04/25(水) 10:57:53 ID: Dvy7Px/fkI
>>58
軍艦に限らず船は基本女性として扱うんだよ。理由は不明だが俗説として「男どもがチヤホヤもとい手間暇かける」って話があるんだと。
『船 女性名詞 なぜ』でググってみれば理由がずらずら出るぞ。
60 ななしのよっしん
2018/04/25(水) 23:56:33 ID: FrvxsqqE8X
船に限らず、西洋において大体の乗り物女性扱いな気がする
まぁ、個々の文化や言の違いもあるけどね
61 ななしのよっしん
2018/06/09(土) 20:50:00 ID: mc3CBIqHPm
とか欧州でも(区別ある場合は)半分くらい男性だし、
大体からして船だって仏語イタリア語ロシア語男性名詞だったりドイツ語は中性名詞だったりで別に女性名詞がそう多いわけじゃないわ。小舟と艦船で違う場合もあるし。
女性名詞が圧倒的だって勘違いされるのはWWIIまでの大英帝国と現代のアメリカ海洋法規や運ので、その二の言葉の英語がそうだからってだけ。
62 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 12:35:23 ID: LvhrpXmnjE
船が「女性」なのは、英語とかフランス語の先祖にあたるラテン語では、船はnavis(女性形)から来てるだからではないのかな?
印欧語族の中でもヒンディーでは船は男性名詞だし、文化にもよると思うが。

とにかく、このエクストリーム・ディアゴティーニ凄いな。たくさん作られたからといって決して粗悪品ではなく、それなりに優れた性を持っている。

おい、アメリカ。ズムウォルトちゃんも気合い入れろよ。
63 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 08:21:04 ID: u65yut9cmD
>>62
アメリカ「わかった! 155mmAGS弾の開発中止するね!」