カタルーニャ州単語

カタルーニャシュウ
基礎データ
名称 カタルーニャ州
州旗 サニェーラexit
州歌 収穫人たち(Els Segadors)exit_nicovideo
公用語 カタルーニャ語スペイン語
人口 752万人

カタルーニャ州exitとは、スペイン北東部の州である。

バルセロナを州都としている。



英語での呼び方は「カタロニア」となる。

位置と気候

スペイン北東部に位置し、ピレネー山脈を挟んでフランスと隣同士である。

バルセロナをはじめとする沿部は地中海に面していて、少し湿度が高く、滅多にが降らない。

レネー山脈付近はしっかりが降り、ウィンタースポーツを楽しめる。

レネー山脈の山中にあるミニ国家アンドラ公国とは隣同士で、住民の行き来がある。
アンドラ公国は税が安いタックスヘイブンであり、経済的に成功したカタルーニャ州在住者が
アンドラ公国に移住して節税する例が多々見られる。

カタルーニャ州の経済

カタルーニャ地方は紀元前の古代から上交通や陸上交通の要衝で、商業的に栄えてきた。

地中海貿易の導権をオスマン帝国が握り、大西から船を出して交易をする大航海時代が始まると
カタルーニャ地方の商業的地位はすこし低下してしまった。

19世紀になって産業革命スペイン内で一番最初に起こり、軽工業や重工業が発展し、
それに伴って融業も栄えていった。

現在もカタルーニャ州の経済的繁栄は続いており、スペイン内のGDP20を稼ぎ出している。

そのせいかカタルーニャ人(カタランとも呼ぶ)は「で勤勉、働き者」というイメージがある。
実際に、はちゃんと早起きしてみんな一斉に職場に向かうので通勤ラッシュが発生する。

スペインの中でも上から2番に住宅価格の高い州で、都会化が進んでいる。

カタルーニャ語

カタルーニャ州の公用語の1つであるカタルーニャ語ニコニコ大百科にも記事がある。
(→カタルーニャ語

としてはスペイン語との共通点も多いがフランス語との共通点も多く、
スペインフランスの中間地点で育まれてきた言であることが分かる。

カタルーニャをカタルーニャ語表記するとCatalunyaとなる。

カタルーニャをスペイン語表記するとCataluñaとなる。

カステイ(人間の塔)

カタルーニャ州ではカステイ(人間の塔)exitという組体操が名物となっている。

カステイとはカタルーニャ語という意味。人でを創り上げていく。
カタルーニャ州の各地で何か記念行事があるとカステイを行う。
特にカタルーニャ記念日の9月11日exitにはバルセロナの広場でカステイを行うのが風物詩である。

ズボンチームカラーられたシャツといったユニフォームを着た数十人で1つのチームを作る。
巻きみたいな太い巻きをするのも特徴で、人が上部に登るときに巻きを足がかりにする。

土台となるのはゴツい男と決まっているが、上部に登るのは体重の軽い人に限られる。
このため、小柄な男や女性子どもカステイにおいて重要視される。

二輪レースの聖地

日本ではあまり報道されないが、カタルーニャ州は二輪レースが大変に盛んで、
あるライダーを次々に輩出している。

二輪レースの最高峰であるMotoGPにはカタルーニャ州出身者が多い。列記すると

マルク・マルケスアレックス・マルケスexitダニ・ペドロサアレックス・リンス
マーヴェリック・ヴィニャーレスイサック・ヴィニャーレスexitティト・ラバトexit
アレイシ・エスパルガロポル・エスパルガロexitトニ・エリアスexitセテ・ジベルナウexit
カルロス・チェカexitエミリオ・アルサモラexitアレックス・クリビーレexit
シト・ポンスexitアルベルト・プーチexit

と、そうそうたる顔ぶれとなる。(太字ニコニコ大百科に記事があるライダー

カタルーニャサーキットという立サーキットがある、
モータースポーツへの理解があって「騒音が酷いからレースをするな」というが少ない、
スペインの中で最も経済的に繁栄した地域で所得準が高くモータースポーツの出費に耐えうる、
そうした条件が重なり合い、カタルーニャ人たちはMotoGPにおいて躍進している。

カタルーニャ州のスパーリングワイン『カヴァ』

カタルーニャ州はブドウ栽培に適した温暖な地方であり、太古の昔からワインが盛んに作られてきた。
特にカタルーニャ州南部ペネデス地域exitカヴァと呼ばれるスパークリングワインを作っている。

カヴァcavaと書きカタルーニャ語洞窟の意味で英語caveと同じ。昔は洞窟を造っていた。

初めはシャンパンexitという名で販売していたがフランスシャンパーニュ地方exitの人たちに抗議され撤回、
カヴァという名前で売り出すことになった。

カヴァを作る有企業としてはコドルニウ(Codorniu)exitフレシネ(Freixenet)exitが挙がる。


フレシネ(Freixenet)exitは二輪レース最高峰のMotoGPファンならおなじみ。
同社はMotoGP公式スポンサーで、表台に上がるライダーに渡されるのは同社の商品である。
コルドン・ネグロ(Cordon Negro)exitというい瓶のカヴァが渡され
式でこんな具合のぶっかけ合いexitになる。
こういうのをシャンパンファイトexitと表現されるが、本来ならカヴァファイトと呼んであげたいところ

ちなみにコルドン・ネグロ辛口のスパークリングワインアルコール度数は12%とすこし高め。
近年は日本のスーパーでも売られるexitようになった。廉価な価格のわりには非常に美味しいと評判がある。

カタルーニャ州の代表 FCバルセロナ

カタルーニャ州を代表するサッカークラブというとFCバルセロナの名が挙がる。
カタルーニャ州はバルセロナ一極集中の州で、そのバルセロナを代表するのがFCバルセロナ

カタルーニャ州の誇りを胸に秘め、FCバルセロナリーガ・エスパニョーラを戦っている。


レアル・マドリーとの戦いは熾になり、この両者の決戦エル・クラシコと呼ぶ。

レアル・マドリースペイン中央部のカスティーリャ地方の強チームで、
カタルーニャ人にとっては歴史的因縁もありまさしく「倒すべき最大のライバル」となっている。

カタルーニャ州の歴史

紀元前~イスラム教国との戦い

カタルーニャ地方は紀元前の古代から上交通や陸上交通の要衝で、商業的に重要な拠点だった。
このためギリシア人やローマ人にを付けられ、植民が作られている。

711年に北アフリカから上陸してきたイスラム教く間にイベリア半島を征し、
カタルーニャ地方もあっさり占領されてしまった。

とはいえキリスト教徒たちも黙っておらず、反撃に転じた。
785年にカタルーニャ地方北東のジローナexitフランク王国現在フランス)のカール大帝が奪還。
801年にルイ1世がバルセロナを奪還し、カタルーニャ地方キリスト教圏に戻った。

このころからカタルーニャはイスラム圏と対峙する防波の役割を果たすことになる。
カタルーニャの有族たちはフランク王国伯爵位を授けられ、
後世の史に「スペイン辺境伯」と名付けられるような存在になる。
このスペイン辺境伯」こそがカタルーニャ地方の原と言ってよい。

カタルーニャ地方は奮戦し、イスラム教徒から領土を奪還するレコンキスタの先頭に立った。
985年から988年までイスラム圏の再侵入を許しバルセロナが略奪されたが不屈の闘志で復活、
再びイスラム圏と対峙した。
1229年にマヨルカ島exitを奪還、1238年にはバレンシア地方exitを奪還。

このころからイスラム教圏のお家騒動等で弱体化し、南へと後退していくことになった。

1492年にアンダルシア地方のグラナダexitが陥落し、スペイン全域がキリスト教圏に戻った。


カタルーニャ人が「々はスペインの他の州とは違う」という意識を持つのはこのためで、
他の地方イスラム圏にしていたときもカタルーニャ地方キリスト教圏の先頭で戦っていた、
そういう意識が強いからである。

カタルーニャ地方イスラム教圏に入っていたのはわずか90年ほどで、スペインの中で一番短い。
そのためカタルーニャ州にはイスラムの遺構があまりない。

カスティーリャ地方と2度戦う

レコンキスタが終了すると同時に大航海時代が始まり、経済の中心が大西に移っていった。
地中海側のカタルーニャ地方は勢を衰えさせてしまう。

そんな中で2度ほどカスティーリャ地方スペイン中央のマドリッドを含む地方)と戦う機会があった。
1640年~1659年までの収穫人戦争1701年~1714年のスペイン継承戦争である。
前者はフランス軍がカタルーニャ地方の後ろとなったが、
後者オーストリア軍がカタルーニャ地方の後ろとなり、フランス軍が敵に回った。

後者においてカタルーニャ地方手な敗を喫した。
一時はカスティーリャ地方の本拠地マドリッドを陥落させたが、
に勝るフランスカスティーリャ地方連合軍が押し返し、後ろオーストリア軍も本に帰った。
1714年8月30日バルセロナが突破され、同年9月11日に降伏した。

このときの屈辱体験を忘れないために、降伏記念の9月11日をカタルーニャの祝日にしているexit

フランコ将軍

18世紀のカタルーニャは農業や商業を発展させ、19世紀のカタルーニャは産業革命で工業が発展した。
1914年から始まった第一次世界大戦では戦争特需の好気になり、重工業が発展した。
こうした経済的発展があったが、1930年代の内戦でまたもカスティーリャ地方からやってきた軍隊に
やられてしまうのである。

1936年から始まったスペイン内戦でフラン将軍が軍部の半分を把握して反乱を起こした。
フラン将軍側は最初ガリシア州exit握していただけだったが、次第に占領地域を広げた。
共和政府側はマドリッドを放棄してバレンシア州exitに移り、さらにカタルーニャ州exitへ逃げ込んだ。
フラン将軍側は情け容赦なく攻撃を加え、1939年1月バルセロナは陥落した。

フラン将軍側は世界から正式なスペイン政府であると承認され、内戦は終結した。

フラン将軍は最後まで敵に回ったカタルーニャ州に対して厳しい措置をとり、
カタルーニャ語の看を立てるのを禁止したり、カタルーニャ語の地名を止したり、
カタルーニャの旗を立てさせない、自治権を剥奪する、政府による経済策を行わない、
といった数々の嫌がらせを続けた。この措置はフランコ政権が終わる1975年まで続いた。

国王即位から現代まで

1975年フラン将軍が死去すると、遺言通りにファン・カルロス1世exitスペイン国王に即位した。
ファンカルロス1世はフランスブルボン朝の末裔で、フランスの大貴族だがスペイン国王になった。
ヨーロッパでは他貴族を招いて国王になってもらうことはしくない)

ファンカルロス1世はフランコ政権の強権政治をすぐにやめ、議会制立民主主義を導入、
穏健な政治にするように努めた。
カタルーニャ州に対する厳しい措置も終了し、カタルーニャ州は自治権を回復し、
カタルーニャ語の看を表に掲げることも許されるようになった。

2014年6月国王の代替わりが行われ、フェリペ6世exitが新国王に即位した。

カタルーニャ人もスペイン国王にはさほどの批判をしない。
歴史的にも言的にもフランスに親近感を覚えるカタルーニャ人が、フランス出身の王族に
敵意を抱くことは少ない。

2010年以降のカタルーニャ独立運動

2008年リーマンショックが勃発、世界中が同時不況に突入した。

スペインも例外でなく、長期にわたる不況に苦しむことになった。

そんな中、カタルーニャ州では「々は多額の税を中央政府に支払っているのに、
その分の政策投資がカタルーニャ州に為されていない!これはおかしい!」という議論が沸騰した。
この税制の不感が大きく作用し、2010年以降は毎年のように大規模デモが起こるようになった。

カタルーニャ州旗は黄色い字に4本の線を引く「サニェーラexit」というものだが、
独立支持者たちが掲げる旗はさらに1つを加えた「アスタラーダexit」というものである。
アスタラーダを手に取ってデモに参加する人の数が2010年以降急に増えた。

独立運動が1つの頂点に達したのは2017年10月で、
1日にスペイン政府の反対を押し切って独立の賛否を問う住民投票を強行し、
10日に一方的独立宣言をした。

独立宣言をしたはいいが、諸外は全く反応せず、スペイン政府には全てが効と扱われている。

ただ独立の勢いはまだ衰えておらず、今後どうなるか注される。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A3%E5%B7%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カタルーニャ州

1 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 19:59:47 ID: mRhBchEPWM
スペイン政府カタルーニャ独立させない理由はお金の問題、他の州も独立を認めることになるからだと言うが、スペイン政府の横柄で上から目線の態度が問題である。
2 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 22:45:06 ID: S5ont9AODZ
日本カタルーニャに相当する地方関東だと思うわ
ただ、関東地方人間は自分達が首都圏にあるから満足しているけど
歴史を紐解けば平将門の乱や室町時代鎌倉府とか常に中央である畿内に反乱を企てようとし続けている土地柄だからな
3 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 22:51:05 ID: T4yt5tzO/g
>>2
関ヶ原の東軍総大将の根拠地も関東だったな