カツ・ハウィン単語

カツハウィン

カツ・ハウィンカツ・コバヤシとは、『機動戦士ガンダム』、『機動戦士Zガンダム』に登場するキャラクターである。

CV白石冬美1st) / 難波圭一TV版Z) / 浪川大輔劇場版Z)

概要

機動戦士ガンダム(カツ・ハウィン)

本編には第2話から登場、当時8歳。サイド7の戦災孤児としてホワイトベースに避難してきた3人組の中でも一番大人しい性格であった。戦火の中を子供ながら生き延び、最終話ではキッカ、レツと共にア・バオア・クーから脱出するアムロを導く。終戦後にはハヤト・コバヤシ、フラウ・ボゥ夫妻に引き取られ、コバヤシ姓となる。

当時は殺伐としがちな船内のマスコット役として可がられていたが、未熟な若者達が容赦なく戦場に放り込まれ、否応なしに兵隊として成長していく姿を見つめて育った子供は、やがてその若さ故にを外れていく…。

機動戦士Zガンダム(カツ・コバヤシ)

グリプス戦役時、15歳。義ハヤトがカラバ(地球上におけるエゥーゴのような武装組織)に参加した事を機に、連邦軍によって軟禁されていたアムロを叱し、再起を促す。そんな彼と共にカラバに参加するのだが、7年の日、あるいは戦場を転々とした経験は、大人しかった子供を独善的、感情的に行動する性格へと変化させてしまったようだ。ガンダムMk-IIでの断出撃を皮切りに、たしなめようとする相手に何かと反論したりと、その行動は未熟な若者としての面が多く立つ。同じように感情的な性格で、何かと上に反発しがちだったカミーユですら、カツな行動を諌めようとするほど。尚、上記のガンダムMk-Ⅱ断出撃の際に父親より鉄拳制裁を食らっている(TV版のみ。劇場版では割愛されている)。

その後、ブライト・ノアの許諾を得てエゥーゴに参加。当初は搭乗MSがなく、整備の手伝い等も行っていたが、ネモ、後にGディフェンサーのパイロットとなる。それでも彼の行動はあくまでも感情的で、ジオンの残党であるアクシズとの共闘戦線に反発し、出撃を拒否するという一幕もあった。

その性格はをした事でますます暴走していく。捕虜となっているティターンズサラ・ザビアロフに心を抱いたカツ彼女の逃亡を手助けし、更にシロッコとの仲に嫉妬したカツシロッコを撃墜させようとするが、身を挺してかばったサラへと誤射、殺してしまう。だが、それを自ら悔いることはなく、彼の逆恨みはシロッコハマーンへと向けられる。

享年15歳ヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊との交戦中、ピンチエマを救い、ガンダムMk-IIとのドッキングを終えたカツだが、その直後に戦闘が乏しいコックピットブロック状態のまま退避命視して戦闘へ。ハンブラビの一機を撃墜後、よそ見をして隕石にぶつかり、ヤザンビームキャノンを撃たれ、巡洋艦の残骸に突、爆死した。

「なんかもしアムロが成長しなかったら、って感じのキャラだな」――語るスレ >>7より抜

カツの扱いについて

物語ではアムロカミーユに対する『if』のポジションを果たしていたカツだが、視聴者からすれば見ていて苛々させられるキャラクターである事は否めない。それに拍をかけたのが、『スーパーロボット大戦』やガンダムゲームアンソロジーコミックに参加していた吉田創の4コマ漫画である。事ある毎にカツが酷い仕打ちを受ける…という恒例ネタは大ブレイクし、他の漫画家にまで流行した。しかし、絶賛のがある一方で「あまりにやりすぎ」との批判も多く(吉田本人がGジェネレーションアンソロジーで発言していた)、現在このシリーズは封印されている。

その元となる『スーパーロボット大戦』でも、多くは「使えない、2軍決定のパイロット」の代名詞のような低パラメータであり、尚且つシナリオ上でも空気だったり憎まれ役を押し付けられる事が多いキャラクターである。

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カツ・ハウィン

214 ななしのよっしん
2018/11/26(月) 16:50:29 ID: UfUvpjUB23
サラが許しても俺達許さん
215 ななしのよっしん
2018/12/22(土) 18:47:01 ID: lFauYB3kaD
当たり前の様にカミーユにタメ口で、食事の場でサラの尋問に文句つけ、同席するファ事前カミーユネガキャンしとく陰湿っぷりには流石に笑った

初期カミーユだったら顔面ボコボコにされてるぞこんなん
216 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 07:40:57 ID: w5GSrM1/Kz
ていうかあの勢い衝突事故で大破爆散しなかったのが凄い
ZZのクインマンサも足元に岩石当たって岩の方が砕けてたシーンあったけどガンダム世界の岩石ってヤワヤワなんですかね
217 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 21:46:23 ID: /kWCoLsHh2
>>216
そこで機体が硬いと考えられない辺りがお前限界
218 ななしのよっしん
2019/01/27(日) 07:07:32 ID: 2QwLQnJvnd
あの世界で宇宙を高速で飛行しようとしたら、
色んなデブリと衝突する危険があるし、
MS兵戦でぶつかり合う場合も多々あるんだし、
そんくらいでひしゃげない程度には装甲は頑丈に造っていそうだよね。
精密マニピュレータのとかは脆そうだけども。
219 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 01:47:13 ID: I+qHsXwzwe
>>213
たしかに、チェーンを殺してしまったハサウェイよりはまだましな気がする。
サラの件は不可抗だし、シロッコを仕留めようとした行為自体は別に間違ってたとは思わん。(動機が不純だった点は擁護できんが)
なんだかんだでカミーユを救ってる場面もちょいちょいあるからウザいけど許せないレベルではないかな。


220 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 10:52:32 ID: hzr5VTH4Ha
カツサラへの心とか執着とかはよく描かれてると思うが、
逆の描写が唐突に思えるのは何故だろう
サラってシロッコへの絶対的な傾倒とかレコアへの対抗心とかが良く描かれているけど、
次に描写が多いのってカミーユに対する態度だよね
何度も何度もカミーユ瀬を重ねるし、アイスを奢ってもらうデートまがいのことまでして、それが貧しい青春の中での一きになった

サラカツへの感情って、どういうんだったんだ?「騙してごめんなさい。じゃなくあなたって好きよ」と言ってたけど、殺し合ったのも説得されかかったのも共同で爆弾を解除しようとしたのもカミーユ

サラが死んだときやカツが死んだ時、カミーユ特攻の時の会話がの理解を越していた
全部幻覚で切り捨てるなんてしたくないし、どう思えばいいんだろう
221 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 15:49:42 ID: fSmo/cQrLp
>>220
カツの横慕ぶりを若干有難迷惑に感じながらも邪険にはしてない辺り、サラも好意はあると思うんだけどその辺は割と曖昧な印

サラカミーユ恋愛感情こそないもののNT的感応で惹かれあっていて明確に敵対しながらも互いに好意的というのが作中描写から伝わってくるけど、カツの場合そういう細かい描写がないのでそんな深い関係だったっけて印になるよね
222 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 17:07:16 ID: 3F74IxXKvd
>>220
サラカツに対して親近感は有っても恋愛感情はなかったと思う。
俗にいうみたいな感じじゃないかな。
223 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 21:51:43 ID: HFMHw0pZu/
>>220
サラの自意識の問題と思う。
単に「パプテマス様にすべてをげるアテクシ」より、
「他の男から好意を寄せられる位、魅的でありながら、そんなのものともせずパプテマス様にすべてをげるアテクシ」のほうが、サラ自身が自分に陶酔できる。カツは「具」なのだけど、
まともな部分もあるサラは、どこかで罪悪感も感じてて、なおかつ女性であるがゆえの「皮じゃなくあなたって好きよ」発言と思う。

教祖様シロッコに対してはどこまでも従順なのに、
抜けない同級生カツに対してはあの流し目。実に度し難いw 

変なカルトにはまってるイタイ自分に気付き始めて、野暮ったいけど対等な相手と等身大の関係を築けかけていたのに、残念。