カネケヤキ単語

カネケヤキ

カネケヤキとは、1961年まれの日本競走馬

シンザン同期の二冠であり、菊花賞にて史上稀に見る雌雄突劇を演じた名
名前の「カネ」は冠名であり、有馬記念カネミノブやオークスカネヒムロと同じ

齢表記はレース名、表名を除き全て現表記に統一

生い立ち

カネリュー、コンキュバイン、Le Pachaという血統。親父ポケモンみたいな名前だなあ

のカネリューは通算10戦6勝で大レースでの優勝はないが、種として本の他天皇賞有馬記念を制したオンスロートを輩出している。のコンキュバインは戦後フランスから輸入された繁殖で、かの世界的繁殖ムムタズマハルレディジョゼフィン系に属する。
の出生は青森県青森牧場だが、この青森牧場、実はカネリューのである利明がカネリューの為に立ち上げたと言われており、その時輸入されて基礎となったのがコンキュバインである。コンキュバインは繁殖として活躍し、直であるカネケヤキの他子孫にカネヒムロやカネミノブ、カネミカサなどを送り出しており、青森産を支えた偉大なるかまどである。ちなみにコンキュバインとは「内縁の妻」とか「愛人」という意味で、ラテン語の「一緒に横になる女の人」がだそうな。よく名付けたな

大欅(府中の大欅は実はエノキ)

カネケヤキは2歳10月中山競馬場デビューデビュー戦は8番人気の低評価だったがこれに反発するように勝利。ここで上だった「ミスター競馬」こと野二が以後戦騎手を務めることとなった。
中山3歳Sを2着に入った後、東京オープン中山の3歳Sを快勝し、当時関東の2歳チャンピオン決定戦である朝日杯3歳ステークスへ歩みを進め、1番人気に推されたがウメノチカラにアタマ差敗戦する。
この年5戦3勝だったが、最優秀3歳阪神3歳Sを制したプリマドンナが持って行った。

年が明けて3歳となり、京成杯と弥生賞などとの混合競走に挑む。けどそう上手くいくわけもなく6着、4着に走。オープン2着を挟んで桜花賞に挑む頃には人気は4番人気にまで落ちていた。
桜花賞では23頭が出走する中先行して抜け出す王道競馬で2着フラミンゴに2身差をつけて快勝。オークストライアル勝利して1番人気で臨んだオークスでは2着ヤマニンルビーを3身突き放し、ここに堂々と二冠が誕生した。カネケヤキまで二冠を達成したは、スウイスー、ヤマイチ、ミスオンワードの3頭がいた。

唐突ですが問題です。

カネケヤキのこの後のローテーションをお答え下さい。

A「秋華賞じゃないの?」 不正解。秋華賞が出来たのは1996年です。
B「エリザベス女王杯じゃね」 不正解。エリザベス女王杯が創設されたのは1976年です。
C「エリ女って昔は別の名前だったよね」 残念。そのビクトリアカップ1970年創設です。

ABCえ? もしかして菊花賞?」 

正解!

そう、菊花賞である。秋華賞エリザベス女王杯も、その前身であるビクトリアカップかった当時、牝馬三冠路線の三冠菊花賞だったのである。実は本場イギリスでも路線の三冠混合のセントレジャーであり、そもそもクラシック競走は2000/1000ギニー、ダービー/オークスセントレジャーである為、独自に三冠路線を作っているでない限り、三冠セントレジャー相当の競走であったり、そもそも牝馬三冠の概念がかったりする。秋華賞世界的にはかなりしいレースである。
ちなみに先程挙げたスウイスー、ヤマイチ、ミスオンワード菊花賞に挑戦しており、スウイスーが2着、ヤマイチが3着とかなり惜しいところまで行っている。ミスオンワードは10着。
桜花賞オークスのどちらか+菊花賞という変則二冠もおり、ブラウニー桜花賞1着からオークス未出走、菊花賞1着で変則二冠を、クリフジダービーオークス菊花賞で変則三冠している。

深山と大欅

さて、カネケヤキは夏休みを挟んで、初戦のクイーンSを2着、セントライト記念を3着、オープンで見習い騎手が乗って5着...どんどん成績が落ちているが、実は脚部不安を抱えていたのだ。

気がつけば11月菊花賞、本は12頭立ての9番人気まで人気が落ちた。このレースの1番人気皐月賞ダービーを制した二冠シンザン...ではなくセントライト記念オープンで本を負かしたウメノチカラである。シンザンは折からの負けとトライアル連敗で人気を落としていた。
カネケヤキ以前にも二冠を達成したはいたが、三冠に対する注度は高いものではかった。しかし、この年に限れば皐月賞ダービーを制し、セントライト以来となる三冠に王手をかけるシンザンがいたのである。後世から見れば「二冠と二冠が、それぞれの三冠をかけて対決する」、というアツものの菊花賞である。先程述べたミスオンワード子供であるオンワードセカンド(4番人気)が出走し、二冠子供がそれぞれ三冠をかけているに割って入るという浪漫溢れる構図。

レースでは途中までサンダイアルハナを切ったが、1週の直線でハナを奪い返すと後続に10身近くつける大逃げを仕掛ける。直線入口まで単騎で逃げるが、残り150という所で追いすがるサンダイアルに並びかけられ、更にその外からシンザン脚でぶっこ抜き、三冠の栄シンザンへと舞い降りた。カネケヤキは5着に敗れたが、それでもの大舞台で大逃げを演じ、二冠としての貫を見せつけた。
同年、最優秀4歳選ばれたのは当然であろう。

しかし、翌年には脚部不安が深刻化。1年近い休養の後オープンに出たが11頭立て8着に敗れ、引退
通算16戦6勝。桜花賞オークスを制した二冠の誕生は、11年後のテスコガビーである。

引退してなおライバル

引退したカネケヤキは故郷へ戻り繁殖となるが、不受胎や出生後の死亡が相次ぐ、いわゆる出しが悪く、活躍を送り出すことはかった。カネハヤテ産駒のカネエンジュを中心に系は繋がり続けており、地方競馬で走っている。宇都宮末期エース、トウショウゼウスがカネケヤキの曾孫にあたる。

カネケヤキは1984年に繁殖生活を引退。功労として暮らしていた所、1995年10月5日ヒカルメイジやコマヒカリを産んだ名繁殖イザベリーンが持っていたサラブレッドの最長寿記録を更新する快挙を成し遂げる。同10月28日に老衰の為死亡34歳と231日という大往生であった。

死後から約三週間後、とあるがカネケヤキの長寿記録を更新であろう菊花賞で相まみえたシンザンである。同期三冠馬と二冠が長寿を争っている、競馬史上稀に見る長きライバル関係である。シンザンライバルといえばウメノチカラやミハルカスが挙げられるが、カネケヤキも立ライバルと言えるだろう。長らくサラブレッド最長寿記録保持者だったが、2015年ナイスネイチャウラカワミユキに更新されている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%B1%E3%83%A4%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カネケヤキ

1 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 00:37:28 ID: 1uveasRtbU
作成おつかれさまです。
1983年菊花賞レース前、杉本清アナが「シンザンの時はカネケヤキが大逃げを打ちましてね。見てる方としては大変ハラハラしたんですが」と仰ってましたが、それが翌年の故障に繋がってたんでしょうかね・・・。
件のレース中にも、アスコットエイトが逃げたのを「あのカネケヤキを思い出す大逃げ」と実況してて、三冠達成がかかったレースと言う共通項があったにせよ、余程当時は印に残ってたんでしょうね。
2 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 12:14:23 ID: XJGblGkenW
シンザンする、というのは言い過ぎかもしれないが、
64クラシック世代は実にドラマチックだったんだな。

急上昇ワード

2019/08/25(日)00時更新