カノープス単語

カノープス

カノープス(Canopus)とは、銀河系恒星の一つである。本項で解説。→概要へ移動

曖昧さ回避

その他さまざまな名称に「カノープス」「Canopus」が使用されている。なお、ニコニコ動画におけるタグでは恒星のカノープスよりもオウガシリーズリネージュのカノープスに使われている数が圧倒的に多い。

概要

恒星
カノープス Canopus
符号 りゅうこつ座α
距離 310光年
スペクトル型 A9 II
表面温度 7000K
視等級 -0.74
絶対等級 -5.71
半径 太陽71
質量 太陽の8.0倍
太陽10700倍
参照:Wikipedia英語版exit

りゅうこつ座αで、明るさはマイナス0.7等級。シリウスに次ぎ全で2番に明るい恒星である。眼で見えるとしては較的遠い(地球から310光年離れている)ため、本当の度は実を言うと結構明るい。シリウスだってじゃないくらい明るい。ただしデネブリゲルなどの化け物には負ける。

しかしながら極めて南寄りにあるため、本州の緯度では見るのが難しい。ナンバー2の明るさも、地平線すれすれでは大気に減されて立たない。東北の大半と北海道ではそもそも地平線上に昇ってこないので観察が不可能である。どちらかというとその見つけにくさがネタになるだ。

カノープスという名前はギリシア神話に登場する水先案内人の名前から来ているという説が有だが、実はこれを裏付けるような伝承は存在しない。このは元々「アルゴ座」という、ギリシア神話に登場する船「アルゴ号」をった星座の先端にあったのだが、カノープスはアルゴ号に搭乗した人物ではない

そもそも、ギリシアの緯度ではカノープスは見えない。このについて記録を残している天文学者(クラウディオス・プトレマイオスなど)は地中海を挟んで南側のエジプトで活動していた者ばかりだ。かつてエジプトで使われていた言葉にがあるという説も存在する。

中国では「南極老人」(単に「南極」とか「老人」と呼ばれることも)と呼ばれていた。中国北部は日本本州同様、カノープスが見えるか見えないかギリギリの緯度であるため、そのレア度がありがたがられた模様。「老人を見たら寿命が延びる」という言い伝えもあった。いわゆる死兆星[1]の逆バージョンなので挑戦してみるのも一だが、見ごろはなので風邪をひいて寿命を縮めないように。見つけ方は「カノープス」でググれば色々なサイトで最新情報が確認できる。

ではしさが薄れるが今度は明るさが立つので、やっぱり様々な信仰などの対となっていたらしい。インドではアガスティアという仙人と結びつけられて重要視されていたという。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ただしこちらは『北斗の拳』での創作

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カノープス

1 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 02:44:17 ID: U8/tUwWtR0
カノサワ