カプセル怪獣単語

カプセルカイジュウ
3.9千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

カプセル怪獣とは、特撮ドラマウルトラセブン』及び以降のウルトラシリーズに登場する、ウルトラ戦士の味方怪獣の通称である。

概要

ウルトラセブンモロボシ・ダンが所有する、小さなカプセルに入った怪獣

何らかのトラブルによってダン変身不能に陥った際や、時間稼ぎが必要な状況などにおいて、このカプセルを投げることにより、怪獣を代わりに戦わせることが出来る。

万が一の暴走を考慮してか、カプセル怪獣たちは基本的に飼いであるセブンより格段に弱い。そのため善戦はするものの最後は敗れ、「○○、戻れ!」の掛けとともにカプセルに戻されてしまうことがほとんど。
だが、「怪獣ペットにして使役する」という新かつ夢のある発想は子供たちの心を刺し、大した活躍がないながらも、カプセル怪獣たちの人気は当時から非常に高かった。

後に『ウルトラマンメビウス』や『大怪獣バトル』『ウルトラギャラクシーファイト』でカプセル怪獣が再登場した時は、当時の視聴者だった現スタッフの思い入れもあってか、『セブン本編より格段に強く描かれた。
なお『メビウス』では「マケット怪獣」という名称で、セブンではなく人間に使役される存在。
正確には、『セブン』におけるカプセル怪獣のデータを、特殊技術で実体化して使っているという設定である。後の『ウルトラマンX』におけるサイバー怪獣や『ウルトラマンデッカー』のディメンション怪獣など、現在も形を変えて引き継がれている。

更に『ウルトラマンZ』においては、下記のうち2体が「対怪獣特殊挺機甲(通称:特機)」として登場している。こちらの場合は怪獣ではなく、ストレイジの隊員が乗り込むロボットとして扱われている。

このカプセル怪獣が、大ヒットゲームポケットモンスター』の根本元ネタであることは非常に有名。

怪獣たち

ウインダム

第1話(VSクール星人)、第24話(VSカナン人)、第39話(VSガッツ人)に登場。

メタル出身で、全身がメタリックシルバーの、ロボットのような姿をした怪獣
出身地の名前からしてこういう生物なのだろうが、「電子頭を持つ」という設定もあったりして、今一つはっきりしない。

記念すべき第1話で登場した際は、クール星人円盤を得意技のビームで撃墜する活躍を見せるが、すぐさま反撃にあって敗走。
カナン人戦では相手に操られてセブンを攻撃。セブンお仕置きで正気に戻ったものの、その直後にやられてしまったため回収された。
ガッツ人戦では敵のテレポート戦法に何も出来ないまま翻弄されてオロオロし続け、最後は頭部の弱点に攻撃を受けて爆死ダンが危険を感じて回収を行おうとしたが間に合わず、殉職したカプセル怪獣である。

ウルトラセブン1999最終章6部作』では2代目と思われるウインダムが登場。
第3話で異人を一時撤退させる活躍を見せるが、最終話怪獣ザバンギに敗れまたも殉職した。

ウルトラマンメビウス』ではマケット怪獣として登場。後半はデータ改造により、火炎放射能を持つ「ファイヤーウインダム」にパワーアップ。単独戦闘で敵に勝利する活躍を見せた。

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説』でも2代目らしきウインダムが登場。
サラマンドラと交戦しカプセル怪獣ウインダムとしての初勝利を遂げる。

特空機2号 ウインダム

ウルトラマンZ』において、 対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」が運用するロボット兵器として登場。
正式名称は「対怪獣特殊挺機甲2号機」、設計者はストレイジ科学担当オオタ ユカ。

開発コンセプトはずばり「スピード」。恐らく相次ぐ強怪獣との戦闘で露呈した先代セブンガ―の弱点を補う的と思われる。スリム化かつ高出化した機体性に加えて、体の各部にいたからジェット噴射してのノーモーションでの高速移動も可ポーズを固定したままの横ダッシュが呼んだかウィンキースロボと言われる事も。そら確かに昔はドット絵を横スライドさせるだけだった

初登場はメイン回たる4話……ではなく背景としてだが3話冒頭の格納庫でのシーン微妙に暗いのでわかりにくいが背景をよく見ると横たわっていたりする。
本来は本編前から開発を行っていたものの、ストレイジの予算不足ので開発が中断の危機に陥る事に。周辺被害への補償とか考えるとシカタナイネ
幸い、3話にてストレイジ上層部である地球防衛軍事務次官へのプレゼンテーションを敢行、途中ゴモラ覚醒等のアクシデントに見舞われたが、事に事務次官の説得に成功し予算を獲得、完成にこぎ着ける事となった。 

装備は初代からのお染みの頭部のビーム(作中名称、レーザーショット)に加え、各部のから乱射するミサイル、更に接近戦に備えて拳部を高速回転させての連続パンチも搭載済み。ただし、純パワーセブンガ―とべると落ちる模様。

また、これだけの性を実現した反動として内蔵バッテリーへの充電量はセブンガ―よりも悪化し、更に各部のパーツを別々の企業発注したことによる電ロスが重なった結果、稼働限界が5分、更に起動のための充電に4日を要するという欠陥を抱える事となってしまう。

幸い、初出動回となった4話にて、2話で撃破したネロンガのの破片を使って電を増幅させるという裏技でぎりぎりで起動に成功、その後はこのネロンガの電増幅の仕組みを応用した、急速充電・高出バッテリーが開発され、 長時間の⾏動が可になったとの事。

ミクラス

第3話VSエレキング)、第25話(VSガンダー)に登場。
セブンを代表するエピソードに登場していることもあり、恐らくカプセル怪獣の中では最も知名度が高い。

バッファロー出身で、のような大きな不細工な嬌のある顔、ずんぐりした体形が特徴。
カプセル怪獣では一番の怪力の持ち

第3話では、ウルトラアイを奪われたセブンに代わりエレキングと対戦。
怪力武器に善戦したが、弱点である電撃攻撃を受けて敗退。
第25話では寒さに弱いセブンに代わり、-140℃の極寒下でガンダーに挑む。
寒さには強いようでガンダーの冷気攻撃もものともしなかったが、相手のスピードに翻弄されて敗れた。

ウルトラマンメビウス』で登場したマケットミクラスは、データ改造により、弱点だった電気を得意技にした「エレキミクラス」にパワーアップ
単独勝利の他、ウインダムとの共闘により、あのゼットンを破るという大金星を挙げている。

本家も『大怪獣バトル』で一時期レイの手持ちとして活躍。
ウルトラ銀河伝説』ではべムスターを破る快挙を成し遂げた。

アギラ

第32話(VSリッガー)、第46話(VSにせウルトラセブン)に登場。

アニマル出身で、眠そうなをしたトリケラトプスのような怪獣
スピードを活かした戦闘が得意らしいが、顔の間抜けさや偽セブン戦での醜態も相まってアホの子という印が強い。

第32話ではリッガーを相手に素い動きで立ち向かったが、尻尾攻撃一発でのされる。
第46話では、「ダンウルトラアイをに忘れてきた」という世にも情けない理由で出撃[1]。だが、ご人様そっくりの敵を相手にオロオロしっぱなしで、何も出来ないまま崖に突き落とされた。

平成ウルトラセブンウルトラマンメビウスで活躍を見せる他の2匹に対し、アギラだけは生作品への登場機会が全くないどころか、小説平成セブンでは戦力外通告まで受けており、長らく不遇のカプセル怪獣扱いされていた。
その後、『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説』で念願の復活を果たし、ドラコ相手に初のを拾った。

セブンガー

ウルトラマンレオ』34話に登場。
正確にはカプセルではなく怪獣ボールと呼ばれるアイテムから出現する。
変身を失い、なぜかカプセル怪獣を使いたがらなかったセブンのためにウルトラマンジャックが用意。
中、怪獣アシュラ辺の子供の妨に遭うもどうにかダンのもとに届けられる。

ドラム缶状の胴体に常に眠たそうな表情と、はっきり言って上記3体より強そうには見えない。
と思いきや、なんとジャックを追い詰め後にレオを苦戦させたアシュランを圧倒するほどの戦闘力をみせつけた。
下手するとウルトラ戦士より強いのでは?と言われるほどだが、連続で1分間しか活動できず、しかもその後50時間使用できないというとんでもない運用性の低さも誇る。結局出番は1回だけだった。

のちに『ウルトラマンZ』において、対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」が運用するロボット「対怪獣特殊挺機甲 1号機」として46年ぶりに本編再登場、活動時間は1分ものバッテリー×3本で3分活動と大幅に燃費が向上した。

その他のカプセル怪獣

セブンはこの3匹が入ったカプセル以外にもう2個、合計5個のカプセルを所有している。

そのうち1つはイカルス人に異間へ閉じ込められた時に使おうとしたが、異間ではカプセルが作動せず、そのまま紛失してしまった。中に入ったままの怪獣が哀れすぎる。

最後の1個は平成ウルトラセブンだったと判明、ダンが入れ替わっている間はそこにカザモリマサキが入っていた。このときカプセルには中の生物を治癒する機があるという設定が生まれている。

ウルトラマンゼアス2』にはカプセル怪獣ミラロンダークラーが登場。詳細は作品の記事参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

カプセル怪獣に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *ただ、そのお陰でサロメ人に奪われずに済んだのかもしれないが。

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カプセル怪獣

99 ななしのよっしん
2022/07/17(日) 08:09:10 ID: qg0uuhmN8n
デッカー版の3体はマケット怪獣より持続時間短そう
100 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 11:40:24 ID: 2UB+Tnpgz+
デッカーではちょっと出て出番が終わりイマイチ活躍させられてないの残念だな
ゼットセブンガーがいかにファンに好かれる調理をされてたか感心する
101 ななしのよっしん
2022/08/20(土) 12:40:10 ID: D4cWqZepYQ
今回はアギラ登場、相変わらず登場は短いけど
の一撃でテレスドンを倒して、あの頬杖ポーズを取りながら消滅と
出番は僅かだけど、ファンサはしっかりやったかな
102 ななしのよっしん
2022/09/04(日) 08:57:40 ID: lMEm6KoIRf
怪獣娘アニメやるまではアギラが1番不遇な雰囲気だったけど「セブン」時点で1番不遇なのはウインダムだと思う..
103 ななしのよっしん
2022/09/17(土) 16:06:13 ID: 302ejRcknO
逆にセブン時点で優遇されてたのはミクラスだよなぁ
いずれの戦いも敗北するけど、ある程度善戦できてたから
104 ななしのよっしん
2022/09/26(月) 22:52:37 ID: reRvYrhx/L
>>102
アギラは2戦ともどう見ても相性負けだしエレキングガンダーなら下手したら倒せたんじゃないか思ってる。
105 ななしのよっしん
2022/09/26(月) 22:55:03 ID: MkuT4hKsJj
アギラスーツの都合で撮が難しかったのがね(ハイハイでしか撮できなくてアクターの負担がヤバかった)途中でもう気にしなくなったのか二足歩行になったんだけども。
106 ななしのよっしん
2022/10/16(日) 12:46:24 ID: igViWd1s93
デッカーで一しか戦えなかったのは変身者が未熟だったから、というのはなかなか上手い落とし所
107 ななしのよっしん
2022/10/20(木) 17:15:22 ID: 8Z6qHi/0me
紛い物や別怪獣でない、どんな敵でも恐れず自己を犠牲にしたなかったウルトラセブンの手持ちのミクラス
敵を恐れて後ろ向いて逃げ出しかに若い地球人に叱励されるまでそのままだったほど老害劣化した様が撮された大怪獣バトルウルトラギャラクシー
108 ななしのよっしん
2022/11/08(火) 12:18:29 ID: GCiC3Ypwfn
同期のグドン(メビウス以降)がデッカー限界を迎え、10年近く後輩のガーゴルゴンも去年でお役御免となった中でも16年現役で居続けているウインダムは凄い