カラコール単語

カラコール
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

カラコールとは、16~18世紀頃に開発された騎兵戦術。上で射撃後に後方へ下がる機動をいう。

カラコールとは何か

カラコールとは、スペイン語で螺旋を意味する。これはカラコールが持つ戦闘機動が関わっていた。

まず対騎兵として使用されていたピストル騎兵が、敵のの前まで全で突撃を行い、撃を浴びせ、その優速を生かして離脱・反転してまた攻撃を仕掛けるというものだった。騎兵とは軍隊における敵に対して、致命の一撃を加える超兵器的な存在だった。カラコールは騎兵が持つ衝撃を新時代の兵器を用いることで復活させ、敵形を粉砕することを期待された。

背景

もともと騎兵は、パルティアン・ショットなどがあった古代で武装した軽騎兵体だった。これは鐙(あぶみ)と呼ばれる乗に必要なアイテムかったことに由来する。鐙は上での安定性を向上させることが出来たので、これが生まれるまでは、々が思い浮かべる騎兵の戦い方をするのは少々難しかった(かったわけではなく、現代にべて非常に難しかった)。鐙のない時代には、両足でにしがみつくようなスタイルで乗っていたので、不安定な中で騎手兵戦をするのは、大変な訓練が必要とされた。そのため当時の騎兵は、遊牧民のような日常的に乗を営む部族や人間が圧倒的に有利だった。

しかしその後、鐙が開発されたこと、装備が発達したことを受けて、重騎兵と呼ばれる剣、などを持った騎兵が生まれた。彼らに期待されたのは、現代の戦車でもそうであるように衝撃だった。人馬一体となって大質量の物体が高速でぶつかるという行為は、軍隊の隊列を打ち砕くを向上させた。
中世となった重騎兵だったが、これらに対抗するように歩兵は長と呼ばれる、長さが数mにもなるを前方へ突き出し、彼らを迎え撃つようになる。さらにこれらの長兵に加えて、当時は最新兵器だったマスケット銃などの銃火器を組み合わせて、テルシオという巨大な方を編み出した。テルシオ歩兵(または軍隊)に絶大な防御を与え、重騎兵を寄せ付けないようになっていった。

これらの戦術的発展により、歩兵に対する重騎兵の優位性は徐々に低下していき、彼らがまともに活躍できるのはなんらかの原因により、テルシオが重騎兵の突撃に対応できないような状況になった時だった。

そして16世紀中頃、ドイツにおいてホイールロックピストルを持った新式の騎兵(レイター)いわゆるピストル騎兵が登場し、騎兵をさらなる衰退に追い込んだ。ピストル騎兵は従来の騎兵よりも長い射程(10m弱)を持ち、接近戦で優位に立つことができたからである。ホイールロックピストルは、点火機構の複雑さから命中精度は高いものの装填に手間が掛かった。当初は一部の裕福な騎士が持つにとどまったが、16世紀末になるとにより騎兵への配備が進んだ。17世紀になると、ホイールロック式よりも安価で構造も簡単なフリントロック式ピストルが誕生し、ピストル騎兵はますます一般的になった。ピストル騎兵が増加すると、対抗手段を持たない騎兵は減少するしかなかった。このため重騎兵流はピストルで武装した胸甲騎兵となっていった。

カラコール誕生

騎兵は従来、を持って突撃するランスチャージがたる攻撃方法だった。しかしこれでは敵の数mにもなるは切り崩すのは難しい。ピストルは今まで持っていたよりは射程が長く、長へ対抗できると考えられた。

しかし、騎兵と入れ替わって騎兵の地位を手にしたピストル騎兵だったが、彼らには致命的な欠陥が存在した。ピストル騎兵は衝撃が低く、歩兵の隊列を破ることができなかったのである。

カラコールはこうした状況から生み出された戦術だった。衝撃の弱さを騎兵の機動カバーし、敵前で発反転を繰り返すことによって、一方的に攻撃できると考えられたのである。要は、テルシオの防御に勝つのではなく相手を崩すための部隊として考案された戦術であり、元々マスケット隊と撃ち合うために編成された部隊ではない。

結果

だが、カラコールはテルシオに対して有効には働かなかった。

銃火器自体は高威ウマは機動性に優れていた。しかし彼らが採用した最新兵器ピストルは、そもそも威は低い上に命中精度もよくなかった。歩兵に効果的な打撃を与えられず、むしろ半回転したところで歩兵マスケット銃に狙い撃ちにされることのほうが多かった。ピストルを用いた胸甲騎兵火力支援する火縄銃騎兵(Harquebusier)やカービン騎兵も存在したが根本的な解決にはならなかった。

さらに当時の軍事指揮官たちは、カラコールの効果の低さを認め、騎兵たちに突撃をさせようとした。あるいはまた、もっと接近して射撃するように命していた。が、当時の傭兵だったので、突撃は命を危険にさらすとして忌避され、結果として敵前で発し即座に反転することで、仕事をした「フリ」をすることも多かった。

つまりカラコールは必ずしも指揮官が意図したものではなく、結果としてカラコールになってしまったのである。

だが、これらは決してピストル騎兵の有用性を欠く理由ではなく、5~7mのパイクに対して騎兵(2~3m)ではそもそも攻撃が届かないので、であれば良いかというとそうでもない。(ピストルの射程は最大10m)騎兵そのものが テルシオに対して機しづらいものであったと言えるだろう。

カラコールのその後と騎兵戦術

16世紀後半から17世紀初頭にかけて、軍事指揮官たちは騎兵の打撃を回復させる方法を模索した。フランスアンリ4世が考案したサーベルピストルを組み合わせた、抜突撃戦術(サーベル・チャージ)らを発展させ、スウェーデングスタフ2アドルフによって一般化された。

スウェーデングスタフ2アドルフによって一般化された戦術は、サーベル・チャージを行う騎兵歩兵砲兵支援し、砲兵歩兵が敵の形に裂を与え、その裂を騎兵サーベルチャージが大きくするというものである。これらを歩・騎の3つの兵を取り、三兵戦術とも言う。

以前のような圧倒的な存在ではいが、騎兵は衝撃を以って敵を粉砕する役割を取り戻した。反面、効果の低いカラコールはれていき、18世紀になるとほとんど見られなくなった。

関連動画

・長兵とカラコールが見れる

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カラコール

8 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 15:50:58 ID: +AX3bOacDt
田中芳樹小説で読んでさぞ強いのだろうと思っていたら……
9 ちゃら
2015/05/20(水) 21:31:22 ID: xvVsZ8sOqz
色々コメントが付いていることに驚きつつ、ちょっと追記みたいなものです。

>>距離
20mのお話が出ていますが、ナポレオン時代のマスケット銃の命中精度についての書籍では、30ヤードでの命中率が約60%となります。ぶっちゃけピストルレベルだとこの30ヤードですら当たるかどうか、かなりの賭けです(数mでも危ないので)。
よってカラコール騎兵は、結構リスクガッツリ負って珍プレーに命をかけていたといえます。

著作は、Imperial Bayonetsです。結構お高い書籍&英語ですが、それなりにオススメです。
10 ななしのよっしん
2016/04/07(木) 18:23:35 ID: r66Fp7/uDQ
先に軽騎兵ピストル武装してパイク相手も軽騎兵相手もじゃ分が悪くなった重騎兵ピストル持つようになったんじゃなかったっけ
「フサリアはいかに戦ったか」ってサイトポーランド騎兵サリアが各地域の騎兵との戦いを紹介してるんだけど
西ヨーロッパカラコールに対しては「衝撃を失った騎兵など相手にならん、ふんはー!」って感じだが
一方でを持って反復襲撃を行うタタールの軽騎兵に対してはと重武装を置いてピストルと軽武装で対抗したらしい
カラコール、フサリアタタール騎兵の違いはなんなんだろう
11 ななしのよっしん
2016/04/15(金) 21:50:31 ID: NC/QDe+x4l
遊牧民のは当たる。
西洋人のピストルはあまり当たらない。
12 ななしのよっしん
2016/05/05(木) 20:17:37 ID: Hi1muJK61Q
なんかイラッと来る文章だな
13 ななしのよっしん
2017/06/07(水) 01:22:48 ID: S6HXyzlmrv
※10も触れているが
ポーランドのフサリアは突撃して形崩した後の追い討ちとしてピストルを十全に使いこなしてるので
騎兵ピストルの食合せが悪かったわけではない
もっというとよく教練を積んだコニェツポルスキのピストル騎兵
何度もグスタフアドルフ本人と彼が用いた三兵戦術を撃破しているので
正直カラコール(と西ヨーロッパピストル騎兵)の失敗は戦法そのものの欠陥ではなく
士気や練度の不足・官の戦術勘が十分でなかったこと要因であると思う
というわけで私は記事のに賛同することができない
ピストル騎兵の戦術は西欧よりむしろ東欧で発達したのに、そのことが全に視されている
14 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 19:48:19 ID: 5qLxC5K3mz
じゃあ書き換えていいよ
15 ななしのよっしん
2017/12/19(火) 03:43:48 ID: B6cGTciKHQ
ピストル騎兵は対騎兵の強さから各の軍隊に採用された
カラコールのために騎兵ピストルを持たせたというのが
支援から孤立した兵に大打撃を与えた例があり「失敗」も
・単体兵になすすべがなかった重装騎兵から進歩している
・初期の純ピストル騎兵でさえ複数のピストルを傾向していた
・したがって持ち替えて射撃することは常識であった
ピストルの運用法はその後も発展し、活躍した
この記事を書いたのは何も知らないアホか、嘘松っしょ。
16 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 03:44:55 ID: B6cGTciKHQ
↑のコメを書いた後、内容はかなりっ当なものに変わってるけど
Wikipediaの丸コピペはまずくね?
17 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 08:30:45 ID: r66Fp7/uDQ
最初期の純正テルシオ(スペイン、重装兵中心マスケット率少ないトロい)にはむしろ有効だったみたいな話はどっかで見た気がする
情勢を根本解決するような衝までは得られなかったんだろうけど
オランダテルシオとか三兵戦術とか戦列歩兵とかで火力上がるごとに対歩兵効率は悪くなってそうだけど(反例的にサーベル突撃の需要が上がってくる)