カラーテレビゲームシリーズ単語

カラーテレビゲームシリーズ

カラーテレビゲームシリーズとは、任天堂が発売したコンピュータTVゲームを除く第一世代据置機の総称である。

概要

三菱電機マイコンを採用した庭用ビデオゲーム機のシリーズであり、任天堂の第一世代据置機の総称ではあるが、この総称の中にコンピュータTVゲームは含まれていない。番はCTGが採用されているが、カラーテレビゲームシリーズは「Color Tv Game」、コンピュータTVゲームは「Computer Tv Game」の頭文字であり意味は違うものになっている。

形式はマイコンチップ上にゲームプログラムが書き込まれているソフトオンハード形式を取っており、1つのハードに同じようなゲームを何種類か遊ぶことができる。

当時社長だった山内溥組長社長は、「昭和52年TVゲーム元年である」と宣言したように、カラーテレビゲームシリーズはそれまでの庭用ビデオゲーム機と較して大ヒットとなった。しかし、当時は「玩具市場」の中の「TVゲーム分野」という程度の存在でしかなく、「TVゲーム市場」が生み出されるのはソフトウェア交換となるファミリーコンピュータの発売を待つこととなる。

その後、1980年に発売されたコンピュータTVゲームの失敗により任天堂は一時庭用ビデオゲーム市場からの撤退を余儀なくされた。

第一世代型据置機

コンピュータTVゲームまでを含めた場合の総称。この項ではそのゲーム機本体の画像とちょっとした説明をする。詳しい内容は該当記事を参照。

テレビゲーム6/テレビゲーム15
発売日:1977年7月
任天堂初のテレビゲーム機。テレビゲーム6は当時発売されたゲーム機では1万を切った値段で発売されたのが衝撃的であった、テレビゲーム15も従来の他社製品にべて安いのが特徴であった。
テレビゲーム6/テレビゲーム15

レーシング112
発売日:1978年
トップビューのレーシングゲーム
レーシング112

ブロック崩し
発売日:1979年
ゲームセンター人気であった他社のブロック崩し庭用向けにしたもの。
ブロック崩し

コンピュータTVゲーム
発売日:1980年
任天堂が発売した対戦アーケードゲームコンピューターオセロゲーム」を庭向けにしたもの。任天堂ハード史上最悪の売り上げを記録したハードでもある。
コンピュータTVゲーム

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カラーテレビゲームシリーズ

1 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 08:40:13 ID: c/hJiXhF7p
この時代のゲームFPSどれくらいだったの
2 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 23:21:00 ID: rOzOXe003I
フレーム数自体は今と変わらんでしょ。正確に言うとNTSCの垂直同期合わせだから、30FPS60FPSってことになる。(PALだと50)
そのかわり出せる物量が小さいというだけ。