カルストンライトオ単語

カルストンライトオ
1.9千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

カルストンライトオとは、1998年生まれのJRA(日本中央競馬会)所属の元競走馬である。

な勝ち
2002年アイビスサマーダッシュ(GⅢ)
2004年スプリンターズステークス(GⅠ)、アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

概要

:ウォーニング
:オオシマルチ
:クリスタルリッター

新馬戦かえで賞と連勝するも朝日杯3歳S(現・朝日杯FS)は10着に敗れる。その後、葵ステークス勝利を挙げるも、ファルコンステークスアイビスサマーダッシュセントウルステークスで1番人気になるも惜敗する。

そして、4歳時に出走したアイビスサマーダッシュで直線1000mを53.7でレコードタイムで制覇する。ちなみに2002年記録したこのレコードであるが、現時点ではこの記録えたは出ていない。
この時の200〜800m間の3ハロンタイム世界レコードである29.6(9.8-10.2-9.6)と言う驚異的なものであり、計算上では間的に75km/h出ていたことになる。

2003年9月から復帰するも、二桁着順も多く調子を崩していた。また、果敢に逃げながらも直線で沈んでいくスタイルから、ファンに「1200mでも長い」と言われていた。

2004年函館スプリントステークスを3着とすると、アイビスサマーダッシュ勝利して、スプリンターズSに出走する。この年のスプリンターズS不良馬場で行われた。スタート直後、猛な加速ハナを奪うと、直線に向いても逃げ脚は衰えず、2着のデュランダルに4身差をつける圧勝だった。同年、香港スプリントに挑戦するが、14着に敗れている。

2005年阪急杯2着、高松宮記念4着の後、4回アイビスサマーダッシュ出走、単勝1.8倍と断然の人気となるが、59kgの斤量と内いて4着。出走機会3連勝とはならなかった。次走のスプリンターズSでは、直線で一旦抜け出すも飲み込まれて10着。その後、出走はなく2005年11月2日付けで競走馬登録を抹消した。

スプリンターズS優勝はあるが、基本的にはコースで圧倒的なスピードを見せ付けるタイプだった。スタートしてからの驚異的な加速、そして同じく驚異的なゴール前でのり込みでファンの支持を得ていただった。時は流れ、日本競馬界のレベルは日に日に上昇している、昔のレコードもどんどんと更新されているなか、この新潟直線1000mのレコードはいまだに破られていない。それは、このが(弊はあるかもしれないが)日本で一番速いということの明といっても、差し支えはないだろう。

引退後は種牡馬入り。地方重賞勝ちを3頭出すもJRAではオープンも出ず……というところだったが、2021年になってメイショウテンセイ(2014年生・7歳)が3勝クラスを勝ち上がった。しかしOPでは勝てず引退。はたして彼のぶりを受け継ぐ新・快速の誕生はあるのだろうか?

血統表

*ウォーニング
1985 青鹿毛
Known Fact
1977 黒鹿毛
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Tamerett Tim Tam
Mixed Marriage
Slightly Dangerous
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Where You Lead Raise a Native
Noblesse
オオシマルチ
1990 黒鹿毛
FNo.10-b
*クリスタルリッター
1980 鹿毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Tales to Tell Donut King
Fleeting Doll
オオシマスズラ
1978 鹿毛
*カウアイキング Native Dancer
Sweep In
バージョオー *ネヴァービート
グンシン

クロスNative Dancer 4×5(9.38%)

ウォーニングはイギリスを本拠地としてマイルを中心に走り14戦8勝(うちGI2勝)。産駒には短距離で活躍したカルストンライトオやサニングデールの他に、ヨーロッパで残した産駒としてカドラン賞(GI・4000m)を勝利したGive Noticeもいる。
オオシマルチアは日本の中央で18戦4勝。勝ちはすべて1600m~1800mである。
クリスタルリッターズはフランスを本拠地としてイスパーン賞(GI1850m)連覇など17戦5勝。産駒は菊花賞マチカネフクキタルなど。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AA
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カルストンライトオ

24 ななしのよっしん
2021/11/09(火) 10:06:01 ID: zYFj/bsyMu
つまりスタートハロン最速のカルストンライトオとあがり3ハロン最速のイルバチオが合わさると最強って事だな
25 ななしのよっしん
2021/11/10(水) 03:25:17 ID: qZ3CACnwfV
最強論争に答えは永遠に出ないが
「最速」にはカルストンライトオという答えがある
26 ななしのよっしん
2021/11/15(月) 20:04:01 ID: v+IG8mtZqQ
最強も最高も捨てて最速を取った、ステ振り間違えすぎてる…。
27 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 12:32:03 ID: yL/deqIMn5
ちなみに、2021年時点でも現役種牡馬
JBIS情報によれば、フリーリターン特約付き受胎条件30万、出生条件50万と安め
ここ数年は種付け数からして1桁が基本
数少ないマンノウォー種牡馬として頑ってもらいたいものだが…
28 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 14:00:17 ID: N+LVJOT3LP
系をさかのぼるとフロリスカップやビューチフルドリーマーで有名な小岩井農場出身
29 ななしのよっしん
2022/02/18(金) 15:17:14 ID: 74HnjCL1/r
名前ライトオーじゃないのが逆にかっこいい 冠名スピード感ある
英字表記のCalstone Light Oとかもう最高
外見:スプリンターらしい体の黒鹿毛に太く整った流星がただもんじゃない感ある
黄色メンコも電感あってかっこいい
血統:>>27-28の通りマンノウォー系+土着の系の組み合わせがかっこいい
結論:かっこいい
30 ななしのよっしん
2022/04/13(水) 00:16:15 ID: CmXmQLdSEP
ノーザンダンサーが一切入ってないしい血統だけど、サンデー系が入っても走らんのはどうにもならんなぁ
何とか繋いで欲しいが…
ウォーニングだと系に入っても良くなりそうもないし残すの難しいよなぁ
31 ななしのよっしん
2022/04/14(木) 22:51:39 ID: v+IG8mtZqQ
文字数制限でライトオーじゃないのが良いよな。
すごい前のめり感が出てる
メンコの電感、解る。
32 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 20:04:03 ID: dhB4CTqi9r
今年のアイビスSDレコード更新されず、このままレコードホルダーでいてほしい
33 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 20:45:38 ID: W6CaJKGK+W
今日本で残ってる最後のマッチェム系かな?