カロッゾ・ロナ単語

カロッゾロナ
2.5千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

カロッゾ・ロナとは、アニメ映画機動戦士ガンダムF91』に登場する架の人物である。

私の概要は、見ての通りだ

概要

クロスボーンバンガード軍事部門導者。旧姓はビゲンゾン。常に頸元までを覆う仮面を身につけており、その容姿から鉄仮面とも呼ばれる。ロナマイッツァー・ロナ婿で、妻のナディアとの間にベラ(=セシリー)を授かる。ドレルはカロッゾの連れ子であり、セシリーの異兄弟に当たる。

大学院バイオコンピュータ研究していた優秀な科学者のカロッゾだったが、ナディアとの結婚を機にロナの一員になってからはマイッツァーの唱えるコスモ貴族主義へ傾倒していくようになる。しかし、普通の生活をめる例外者のナディアはそんな彼に想を尽かしてしまい、幼いベラを連れてワナビサラリーマンのシオ・フェアチイルドと失踪してしまった。

その後、仲良くしていた義のハウゼリーが暗殺されるというショッキングな出来事が契機となって、元々義のマイッツァーにも恩義を感じていた事もあり、以前から関わっていたラフレシアプロジェクトテストを自分の体で行うことを宣言。一年後、クロスボーンバンガード隊員の前に現れた彼は、自身を強化しており鉄仮面を被っていた。

ナディアを冴えないサラリーマンのシオに寝取られた事は大分後悔しているのか、自らを情けない男だと恥じ鉄仮面をかぶって自分の素顔と感情を隠し、理想国家コスモバビニアの実現まで、決して外さず生き抜くことを自らに誓ったとベラの前ではった。

劇中にて

コスモ貴族主義を掲げ軍事活動や演説を行う一方で、増えすぎた人口を削減するために人類の10分の9を殺するという計画も立てており、人間だけを殺す機械バグ」を開発していた。そしてテストとして戦いに関係なコロニーのフロンティアⅠにバグを投下、一般市民を大量虐殺した。この機械による作為の粛正を、カロッゾは「の良心も痛めることはない良い作戦」とっており、テストが良好であればバグ地球に降下させる予定であったらしい。

しかしシーブックセシリーによりバグと動であるザムスガル首を破壊されると、モビルアーマーラフレシア」に搭乗し、自らフロンティアⅠへ出連邦軍の艦隊を一機で全滅させ、セシリーの乗るビギナ・ギナもむごたらしい状態にまで破壊した。

そしてラフレシアのコクピットから生身で宇宙空間に飛び出し素手でビギナ・ギナのコクピットをこじ開けるという、恐るべきことをやってのける。

しかしその後のシーブックとの戦いでは、ガンダムF91質量を持った残像を捉えきることができず、脚部や左腕を破壊するもラフレシアは撃破され、戦死してしまった。

代表的な台詞

  • それはそうでしょう。動物は、植物の品種良というわけにはいきませんからね
  • 成功するアーチストなどはいらないのです。ザコでもバリアーになるというのは、一人の人の命は地球より重いという通念が生きているかぎり、地球連邦政府は、ブッホ・コロニーに手を出すことはないでしょう。しかし、表向きは、々は有為な若者たちを育成していると言い切れるのですから
  • はい。かつての強化人間ではありません。このままの自分では、器量も狭かろうという義さまのご心配もわかりますから、自分を向上させたいと考えてのことです
  • らと意見を異にする者達よ!私を殺しに来るのはいい!私は逃げも隠れもしない!
  • 私も感情を持つ人間だ。素顔であれば今お前を殴り殺していたかも知れん。それを抑えるためのマスクなのだ。人間はかようにも情念を押さえねばならん時代なのだよ。
  • の良心も痛めることのない、良い作戦であった。機械による、作為の粛正......。
  • お前が私の近くに来たいらしいからこうしてやったが、つくづくお前は悪い子だ。大人のやる事に疑いを持つのは良くないな。
  • 人類の10分の9を殺しろと命じられればこうもなろう!
  • 私は機械ではない。任務遂行のために、エゴを強化した者だ。
  • ふははははは...怖かろう。
  • 何機いるのだ、敵は?
  • 質量を持った、残像だというのか!?
  • 化け物!?

余談

この関連動画に見覚えはないか?私だ、カロッゾだ!

関連商品の10分の9を売り切れと言われればこうもなろう!

このテストが良好なら、直ちにバグを関連コミュニティに投下しよう

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%BE%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カロッゾ・ロナ

112 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 02:14:21 ID: TTOHMCWeOX
鉄仮面の全身義体説はよく言われている事だけど、劇中でもそれを否定する描写(何処かで地肌が見えるシーンがあった)と肯定する描写(を吹き飛ばされても出血しないし意にも介さない)があってどちらとも言い難い・・・

作画ミスなのかもしれないし、設定どおりの描写なのかもしれないし・・・

あと、あの仮面プラチナ製(言うまでもなく柔らかい金属)なのでマスクの下の素顔は確実に人間のものではいと思われる
113 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 22:09:20 ID: JsUWxQ3AEN
実はさんに逃げられた事より、実の同然だった義が暗殺された事と父親同然の義に対する恩義が動機ってのが悲しい人間味を感じさせる。
114 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 19:58:57 ID: HGmCloQYXx
可哀想な人なんだけど、ゲームとか外伝とかスパロボみたいな舞台でも乗機のラフレシア共々報われたり味方になったりって事がほぼない人よね

宇宙世紀だとシャア言わずもがなハマーンとか全裸とかガトーとかカテジナさん仲間になったり、アプサラスとかディビニダドは味方についたり、シロッコですらガンダム無双で漂されたりしたのにこの人が少しでも救われる展開って本当にない、精々ビルド系のそっくりさんくらい

こういう不遇というか不憫なところもカロッゾらしいと言えばそうなんだけど、一作品くらい最期に鉄仮面ラフレシアが僅かでも報われる話があってもいい気はする
115 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 00:08:10 ID: gU8NdHQ4Nr
ラフレシアプロジェクト鉄仮面のそれに対する関わりっぷりと熱の容れようはF91における根幹中の根幹だしどうにもならんだろうなあ
個人的にはスパロボ心させる方が本人に取ってよっぽど罰みたいなイメージがある
116 ななしのよっしん
2021/12/12(日) 11:35:16 ID: HGmCloQYXx
>>115
色々あっておかしくなったんだろうし同情出来る背景もあったり本人なりに人類の行く末を考えてたりするんだけどそれはそれとして悪い人なんだよねこの人
子の情とかも全くないって訳じゃなくて本人なりにの事は多少考えてるんだけどさっぱりなんともならない感じなのがすごいギレンとかギニアスみたいなどうやってもほぼ敵対するポジション

ラフレシアラフレシアで人類の可性の開を意識したネーミングだったり、人類が次なる銀河に辿り着くための手段の模索としての計画だったり、カロッゾなりにマイッツァーやロナに恩を返すつもりで作り上げたものなのが切ない

ディビニダドやらアプサラスやら核ミサイルが人類を救うために使われても、ラフレシアはそうなれないんだろうなってオーラすごい
が用意した機体にが乗るとか後年のクロスボーンバンガードが切り札になるとか、普通ならあり得なくはない展開にも全く縁がないあたり筋入りだと思う
117 ななしのよっしん
2021/12/21(火) 17:37:21 ID: QPsSdaElaF
鉄仮面ポーチ買ったわ、最初は頭おかしいって印しかかったけど噛めば噛む程味が出てくる良いキャラだった
118 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 20:31:56 ID: aC7tb+borL
最近F91を初めて観たんだが、本当に悲しい人だなこの人は
キャラ像自体は知識として知ってたけど実際に観ると強く実感する
あの「しかも脳波コントロールできる」のセリフは個人的には自分の凄さを誇示することで父親として尊敬して欲しいように聞こえた
119 ななしのよっしん
2021/12/31(金) 17:16:44 ID: bjlv/tB49K
理想を言い訳にして私は機械のようにエゴを捨てたのだと開き直って省みることをやめておきながら
さらに詰め寄られたら私は理想に殉じてんだと居直るのは確かに機械が喋ることか?としか言いようがない
やっと意味がわかった気がする
120 ななしのよっしん
2022/01/07(金) 23:06:12 ID: HGmCloQYXx
本当に立場と較して弱過ぎたというか普通の人過ぎたんよなこの人
作中で問い詰められる時はもちろんバグを使う時だっても傷つけない作戦だと言ってずっと自分に理屈と言い訳を用意しながら行動してる

機械でエゴを強化して自分なりに覚悟も決めたなのに、結局心から居直る事も非情の独裁者する事も出来なかった
確かに悪いなんだけど状況が違ったらこうはならなかっただろうなって言うのが仮面越しですら伝わってくるのが本当に哀れだと思う
121 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 00:00:08 ID: P0hMj2C5w1
今さらながら野心も私心もなきリーダー機械と変わらんという皮だか教訓だったのかな、と思うようになった昨今。