カロル2世単語

カロルニセイ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

カロル2世 (Carol al II-lea) とは、ルーマニア国王である。1893年生まれ、1953年没。

その生涯

名うてのプレイボーイ

ルーマニア国王フェルディナンド1世と、英国ヴィクトリア女王祖母に持つマリア・デ・エディンブルグ(メアリーオブエディンバラ)との間の長男として、西暦1893年に生まれる。ドイツ皇帝およびプロイセン国王の位を世襲していたホーエンツォレルンと縁戚関係にあるホーエンツォレルン=ジグマリンゲンに属する。

ルーマニアは王ドイツ出身だった[1]こともあり第一次世界大戦前はドイツの同盟だったが、大戦が勃発すると中立のちに連合側で参戦する。しかしすぐに同盟側にボコられ降伏、大戦末期のどさくさで再び連合側に立って参戦し、土を大戦前の4割増やし「大ルーマニア」を実現した。

さてそのルーマニアの王太子だったカロルは勝手に民女と結婚し、一時は結婚効にされるもギリシャ王女と再婚後にまた別の女マグダ・ルペスクを愛人にするなどプレイボーイぶりを発揮。カロル1925年に王位継承権を放棄する宣言をしフランスパリに亡命したため、1927年フェルディナンド1世が死去した時はカロルギリシャ王女との子ミハイ(1世)が国王に即位した。

国王として

1930年6月カロル突然亡命先から帰するとミハイ王位を取り上げ国王カロル2世として即位した。
当時のルーマニア世界恐慌中で、政府は不況に有効な手を打てず支持を失いつつあった。そこで当時政権を握っていた農民党がカロルに王ではなく摂政としてミハイを後見すること、マグダ・ルペスクと別れることを条件にカロルに帰を要請したが、これらの約束が守られることはなかった。

カロル王位に就いた同じ1930年、「衛団」という政治集団が設立される(前身の名前は「大天使ミカエル軍団」)。ルーマニア正教という宗教色を持った極右団体で、反共、反ユダヤ、反自由義等のファシズム要素を掲げており、カロルの治世に2度首相を暗殺する等非な行為が立っていた。

カロルは初めのうちは農民党や自由党等の政党をうまく操りつつ、個人崇拝の団体を作らせるなどして自分を頂点とした独裁体制を確立することに務めた。1938年1月ルネサンス戦線」による自分の意のままに動く内閣を作ると2月には政府及び全政党を解散して念願の独裁制を達成する。この際、カロル衛団を解散、導者達を逮捕している。

第二次世界大戦と亡命

ルーマニア第一次世界大戦の結果大ルーマニアを実現させたが、ハンガリーからはトランシルヴァニアソ連からはベッサラビア地方を狙われていた。ルーマニアチェコスロバキアユーゴスラビアと小協商と呼ばれる同盟関係を結んでおり、またイギリスフランスから独立保障を受けていたが、第二次世界大戦前後のドイツの台頭、独ソ不可侵条約等、ポーランド侵攻等の不穏な情勢の結果、ルーマニアは独ソ等枢軸国側の思惑に左右されるようになった。

1939年ソ連ルーマニアからベッサラビアと北ブコビナを奪う。カロル2世はやむを得ず大政翼賛会みたいな政党による内閣を作って衛団の政権参加を認める。ドイツを後ろにしたハンガリーとの領土割譲交渉に際して、ドイツイタリアの圧の結果、1940年「ウィーン裁定」でルーマニアは北トランシルヴァニアハンガリーに割譲することが決まった。また、イタリアの要に屈しブルガリアに南ドブロジャを割譲することになった。

これらの情勢に対しルーマニア民は弱のカロル2世に激怒ソ連への領土割譲に反対して投されていたイオンアンネス将軍衛団と手を結びクーデターを起こし、カロル2世はポルトガルに亡命。かつて導者を殺された衛団は復讐のためカロルが乗っている列車撃したが、停させカロルを倒すのには失敗している。

再びカロルの子ミハイ国王に即位したが、今度はアンネスクと衛団の対立が深まりアンネスクは衛団の反乱を鎮圧。独ソ戦では枢軸国側で戦うがドイツの足を引っる結果に終わり、枢軸国が劣勢になるとミハイアンネスクを解任、逮捕ルーマニアは連合側に寝返る。その後北トランシルヴァニアだけは取り返したものの、大戦後に待っていたのはルーマニア王制止と共産化であった。

余生

カロル2世は亡命の際に財産を持ち出しており、これらを元手に生活した。1947年にはブラジルリオデジャネイロでマグダと結婚1953年カロルのため死去。
2003年カロル遺体ルーマニアに帰還したが、息子ハイは自身では埋葬に立ち会わなかった。

家族

カロル妹達を遠ざけたり外に追い出しているが、そもそもルーマニア自体がスキャンダルの塊で、その中で育ったカロルの生き様もやむを得ないと思わせる節がある。

逸話

ネタとしてのカロル2世

ハーツオブアイアン等の関連動画では、カロル2世はギリシアッー!国王ゲオルギオス2世とかボリスフラッシュボリス3世など、あまりにネタの濃い連中に囲まれながらもなんとか立とうと奮闘している印がある。
有名なのは「大ルーマニア攻防記AARexit」だが、ニコニコでも彼の出番は少なくない。

関連動画

バルカン半島帽子の会名誉会員カロル2世
(使っている写真手な軍帽を被った姿のためなだけだが)

美希やマグダらと共に大ルーマニアの高揚をすカロル2世
(「目覚めよ!ルーマニア人!」)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンの本拠地ジグマリンゲンはドイツ西部に位置し、現在ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州に属する。

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AB2%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カロル2世

1 ななしのよっしん
2013/10/21(月) 19:36:50 ID: TAitzqcfwj
息子のミハイ1世ってまだ生きているんだな
2 ななしのよっしん
2013/12/25(水) 20:30:33 ID: Kt3G77miCq
息子であるミハイ1世は世界最高齢の(元)君であり
ルーマニア世界でもセルビア等と並んで王政復古運動が盛んな
ハイ1世の治世や退位したものの国王の威厳を損ねず、
退位の理由自体もチャウシェスクにより千人の軍事関係者を粛清するとの
脅迫が原因で退位したいわば勇退
その後のチャウシェスク政権により共産主義がはびこった反動もあり
ハイ1世と君主制に対する民の支持は今でも高く
世論調査では大体1位2位キープしている、

ルーマニア憲法でも
王室の存在は明記されており、共和制を標榜する国家
基本元王族を一般国民として扱うのでかなり異例な事。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
3 ななしのよっしん
2017/12/25(月) 23:43:27 ID: tuebO7se4g
>>2
なんかパウル・ランブリノってルーマニア王室のスキャンダラスな部分を一番濃く受け継いでいるよな…
まさにあのカロル2世長男って感じ

そして遂にミハイ1世も亡くなってしまった
マルガレータ王女を初めとした王室の構成員はこれからどうなるんだろ?
スペインみたいにルーマニアもいつか王政復古して欲しいな