カロン (衛星)単語

カロン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

カロンとは、冥王星の第1衛星である。

概要

1978年6月22日アメリカ天文学ジェームズクリスティーによって発見された。
その後、2005年10月31日にニクスとヒドラという2つの新たな衛星が発見されるまで27年間、冥王星一の衛星だと思われていた。

直径は1208kmで冥王星の半分以上の大きさがあり、質量も冥王星7分の1もある。
冥王星とは互いに同じ面を向け合いながら同じ周期で自転と転をしている。

2015年7月探査機「ニュー・ホライズンズ」の最接近の際に撮影され、これまで明らかになっていなかった詳細な地形が判明した。
表面はクレーターが少なく、横に走る長さ1000kmほどのや7kmから9kmほどの渓谷のような地形も見える。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%B3%20%28%E8%A1%9B%E6%98%9F%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カロン (衛星)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カロン (衛星)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!