カーリアン単語

カーリアン

カーリアン(Caerleon)とは1980年まれのアメリカ産、アイルランド調教の競走

競走としてGIを2勝し、種として2度の英リーディングを獲った名種
1990年代日本における外全盛期において、有な産駒を複数送り出した。

名前の由来は、英国ウェールズ地方南部の地名で、アーサー王物語の王都として知られる。
そのせいかCaerleon検索したら原っぱやが出てくる。
カーリオンカールレオン表記もあるが、日本で本るときは専らカーリアである。

生い立ちと競走馬時代

NijinskyForesser、Round Tableという血統。
ノーザンダンサー初期の傑作で英国三冠馬米国で66戦43勝、当時の世界王であったアメリカの名は9戦3勝だが、近親にGIが多数おり、系も北の一大系であるラトロワンヌ系という良血である。割と近いところに日本で種として活躍したモガミがいる。

米国の名門牧場、クレイボーンファームで生を受けると、翌年にアイルランドへ移動。名伯楽ヴィンセントオブライエンの管理を受けることとなった。

競走としての本だが、3歳まで走り通算成績は8戦4勝、2着2回。
勝ちジョッケクルブ賞(ダービー)と、ベンソン&ヘッジズ(今のインターナショナルS)の2つを制している。他にはアイリッシュダービー2着がある。
蹄が小さくて落しやすい傾向があったらしく、キングジョージでは落が原因で最下位になっている。

えらく日本に適合した欧州馬

1984年からアイルランドで種入りすると、活躍の如く1988年1991年の2度、英リーディンサイアーとなっている(それ以降はロンドンの劇場が持ってった)。流石にダート理だが芝だったら洋の東西を問わない活躍をしている。

代表産駒には英ダービーキングジョージを制したジェネラス、凱旋門賞マリエンバード、コロネーションCとバーデン大賞を連覇したウォーサンがおり、他にもGI重賞が多数。因みにジェネラスがダービーを勝つ(1991年)まで「マイラー種」扱いだった。

1990年代日本では外や持込みの活躍が特ににつくが、そのとして日本へと子供達や種を与えた母親を送り込んだ(正確には日本ドナドナされた)。すると1992年朝日杯3歳ステークス優勝エルウェーウィンを皮切りにGI5頭、重賞は9頭に上り、一時日本側が「カーリアンをシャトルして」と所有者のクールモアへお願いしたとか。論断られたが先述のジェネラス、マリエンバードが種として輸入され、大活躍って程ではないが中央や地方の重賞を出している。

日本でのGIは以下の5頭である。

1998年の種付けシーズンを前に心臓麻痺の為死亡享年18歳としても優秀で、ブエナビスタを筆頭に、他にもタイキシャトルレッドディザイア、ダノンシャークがいる。ニジンスキー系の中核だったが、残念ながら後継種はあまり育たなかった。
死の半年後に彼をに持つタイキシャトルフランスへ遠征し、ジャックマロワ賞を制している。

しっかし、何でこんなに日本に適合したんだろうなあ。ランキングは産駒数が少なくても最高で15位前後につけており、2009年桜花賞とかカーリアンがワンツーフィニッシュしてる。大体持ち込みか外なので、日本との相性はどうだったんだろうか? 気になる。

関連動画

としても凄い

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カーリアン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カーリアンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード