カール・オルフ単語

カールオルフ

カール・オルフ1895~1982)とは、ドイツ作曲音楽教育である。

概要

簡単にいえば、おお、運命の女神よ(O Fortuna)でおなじみの『カルミナ・ブラーナ』のあの人である。

ミュンヘンで生まれ育ちリヒャルト・シュトラウスなどの影を受けながら、音楽教育を受けていった。1914年に兵役のための音楽学校を一度離れるが、1924年にはミュンヘン体操、舞踏、音楽のための学校を共同で設立した。オルフの音楽教育革新的な考え方とは、打楽器を用い、音楽と身体の動作の間の関係にを向けて、遊びの要素を取り入れた参加教育を重視した点である。

オルフの教育方針は彼の音楽性にも表れている。ストラヴィンスキーの影や『カルミナ・ブラーナ』に代表される古典テキストへの情熱とは別に、リズムの重視、打楽器き、を使った直接的な表現といったものが特徴的で、荒々しくも官的なものになっているのである。

もちろんこうした『カルミナ・ブラーナ』、『カトゥーリ・カルミナ』、『アフロディテの勝利』の三部作や、歌劇アンティゴネ』といった大掛かりな舞台音楽のみを作ったわけではなく、幼い子供たちが打楽器を使って演奏できるような工夫を取り入れた『子供のための音楽』のような音楽も作っている。晩年にはザルツブルクにオルフ研究所を設立し、音楽教育のためのコースを設けた。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カール・オルフ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カール・オルフについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!