カール・セーガン単語

カールセーガン

カール・セーガン(Carl Edward Sagan)とは、アメリカ天文学者・SF作家である。

髄異形成症群により2度の移植を受けるも、1996年12月に急性肺炎で急逝。享年62歳。

概要

天文学物理学博士号を取得し、地球外知的生命体探索計画(=SETI)などに大きく貢献。
NASA火星計画によって打ち上げられた探機「マーズ・パスファインダー」の着陸地点は「カール・セーガン基地」と名付けられたほど。
1977年に外惑星のため打ち上げられたボイジャー1号2号に内蔵されたゴールデンレコードも彼の功績。

SF作家としては代表作の「コスモス」「コンタクト」で宇宙地球人間ドラマを描写しヒットテレビドラマ化や映画化もされた。

このように宇宙開発の現場に第一人者として関わる一方で、70年代からのUFOブームや旧来の非科学的なオカルト因習、インチキ商売や今で言う『識者(笑)』たちを批判し、アメリカ内で「もっと科学的な心を持とう」「えせ科学から覚めよう」と啓し続けた、偉大な科学界のスーパースターであった。

そのぶん離婚再婚でさんが3人もいるなど女性関係がゲフンゲフン・・・

トンデモ話検出キット・総論

著書「カール・セーガン科学と悪霊をる」(文庫版タイトル:「人はなぜエセ科学に騙されるのか」→現行刊「悪霊にさいなまれる世界―"知の闇を照らす"としての科学」)の第12章:"トンデモ話"を見破る技術にて提唱された思考ツールのこと。同書より訂しつつ引用した。
えせ科学など怪しげな知識を検する際の手引きとして役立つ。

①裏付けを取れ。
 「事実」が出されたら、独立な裏づけをできるだけたくさん取るようにしよう。全て事実だけをめること。
議論まな板に乗せろ。
 拠が出されたら、様々な観点を持つ人達に、しっかりした根拠のある議論をしてもらおう。
③権威義に陥るな。
 有名な人の言うことだからといってアテにしないこと。過去の権威ある有名人でもこれまで間違いを犯してきたし、今後も犯すかもしれない。「科学に権威はいない。せいぜい専門がいるだけだ」。
④仮説は複数立てろ。
 仮説は1つだけでなく、いくつも立ててみること。まだ説明のつかないことがあるなら、それが説明できそうな仮説をありったけ考え出そう。次に、こうやって得られた仮説を片っ端から反していく方法を考えよう。このダーウィン義的な選択をくぐり抜けた仮説は、単なる思い付きの仮説とべて、 正しい答えを与えてくれる見込みがずっと高いはずだ
⑤身びいきをするな。
 自分の出した仮説だからといって、あまり執着しないこと。仮説を出すことは、正しい知識を手に入れるための通過点に過ぎない。なぜそのアイディアが好きなのか 自問してみよう。そして、他のアイディア較しよう。そのアイディアを捨てるべき理由がいか探してみよう。あなたがそれをやらなければ、他の人がやるだろう。
⑥定量化しろ。
 尺度や単位があって数字に出すことができれば、いくつもの仮説の中から一つを選び出すことができる。曖昧で定性的なものには、色々な説明がつけられる。もちろん、定性的な問題の中にも深めるべき真実はあるだろうが、真実を「つかむ」方がずっとやりがいがある。
⑦弱点を叩きだせ。
 論が鎖のように繋がっていたら、鎖の輪の一つ一つがきちんと機しているかどうかをチェックすること。「ほとんど」ではなく、前提も含めて「すべての」輪がきちんと機していなければならない。
⑧オッカムのかみそり。
中世イングランド哲学者オッカムの考案した方針。これは使い手のある直感法則であり、こう教えてくれている。「データを同じくらいうまく説明する仮説が二つあるなら、より単純な方の仮説を選べ」。
⑨反性を検討しよう。
 仮説が出されたら、少なくとも原理的には反かどうかを問うこと。反できないような命題には、大した価値はない。例えば次のような壮大な仮説を考えてみよう。々の宇宙とその内部の一切は、もっと大きな宇宙のなかの一個の素粒子(電子など)に過ぎない」。だが、この宇宙の外からの情報が得られなければ、この仮説は反不可能だ。は検できるものでなければならない。入りの懐疑にも、推論の筋が辿れなくてはならないし、実験再現して検できなけらばならないのだ。

 

トンデモ話検出キット・各論

 その例示を交えた実践編が以下の文章。再び同書より訂しつつ引用する。

「これは知識だ」というに出くわしたら、”トンデモ話検出キット”を取り出そう。優秀なキットなら、そうしたを吟味するときにやるべきことだけではなく、やってはいけない事も教えてくれるはずだ。また、よくある論理的落とし穴や、言い回しのにも気づかせてくれるだろう。宗教政治の分野には、そんな落とし穴にはまった事例がたくさん転がっている。それというのも、宗教政治に携わる人達は、互いに矛盾する二つの命題をともに正当化せざるを得ない立場に立たされることが多いからだ。以下にそんな例をいくつか挙げてみよう。

<対人論
議論の内容ではなく、論争相手の攻撃に終始すること。

スミス師は聖書根本義者である。したがってスミス師が進化論に対してどんな反対意見を唱えようとも、まともに取り合う必要はない。
<権威義>  
例:
リ チャード・ニクソ大統領をぜひとも再選すべきである。何故なら、ニクソ大統領東南アジアでの戦争を終結させるための計画をもっているからだ。あいにくそれは極秘計画なので、選挙人にその計画の内容の良さをわかってもらう方法はい。
(これは「大統領なのだからニクソンを信頼しろ」ということに等しい。それが間違いであることは後に分かった。)
<「そうじゃないと具合が悪い」式の論 
例:
は確かに存在して、罰と報いとを々に割り振っておられる。さもなければ、社会は今よりももっと法で危険なものになり、政府状態にさえなっていたかもしれない。
例:妻殺しの容疑でマスコミを騒がせた裁判があった。その裁判の被告人は、有罪にされるべきである。さもないと、男たちにどんどん妻を殺せとけしかけることになる。
無知に訴える>
『虚偽だと明されないものは真実だ』、あるいは『真実だと明されないものは虚偽だ』という

例:
UFO地球に飛来していないという拠はない。したがってUFOは存在している---そして宇宙のどこかに知的生命体が存在している。
例:宇宙には数の世界があるかもしれないが、地球よりも道徳的に進んでいる世界一つも知られていない。したがって、々はやはり宇宙の中心なのである。(結果に飛びつく堪え性のさに対しては、この言葉で批判しておこう。「拠の不在は、不在の拠にあらず」)
<特別訴答>
「手前勝手な議論」ともいう。苦し紛れに使われることが多い。


問:一人の女が、命に背いてリンゴを食べるよう一人の男をそそのかした。・・・たったそれぐらいのことで、慈悲深いが後世の人々を苦しめるような事をなさるだろうか?
答:あなたは自由意志という難解な教義を理解していない。

問:一つの位格のうちに、なる、その子、霊が存在し得るものだろうか?
答:あなたは三位一体の秘跡を理解していない。
例:
問:は、ユダヤ教キリスト教イスラム教信者に対して、と哀れみという英雄的な手段をとるように命じられた。それなのに、どうしてこれほど長きにわたって残酷な行いをお許しになっているのだろうか?
答:あなたはやはり自由意志がわかっていないようだ。いずれにせよのはからいは秘的なものである。
<論点回避>
答がはじめから決まっている。

例:
暴力的犯罪を抑制するために、死刑を制度化するべきである。(しかし、死刑を設けたからといって、暴力的犯罪の発生率は低下するだろうか?)
例:昨日市場が低落したのは、投棄による人為的調節と利食いのせいである。
(しかし「調節」と利食いが原因だという拠はあるのだろうか?こんな説明をしたところで、何が分かるというのだろうか?)
<観測結果の選り好み>
「都合のいい場合ばかりを数える」ともいう。哲学ベーコンによれば「当たりを数えて外れを忘れる」

例:
自州から大統領がたくさん出たことは自慢するが、連続殺人犯がたくさん出たことは黙っている。
<少数の統計>
「観測結果の選り好み」の親戚。

例:
五人に一人は中国人だと言われているが、そんなはずはない。現に、私には人の知り合いがいるが、中国人は一人もいない。
例:スリーセブンが出た。今は負けるはずがない。
<統計の誤解>
例:ワイトアイゼンハワー大統領は「アメリカ人の半数は均以下の知しかもたない」と知らされて、驚きと警の念を表明した。
定見>
定まった考えも見識もないこと。そして、分かっていないのにそれを良しをすること。

例:仮想敵に対しては、最悪の事態に備えて慎重に対処しなくてはならない。しかし、環境危機に関する科学的予測には取り合わなくてもよろしい。科学的予測は「明」されていないからである。
例:ソ連均寿命が短くなったが、これは共産主義の失敗のせいである共産主義は何年も前に消滅しているのだが)
米国死亡率は高いが、これは決して資本主義の失敗のせいではない
現在米国死亡率は、先進産業諸のなかでいちばん高い)
例:宇宙未来永劫存在するというのはもっともだが、宇宙には限の過去があるなどという考えは馬鹿げている。
<前提とつながらない不合理な結論を出す>
「関係のい話をする」ともいう。

例:
は偉大なるがゆえに、は栄える。
(大抵のは、これが真実だと触れ込んでいる。ドイツに言えば「はわれらとともに居ます」。「不合理な結論」に引っかかる人は、他の可性に気づいていないだけの場合が多い。)
<因果関係のこじつけ>
○○をやったら××になった。それゆえ○○××の原因である」

例:
ニラ大司教ハイメ・シン枢機卿はこう言った。「私の知り合いのある女性は、二十歳でありながら六十歳のように見えるが、これは避妊ピルを用したせいである」
例:女が選挙権を得るまでは、核兵器は存在しなかった。
意味な問い>
例:無敵」が「不動の物体」に出会ったらどうなるか?
無敵などというものが存在するなら不動の物体は存在しないし、逆に、不動の物体が存在するなら、無敵は存在しない。)
ん中の排除>
「虚偽の二分法」ともいう。中間の可性もあるのに、両極端しか考えないこと。

例:
「夫の味方をすればいいわ。悪いのはいつも私なんだから」
例:「あなたは愛しているか、を憎んでいるかの二つに一つだ」
例:「問題を解決する気がない者は、問題を引き起こしている側の人間だ」
<長期と短期の混同>
これは「ん中の排除」に含まれるが、重要なケースなので別項を設けた。

例:
「栄養不良の子供のためのプログラムなど作れないし、就学前教育プログラムも作れない。われわれに必要なのは、路上犯罪に緊急に対処することだ」
例:大な財政赤字を抱えているというのに、宇宙を探ったり、基礎科学追求したりしている余裕などい」
<危険な坂
ブレーキが効かない」ともいう。これも「ん中の排除」と関係がある。

例:
妊娠初期の中絶を許せば、満ちて生まれた子供も殺されてしまうだろう。
例(逆の例):いったんが中絶を禁止すれば、妊娠期間中ずっと女性の体についてあれこれ図するようになるだろう。それ故、例え臨であっても中絶を禁止すべきではない。
<相関と因果関係の混同>

例:調から明らかなように、大学卒業者には、それ以下の教育しか受けていない層にくらべて同性愛者が多い。したがって、教育は人をゲイにする。
例:アンデス山系の地震は、天王星の最接近と相関がある。したがって、天王星が最接近するとアンデス山系に地震が起こる。(天王星よりも近くて重い木星については、そのような相関がみられないのだが。)
<わら人形
「架の論敵にえる」ともいう。

例:
科学者という連中は、生物は単なる偶然でひょっこりできあがったと考えている。
(こういう問題設定は、ダーウィン義の中心概念をわざと視している。その中心概念とは、「自然はうまく行くものは残し、うまく行かないものは捨てることによって、徐々に今のような姿になった」という考え方 である。)

例:
(これは短期と長期の混同にも関係する。)環境保護論者は、人間よりもスネイル・ダーター(絶滅危機しているスズキパーチ科の小)やニシアメリカフクロウの方を大事にしている。
拠隠し>
真理の反面しからない。

例:
レーガン大統領暗殺計画の「予言」がテレビで放映された。その予言は驚くほどよく当たっていて、広く話題になった。
(しかし、その予言は事故が起こる前に収録されたのだろうか、それとも事件後に収録されたのだろうか?細かいことを言うようだが、これは重要なポイントだ。)

例:政府は腐りきっているから革命を起こさなければならない。革命を起こす以上、多少の犠牲は仕方ない。
(それはそうだろう。しかし、 前体制よりもはるかに多くの人々が殺されるような革命でもいいのだろうか?革命に関するこれまでの経験は何を物語っているだろう?圧政に対する革命は、どれもみな人民のために起こったのだろうか?)
<故意に意味をぼかす>
「逃げ口上」ともいう。

例:
アメリカ合衆国憲法に明記された三権分立によれば、合衆は議会の宣言なしに戦争を始めることはできない。一方、大統領には対外政策についての権限が与えられており、戦争揮が任されている。これを上手く利用すれば、大統領が再選を果たす為の強な切り札になるだろう。そこで、どちらの政党から出た大統領も、愛国心を煽り立て、戦争に何か他の名前をつけて戦争の種をまくという誘惑にかられる(戦争の別名としては、政治活動、武装襲撃、防御反応、紛争解決、アメリカの権益防衛、大義名分のつく様々な作戦名などがある)。
政治的な論見の元に言葉が再発明されることはしくない。中でも戦争に対する婉曲法は一大ジャンルになっている。フランス政治家タレーランはこう言った。「民衆にとって唾棄すべきものとなった古い名前の制度 に、新しい名前をつけること---これは政治家としての重要なテクニックである」 

 

トンデモ話”には以上のような論理的落とし穴や言い回しのがある。これを知っておけば、々のキットは完成だ。
もちろん、どんな具にも共通するように、”トンデモ話検出キット”も間違った使われ方をするだろうし、文脈を外れて適用されることもあるだろう。考える事を肩代わりしてくれる退屈な機械に成り下がるかもしれない。
しかし、このキットを賢く使えば世の中を変えることができるだろう。特にかと議論するときには、事前に自分の話をこのキットにかけてチェックしておこう。

関連動画

関連商品


遺作

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カール・セーガン

10 ななしのよっしん
2012/03/24(土) 11:14:23 ID: br2zj24XT7
噛み砕いて書いてみたけど、うざかったらスルー

トンデモ話検出キット総論

ソースを探せ。出来るだけいろんなソースを。
②多種多様な人と議論してみろ。
③専門や学者やコメンテーターは信用するな。
④仮説をありったけ出せ。そしてありったけ反しろ。篩にかければ思いつきよりよっぽど信頼出来る。
特定の仮説を贔屓するな。に考えろ。
⑥数字にしろ。曖昧にするな。
⑦一つ一つ調べて弱点を見つけろ。
⑧同じぐらい優れてる仮説が2つあるなら、シンプルイズベストだ。
⑨言い返すことが出来る。それが仮説の最低条件。
11 ななしのよっしん
2012/03/24(土) 12:44:45 ID: br2zj24XT7
<対人論>:ただ論破したいだけ
盲信して他人を攻撃するだけの人とまともに取り合っても駄。スルー推奨。

<権威義>:信頼できそうな人の話の受け売り
テレビコメンテーターや自分のお気に入りの人だからって安易に全肯定はただの思考停止した狂信者

<「そうじゃないと具合が悪い」式の論>:都合のいい未来予想図
ゲームは若者のに悪影があるからやめるべき。さもないと、痴呆がまり化してうんたらかんたら。

無知に訴える>:拠がない≠存在する
幽霊がいないって拠はないじゃん。だから幽霊はいるよ。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12 ななしのよっしん
2012/03/24(土) 14:10:25 ID: br2zj24XT7
<前提と繋がらない不合理な結論を出す>:話がぶっ飛び過ぎてる
第二次世界大戦が起きたのは、コミンテルンの陰謀だ!

<因果関係のこじつけ>:さも原因のようにこじつける
・彼は殺人を犯しました。彼の趣味アニメゲームでした。

意味な問>:簡単に言うと「矛盾
・「江田島平八」と「範馬勇次郎」が戦ったらどうなるの?

ん中の排除>:全部二分化して考える
右翼左翼信者アンチきのこたけのこ、なんでも両極端に考えるのはやめましょう。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
13 ななしのよっしん
2012/03/31(土) 02:34:39 ID: HSHD42C8dQ
「最近レスが書かれた掲示板」見てるだけでも、ちょくちょく
セーガン氏の挙げた例に該当しそうな書き込みがあるねえ。
14 ななしのよっしん
2013/01/18(金) 02:12:38 ID: 2BDJ2P4d3B
><意味な問い>
>例:「無敵」が「不動の物体」に出会ったらどうなるか?
>(無敵などというものが存在するなら不動の物体は存在しないし、逆に、不動の物体が存在するなら、無敵は存在しない。)

哲学としては面いがするんだがなあこれ
あと権威義が絶対正解なわけがないのは事実だが
ある程度の信憑性があるから権威にもなるわけで
よく分からんものは権威のほうをそれとなく信じるのは合理的だと思う
妄信ではなく信憑性という可性の範囲で(7割くらい信じるとか)
15 ななしのよっしん
2013/03/03(日) 14:11:57 ID: 2DQvKOqHwy
カール・セーガンはそもそも「トンデモ話検出キットの人」じゃないんだけどな(笑)。一世をした科学番組の会者として最も有名だと思う。

あと映画コンタクト」はの最も好きなSF映画のうちの一つ。
16 ななしのよっしん
2013/03/03(日) 14:17:15 ID: 4ky7NAq4vK
>>14
その「権威」がその分野の権威とは限らないぞ。
名の歴史学者と、有名な英語学者、歴史についての見解はどちらのほうが信頼出来るか、
となったときに、有名だから英語学者のほうが正しい、となるのが権威義だろ?
17 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 20:00:52 ID: 1x65bNk1jo
>>14 >>16
1か0か、そのどちらかでないと意味だ、的な極端な論調になっている気はするよな。
もうちょっと現実的かつ柔軟に考えたくなるよ。思考実験は大切。


BTTFゲーム版に、ドクの偽名として登場していた。
日本人にはなじみがないけど、アメリカ人にとっては一発で通じる名前なんだな。
18 ななしのよっしん
2014/03/14(金) 15:04:00 ID: 2DQvKOqHwy
カール・セーガン80年代には日本でも有名だったと思う。「コスモス」っていう科学番組のホストをしていたからね。その後は著書もヒットし、本人も見たや物の良さもあって、お茶の間向けの科学解説者として引っりだこになった。

カール・セーガンを加工して作った曲なんてのもある。
http://www.youtube.com/watch?v=zSgiXGELjbcexit
19 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 19:05:35 ID: qAJFR3niZp
核の研究のパイオニアだったのか、この人(パウル・クルッツェンもいるけど)。
http://ichiba.nicovideo.jp/item/az4334960138exit_nicoichiba