カール・チェルニー単語

カールチェルニー

カール・チェルニー / カールツェルニー17911857)とは、前期ロマンに属する作曲であり、ハノンクレメンティブルグミュラーらを軽々と乗り越えるレベル日本ピアノを学ぶ人々にとって挫折に追い込まれる避けては通れない存在である。

概要

ラヴ系のオーストリア人。ベートーヴェンクレメンティフンメルらにピアノを学び、リストレシェティツキタールベルクらに教えた、というドイツ系ピアニストの潮流の中ではすべての流に位置する存在である。特にベートーヴェンチェルニーリストの流れは現在数多くのピアニストの起点にあたり、ルビンシテイン兄弟ロシアピアニズムと並ぶ2大ピアニスト門となっている。

彼の生涯はのヴェンツェルに幼いころからピアノを習わされたことから始まる。10歳の時にその父親に連れられてベートーヴェンに引き合わされ、彼の子となった。レッスンは断続的なものであり、さらに彼にピアノを教えたのは上にもあるように決してベートーヴェンだけではなかったのだが、ベートーヴェンへの師事は彼の生涯に大きな足跡を残したのである。

その後コンサートアニストとしてデビューし、ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」のウィーンでの初演にソリストを務めたなどのこともあった。しかしやがて教育者としての活動がもっぱらとなり、レッスン料の高さからフンメル子になるのをあきらめたリスト償で子にしたという伝説が残されるほど後進育成にを注いだのであった。

しかしやがて多くの子を育成することに体限界が訪れ、晩年は作曲としての活動がもっぱらになり膨大な数の曲を作った。作品番号の最も遅いもので861番というほど多くの曲を作った彼は、これまでの人生大な報酬を得ていたが、ついに庭というものを持たずに、死後そのは寄付されることになったのであった。

彼は生涯多くの曲を残した。ピアノを学ぶ人にとっては、彼の練習曲に苦しまされた日々を思い出すものも多くいるだろう。しかしながらそれは全体のわずか数パーセントにすぎず、知名度のわりにほぼすべてのジャンルを手掛けた作曲としての彼はあまりにも知られていない。現在は開拓が進み、再評価が少しづつされているもののなかなか不遇な存在である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カール・チェルニー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カール・チェルニーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!