カール・リヒテン・シュバルツ単語

カールリヒテンシュバルツ

カール・リヒテン・シュバルツとは、トミー(現タカラトミー)より販売されていた玩具シリーズZOIDS』、及びその生作品である漫画機獣新世紀ZOIDS』、それを元としたTVアニメに登場する架の人物である。
アニメCV上田祐司(現うえだゆうじ)。

概要

本家バトルストーリー漫画TVアニメの全てに登場。どちらも帝国軍の有能な将校であり、共和軍のロブ・ハーマンとは対を成すような存在として描かれている。

右側の人です。

バトルストーリー

ガイロス帝国陸軍少佐(後に中佐に昇進)。
ガイロス帝国の名門にしてプロイツェンとは敵対するシュバルの当で、指揮官としての才ゾイド乗りとしての実で部下思いな人柄、そして国家皇帝への深い忠心の全てがった傑物であり、「ガイロス防軍の至宝」とまで謳われ、軍内部では実質的にプロイツェンの次に影のある人物となっている。

そんな肩書きとは対照的に自身は非戦で、プロイツェンが推し進める西方大陸への兵に関しては否定的であったが、一軍人である彼に摂政の意向を視する事は出来ず、第1装甲師団第1大隊長として従軍する事となる。

西方大陸戦争ではあまり活躍の場面はかったが、暗大陸戦争中期において本格的に表舞台に登場。
ハーマンの呼びかけに応じて彼と極秘裏に会談を行い、そこでの部隊“騎兵団”を率いる者がかつてのゼネバスの血族だという事、そして裏で糸を引く者がプロイツェンである事を知る。
してプロイツェンの野望を阻止、この戦争を終らせる約束をする2人であったが、そこにプロイツェンからの刺客であるライガーゼロイクスが急襲。
戦の末イクスは何とか撃破されたもののシュバルツ機は大破、自身も重傷を負ってしまう。

それでも治しきらない体を気合で起こし、何とかハーマンと共に両軍の戦闘を止める事に成功したシュバルツであったが、その時両軍は既にプロイツェン論見通りギリギリまで消耗した後だった。

そしてその後、都ヴァルハラでプロイツェンが反乱を起こした際は、自らアイアンコングに乗って単身ルドルフプロイツェン戦場乱入プロイツェンブラッディデスザウラーの口腔を撃ち抜き、さらに彼が自爆しようとする直前にはルドルフの機体を床下のスペースに押しやり、自分がとなってその爆発からルドルフを守りきった。

終戦後はルドルフと共に中央大陸へ帰還する共和軍を見送ったが、その後の話には登場していない


余談になるが、ファンブック2巻でウルトラザウルス1200mmウルトラキャノンによって吹き飛ばされる帝国軍の中に彼のアイアンコングの姿があったりする。
またファンブック3巻で騎兵団のバーサークフューラーに蹴散らされる帝国軍の中にも彼の機の姿が・・・。

果たしてこれらが彼本人の機体だったのか、それとも仕様が似てただけの別人の機体だったのかは永遠のである。

漫画

帝国少佐
部下のキルシェ・ハルトリーゲルと共にプロイツェンの不穏な動向を探っているが、いまだ決定的な拠を挙げられずにいる。
機獣新世紀ZOIDS EX』においてキルシェとイチイチャしていた所をプロイツェンの親衛隊によって拘束されかかるが、かつての教官であったロッソとヴィオーラによって助けられる。
以後は彼の揮下に入り、プロイツェンを止めるために色々働いている模様。


作中ではレイヴンジェノザウラーデススティンガーと戦うなど、アニメに勝るとも劣らない活躍を見せている。
(まぁ両方共に敗北しているが)

アニメ

ガイロス帝国陸軍少佐(後に大佐に昇進)。
こちらも基本的にはバトストと同じで、名門シュバル出身の名指揮官であり、攻め際と引き際を正確に見定められる優れた軍人とされ、かつて皇太子時代のルドルフの戦術講師を務めていた事もある。

やはりプロイツェンの共和攻撃には懐疑的ながらその揮を取らされる事になってしまうが、プロイツェンが多くしょっちゅう自分に圧を掛けてくる同僚に対しては皮を返して逆に牽制するほどしたたかな面も見せ、プロイツェンの影で共和軍を反乱軍呼ばわりする者の多い中でも普通に共和軍と呼び続けていた。

結果的にプロイツェンの思惑を次々と潰していくバン一行に対して少しづ興味を抱いていき、さらに死んだと思われていたルドルフを彼らが匿っていると知った際には命に背いてでも彼らを守ろうとした。

そしてプロイツェンデスザウラーを持ち出して本性を現した際には宰相ホマレフの要請で都に進撃して来た共和軍とも部隊を率いて共闘し、デスザウラーの動きを一時的ながらも止める活躍を見せている。

第二部ではプロイツェンに代わって帝国軍のトップとなり、共和軍と共にバン達“ガーディアンフォース”を支援し、ヒルツリーゼ、そしてレイヴンと言った不穏分子への対応に当たり、デススティンガーとの戦いにおいてはロブ・ハーマンと共闘してデススティンガーに挑むなど国家の垣根をえて両のために尽した。

ウルトラザウルスにもバン達と同乗して彼等と共に艦の護衛に回ったり、さらにウルトラザウルスのグラビティキャノン搭載後はその手としてデススティンガーおよびデスザウラーへの攻撃を行なっている。


バトストアニメ共に使用するゾイドダークホーンをはじめ、独自の装を施したセイバータイガーアイアンコングの3種だが、どちらもガトリング砲を搭載している場合が多い事からファンの間では“ガトリング王子”と呼ばれている。
あと、アニメゾイド -ZOIDS-』においてはトーマ・リヒャルト・シュバルツが登場している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カール・リヒテン・シュバルツ

6 ななしのよっしん
2013/05/03(金) 04:02:37 ID: 9PUpSaPgn1
この人のセイバータイガー再現したくてセイバータイガーレッドホーン用に発売されてたガトリング砲を買ったものの、遂に再現できずに結局投げてしまった幼少期の自分。
他にアイアンコングも買ったがそれでも同じ末路を辿っていたり……

でもあの人が好きというよりもガトリング砲が好きだったっぽいな、今考えると。
7 ななしのよっしん
2013/05/03(金) 05:45:12 ID: cEIF2bzos1
そのうちスーパーロボット大戦で他のうえだゆうじキャラと共にスーパーうえだ大戦になったり、自軍のまとめ役担当のクロウ人になったりするんだろうか
8
2013/06/07(金) 09:02:26 ID: 3Ybh9/lRz5
スーパーロボット大戦OEトーマと一緒に兄弟で登場して欲しい
そう言えばスーパーロボット大戦OEGガンダム出るから
「シュバルツ」で「?」な人がもう1人・・・
9 ななしのよっしん
2013/07/25(木) 23:19:30 ID: ruo20VdMix
OEでは某騎士という良き武人を部下にしているぞ。
デビルガンダム事件は終了済みだからそっちのは共演できそうにないが…。
10 ななしのよっしん
2014/03/10(月) 07:03:36 ID: mW+a7HhjUc
自分の中で初めて軍人キャラってものを意識したのがシュバル少佐だった
11 不良将校
2016/01/12(火) 21:14:45 ID: EzVDJ2cns9
自分がシャア大佐以外で初めて『好き』になった軍人キャラ
12 ななしのよっしん
2017/03/03(金) 17:09:59 ID: e1J90WefFl
やっぱレイブンより操縦長けてるんじゃないかな。どうもレイブンの強さって誇されすぎてるっていうかゴドスオーガとか言われてて笑ったけど当時観てて流石にあれはねーわて思った。
それにシュバルツの動きの方が乗りこなしてるってのがよく伝わってくるんだよな
13 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 18:35:01 ID: 0BujZMRS5m
まあシュバルは上と部下にはあまり恵まれてない人だけどなw
14 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 09:40:48 ID: 3rEvSSMUn+
ガッガッチの生軍人と思いきや柔軟な発想できるし、より気さくで融通利くが、やっぱり皮のせいで上や部下にも恵まれなかったんじゃないのか?
15 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 10:45:43 ID: rRQhiPpCjL
私が金髪眼の堅物キャラ好きになったのはシュバル大佐の影

急上昇ワード