ガウェイン(Fate/EXTRA)単語

ガウェインフェイトエクストラ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ガウェイン(Fate/EXTRA)とは、Fate/EXTRAに登場するサーヴァントの一騎である。

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)参照。

水島大宙

概要

ムーンセル聖杯戦争の決勝戦である第7回戦の対戦相手として、主人公の前に立ちはだかる白銀の甲冑を身に青年の英霊。マスター世界の六割を統べると言われるハーウェイ財団の次期当である、レオナルド・B・ハーウェイ

名は、「アーサー王伝説」に登場する騎士の一人で、アーサー王の甥でもあり、忠義の騎士太陽騎士として名高いガウェイン。
生前、自らのランスロットに対する恨が王の破滅を招いてしまった事を悔いており、死の淵に彼への私、不忠も自らの不徳からと受け入れた。
生前の迷いから解き放たれ、英霊となったガウェインは王に全てをげる欠・理想の騎士としての姿を取り戻している。

大抵のサーヴァントが学園内では必要な時以外は姿を隠しているのに対して、初登場時からマスターの傍らに堂々と控え、本来は秘匿すべき名も最初の発言で自ら明かしている。そのため、彼らが対戦相手となる第7回戦では、対戦相手発表と同時にMATRIX LEVELが1となり、クラス名が最初から判った状態で猶予期間(モラトリアム)を過ごすことになる。

マスターであるレオに対しては、王として仰ぎ、忠義の騎士として仕えている。
王の言葉、命を絶対として「王の命であれば例え友であろうとる」と断言し、王のである事を自らに課している様は、一見すると盲目的に見られがちだが、彼の意は最後の間に知ることが出来る。

Fate/EXTRA』の続編である『CCC』にも、マスターレオと共に登場している。
の裏側からの脱出を果たすために立ちあげられた月海生徒会にて、会長を務めるレオの補佐を行っている。
前作では考えられないほどに暴走ぎみなマスターに引っられたのか、ガウェインもその凄まじい天然ぶりを発揮。
プレイヤー達に大きな衝撃を与えた反面、聖杯戦争では抑え気味だった人間味が感じられるようにもなった。
料理下手」や「年下趣味」といった意外な一面も見られた。の取り立てについてはノーコメントで。

ステータス

技能

対魔:B 魔術詠唱が三節以下のものを効化する。大魔術、儀礼呪法等をもってしても傷つけるのは難しい。
騎乗:B 騎乗の才。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、幻想種は乗りこなせない。
者の数字:EX ウェイン卿の持つ特殊体質。午前9時から正午3時間、午後3時から日没の3時間だけが3倍になるというもの、これはケルトなる数である3を示したものである。
カリスマ:E 軍隊を揮する性の才カリスマは希有な才だが、稀に、その持ちの人格形成にを及ぼす事がある。ガウェイン郷の場合、彼の裏表のない物言いが、"天然騎士"と評される原因となった。

能力

セイバーの名に恥じないのみを頼みとした攻撃で、正々堂々と正面から主人公達を迎え撃つ。
Fate/EXTRAアリーナ探索が夕方の時間に限定されるため、アリーナでの初戦闘時には保有スキル者の数字のが遺憾なく発揮され、ダメージが一切通らない。

戦闘で彼が用いたは以下の通りである。
CCC』では借取りVer.のためにわざわざ新ボイスを収録してある。なんという努無駄遣い

者の数字
ウェインの伝承における最大の特徴とも言える
この状態のガウェインはランスロットアルトリアさえもぐ。
ただ「古傷を刺され戦死した」という伝承の通り、一度破られるとその相手には通用しないという弱点もある。
戦闘時にも体が一定以下になるとダメージカット効果を付与するスキルとして使ってくる。
「午前のよ、善き営みを守りたまえ」 「午前のよ、借を返したまえ」 
精霊加護
戦闘中に使用してくるスキルで自身の幸運を3ターンの間上昇させる。
同じ円卓の騎士で、貴婦人の手による聖剣の持ちであるランスロットも同名のスキルを保有している。
「失礼、その、貫かせていただく」 「年貢の……納め時です!」
円卓の刻印
戦闘中に使用してくるスキルで自身のGUARDスキル封印効果を3ターン付与する。
「その呼吸を乱す!」 「その財布を奪う!」
忠義の
ガラティーン身に太陽の灼熱をわせ、一のもとに敵を両断する攻撃。
ゲーム内では筋ダメージ(およそ1000)を与える。
「すべてが王の為に!」 「いいから……払うのです!」

宝具

転輪する勝利エクスカリバーガラティーン
ランク:A+
種別:対軍宝具
レンジ:20~40
最大捕捉:三百
「この太陽の映し身。もう一振りの聖剣――エクスカリバーガラティーン!」
 
ウェイン卿の持つ。柄に擬似太陽が納められた日輪のであり、地上一切を焼き払うを持つという。
エクスカリバー姉妹であるとされており、本来の持ちエクスカリバーと同じく、乙女である。
伝承ではエクスカリバーに隠れ、多くをられる事のない聖剣だった。
アーサー王聖剣を集め、ガウェイン卿の聖剣は日輪の熱線を顕すという。これはアーサー王の守りを担うのに対し、ガウェインは太陽の恩恵を受けた騎士だからである。
エクスカリバーまっすぐむごんぶとビームなのに対し、こちらは横に広がる放射。対向きの一点集中と、押し寄せる敵兵をなぎ払う対軍の違いが如実に現れている。
 
このガラティーンの原として、ケルト神話に伝わる伝説カラドボルグが挙げられており(実際には、姉妹であるエクスカリバーの原がカラドボルグと言われているが)、カラドボルグのように伸ばしたで丘の頂点を三つほどり落とす魔剣であったという。
ガラティーンもこれと同じように、抜し魔を込めると柄内部の疑似太陽が連動し、可視範囲内まで身を伸ばすことができる優れたを持っている。つまりどういう事かと言うと……13kmや
もっとも多少ネタ混じりの説明なのでに受けてはいけない……が、伝承におけるカラドボルグの性からいえば13kmくらいは伸びる性は十分にあり得る。
 
作中では、プレイヤーサーヴァントの最大HP120分のダメージを与える。
単純だが強な性を持ち、さらに優れたマスターのおかげか2ターン連続で使用してくることもある。
幸いGUARDが有効なので防御すれば一撃では沈まない。(それでも最大HP60%分のダメージは免れない)
ちなみに、借の取立てに使っても、アロンダイトのように魔剣化しない。
「この太陽の映し身。かつ負債を回収するもの――エクスカリバーガラティーン!」

Fate/Grand Order

第1部6章「円卓領域キャメロット」にて、"獅子王"アルトリア・ペンドラゴンに仕える円卓の騎士の一人として登場。生前貫くことができなかったアーサー王への忠義を今度こそ貫するため、外道と自覚しながらも辜の民にを向ける。

同章のクリア後、ストーリーガチャに追加される。レアリティ4、セイバークラスサーヴァント。設定上のステータスは敏捷がB+で、理由は不明だがEXTRAの時よりも高い。

キャラクター性能

ATK偏重ステータスに加え、2種類の攻撃バフスキルを持ったアタッカータイプキャラクター
セイバーでは2枚構成が多いBusterカードを3枚(宝具を含めれば4枚)持つのも特徴的で、Busterチェインによる攻撃アップBusterカードアップ効果の恩恵を受けやすい。反面、クリティカルスターやNPの獲得に難があるが、新スキル「ベルシラックの帯」によってその欠点をある程度補える。

2種類の攻撃バフ継続ターンこそ長めだが、陽射し以外のフィールドでは2つスキルを使っても最大で32%上昇という低倍率。アタッカーとしては微妙スキル構成と言わざるを得ず、実装当初から長らく性評価は芳しくなかった。
しかし、4周年記念強化によりカリスマが「不カリスマ」に変化。フィールドを問わず者の数字の効果をフルに発揮できるようになった事に加え、カリスマ自体の上昇倍率も向上し、強かつ汎用的なアタッカーに強化された。

その他

ウェインはあまり食事にこだわりがないタイプらしい。『CCC』でレオのために朝食を用意するのだが、その内容は大量のポテトを味もつけずに任せにすり潰しただけ、という代物でレオには「ええ、最低でした」とバッサリ切り捨てられた。表情こそにこやかなままだったが、レオがキレているしいシーンでもある。『hollow』の頃に、故郷の食事について尋ねられたアルトリアが沈痛な面持ちで「……雑でした」と漏らしたのもこれだったのかもしれない。ガウェイ料理マッシュはもはや公式ネタらしく、『FGO』でヒロインマシュがある人物に憤った際は、「あの人をガウェイ料理のようにマッシュしなければ!」と言っていた。一応、フォローするとガウェインは村ひとつを蝕むほどの飢饉に苦しめられたことがあり、本人も「ポテトと一杯のエールさえあればいい」と言っているため、清貧の精が根付いているのかもしれない。そのせいか『FGO』では敵対する俵藤太限にが溢れる俵を利用して、を巻き散らしながら逃げ回って相手を撹乱するという作戦に出たときは、「なんと贅沢な」と、動揺を隠せなかった。

原典でガウェイン卿は、アーサー王ピンチを救うために年上で醜いラグネルという女性結婚するというエピソードがある。某・手ごわいシミュレーション強いの名前にもなっていたので、なんか聞いたことある人もいるだろう。いろいろあったが、結果的にラグネルは若く美しい姿を取り戻す、というオチになるのだが、Fateのガウェインはラグネルのことが軽くトラウマになっているらしく、プロフィール欄で苦手なものに『年上の妻』を挙げている。『CCC』では、主人公パッションリップの秘密を暴かなければならないシーンで『見ていると性欲を持て余す』とボケて仲間たちから総スカンを食らう時でも一人だけ「え? ああ、それは間違いですよね」と流されかけており、どうやらの好みは年下(かつ巨乳)らしい。同僚のランスロットトリスタンの好みはむしろ妙齢のマダムなため、さらにギャップがある。おまけに、FGOコラボイベントでは「生前は身を固めていましたが、サーヴァントとしての自由を放棄するつもりはありません!」とにこやかに発言してメルトリリスから大顰蹙を買っていた。

前述のとおり、FGOで後に実装された強化クエストをこなすと、『カリスマ E』のスキルが『不カリスマ B』に強化される。単純に仲間たちの攻撃を上げるスキルとしても強化されるのだが、なによりも特徴的なのは『自分がフィールドにいると1ターンだけ場を[日差しがある]状態にする』効果が追加されること。これにより、[日差しがある]フィールドでしか効果を発揮できなかった『者の数字』の効果をいつでも得られるようになり、ガウェインの火力は大幅に向上した。だが、効果のニュアンスニュアンスなため、FGOの『にほんばれ』だとか『グラードン』だとか言われるはめにもなった。

主な関係者

レオ・B・ハーウェイ

聖杯戦争でのマスター。今生でのとして深く崇敬しており、一見愚直にも見えるほど摯に仕えている。それは、生前にアルトリアに忠義をげきれなかったことに寄るものだが、同時にレオに王者として正しく成長してほしいという思いからでもある。一方、『CCC』ではマイペースな言動を繰り返し生徒会をたびたび困惑させるレオに引っられてか、ガウェインも天然な発言が立つように。

アルトリア

Fateシリーズの元祖ヒロイン本家セイバー。生前の。今でも彼女を尊敬する思いは強い。『FGO』の『円卓領域』では非獅子王と化した彼女に再び仕えるを選ぶ。因みに、円卓の騎士は『アルトリア燃え』と『アルトリア萌え』に分かれていたらしく、ガウェインは『燃え』側だったようだ。

ネロ

EXTRA』の主人公パートナー補の一人で、敵対するセイバー。生前、行の多い王であった彼女のことは「バビロンの大妖婦」と呼んでおり、少々軽蔑している。『EXTELLA』では彼女営の客将となり、に仕えているが、やはりレオアルトリアと違って信用しきってはいない。シリーズ恒例の『アルトリア顔』の一人で、外見はアルトリアに似ているのだが、容姿についてのコメントはない。

・玉藻の前

EXTRA』の主人公パートナー補。同じ太陽に関する由来を持つ強な英霊として、そのに注はしているが、人間を誑かす大妖怪でもある彼女のことを警している。巨乳なのはいいが、若いレオには少々刺が強いとも思っているようだ。

ランスロット

生前の同僚騎士。ガレス達を彼が殺してしまったことから生まれた確執が、円卓崩壊の遠因になってしまった。今はそのことを悔いており、彼を恨んではいない。でも、女性の好みはあわない。『EXTELLA LINK』では狂気に堕ちたバーサーカーとして召喚された彼に対面し、その変わり果てた姿に動揺する。

モードレッド

アルトリアの不義の子であり、円卓を崩壊させた反逆の騎士アニメ版『stay night』の頃は原典どおり男だったが、後に設定が変わり女の子になった。伝説ではガウェインはランスロットとの決闘で負傷していたところを、モードレッドに襲われ戦死してしまう。しかし、ランスロット同様、サーヴァントとなった今は恨みを持ちこしたりはしていないようだ。『FGO』の『円卓領域』では獅子王につかえる騎士として共闘している。カルデアでは従兄弟従姉妹?)でもある彼女のことを、『親戚のちょっとやんちゃな女の子』くらいの感覚でなまやさしく見守っているらしい。

・ガレス

可愛い。原典ではだったが、型月恒例の女体化補正がかかりになった。生前は、不幸なすれ違いからランスロットに殺されてしまったが、今でも彼を敬愛している。論、もちゃんと慕っている。バレンタインのときは、彼女が作った100個以上のカップケーキを、ガウェインはペロリらげたそうだ。料理の腕はに似なかった。FGO』に実装されたのは2章に入ってからだが、設定は1章の『円卓領域』の頃にはすでにあったらしく、獅子王の配下として召喚されてはいたが、その純な性格からアルトリアの苛な統治に耐えられなくなり、物語開始以前にガウェインが自ら討ち取ったらしい。

・アグラヴイン

ウェインの。どうみてもガウェインより老けているが。いろいろあってランスロットに殺されたひとりだが、ガレスらと違ってガウェインがそのことに憤ったようなエピソードがないちょっとかわいそうな人。『円卓領域』ではやはり獅子王に仕える騎士として登場する。が、プレイアブルキャラクターではないこともあって、との掛け合いがほぼない。今後の展開に希望しよう。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%28fate%2Fextra%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガウェイン(Fate/EXTRA)

652 ああああ
2019/07/22(月) 20:31:06 ID: vuSaBaDee3
どうあがいても
地 味 キ ャ ラ
653 ななしのよっしん
2019/07/26(金) 19:15:44 ID: Q+PVZy2klL
ゲームFate/StayNight(ルート)で、アルトリアが口にしたイギリス料理への感想は、ガウェインが作っていたマッシュポテトの様な何かが原因なのかな…?
654 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 21:22:53 ID: 5uxDKP9UlV
天気の子になったことでいつでもフルパワーで戦えるようになった
655 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 20:00:28 ID: 8N/J5bVsKi
日記みるとネタ強化に見えて悲壮な覚悟という

656 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 05:27:43 ID: BO822UKVZX
ウェインの罪が霊基に刻まれたのなら他のサーヴァントに霊基は刻まれれないの?
ウェインでいけるならセイバーに5次の運命出会いの霊基が刻まれてもいいのでは
他にももっと霊基に刻まれるような出来事を他作品で体験したサーヴァントたくさんいるんですけど、どうするの?

過去作のあれこれを忘れてる達は全員その程度の事でしかなかったんだねってなる
657 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 05:39:37 ID: L4GvA6vKxq
アヴィ先生とかカルナとかオジマンとかそこそこいると思うけど
個人差によるとか?
658 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 20:00:06 ID: PAyygch/Gj
CCC勢やアポクリファ、勢は基本的に覚えてるよね。
静謐ちゃんの、の静謐ちゃんそのものはもう願いを達成したから二度と召喚されることはないって設定(幕間でそういうのだった記憶)だったか。
ある意味負債を返すために戦うことを誓ったガウェインなのかもしれない
659 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 13:17:41 ID: sP0WarPMwx
そもそも>>656、霊基って言葉の定義すら怪しい状態だし
ぶっちゃけFate知らないし過去作へのリスペクトいけど貶すために言うだけ言ってみたってアレでしょ
木ちゃんねるあたりで大発生して、FGOヒットしてからまた増えてきたやつ
660 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 13:44:23 ID: la/orHzwfI
コイツや敏捷差し置いて魔(と幸運)がAあるんか…
661 ななしのよっしん
2020/06/29(月) 15:33:35 ID: PcMcc3x1G4
敵だとおっかないんだけど、味方になるととたんにオモロちゃんになる印
FGOで、ガレスとの掛け合い増えてほしいな。

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック