ガザC単語

ガザシー

ガザCとは、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場するアクシズ(後のネオジオン)の可変モビルスーツである。

番はMMT-1、AMX-003

ガザC

アニメ機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。
ガザ系の生産ラインを流用して開発された可変MS。劇中で最初に登場したガザ系でもある。

ガザBを純戦闘用として再設計した機体で、偶然にもティターンズエゥーゴ営が開発に苦悩していた量産型可変MSの成功例となっていた機体である。ただし時期的に確立前だった第2・第3世代のムーバブルフレーム構造ではなく、各部ブロックを移動・組みかえるブロック構造を採用している。

コックピットは他のMSと違って頭部にあり、アナハイム社からガンダリウムγ精製技術との交換で得た全モニターリニアシートを採用。緑色モノアイは中央に十字ラインが入っているのが特徴。

第3世代MSの要件を一部満たしているとはいえ、性は第1世代MSに毛が生えた程度だった。数値的にはグリプス時代の標準なのだが、アクシズ側のパイロットは練度が低い者も多く、競り合いで負ける事が容易く予想出来た。そのため集団戦法による「数の利」で不安な面をしようとしたのである。
実際、ガザCは簡略化した変形プロセスによって、可変量産機として成功を収めている。単機の性はともかく「アクシズの地盤をしっかり固めた」という事実が最大の評価ポイントと言えよう。

なお構造には難があったようで、エゥーゴの技師が鹵獲機を調べたところ「3回戦闘したら空中分解するぞ」と言い残している。空中分解を起こした例は確認できてないが、構造に不安を抱えるのは公式設定である。

200機以上(300近く)生産。グリプス戦後にはおおよそ80機が残存していた。が、寄る新世代の波に勝てず後継機のガザDガザEガ・ゾウムに生産ラインを譲った(グリプス戦役時に生産が打ち切られている)。

機動戦士ガンダムUC』とその外伝作品には袖付き仕様の機体が登場する。

ハマーン・カーン専用機

劇場版Zに登場するハマーン・カーン専用機。ホワイトカラーリングが特徴。

の違いはいとされるが、キュベレイは既に完成していたわけでガザCを選ぶ理由はい。手の内を全て見せず、量産機の性を誇示する為にガザCで出撃したとか何とか。

ガザC改

ダブルフェイク』に登場するガザCの修機。
ネオジオンが反連邦テロ組織「カラード」へ横流しした機体であり、修がどの時点で行われたかは不明。

ガザDに匹敵するレベルにまで向上し、脆弱な機体構造も善されている。
コックピットは(MA時の)部から機首に移設され、MA形態での有視界戦闘も可となった。MA形態での操縦性の他、ビームガンが可動式になり、スラスターも幾つか増設されているなど細部が大きく異なる。また、直結式のナックルバスターバズーカとの換装が可である。ハイパーナックルバスターは貰えなかったようだ…。

ちなみにGジェネFに参戦している。

関連動画

ガザcに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%82%B6c

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガザC

1 ななしのよっしん
2017/07/01(土) 03:59:58 ID: lg3CxET3Cy
ハマーン搭乗機、違いはカラーリングだけ?
2 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 12:59:30 ID: 40vrv1IRtG
物語や戦術論だけ見ると「地味な名機」だけど、空中分解事故が本当なら向こうの世界
「駄作機」本には必ず取り上げられてそう。
3 ななしのよっしん
2017/11/30(木) 08:20:58 ID: 0jb4G/vbba
見たこそモビルスーツだけど機体コンセプトはどっちかというとボール
変形機構は割とシンプルなので、設定に反してガンプラとかだと他の可変機よりもよっぽど堅実な出来だったりする

急上昇ワード

2019/10/17(木)00時更新