ガゾート単語

ガゾート

ガゾートとは、テレビ特撮ウルトラマンティガ」に登場する怪獣である。ここでは関連の深い中棲息生物クリッターについても記述する。

 

トモダチハ、ゴチソウ! トモダチハ、ガゾートノ、タベモノ!」

 

(第6話「セカンドコンタクト」より)

概要

ガゾート(正面)

初出は第6話「セカンドコンタクト」。クリッター(後述)が人間の流す電磁波により変異、合体して巨大化した姿である。状の形態で飛来し、餌をめて地を襲撃した。

…とまで書けば普通ウルトラ怪獣であるが、

そして何よりコミュニケーションを試みたホリイ隊員をクリッターの習性に則って捕食しようとし、挙げ句ウルトラマンティガまで喰おうとしたシーンが当時の子供達にトラウマを植え付けた。

口からプラズマ弾を放ち、ヒレで攻撃したりする。ティガ戦では一度死んだ振りをして背後から襲うなど狡猾さを見せつけた。ティガとの戦で地を壊滅状態にしたが、最後はランバルト弾を受けてクリッターに分裂、電離層に帰っていった。

第15話「幻の疾走」でガゾートとして再登場。
やはり初っぱなからジャンボジェット(ゴリガン航空206便)を大破させ乗客全員を殺マイクロ波受信施設の電磁波に反応して飛来した。マイクロ波を吸収して前回とべてかなりの帯電体質になっており、半径10キロ内の計器を狂わせ、その強さは乗用車が動かなくなるほどプラズマ弾を連射してティガを苦しめたが、プラズマ弾をデラシウム流に変換され、カウンターを受けて爆散した。なお、ガゾート着ぐるみは初代とが大きく動くようになっている。

28話「うたかたの…」でも名前だけ登場。ガゾートの襲撃以来、別個体が度々旅客機を襲撃していたことが隊員の言から判明する。

名前の由来は錬金術で「始まりと終わり」を意味するアゾート(azoth)から。また、ウルトラマンダイナでは「幻の疾走」の続編となる話にという似た怪獣が登場するが、性質が似ているだけで関連性はない(ただ、こちらも灰色を基調としたおぞましい姿をしている)。

空中棲息生物クリッター

初出は第6話「セカンドコンタクト」。電離層に棲み、古来から地球上に存在する未知の生命体。
高い知と、クリオネに似た幻想的な姿を持っており、言翻訳することで、人間ともコミュニケーションが取れる。
子供が「あははは、あははは」と笑うような不気味で鳴く。
劇中では、人類の生み出した電磁波によって狂暴化しており、集団で電離層を漂いつつ、出会った航空機を襲って墜落させていた。

「友人」という概念を理解し、ホリイ隊員やミズノ博士とも友人関係を築きかけたが、実は彼らは、餌のない電離層で生命を維持するために共食いの生態を持っており、彼らにとっての「友人」とは、互いのために自らの体を餌として差し出す存在であった。
そのため、コミュニケーションを成立させて友情を築くことはできても、人間と共存することはできない。作中ではミズノ博士達が犠牲になり、ホリイ隊員も食われかけた。

第15話「幻の疾走」でもガゾートと共に登場。相変わらずあはあは笑っていた。

28話「うたかたの…」に再登場。ガゾートの襲来以来、ガゾートを何匹も生み出し旅客機を襲うなど多大な損を出していたため、GUTSは「クリッター作戦」という殲滅作戦を敢行。しかしクリッターはアートデッセイ号のデラックガッツウィング2号のデキサスビームをかわすと、勝手に大気圏外に逃げていった。
レナく「人間想をつかして出ていった」とのこと。

名前の由来は高に存在するといわれるUMAクリッター」から。

ちなみに、第6話の脚本を手掛けた小中千昭ラヴクラティアンとして有名であり、「古来から地球上に存在する未知の知的生命体との対峙」という構図にクトゥルフの匂いを感じ取ってならないのは筆者だけであろうか。

関連動画

左の動画を見ればガゾートとクリッターのことが大体わかります

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガゾート

40 ななしのよっしん
2017/06/18(日) 02:07:40 ID: CJUCfGP6DU
>>38
結局はレナの私見だから答えはないけど、「自分達のせいで暴化させたけど自分達の邪魔になるから殲滅する」という連中なんて想尽かせるのも理解はできるかも。
あと多分クリッターも、「のために死ね」なんて自分勝手なは流石にトモダチじゃないんだろう。
41 ななしのよっしん
2017/08/17(木) 12:21:08 ID: G9a6X4W20n
>>4
序盤のうちから伏線もかねて終盤のボス関係者出すのは割りとありふれた手法だと思うぞ
実はこんな序盤から暗躍してた!とか後々の本格的な侵攻の兵だったんだよ!
とか言えるからな。ぽっと出も良いものだがあまりにぽっと出だと批判もうけかねんし
42 ななしのよっしん
2017/10/21(土) 13:24:37 ID: 6NTrfhvQ7T
マジでよく分からん思考してるよな
友達として仲良くしてたけど減ったからぱっくりいくってわけわからん
あとどうやって増えてんだろ繁殖が高いのかな
43 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 21:09:33 ID: sJQnfwrPIA
人間理論理屈概念はあくまで人間に対してのものなので
別の種族に対してそれを適用しようとするとこういう理が生じる
みんな仲良くなんてのは人間デス
44 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 22:26:22 ID: 2ylGBh256q
対立しているホリイとレナの会話も所詮は人間倫理観ありきの話でしかない
本当のところはガゾート達にしか分からないし、それを人間が理解する事は決して
45 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 20:23:30 ID: DUNT1J71dA
何かのSFで共食いするけど全記憶を引き継ぐので問題ないって宇宙生物がいたなあ
46 ななしのよっしん
2018/01/23(火) 23:21:42 ID: TTAlXPh/9P
そもそも「トモダチ」の概念からして人類と大きな隔たりがあるんじゃなかろうか
『仲の良い』じゃなくて『食べていい』ぐらいの認識で特に親近感は関係ないのかも
『成層圏で共食いしながら生きてきた』はあくまで人間側の状況判断だしホント真実はわからん
47 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 11:42:33 ID: 2CD8hGutx9
結局人間が愚行と分かってても『便利』を捨てられない愚かさで変われない、っていうのを分かりやすく示した展開とキャラって話だからね
48 ななしのよっしん
2018/06/16(土) 04:14:45 ID: DqkHvptkYQ
よく考えるとガゾートの姿はクリッターにとっても本来ならなるはずのない姿で暴走状態みたいなもんなんだよな
ホリイがコミュニケーションを試みたガゾートクリッターとしての正常な意識を保っていた保はないわけだ

クリッターにとっても本来共食いは極限状態でしか起こさない行動だったのに
ガゾート化でそのリミッターが外れていたという可性もあったかもしれない
49 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 13:04:10 ID: 39gJ3NVMGP
>>48
その考察から鱗だったわ。
おかげでレナの言っていた事が少し理解出来るようになった気がする(それでもホリイやマユミの気持ちをガン視した発言は許せないが)。

急上昇ワード