ガメラ単語

ガメラ
4.3千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

ガメラGamera)とは、大映(現:角川映画製作怪獣映画大怪獣ガメラ』、及びその関連作品シリーズに登場する架怪獣である。

概要

東宝ゴジラモスラと並んで日本に広く知られている巨大な怪獣
昭和平成共通して下の左右両端から生える鋭く大きな牙、鱗が重なり合った模様をした甲羅を持った身体、そして四肢からの火炎を使った飛行などの特徴を持つ。
モデルは「ワニガメ」だとされている。

昭和では「火炎放射」、平成では「プラズマ火球」が最大の武器

初出は1965年開の『大怪獣ガメラ
第1作~第8作までを「昭和ガメラ」、第9作~第12作までを「平成ガメラ」と呼び、それらを総称して「ガメラシリーズ」と呼ぶ。

昭和ガメラ

身長60m、体重80t。齢8000年を越える大
北極の氷の中で眠っていたが、原爆搭載機の墜落による核爆発覚醒する。

最初こそゴジラよろしく大暴れしていたものの、すぐに子供好きの一面を見せ始め、3作以降は一貫して子供のために戦う正義怪獣になり、人間を襲う怪獣侵略者と闘い続け、最期は宇宙戦艦ザノン号に特攻し、行方不明となった。

口から高熱火炎を放射できる他、シリーズ初期は噛み付きやの引っ掻きといったワイルドな攻撃も多用していた。というイメージに似合わず優れた運動神経を有し、棒を掴んで麗に回って見せるなどオリンピック鉄棒選手のような芸当も可な上、怪力かつ手先も器用で物を持ってそれを巧みに投げたり振ったりもできる。

手足を全て身体に収納、そこから火炎を噴射する事で回転・浮遊し、UFOのように高速で飛行する事が出来るが、後ろ足だけ引っ込めての通常飛行も可。最高飛行速度マッハ3。

一応低温が弱点であるが、どれだけ瀕死に陥ってもその原因が取り除かれれば即座に再生・復活する異常な生命を持っている。子供を助けるために宇宙へも々と飛行するなど、大気の変化・真空状態下でも活動に支障は出ない。

熱がエネルギーであり、炎そのものを吸い込むようにして食べるほか、マグマ・石炭・石油・高圧電気なども何故か経口で吸収する。体内に発電所でも備えているのだろうか。

平成3部作

身長80m、体重120t。1億5000万年の時を生きてきた怪獣
なお、3部作の世界では「」という生物が存在しないため、も「でっけぇだ!」とは言わない。
3部作を通してどんどん見たが変化しており、これはより全に覚醒し、戦闘に適した体へと変化しているためだが、作品が進むにつれて顔は小顔に、背中の甲羅も鋭的になっていくなど悪な外見になっていく。

環礁(=珊瑚の塊)のようになって眠りながら漂流していたが、ギャオス覚醒と共に覚め、その後もレギオンイリスと壮絶な戦いを繰り広げる。最後はイリスを倒した後に炎上する京都哮する姿だけが確認され、満身創痍でありながら日本に迫るハイパーギャオスの大群との戦いへ向かった事が示唆されていたが、その後ガメラがどうなったのかは描かれなかった。

能力

な生命怪力昭和ガメラと同じだが、プラズマエネルギーを使った技など、多な技を持つ。

また、飛行については昭和ガメラと同じく、回転飛行と足だけを引っ込めて飛ぶ飛行が可だったが、2作からは出ている腕がヒレのように変化し、速度若干落ちるものの機動・旋回がより増した高軌飛行形態も体得している。飛行しながらプラズマ火球を発射可である。また、回転飛行のまま敵に体当たりしたこともある。

方法は不明だが、地中を高速で移動することも可(第一作東京決戦時に地中から現れた)。

甲羅は非常に硬く、本来はどんな攻撃でもその防御を崩すことはできない。実際、ギャオス超音波メスでは3部作通して一度たりとも甲羅に傷をつける事すらかなわなかった。
が、レギオンとの戦いでは後脚の一撃によって端部が欠損している他、イリスとの戦いでは腕甲によって部を貫通されているなど、作中で戦った怪獣相手では必ずしも絶対的な防御を発揮できてはいない。また、回転飛行形態で人類のミサイル攻撃を喰らった時もさしたダメージにはならなかったものの、バランスを崩し不時着を余儀なくされた。

正体

古代文明アトランティスが作り出した怪獣である。ギャオスは高度な遺伝子工学で生み出された怪獣であったのに対し、ガメラは遺伝子工学ではなく「マナ」という生命エネルギーによって作り出された怪獣である。

『3』では、ギャオス古代文明の内、人類はく滅びるべきだと考える思想の人々によって作り出された怪獣であり、ガメラはそれに対抗するために「甲羅」にマナを集めて生み出された怪獣であった、という仮説が作中でられている。

しかし、人類を守るのではなく「地球」を守ることを第一の的として行動しているとされ、ギャオス殲滅のためならば人間への被害は基本お構いしで、特に『3』でその性質が顕著に現れており、渋谷でのギャオスとの闘いでは数万人規模の人間を巻き添えにしている。その前の『2』でヒロインと心を通わせるだった勾玉が砕け散り、以降彼女との交感は絶たれる事になった。
が、一方でその『3』でもギャオス超音波メスから小さな子供を守ったり、イリスに取り込まれた女の子を右腕を犠牲にしてでも助け出しており、「人間との関わりを絶とうとしたが、結局絶てずにいる」と推測されていた。

角川ガメラ

トト

幼体

幼体時:手の大~ゾウガメ大/志摩出現時:8m
幼体時:正確な数値なし/志摩出現時:900t

海岸の高台にて遊んでいた少年の透が見つけ、命名も彼によって為された。

後述の緋色珠の上に乗っていたから孵り、透に飼われて育てられる。最初は手の大の小だったのだが、その頃から既に手足を引っ込めて浮遊する事や包丁を焦がす程度の火炎を吹く事が出来た。

やがてゾウガメ大へと成長すると、透の前から姿を消し、緋色珠を集めてそのエネルギーを吸収してを蓄え、志摩にジーダスが出現した時には8mの大へと成長した姿で再び出現し、透を守ろうとする。
が、吸収したエネルギーが少なすぎたためか、体格的にもジーダスには程遠いものであったため、苦戦を強いられる。最後は何とか火球を吐いて退けたが、負傷がきそのまま睡。自衛隊によって名古屋へと移送され、緋色珠のエネルギーを与えられて回復を待った。

に「炎」の文字に似た模様がある。

完全体

体高30mの大

名古屋まで自分を追ってきたジーダスに追い詰められる中で、透たちが決死のリレーで持ってきたい石のエネルギーを得て全に覚醒した状態。
「トトインパクト」と呼ばれるさらに強な火球を吐く事が可になっており、回転飛行の速度も大幅に上昇した。

圧倒的なでジーダスを撃破し、最後は自衛隊によって確保されそうになった所を子供たちに救われ、へと消えていった。

アヴァンガメラ 

体高35m、体重1,200tの大怪獣物語冒頭にて登場。

1973年に出現したギャオスと戦う。どのようにして人々の前に姿を現したか、なぜギャオスと戦っていたのか、またその正体や出自に至るまで一切不明。

三重県志摩灯台岬で4匹のギャオスと交戦、1匹を撃墜するも次第に追い詰められ、最後はギャオスを巻き込む形で自爆した。

灯台岬がえぐれて離と化すほどの威であり、その際にガメラのエネルギーの固形物と思われる緋色の珠が飛び散った。この珠は壊滅した漁村の復に役立ち、最後はトトを復活させることとなった。

ガメラ2015(仮)

2015年10月9日開催の「NewYork Comic-Con」にて開されたシリーズ50周年記念映像作品に登場した個体。
スペックなどの具体的な設定は不明だが、身長は約70mだとされる。

上記のG3ガメラとアヴァンガメラを足して割ったような武な体付きと厳つい顔が特徴で、動く岩山を意識したという独特な形状をした重厚な甲羅を背負っている。

東京を襲うギャオスの大群の前に姿を現し、圧し迫るギャオスの群れを口からの火炎放射で一匹残らず焼き払った。それから10年後、新たに東京に出現した正体不明の怪獣とも対峙したが、その結末は描かれなかった。

登場作品

ガメラシリーズ』を参照。

関連動画

関連静画

お絵カキコ

ガメラ

関連立体

関連商品

映像メディアは廉価盤やデアゴティーニの大映特撮映画DVDコレクションなど複数のバージョンが存在。海外盤なども含めると相当な数になり、また不定期で新盤がリリースされる傾向があるので購入を検討する際は各自での検索較検討を推奨。

関連コミュニティ

関連ニコニコQ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%83%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガメラ

634 ななしのよっしん
2021/12/14(火) 21:25:10 ID: R1IZEPVmCO
ガメラワニガメモデル」とあるけど、これってどの資料にもその記述がないし、当時の関係者からの言もないんだけど、が言い出したんだろうか?

昭和ガメラデザイン画に「アオウミガメモチーフ」というのは見た事があるけど、「ワニガメモデル」ってのは見た事がい。没デザインには手足がムカデみたいなのとか、玉模様のとかもあるそうだけど、「ワニガメモデルにしたガメラ」って、デザイン画とか関係者の言とか、どっかにあるのかな。

平成ガメラも、ウミガメリクガメ(トトガメラ)がモデルで、ワニガメイメージはそんなに入ってないし。

某池を抜くバラエティで、ワニガメが発見されて「まるで怪獣ガメラのようだ」=「ガメラワニガメ怪獣」=「ワニガメガメラモデル」……ってな感じで定着したと思われるけど、事実はいかに。か何か知ってたら、教えてつかーさい。
635 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 09:23:34 ID: lmP85QUld8
>>634
映画怪獣大百科ゴジラガメラモスラヤマトタケル (ひみつゲット)』という本にはワニガメヒントにしたって書かれてたはず(この本自体、池の抜く系番組が始まるだいぶ前に発行されたやつ)
636 ななしのよっしん
2021/12/16(木) 13:27:01 ID: YTthOCKPJ3
かなり前から言われてた気がするので、池の抜く番組は関係いと思う。

カメ怪獣デザインするなら現実世界最大のカメモチーフにするのは当然の考えと言えるが、
実際のガメラワニガメってあんまり似てないとはも思う。
637 ななしのよっしん
2021/12/24(金) 17:22:15 ID: KR+twMXa0L
世界最大のカメってオサガメじゃなかったっけ?
638 ななしのよっしん
2021/12/24(金) 18:39:04 ID: RlM98xuw1B
だな
でもシャンハイハナスッポンやらオオヨコクビガメやらワニガメより大きい種は複数いる
何をもって現実世界最大のカメなどとほざいたのか
639 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 17:31:55 ID: R1IZEPVmCO
>635~638

 レスクス。
 自分がにした事のある資料では、一切「ワニガメ」の名前が出てこなかったから、ちょいと疑問に感じてたんよね。
 ガメラデザイン画も「アオウミガメモデル」ってキャプション付いたのを見たことがあったから、ずっとそうなんだと思っておりました。

 つーか、古書店で入手した、大映の昭和ガメラの秘蔵写真集。巻末では湯浅監督が対談してて、
「結局ガメラモチーフは、(美術の)井上章氏の手による架に決定」って言われてて「なんだよワニガメじゃねーじゃん」と思わずツッコミを入れてしまったり。
 色々なモチーフにしたそうだから、ワニガメも中には入ってるだろうけど。

 ただ、「ガメラワニガメモデル」って言葉。
 このソースがどこにも見当たらんから、一体が言い出したのか、あるいはどの資料や書籍に記載されてたのか、それが気になってね。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
640 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 17:33:22 ID: prjHDnWTHt
いつかシンガメラが出ると信じてる
641 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 06:52:06 ID: RlM98xuw1B
>>639
あくまでモデルなんだから似てる似てないの摘に意味なんかないだろ
プテラノドンモデルにしたラドンプテラノドンに似てるのかって話だ

あとそろそろうるさい
642 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 07:26:36 ID: lmP85QUld8
>>639
児童書で書かれてた。その本をググってみたら、ちょうどそのガメラページが出てきたよ(掲載元がヤフオクだからここにURL貼っていいのかな)
児童書で「ワニヒントに考えた」て割りと断定して書かれてた感じだから、それ以前からワニガメについてはいわれてたんじゃないかと推測
ただこの児童書が発祥でそれを読んで成長したライターが~という説も考えられる
643 ななしのよっしん
2021/12/31(金) 03:03:18 ID: R1IZEPVmCO
>>642

自分もググってみたら、ちょうどそのページを発見したんで読んでみた。確かに「ワニヒントに考えた」って書かれてましたね。
となると、これが発祥なのか、あるいはこれ以前からそういう説があったのか。
実際の所、昭和ガメラについては「様々な種類のを色々取り入れてデザインされた」らしいから、決まったモチーフいんだろうけど。

しかし、だとしたらなおの事。なんでワニガメを取り上げ、モデルだと断定したのか。そこがどうにも引っかかります。
平成ガメラから……とも思ったけど、こちらはウミガメに近いし。