ガラク単語

ガラク

ガラクは、トレーディングカードゲームMagic: The Gathering』の登場人物である。

プロファイル

身長249cm
体重:219kg
年齢:36歳
種族:人間
性別:男性
(デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカー2013 より)

名前については「々はローウィンで印刷されたオリジナルプレインズウォーカー5人、彼らのフルネームをきちんと定めて始めることをはっきりとめていた。」とのことなので、「ガラクワイルドスピーカー」が正式な名前なのかもしれない。

野生りのガラク魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼は土地から豊富なマナを引き出し、野生のを呼び出し、そのの野性のを解き放つ、生物呪文の達人です。

ガラクの髄からの狩人で、彼は次元を渡る捕食者であり、多元宇宙全ては彼の猟場です。 己のへの試練をめ、より大きな挑戦へと挑む彼にとって、あらゆる次元での最も暴で危険なものと戦う終わりなき狩りが、彼の人生そのものなのです。

これまでの間、ガラクは、彼が想像もしえなかった出来事と試練を彼にもたらしました。 彼が直面した危険は、彼の自然に根ざした生物召喚の呪文限界まで引き上げ、彼の獲物は日を追って増えていきました。 しかし、最近になって彼は新たな獲物を見つけました。他のプレインズウォーカーです。

それこそがガラクにとって新たな領域でした。 かつてこれほどずる賢く、機知に富み、没の敵はいませんでした。 ガラク狩りは今始まったのです。

WotC公式exitサイトより抜

ストーリーでの活躍

Webコミック:The Wild Son

プレインズウォーカーになる前の物語。とある次元で特務魔道士[1]であると農場で暮らしていた。だがある日領の兵隊が現れガラクを徴兵しようとする。ガラクへと逃し「自然ともだち、人間はをつくから注意しろ(要約)」という言葉を残して死亡してしまった。
7年後のなかで逞しく成長したガラクを殺したの偽りをねじ伏せ復讐を果たす。この時が持っていた兜がガラクのつけている兜なのである。

Webコミック:ハンターとヴェール&ヴェールの呪い

シャンラー狩りをしていた所召喚していたリリアナ・ヴェスに殺される。憤慨しリリアナに襲いかかるものの鎖のヴェールを手にしたリリアナに返り討ちに会い腐敗の呪いを受けてしまう。
去ってしまったリリアナの手がかりを手に入れるためにラヴニカにプレインズウォーク。元カレであるジェイス・ベレレンの所にガラスを割って強引に押し入る訪れる。彼からリリアナの手がかりを聞き出しその後も追跡を重ねる。

イニストラードブロック

イニストラードでついにリリアナに追いつく。代償のしい鎖のヴェールの使用をリリアナに最初は優勢となるも呪いで衰弱していたため最終的にまた敗北を喫する。その後呪いが進行し死にそうになるも復活したアヴァシン魔法「呪い黙らせ」 により呪いが一時的に沈静化、一命を取り留める。呪文を使った者に会って呪いを解いてもらおうかと考えたガラクであったが結局リリアナの追跡を続行するのであった。 
だがその後アヴァシン騎士狼男と間違われ捕獲。結局アヴァシンの元へと護送されることとなった。

PCゲーム:マジック2015 — デュエルズ オブ ザ プレインズウォーカーズ 

どうやらアヴァシンの元から逃げ出した模様。さらに呪いは進行し正気を失ったPW絶対殺すマンとなってしまう。このままでは次元を標的とする狩人になってしまうガラクを止めるためアヴァシン新米プレインズウォーカー(プレイヤー)にガラクを止めるように依頼。元々はオヴ・ニクシリスに埋め込まれいた面晶体を埋め込むことによりガラクの呪いは押し留まり多元宇宙ガラクの脅威から開放されたのだった。

Uncharted Realms:狩人

プレインズウォーカー狩りを確実にやめさせるためジェイスガラクのもとに訪れる。ガラクジェイスを返り討ちにした後自分の思考を読ませ危険ではないことを明。
お前は…綺麗だ」と誤解されそうな表現で納得したジェイスは「もし気が変わったなら、ラヴニカで俺達を見つけてくれ。何かがまだおかしいままだ。お前を助けることができるから」と言い負けを認める。「もし自分が狩人でなければジェイスは良い友人になれただろう」と思いながらガラクジェイスに「お前には友人がいるな」と助言をし二人は別れる。 
その後ガラクはアヴァシンの命によりガラクを連れ戻しに来た氷のプレインズウォーカーをあっさり返り討ちにするのであった。 

カードとしてのガラク

ガラクとしてデザインされているカードは、2014年7月時点で5枚存在する。
いずれもパーマネント・タイププレインズウォーカーで、ローウィン版の《野性りのガラク》を除いて神話レアである。
(ローウィン版の《野性りのガラク》はレア

Garruk Wildspeaker / 野生りのガラク (2)()()
プレインズウォーカーガラク(Garruk)
[+1]:土地2つを対とし、それらをアンタップする。
[-1]:の3/3のビースト(Beast)・クリーチャートークンを1体戦場に出す。
[-4]:あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+3/+3の修整を受けるとともにトランプルを得る。

3

ローウィンで登場した1枚ガラクは土地のアンタップ、トークン生成、《踏み荒らし》。

プラスのおかげで差し引き2マナで登場でき、その後はマナを強に加速することができる。小マイナス打点を生成するだけではなく、ガラクを守るとして使うことができ強である。大マイナスの条件も容易に達することができ、アドバンテージを稼ぎ、打撃を持ち、フィニッシュまで決められる万カードである。

当時のデッキには大抵入っているといっても過言ではない採用率を誇り、時のらせん-ローウィン期のスタンダードでは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、《群の呼び/Call of the Herd》or《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》とあわせて「TCG」などと呼ばれていた。

Garruk, Primal Hunter / 原初の狩人ガラク (2)()()()
プレインズウォーカーガラク(Garruk)
[+1]:の3/3のビースト(Beast)・クリーチャートークンを1体戦場に出す。
[-3]:あなたがコントロールするクリーチャーの中で最大のパワーの値に等しい枚数のカードを引く。
[-6]:あなたがコントロールする土地1つにつき、の6/6のワーム(Wurm)・クリーチャートークンを1体戦場に出す。

3

Magic2012で登場した2枚ガラクトークン生成とパワー依存のドロー。

マナコストが重くなってしまい、マナ加速を持っていないため、ビートダウンでは使いづらくなってしまったが、コントロールデッキでは強カードパワーを持つようになった。
プラスクリーチャー生成。3/3トークンを出せるため、初代よりも耐久が高い。さらに戦場にいる限り限に使用できることも大きい。
マイナスはドロー。トークンを出してから使用するだけでも3枚ドローだが、うっかり《スラーグ牙》とかがいると5枚ドロー、《恨》がついているとさらに+2枚といった感じで周り次第で理不尽感あふれる大量ドローを実現できる。
マイナスは一気にゲームが終わるを持っているものの上記2つのが強すぎていまいち影が薄い。自分で使って勝負をかけるよりも、調子に乗って忠度を上げすぎたらコントロール奪取呪文を食らい、このを使われゲームが終わらされることのほうが多いかもしれない。

Garruk Relentless / 情け知らずのガラク (3)()
プレインズウォーカーガラク(Garruk)
情け知らずのガラクの上の忠(loyalty)カウンターが2個以下であるとき、彼を変身させる。
[0]:クリーチャー1体を対とする。情け知らずのガラクはそれに3点のダメージを与える。そのクリーチャーは彼に、それのパワーに等しい点数のダメージを与える。
[0]:の2/2の(Wolf)クリーチャートークンを1体戦場に出す。

3

-----変身後-----

Garruk, the Veil-Cursed / ヴェールの呪いのガラク
/プレインズウォーカーガラク(Garruk)
[+1]:接死を持つの1/1の(Wolf)クリーチャートークンを1体戦場に出す。
[-1]:クリーチャーを1体生け贄にげる。そうした場合、あなたのライブラリーからクリーチャーカードを1枚探し、それを開してあなたの手札に加える。そのあと、あなたのライブラリーを切り直す。
[-3]:あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+X/+Xの修整を受けるとともにトランプルを得る。Xは、あなたの墓地にあるクリーチャーカードの枚数である。

イニストラードで登場した3枚ガラク

変身前のガラククリーチャーへの火力トークン生成を持っている。どちらも忠度が変化しないため、変身するには上のパワー1か2のクリーチャーダメージを与えるか、1点か2点のダメージをもらうしかない。

上のでは手を出しづらいシステムクリーチャー戦闘せずにに使うタイプクリーチャー)の除去や捨て駒にされそうな小クリーチャーの排除に使われる。パワー3以上のクリーチャーに使うと即昇天であることに注意。下のは上2枚のトークン生成べるといまいちかみあってないが、それでも戦場にいる限り打撃のあるトークン限生成できるところは魅理に除去を使わずこっちを連打するというプレイングもあり。

変身後のガラクトークン生成、クリーチャーサーチ、《踏み荒らし》類似
プラストークンはより防御的な運用に適した性となっている。
マイナスクリーチャーサーチは使いどころのくなったクリーチャー大物に変換できる。を起動しただけだと戦場でのアドバンテージを失っていることに注意。
マイナス墓地に3枚クリーチャーがいれば《踏み荒らし》である。 このを使う頃には4枚以上墓地にあるだろう。

に挑みかかって昇天エルフったら返しの戦闘昇天、とすぐ昇天してしまうため変身することはまれである。変身したらしたで忠度がギリギリすぎて小マイナス一発昇天トークンを出してもトークンごと昇天、とすぐ死んでしまう。また、上のからこのガラクは3/3のクリーチャー相当の戦闘力を持っていることになるが、一時的にクリーチャー化して自らが戦闘に参加できるプレインズウォーカーである《ギデオン・ジュラ》が6/6になることを考えると、ムキムキの巨という容姿のわりにかなり貧弱な印を受ける。そのせいか情けないガラクなどと呼ばれることもある。

彼の名誉のために言うと、イニストラードで登場したこのガラクは同じプレインズウォーカーリリアナ・ヴェスの持つ強アーティファクト「鎖のヴェール」によって呪いをかけられてしまったために弱体化しているとされている。そのため彼本人はマナを使った魔術を専門としているのにもかかわらず、カードの色はられている。この「が単色ではなく二色」であるということ自体が彼が呪いに苦しみ、本来のを十二分に生かせていないという状況の表れなのかもしれない。

Garruk, Caller of Beasts / の統率者、ガラク (4)()()
プレインズウォーカーガラク(Garruk)
[+1]:あなたのライブラリーの一番上から5枚のカード開する。これにより開されたすべてのクリーチャーカードをあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
[-3]:あなたは、あなたの手札にあるクリーチャーカードを1枚戦場に出してもよい。
[-7]:あなたは「あなたがクリーチャー呪文を1つ唱えるたび、あなたのライブラリーからクリーチャーカードを1枚探してもよい。そうしたなら、それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を持つ紋章を得る。

4

Magic2014で登場した4枚ガラク

プラスクリーチャーを手札に加える。《暴動の先導》というインスタント・カード(使い捨て)とよく似たテキストである。
ギルド門侵犯のプレインズウォーカードムリ・ラーデ》のプラス5回分という表現もできる。
クリーチャーに重点を置いたデッキなら1回あたり2,3枚手札増える圧倒的なアドバンテージである。
マイナスとの相性もいい。

マイナスクリーチャーの設置。このカードは6マナだが、必ずしも6マナ以上のクリーチャーを出さないと損をするわけではない。
プラスの起動もできれば、ハンドアドバンテージと合わせて得をしている計算になるからである。
もちろん即起動も選択肢に入る。
2013年スタンダードでは15/15トランプル、死んだら5/5トランプル ワーム・トークンを3体も出す《世界のワーム》が いる。有補になるだろう。 
モダン以下の環境では《大祖始》が有相方となるだろう。
Magic2014で軽量ワーム《大食のワーム》が登場し、《変わり》が再録されたことで、《末裔の》で巨大ワームを出してウホウホするデッキの実用度がぐっと上がった。 ガラク仲間入りさせてやると面い。

マイナスクリーチャー増援の紋章を獲得する効果。適当に何か出すだけで即死級のクリーチャーを引っり出せる。
2013年スタンダードには死亡時に墓地からライブラリーに戻るを持ち、15/15トランプルという巨体を持つ《世界のワー(後略

Garruk, Apex Predator / 頂点捕食者、ガラク (5)()()

プレインズウォーカーガラク(Garruk)

[+1]:他のプレインズウォーカー1体を対とし、それを破壊する。
[+1]:接死を持つの3/3のビースト(Beast)・クリーチャートークンを1体戦場に出す。
[-3]:クリーチャー1体を対とし、それを破壊する。あなたはそれのタフネスに等しい点数のライフを得る。
[-8]:対戦相手1人を対とする。そのプレイヤーは「クリーチャーが1体あなたを攻撃するたび、それはターン終了時まで+5/+5の修整を受けるとともにトランプルを得る。」を持つ紋章を得る。

5

Magic2015で登場した5枚ガラク。これによって「基本セットに新録されたプレインズウォーカーは次の年の基本セットにも再録される」という流れが終了することとなった。だったら沼アナを1年で引退させてくれよ

イニストラード」ブロックストーリー終了後、リリアナ・ヴェスによってかけられた呪いが重症化して人間をやめかけている姿を描いたカードである。このガラクについては「Magic2015 Duels of The Planeswalkers」のキャンペーンモードテーマにもなっている。気になる人はプレイしてみるといいだろう。

《精を刻むもの、ジェイス》以来の「1面に4つの忠を持つプレインズウォーカー」である。
1つプラスプレインズウォーカーの破壊。これがいるだけで対戦相手はプレインズウォーカーをまともに運用できなくなる。対となるカードの数が限られるため連発することは少ないだろうが、対戦相手に大きなプレッシャーをかけられる。
2つプラスクリーチャー生成。全に悪落ちしたせいか、呪いガラクの1/1から3/3へと攻めに使える大きさであると同時に「接死」を持つため防衛面でも強な駒となる。
マイナスクリーチャー破壊。ライフ回復もできる強な効果だが、忠度消費が[-3]と大きいので連発が効かない。プラスで出したクリーチャーで足止めできない相手や高いタフネス(大体高いパワーもある)を持っている相手を狙っていきたい。
マイナスは紋章付与。自分を強化する紋章ではなく、「自分を襲ってきたクリーチャー強化する紋章」を「対戦相手」につける。これはプレインズウォーカーハンターと化したガラクに狙われているところを表現している。なるほど野獣の眼光

がどっさり詰まったカードである。少数の強クリーチャーで攻めるデッキには類の強さを誇る。
ただ、7マナも支払うカードとしてはどうなのか少々疑問を感じないでもない。
また、2014年7月スタンダードでは少数の強クリーチャーで攻めるデッキは少ないことも逆となる。
価は10月の「タルキール覇王譚」が発売され、スタンダードカードが一新された時だろう。

関連項目

脚注

  1. *名前はかっこいいが要するに「雇われ魔法使い」である。あまりいい意味合いはないそうだ。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガラク

32 ななしのよっしん
2016/10/02(日) 10:23:58 ID: Wy5fhmGuw7
アンチャーですら出番なかったガラクは泣いていい
ついでに言うならアヴァシン死んだから呪い悪化するんじゃねえの?
33 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 12:56:52 ID: F+Al874m94
これもすべてソリンってやつの仕業なんだ
34 ななしのよっしん
2016/12/27(火) 16:29:05 ID: 9C9IovgoMX
初代PW五人衆
ジェイス「多次元をよりよくするためにチーム組もうぜ!」
チャンドラ「さーんせーい!」
リリアナ「他人のために働くのも悪くないわね。乗ったわ。」
アジャニ「諸事情があって合流が遅れてしまってっすまない。
     私もぜひ加えてくれ。」


ガラク「ひょっとして・・・ってぼっち(´・ω・`)
35 ななしのよっしん
2017/07/29(土) 19:26:31 ID: jeYtm1LU7k
といってもその仲良し会に加わってたらニコル・ボーラスに惨めにされてたし、呼ばれなくて良かった
36 ななしのよっしん
2017/09/16(土) 16:18:44 ID: jeYtm1LU7k
面晶体繋がりでゼンディガーにしやがったおばさんに利用されそう
そうだったらもう許さねえからな〜!
37 ななしのよっしん
2017/09/16(土) 16:23:14 ID: jeYtm1LU7k
間違えた、イニストラードだった
38 ななしのよっしん
2017/10/31(火) 23:09:35 ID: O38a01V2AR
>>32
嫌だけどすごい蓋然性高そうっていうかそのための展開に思えてきてげっそりする…
というかガラクについてめて考えてみると開発室もキャラ付け失敗したとか思ってそうな気がしてきた
善悪の視点いからゲートウォッチ勢みたいな大局的な動きに絡めづらいんだろうな
最初の五人もローウィンでは居るだけ参戦だったし、こんなにストーリーの中核に絡むようになるとは思わず
各色の思想の濃いところを抽出してしまったツケがガラク一人だけ重くのしかかってる感じ
39 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 12:04:55 ID: WcwywgPyAO
【悲報】ガラク争大戦でも出番なし

【朗報】ガラクとりあえず争大戦では死ぬ可性なし
40 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 07:49:19 ID: YuYmRTdI9b
争大戦になんて出したら皆殺しにされちゃうだろ!!
41 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 14:43:26 ID: 7jy/hU5gxI
ガラクかえして…