ガリレオ・ガリレイ単語

ガリレオガリレイ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei 1564年2月15日-1642年1月8日)とは、イタリア物理学者であり天文学者であり発明であり哲学者である。ニュートンコペルニクスと並ぶ科学革命の先駆者であり、フランシスベーコンと同じく科学的手法のとして名高く、天文学としても知られる。

概要

1564年2月15日(ユリウス)に、イタリア北部のピサで生まれる。音楽家兼商人。

17歳のとき医者を志してピサ大学入学するも、当時の外科手術のあまりのグロさに耐えられず大学中退。当時の外科手術といえば、麻酔もいまま患部をゴリゴリと切り取るようなものであり、患者は大で叫びながらもがき苦しむ壮絶なものだったのだから、ある意味仕方のいことかもしれない。

その後数学者として活動することに決め、物理学天文学に多大な功績を残している。実験結果を数学的に分析する、という画期的な手法を実践した最初期の科学者でもある。このため「科学的手法の」と呼ばれることもある。

また、カトリック教会の唱える世界観やアリストテレス批判したことでも知られ、これにより宗教哲学から科学を切り離す先駆けとなった。

このため、教会や学識者に多くの敵を作り、地動説について言及した書物を出版したとして異端審問に掛けられ、地動説を放棄する宣誓をさせられたうえ、軟禁状態の晩年を送ることとなった。

尚、彼に関する有名なエピソードは、後年伝記を書いた子のヴィンツェンツォ・ヴィヴァーニの創作によるものが多い。有名な「それでも地球は動いている」も、「ピサの斜塔から二つの球を落とした」も彼の創作であるとされる。

有名な子に気圧計の発明者であるエヴァンジェリスタ・トリチェリがいる。

物理学

振り子の等時性を発見し、晩年に振り子時計を考案した。

また、落体の法則を発見した。これは

  1. 自由落下する物体の落下速度は、物体の質量に依存しない
  2. 自由落下の落下距離は、経過時間の二乗に例する

というものである。尚、「落体の法則を確かめるためピサの斜塔から重さの異なる二つの球を落とした」というのは子の創作である可性が高いとのこと。実際には斜めに置いたレールの上で、重さの異なる同体積の球を転がしたというのが正しいようである。この手法なら落下時間を遅くできるので、観察が容易になる。また、この実験から運動法則エネルギー保存の法則についても直観的に理解していたのではないか、とする説もある。

当時流のアリストテレスの考え方では重い物体はより速く落下するとされていたため、アリストテレスの学者と論争になった。因みにこの時ガリレオは「へー。じゃあ、二つの物体を紐でつないだら速く落下するようになるんだ?(意訳)」と反論したそうな。

天文学

ヨーロッパ天体観測望遠鏡を使った最初期の一人である。

当時のヨーロッパでは、天空と地上では異なる法則が支配していると信じられていたため、「地上の遠くのものを見る具」が「天空の遠くのものを見る具」として使うことは、支配している法則が違うのだから当然理だと考えられていた。

当然、天体観測望遠鏡を用いることは地上でも天空でも支配している法則は同じとしているようなものであり、それ自体大きな挑戦だったのである。

1608年にオランダ望遠鏡特許について知った彼は、1609年の5月に1日で倍率10倍の望遠鏡を作り、更に良を重ね倍率20倍へと良した。これを夜空に向けることで、面のクレーターや木星の4つの衛星を発見した。また、金星が満ち欠けに伴い大きさを変えることも発見している。

木星の4つの衛星は当然地球を中心に回っていない訳であり、動説に対して非常に不利な存在であった。また、当時流であったアリストテレスの学説では、体は全な球体であるとされたため、面にクレーターなどの凹凸があるという発見は、これまた非常に不都合な発見であった。

金星が満ち欠けをする際に大きさを変えることも、動説には非常に不利であった。というのも、もし地球を中心に金星が回っているのだとすれば、満ち欠けをしたとしても大きさを変えることはありえないからである。

以上のような拠から、ガリレオは地動説を確信しはしたが、ケプラー法則が発表された後も「体は全な円運動をしている」とするなど、いくつかの誤ったをしていたことも一応申し添えておく。

なお、ガリレオの功績に自身をなぞらえて「私のが否定された。ということは、私の真実にきまっている」と自らのを逆に確信してしまうことをガリレオ詭弁(Galileo Fallacy)と言う。特にエセ科学やニセ医学代替医療の信奉者に見られやすい傾向がある。他には原発関係でも見られやすい(→放射脳)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガリレオ・ガリレイ

54 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 08:40:30 ID: t1TCLLAT2h
>>53
そもそも「科学」と「宗教」をきっぱり2分して考える世界観は極々最近だけのもので、ある意味現代人の「偏見」なんだよなあ。
学、哲学科学の垣根なんてずっと曖昧なままだった。
それこそ地動説みたいな、現代の科学に直接つながる重要な発見の数々が、キリスト教の影下でされたことはまず知ってるかな?
ガリレオだって最後は異端裁判にかけられたが、本人は敬虔な教徒だったし、裁判当時の教皇とは長い友人関係で、元々は自分の書いた本を喜んで読んでもらう仲だったしね。
55 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 17:03:58 ID: dk0qOPg7Oc
そもそも言うほど地動説は迫なんてされてなかったわけで
ガリレオだって異端審問に掛けられたのは地動説そのものというよりは、仮説として発表するならいいと教皇が言ったのを露に地動説寄りの文を書いて教皇の顔に泥を塗ったからだし、有罪となっても別に火りにされたわけでもない
頑迷な教会理性的な科学を弾圧したというのは後世に作られたストーリーだよ
ガリレオの地動説が既存の学者に否定されたのはプトレマイオスに代わる体系を提示するまでに至らなかったせいもある
56 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 00:06:12 ID: eMiA/hOJ9U
ブルーノみたいに火りなったのもいるけど、あれもな罪状は教会批判のほうだしね

そもそも地動説を賛同する学者が出てこなかったのは、
事前の計算どおりに観測できないという実用性の低さが原因
だからより精度の高いケプラールドルフ表が出てくると
その実用性の高さの前に地動説を否定する理由がなくなった
57 ななしのよっしん
2021/05/27(木) 22:31:01 ID: hjuKNlBtZ7
というと弊は出る。
あの時代は動説や地動説以外の説も大量に横行しててそれに例して小保方みたいな詐欺師犯罪も大量に出てた。
だからそれらを取り締まっていたらたまたまその中に地動説も引っ掛かっていて、しかもそれが偶然正解だから大きく取り上げられている。
動説もへのイカれた信仰心という訳じゃなくて当時の計算や最先端科学的には動説が一番有だったという話。

一応裁判の時もちゃんとガリレオの研究内容は吟味されたが当時の資料では『大量にある説の中の1つ』であって『地動説が真実である』とは明しきることが出来なくて小保方的な扱いを受けた。
また、『沢山ある説のうちの1つ』としてなら別に何も言われることはなく普通に扱われていたのだが、ガリレオが『本物だー!!』ってやってしまった。
時の人たちからすれば計算も資料も未完成のその言葉は『STAP細胞はあります!』と同じようなもん。
あれだって実際にあったと明されたらたちが笑われるのだろう。
58 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 12:58:10 ID: jzU5aTbCAJ
>>38みたいな当時のソースはある?
ガリレオの味方がガリレオに伝えた発言:「数学無知で立している学者たちの集会が『文対話』を禁書にするために招集された」
ガリレオを否定した学者の遺した発言:「[イエズス会の]総長の命で、アリストテレスには決して反対できず、それどころか常に彼を救わなければ」

これ見ると当時の社会状況は、イエズス会系のキリスト教動説(アリストテレス学説)を守る一方で地動説を迫していた、ってに見えるんだけど


動説も当時の計算や最先端科学的に一番有だった訳じゃなくてへのイカれた信仰心だったという話。」ってことやないの
まぁ>>38には資料名を書いてほしかったというか、もっとソースがありゃもっと誤差が少なく精密にわかるだろうけど
59 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 17:40:21 ID: hjuKNlBtZ7
コペルニクス動説がやたらごちゃごちゃだけど、の作った世界はもっときれいなはず!動説を整理して矛盾を解決し、世界を見つけよう!」
→地動説発見

ある意味地動説もイカれた信仰心が発端でたまたまドンピシャだった。
60 ななしのよっしん
2021/05/29(土) 19:35:14 ID: BRzqC4TRgF
>>58
宇宙科学者の島村太郎は『日本大百科全書』で
文対話」
ガリレイの地動説に関する著作。 ガリレイはつとに地動説を認め、望遠鏡による天体観測でそれを実した。著作の形式としてラテン語のかわりに国語イタリア語を用い、論文体でなく対話体を選んで、世人への啓発を意図した。しかし教皇庁により異端と裁決され、68歳の老身は終身禁固、著書は禁書定となった。」
と書いてる

自然科学寄りの視点から見ればこうで、人文科学寄り宗教寄りの視点から見ればガリレオはそこまで「実した」訳ではない人、あるいはもっと根本的に宗教的な人ということになるんだろう

>それこそ地動説みたいな、現代の科学に直接つながる重要な発見の数々が、キリスト教の影下でされた
>『沢山ある説のうちの1つ』としてなら別に何も言われることはなく普通に扱われていたのだが、ガリレオが『本物だー!!』ってやってしまった。
61 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 17:39:41 ID: jzU5aTbCAJ
>>60
なるほどありがとう
当然っちゃ当然かもしれんけど、人文科学系の人の言う世界はやたら文化が巨大な影を持ってるように思える
対照的に人文科学自然科学に入れ替えると、他も入れ替わって巨大なのは文化じゃなく自然科学に思える

まー自然科学やその学者については、自然科学者による解説をなるべく何種類も読み情報精度も高まるってことだろうな
62 ななしのよっしん
2021/06/13(日) 01:42:47 ID: hjuKNlBtZ7
ガリレオの地動説は「あり得る可性の有な仮説の一つ」レベルには達してたから批判はされずに最初は説を本に載せる事を許され擁護されてたけど「たった一つの真実です」的な事をガリレオが言い切った上に明しきれてないから有罪判決を食らった
63 ななしのよっしん
2021/06/14(月) 23:20:19 ID: 4D23jphQwe
こうしてニコ百自然科学者(によるソース)からますます乖離していくのであった