編集  

ガリレオ・ガリレイ単語

ガリレオガリレイ

ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei 1564年2月15日-1642年1月8日)とは、イタリア物理学者であり天文学者であり発明であり哲学者である。ニュートンコペルニクスと並ぶ科学革命の先駆者であり、フランシスベーコンと同じく科学的手法のとして名高く、天文学としても知られる。

概要

1564年2月15日(ユリウス)に、イタリア北部のピサで生まれる。音楽家兼商人。

17歳のとき医者を志してピサ大学入学するも、当時の外科手術のあまりのグロさに耐えられず大学中退。当時の外科手術といえば、麻酔もいまま患部をゴリゴリと切り取るようなものであり、患者は大で叫びながらもがき苦しむ壮絶なものだったのだから、ある意味仕方のいことかもしれない。

その後数学者として活動することに決め、物理学天文学に多大な功績を残している。実験結果を数学的に分析する、という画期的な手法を実践した最初期の科学者でもある。このため「科学的手法の」と呼ばれることもある。

また、カトリック教会の唱える世界観やアリストテレス批判したことでも知られ、これにより宗教哲学から科学を切り離す先駆けとなった。

このため、教会や学識者に多くの敵を作り、地動説について言及した書物を出版したとして異端審問に掛けられ、地動説を放棄する宣誓をさせられたうえ、軟禁状態の晩年を送ることとなった。

尚、彼に関する有名なエピソードは、後年伝記を書いた子のヴィンツェンツォ・ヴィヴァーニの創作によるものが多い。有名な「それでも地球は動いている」も、「ピサの斜塔から二つの球を落とした」も彼の創作であるとされる。

有名な子に気圧計の発明者であるエヴァンジェリスタ・トリチェリがいる。

物理学

振り子の等時性を発見し、晩年に振り子時計を考案した。

また、落体の法則を発見した。これは

  1. 自由落下する物体の落下速度は、物体の質量に依存しない
  2. 自由落下の落下距離は、経過時間の二乗に例する

というものである。尚、「落体の法則を確かめるためピサの斜塔から重さの異なる二つの球を落とした」というのは子の創作である可性が高いとのこと。実際には斜めに置いたレールの上で、重さの異なる同体積の球を転がしたというのが正しいようである。この手法なら落下時間を遅くできるので、観察が容易になる。また、この実験から運動法則エネルギー保存の法則についても直観的に理解していたのではないか、とする説もある。

当時流のアリストテレスの考え方では重い物体はより速く落下するとされていたため、アリストテレスの学者と論争になった。因みにこの時ガリレオは「へー。じゃあ、二つの物体を紐でつないだら速く落下するようになるんだ?(意訳)」と反論したそうな。

天文学

ヨーロッパ天体観測望遠鏡を使った最初期の一人である。

当時のヨーロッパでは、と地上では異なる法則が支配していると信じられていたため、「地上の遠くのものを見る具」が「の遠くのものを見る具」として使うことは、支配している法則が違うのだから当然理だと考えられていた。

当然、天体観測望遠鏡を用いることは地上でもでも支配している法則は同じとしているようなものであり、それ自体大きな挑戦だったのである。

1608年にオランダ望遠鏡特許について知った彼は、1609年の5月に1日で倍率10倍の望遠鏡を作り、更に良を重ね倍率20倍へと良した。これを夜空に向けることで、面のクレーターや木星の4つの衛星を発見した。また、金星が満ち欠けに伴い大きさを変えることも発見している。

木星の4つの衛星は当然地球を中心に回っていない訳であり、動説に対して非常に不利な存在であった。また、当時流であったアリストテレスの学説では、体は全な球体であるとされたため、面にクレーターなどの凹凸があるという発見は、これまた非常に不都合な発見であった。

金星が満ち欠けをする際に大きさを変えることも、動説には非常に不利であった。というのも、もし地球を中心に金星が回っているのだとすれば、満ち欠けをしたとしても大きさを変えることはありえないからである。

以上のような拠から、ガリレオは地動説を確信しはしたが、ケプラー法則が発表された後も「体は全な円運動をしている」とするなど、いくつかの誤ったをしていたことも一応申し添えておく。

なお、ガリレオの功績に自身をなぞらえて「私のが否定された。ということは、私の真実にきまっている」と自らのを逆に確信してしまうことをガリレオ詭弁(Galileo Fallacy)と言う。特にエセ科学やニセ医学代替医療の信奉者に見られやすい傾向がある。他には原発関係でも見られやすい(→放射脳)。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%A4
ページ番号: 4454588 リビジョン番号: 2560630
読み:ガリレオガリレイ
初版作成日: 10/09/04 18:51 ◆ 最終更新日: 18/02/08 21:32
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「学者の一覧」と「望遠鏡」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガリレオ・ガリレイについて語るスレ

32 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 20:09:22 ID: Pg+6IQsnGp
まあそもそも地動説というか科学vs教会という構造自体が近世啓義者らが広めたデマである。地球平面説神話といい魔女狩り神話といい基本的にあいつらろくなことせん
33 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 16:43:45 ID: cw6dV5S3t3
同じ記述が繰り返されてる所が多数あるのはなんなん
34 : ななしのよっしん :2017/05/07(日) 19:23:09 ID: AVMjHD+AbE
>>31
球状の地球世界の中心に浮かんでる、がアリストテレスがまとめて中世に受け継がれた宇宙観だったはず。
対蹠人(地球の裏側に人がいるのか……というか球体の「下側」がどうなってるのか)についてどう考えてたかは……どうだったっけ?
35 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 16:06:35 ID: UdD66xPpW8
頭は良かったが性格はゴミクズなんだよなぁ
36 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 23:03:42 ID: Pg+6IQsnGp
× 科学者であったガリレオが「聖書に反する地動説を唱えたため」宗教裁判にかけられた。
学者でもあったガリレオが「聖書と地動説を融合させようとしたたため」宗教裁判にかけられた。

聖書には地球宇宙の中心であるとも、太陽宇宙の中心にあるとも書かれていない(慣用句として「日は東から上り西へと沈む」という描写はある)。

ある意味聖書竄しようとしたため、ガリレオ宗教裁判にかけられたというのがおおまかな経緯だったはず。カトリック教会は地動説自体を否定していた訳ではない
37 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 23:23:15 ID: AnKSPyIq58
言ってることは理解できるがガリレオの言い方が気にくわない
38 : ななしのよっしん :2017/06/07(水) 16:23:05 ID: /C3pA2PTg+
>>19>>35
地動説論争は「科学VS宗教」ではないけど、「変な科学ガリレオVSまっとうな宗教家」というわけでもないよ。複雑。
確かに、ガリレオへ「数学無知で立している学者たちの集会が『文対話』を禁書にするために招集された」とカンパネッラが忠告した等、ざっと見れば「科学VS宗教」。でもガリレオ明したのは当時の最新科学で、伝統的な思想・理論に基づく宗教家や学者の業績への否定にも繋がる。だから伝統的真理動説)のため、保守・保身のためにもガリレオを攻撃する必要があった。

例えば、ガリレオを攻撃したイエズス会の天文学者シャイナーが、ガッサンディ宛てに出した手紙
>少し前にガリレオイタリア語で書かれた『対話』をにしましたが、それはコペルニクス地球運動説を擁護し、逍アリストテレス]の共通した学問に反して書かれていました。その中で彼は私の数学論議をずたずたにし、『ローサ・ウルシーナ』[シャイナーの著作]や私の発見である太陽黒点運動太陽の年周運動暴力的な手を加えました。私は
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
39 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 13:06:41 ID: kVeDfK/0RR
つまり、試行錯誤する科学者や知識人が既得権益を破壊しそうになって
それを恐れた宗教家や伝統義者が妨してたという
40 : ななしのよっしん :2017/06/30(金) 14:21:14 ID: 4SZxy5dNVY
ガリレオ大回転
41 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 14:07:18 ID: DeeenQLrTk
「対立相手のを否定する時、その自体よりも、対立者の中のキチガイを見つけてそいつをし上げる」と言う、現在ネットでも政治関連の叩きによく使われる手法
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス