ガルバ単語

ガルバ

ガルバ / セルウィウス・ガルバ・インペラトル・カエサルアウグストゥス(紀元前3年~紀元69年)とは、ローマ皇帝である。

概要

ネロに対して起した反乱軍の旗頭。すでに高齢であったが軍部を基盤に反乱を成就させ、短い皇帝位についた。

反乱と悲惨な末路

ローマ南のタラキナ近郊に生まれる。本名はセルウィウス・スルピキウス・ガルバ。

ネロの時代にタラコネンシスの属州総督にあったが、すでに70える高齢の人物であった。しかしそんな彼に転機が訪れる。ガリアの属州総督ウィンデクスの皇帝ネロへの起である。ウィンデクス自身に手持ちの軍団がなかった反乱軍であったが、ガルバは野心を抱いてこの反乱に乗っかり、カルタゴ・ノウァで皇帝位を宣言する。

く間に各地の属州総督を味方に引き入れたガルバ軍であったが、ガルバ自身もせいぜい一軍団を率いるに過ぎなかった。しかし皇帝ネロも、ウィンデクスに差し向けた軍団が、その鎮圧後にルフスを旗頭として反乱を起こすなど、とてもではないが軍部を握していたとは言えない、ぼろぼろの状態だったのである。

そしてネロが親衛隊長サビヌスに裏切られ、自殺を行うと、ガルバは正式に皇帝として認められた。しかし庫はすでにに近く、ガルバは財政再建に従事したが、これが裏に出る。新皇帝強欲という評判が立ったのである。おまけに役人たちは、ガルバの愛人ケルスを筆頭にほとんどがガルバのコネでポストにつき、ガルバは次第に軍部・元老院と関係を損ねていったのである。

そして起きたのがライン方面の上下ゲルマニア軍による起と、アウルス・ウィテリウス位宣言である。ガルバは政権を盤石にするためにすでに亡き実子に代わり、ピソを養子に付けた。しかしピソは政治経験がなく、また軍部への下賜を与えなかったことから、親衛隊の支持もなかった。

そしてかつてのルシタニア属州総督であるマルクスサルウィウス・オトがわずか5日後に位を宣言する。ガルバは対話をめたが殺され、ピソも同様に殺された。ガルバの遺体は後に執事アルギウスが奪還し、埋葬されたという。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガルバ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ガルバについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード