ガンキャノン単語

ガンキャノン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ガンキャノン(Guncannon)とは、機動戦士ガンダム』に登場する架人型機動兵器モビルスーツ(MS,Mobile Suit)「ガンキャノン」のこと。式番号はRX-77-2。

概要

THE ORIGIN風 RX-77-2 ガンキャノン

機動戦士ガンダムにおいては中距離戦を眼において開発された、連邦軍のV作戦試作モビルスーツの一つ。ホワイトベースガンダムガンタンクと共に一年戦争を戦った。

連邦量産型モビルスーツGMに採用された「顔のあるガンダムの様なツインカメラでないタイプ」のメインカメラを採用している。手な真紅のボディカラーが特徴である。

ガンキャノンはガンダム企画初期段階の役機である「機動歩兵」の没デザインの流用である。

本編ではサブメカとして登場している「ガンキャノン」こそが、当初予定されていたメカだったのです。

ガンダムメカデザインを担当した「大河原邦男」が描いたメカがあったようですが、富野監督の要請が入って却下。次いで安がガンキャノン(の原)を描いたそうです。

主役メカが「ガンキャノン」!?exitより

ガンダム同様に手持ちビーム兵器ビームライフルを携行装備可、両肩に装備した二門の240mmキャノンでの中距離戦闘眼に置いた機体だが、ガンダムより分厚い装甲(ガンダムシールドを一撃で吹き飛ばしたドムバズーカを胴体に受けても傷一つ付かなかった)を生かした格闘戦も可であり、ランバ・ラルグフと互の格闘戦を繰り広げた。また膂も相当にあるらしく、とある戦闘では弾薬が切れた際、アムロの援護要請に岩投げで応えたこともある(ガンダムvsガンダムNEXTでは特殊格闘で再現されている)。

240mmキャノンスプレーミサイルランチャーにも換装できるが、劇中では使用されなかった。

メインパイロットカイ・シデンガンダムをセイラに取られたアムロ・レイが代わりに搭乗したことがある。また、劇場版3部作の「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙」ではガンタンクリストラに伴ってハヤト・コバヤシにもガンキャノンが支給された。ガンキャノンの左胸にカイ機はC108、ハヤト機はC109の地のシリアルナンバー(機体番号)があった。

初期RXシリーズ中では一同仕様の機体が量産されており、前述の劇場版でもカイハヤトの機体と共に1カットのみ「203」のシリアルを持つ機体が描かれている。

安彦良和が描く「THE ORIGIN」においてはジムに先駆けて多数量産されているが、最初は三本だったり旧ザク(とはいえ赤い彗星黒い三連星搭乗ではあるが)にフルボッコにされたり頭だけザクに据えられた挙句に結局ボコられたりと散々すぎる扱い。

Zガンダムではハヤト館長を務める博物館にガンキャノンのレプリカが登場した。

量産型や後継機、MSV (作品名)

RX-77-1 ガンキャノン(モビルスーツバリエーション
設定がはっきりしてないのでよくわからないが、RX-77-2と外見は変わらないらしい。最初はビームライフルが使えなかったとされる。
RX-77-1A ガンキャノンA(M-MSV
RX-77-1の装甲パターン案の一つ。
RX-77-3 ガンキャノン重装モビルスーツバリエーション機動戦士Zガンダム
ガンキャノンの生から生まれ、Zガンダムの劇中に登場している。元々はモビルスーツバリエーションにてプラモデル改造例としてデザインされたもの。肩のキャノンは実体弾とビームの2種類がある。スラスターの良によりジャンプも強化されている。色がガンキャノンの浴びせ蹴りが見れるのはZだけ!
RX-77-3D ガンキャノン重装タイプD(MSV-R
ガンキャノン重装修機。ガンキャノンではしくシールドを標準装備している。
RX-77-4 ガンキャノンIIモビルスーツバリエーション
いガンキャノン。従来の連装実弾から単装のビームキャノンに変更されている。スラスターの良によりガンダムのような短時間飛行が可となっている(いわゆるジャンプ強化版ともとれる)。現在ガンダムエースに連載中の『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』においてその勇姿を見ることが出来る。
RGC-80-1 ジムキャノン試作モビルスーツバリエーション/MSV-R
ガンキャノンの量産検討タイプ。頭部はガンキャノンで、体はガンキャノンカラージムである。当初は両肩にキャノンがあったが、後に右肩のみに変更された。リアルでは文字設定しかないのだが、SDガンダムガシャポンではシールに描かれており、立体化されている。後にMSV-Rリアルタイプデザインされた。
RGC-80 ジムキャノンモビルスーツバリエーション機動戦士Ζガンダム
ガンキャノンの量産型。RGC-80-1と違いジム頭であり、脚部は装甲が強化されている。キャノンは右肩のみ。ジムとの部品共有率は60%
RX-77D ガンキャノン量産型ポケットの中の戦争
一年戦争終盤にプラン化され、『ポケットの中の戦争』の劇中にその試作機が登場している。RX-77-3ベースポケ戦においてはケンプファーフルボッコにされており、それが原因で量産化が見送られたと言うカワイソス遇であったが、ドリームキャスト専用 ゲームコロニーの落ちた地で』に登場した際には格闘レンジでもマシンガンが使える(というか格闘用武器を持たぬため近距離でもマシンガンを乱射できる) ので一部ゲーマーには『最強機体』と言われている。(ただし、「両腕ともマシンガン装備」という特性からか他の機体では可な防御ができず、見たに似合わず落ちやすいという欠点もある)またGジェネにおいて較的手に入れやすく序盤のお供になりやすい。よって作中とその他メディアで評価がまるっきり違う機体でもある。
ギレンの野望 ジオン独立戦争記』にはリド・ウォルフ専用機が登場する。
RX-77D-2 ガンキャノン量産型リターンオブジオン
RX-77Dの
RGC-83 ジムキャノンII0083
基本フレームやジェネレーターはジム・カスタムとの部品共用化は図られているものの、ほぼに新規設計となったガンキャノンの量産型キャノンは両肩に装備し、ガンダムNT-1アレックスのチョバムアーマーも受け継いでいる。
作中では主人公コウ・ウラキ友人であるチャックキースや、「不死身の第四小隊」隊員のチャップ・アデルが搭乗している。
また、劇場版Zガンダムにもゲスト出演している。
MSA-005K(MSK-005) ガンキャノン・ディテクター(Z-MSV
メタス生系の色合いが強くコアガノタはガンキャノンに分類させないことがある。これはメタスのムーバブルフレーム(機体内部の格部位)を使用しているためである。また、変形MSからの流用のため体育座りができる変り種でもある。ディテクターメタスさんだよ!
F70 キャノンガンダムF91-MSV
Gキャノンの試作。名前の通り顔はガンダムであり、カラーリングガンダムF91のものに近い。
F71 Gキャノン機動戦士ガンダムF91
0120年代においてフォーミュラ計画の一環としてF7x系統サポートタイプとして開発されたMSな装備はダブルビームガンと連装4連マシンキャノン。また、ハードポイントシステムを採用しておりV・S・B・R(ヴェスバー)も装備可
しかしながら作中において立った活躍はできなかった。作中でこれでもかというほどフルボッコにされたジェガンA型同様、クロスボーンバンガード兵士連邦パイロットの技差が浮き彫りとなったようである。 
CB-0000 G/C リボーンズキャノン機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
アm…リボンズ・アルマークが搭乗した00セカンドシーズンラスボス機。その登場シーン視聴者驚愕を与えた(その驚きは文字で言うより実際に見た方がい)。
ベースとなったリボーンズガンダムオリジン(00Vに登場)はさらにタンクモードにも変更可…一人V作戦である
CBY-077 GNキャノン機動戦士ガンダム00P
1ガンダム支援機として開発された機体。読みはガンキャノン。
RCX-76-01、02 ガンキャノン最初期(機動戦士ガンダム THE ORIGINMSD)
TV原作版のガンキャノンのプロトタイプである。アナハイムエレクトロニクス(AE社)が初めて開発した「二足歩行機体」(MBT)。開発主任は当時AE社のエンジニアであったテム・レイ
THE ORIGIN漫画版と劇場版でも設定が異なっており、前者はMSにカテゴライズされているが、後者劇場版にて前述の通りMSではなく戦車として61式戦車ガンタンク前期の後継機として開発されている経緯が説明されている。マニュピレーターも3本だったりMS開発の過渡期らしい趣がある。

巷の評価

しかしながら世間の評価はあまり高くなく、S社のスパロボ攻略本に至っては『どうしようもないユニット、とっととウォンに引き取ってもらおう』と、ぼろな内容で書かれてしまう扱いであった。それらの問題はゲームによるがZガンダム逆襲のシャアなどのMSも登場する関係上、どうしてもそれらに性が劣ってしまうためとも言える。

ちなみに原作中でアムロが搭乗した際はかなりアグレッシブな活躍を見せており、ガンダム断出撃したセイラさん事に連れ帰りつつ徒手格闘でザクを圧倒し、挙句パイロットごと捕獲している。結局パイロット次第ということなのだろうか…

しかし、1stガンダムストーリーの中心となったスーパーロボット大戦GC及びXOにおいては終盤まで活躍できる性と、ガンダム・ガンキャノンとの合体攻撃『V作戦』の存在によって事面躍如を果たした。SDガンダム外伝騎士ガンダム物語では戦士として出演する。しかし、SFC版の大いなる遺産あるとんでもない事態に巻き込まれることになるのだが……詳しくはプレイ動画を視聴するなり人に聞くなりして欲しい。

ニコニコ動画において

ニコニコ動画静画タグ検索などでは通常のガンキャノンが登場する作品の他に、背中に二本の身やそれに類似した形状のものを背負っているキャラクターが引っかかることがある。

以下、その一例

関連動画

関連静画

関連商品

プラモデル

DVD・BD

ゲーム

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンキャノン

197 ななしのよっしん
2021/03/04(木) 21:20:25 ID: EnRE8lQg2c
>>195
連ジガンキャノン麗な足技使うよね

>>196
おお、こんな武器あったのか…格好良いしちゃんと持たせてほしかったなぁ
射撃機体にナイフというのはヘビーアームズやレオパルドに受け継がれたのだろうか
198 ななしのよっしん
2021/03/15(月) 20:38:06 ID: l/2DepHHZ4
ヘビーアームズとレオパルドは
アイディアが出たのはガンキャノンヒートジャックがきっかけかもしれないけど、
どっちかというと戦車テイストで「ミリタリー」が絵になるからアーミーナイフを持たされた感じかな

逆にガンキャノンの方は近接になったときナイフを使うより
重厚さを生かして殴る姿の方が絵になる、ってんで使われなかったように思える
ガンキャノン自体はミリタリーとかより、鉄人以来のレトロロボット味が色濃く残ってるんだよね
199 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 14:05:09 ID: uF5hsk+9rr
ミノ粉のせいで交戦距離が近いってのが有るにしろ中距離支援機が重装甲なのはいまいち納得しきれん
200 ななしのよっしん
2021/05/17(月) 10:36:11 ID: n52py+HGn4
ヘビーアームズがナイフ戦闘をする時は弾とミサイルを射ちきって
ガトリングパージしてライトアームズになってからだから
201 ななしのよっしん
2021/06/20(日) 15:40:05 ID: ElharXnyBa
ガンダムと違ってある程度量産されているようだが、高価なルナチタニウム装甲をガンダムよりも分厚く施されている分、ガンダムよりもガンキャノンの方が値段は高いのでは?
202 ななしのよっしん
2021/07/19(月) 00:19:32 ID: l/2DepHHZ4
材料の分量だけで全部決まるわけではないのでなんとも…
分厚いルナチタニウムといっても、ただのルナチタの厚いジムシールドは大量生産されてるので

ただ初期はガンキャノンが数が多く画面に登場してたけど今はガンダムタイプが増えまくったりしてるので
疑問が出たらあんまり否定するような材料もない
203 ななしのよっしん
2021/07/27(火) 15:59:25 ID: ElharXnyBa
ガンキャノンルナチタニウム装甲がガンダムのものよりも低品質で低コストという設定は見かけないし、ルナチタニウムの費用はガンダムよりガンキャノンの方が上なのでは?
204 ななしのよっしん
2021/07/27(火) 16:54:00 ID: Wj0IPL+qL/
それにガンキャノンは別に量産されてないし
量産型チタンセラミック複合材だし
205 ななしのよっしん
2021/07/27(火) 21:53:55 ID: l/2DepHHZ4
>>203
>低品質で低コストという設定は見かけない
ルナチタニウム自体が同じ品質で同じコストだとしても
部品の数や精度や加工の難しさとか、ガンダムの方の全領域汎用機故の性追及のための部品の厳選とかで、コストが高騰する可性もある

といってもガンダムの方が高価とかいう明確な根拠はない
ただ「絶対にガンキャノンの方が高価でないとおかしい」かというと、そんなことは全然ない、ってだけで
どっちかが高価な可性を否定するものじゃない
206 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 19:57:31 ID: l/2DepHHZ4
関連項目追加だす
時雨は(元デザイナー含め)抵抗がある人もいるけど
現に動画静画が相当数ひっかかる以上、ニコ動における扱いとしてなら触れておいてもよかろー

急上昇ワード改

おすすめトレンド