ガンダム単語

ガンダム
9.9千文字の記事
  • 29
  • 0pt
掲示板へ
ガンダム この記事では人兵器としてのガンダムに付いて解説しています。
同人兵器が登場するアニメ作品に付いては機動戦士ガンダム」を
アニメから続く作品系列に付いては「ガンダムシリーズ一覧をそれぞれ参照のこと。

ガンダム(RX-78-2 Gundam)とは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する架の人兵器モビルスーツMSMobile Suit)である。デザイン大河原邦男

概要

RX-78 ガンダム

地球連邦軍が開発した試作MS「RX-78」の2号機。RX-78は8機が生産されたが、番の-2は生産番号ではなくバージョン情報を示す数字である。

作中では連邦軍の起死回生作戦であるV作戦の名のもとにガンタンクガンキャノンホワイトベースペガサス級強襲揚陸艦)と共に建造される。開発主任主人公であるアムロ・レイテム・レイ

敵であるジオン公国サイド7偵察時の部下の断襲撃に起因する出来事により、偶然アムロ・レイが乗り、以降ホワイトベース母艦に活躍する。もしアムロがガンダムに乗ることがなければ宇宙世紀歴史は変わっていたかもしれない。

RX-78シリーズ宇宙世紀世界で初めて携行ビーム兵器ビームライフルビームサーベル)を装備したモビルスーツである(一説によるとこのビームライフルの威戦艦並の威らしい)。

装甲

装甲には「ルナチタニウム」(EFIS規格LTX300番台ルナチタニウムを基幹とした合と推測される)が使用されており、MS-06ザクⅡマシンガン程度の威なら全くダメージを受けず、α線やβ線などどの放射性の遮断機も備わっている。

一年戦争中に使われたルナチタニウムは、後にこの機体の活躍を受けて「ガンダリウム合」(RX-78の物はガンダリウムα)と呼ばれた。後の世代には耐久コスト善したガンダリウム合を採用した量産機しくない。

フィールドモーター / マグネットコーティング

フィールドモーター
開発
企業
サムソニ・シム
Sam&Sons Motive
B.O.K.D.A Technical Labo
立川電磁工業
(※判明分のみ)
SS-SIM109
SS-SIM112s
LB-53ab

本機の関節駆動にはIフィールド技術を利用した「フィールドモーター」を使用している。これはミノフスキー粒子とそれによって引き起こされるIフィールドの相互作用を利用したもので、従来品よりも軽量、高出化を実現させている。

この技術はサムソニ・シムが開発したものとされる。
ある資料によれば本機に採用されたSam&Sons Motiveの「SS-SIM109」「SS-SIM112s」がサムソニシモーターと呼ばれるようになり、連邦系の標準仕様になった。これらを併記した資料もある。
ほかB.O.K.D.A Technical Labo立川電磁工業などが開発したIフィールド応用リニアベルト「LB-53ab」もある(駆動 推定50-60テスラ)。

後にモスクハン博士導で関節部に3号機やセカンドロット同様の「マグネットコーティング」が施され、反応・追従性が大幅に向上。アムロ3号機に乗り換えたという説まである。フィールドモーターと合わせてグリプス戦役期のMSの標準技術となった。

構造

特殊
構造
コアブロックシステム
フレームヒューズドモノコック
開発
企業
ハービック
(※コア・ファイターのみ)
Plane Metal
金属
Plate Technics
(※セミモノコック構造のみ)

コックピットはハービック社が開発した多的軽戦闘機コア・ファイター」であり、変形してボディ「RX-BU-C2」に差し込まれる。
これは「コアブロックシステム」と呼ばれ、ミノフスキー粒子の散布下でも事に情報を持ち帰れるよう配慮したもの。Vガンダムの時代になるまではあくまで試作という意味合いが強い。

また本機は「フレームヒューズドモノコック」と呼ばれる上下半身の分割にも対応した特殊な「セミモノコック構造」を採用しており、ルナチタニウムフレームと高強度プラスティックの異種融合によって、軽量な上に一定以上の強度を有している。

各部位

頭部
番・製番 H.U-0078A2-60
3.6+
H.U-0078A0 S-000002
腕部
番・製番 R&R-M322
Serial000004
AU-0078B6 S-000018
補助動 LE-30
脚部
番・製番 RX-LU-D1
LU-0078A1 S-000031
補助動 NC3MDNC7S-3
LE500、LE550
バックパック
番・製番 RR-M-3c
開発企業 Starfield Space Ship Build
Pinecape Chemicals
Wood Land Chassis
(※判明分のみ)

頭部は精密機器の集合体。スーズ社製の79式アンテナマツソニック社製の通信システム、照準性向上のためのデュアルカメラなどがある。また教育コンピューターの処理速度の向上のためにコ・プロセッサーを内蔵する。
試作機のためTOTOカニンガム社製のASG-56B3S「60mmカートレス3身短バルカン」を装備。ガンキャノンジムにはこれと同系のものが使用されているが、頭部は精密機器の集合体であるためジムへの搭載については開発関係者が嫌がったとも言われている。

腕部(汎用アーム)は兵戦を重視したもの。
スペックは最大作業重量「107t」。連続作動時間「220min」。重量「6.2t」。作動自由度「3+3+3DOF」。独立制御装置「AE-8201fx」「AE-M5gs」。独立搭載センサそれぞれ「傾斜計」「Gセンサ」「6軸センサ」「視覚カメラ」。補助動「LE-30」。

脚部MS用歩行システム)は、姿勢制御用バーニアラスターやショックアブソーバー、センサ、サブカメラコントローラとそれを統括制御するコンピュータを搭載。
スペックは最大作業重量「306t」連続作動時間「185min」。重量「9.6t」。作動自由度「3+2+3DOF」。独立制御装置「AE-8001ei」「AE-1251+」。独立搭載センサはそれぞれ「傾斜計」「Gセンサ」「6軸センサ」「視覚カメラ」。補助動NC3MD」「NC7S-3」「LE500」「LE550」。

なお腕部と脚部は「HM-680405-A+」という油圧式とリニア式のハイブリッドアクチュエーターを採用している。一方で脚部にはHigh Well Heavy Industry製の小ガスインパクトモーターGPM-77L-HP」を採用しているという説もある。

サブジェネレーターと大気圏突入用の冷却装置を装備。バックパックランドセル)は判明分だけでも3社が開発に名を連ねており、ここにもサブジェネレーターを搭載している。

ジェネレーター

内訳 NC-3 ×2
(または「MNF3d」)
NC-5 ×2
NC-7

コア・ファイタータキム社の「NC-3」核融合ジェネレータを搭載。
ただし、High Well Heavy Industryの「MNF3d」を搭載した、コア・ジェネレーター・ハイブリッドシステムとした資料もある。

サブジェネレーターとしてパックパックにNC-5部にNC-7を搭載。メインサブ合わせてザクの5倍の出を実現させた。

武装

RGM-79とRX-81

この2号機のデータを元にRGM-79「ジム」が製造された。ただジムはあくまで戦時省略であり、RX-78タイプからスペックを大きく落としている。が、生産性の高さからジム系列として地位を確立し、生機種も多い。

ジムMSとガンダムの関係は「ハイ・ロー・ミックス運用」と呼ばれ、大量生産に向かないガンダムの代わりにジムが大戦の量産機として活躍した。ハイとローにおいては、基本はガンダムがハイジムはローに該当するのだが、一年戦争末期の一部ジムMSは既にRX-78-2に匹敵するを持っていた。
もっとも「ガンダムタイプ」は当該時代の革新的な技術を持っている例が多く、時代が進むにつれてジム系では追い付けない程の差が付いてしまうのも事実

MSV』『M-MSV』ではガンダムの量産型RX-81 ジーライン」が設定されている。ジーラインFSWS計画の設計を反映しており、RX-78シリーズスペックの維持は論、基本フレームに多様なオプションを装着可な拡性の高さが特徴。ガンダム7号機並のマルチロール性を持つ万機となっている。
つまりRX-78の「量産型」は、大きく分けて簡易GM系列と正統ジーラインの2通り存在する事になる。

ガンダム神話

母艦であるホワイトベース、そしてパイロットアムロ・レイと共に各地を転戦し、ジオンの名だたるエースパイロット達や、最新兵器を撃破し続け、伝説的な機体として認知されるようになった。ジオン側からは連邦の白い悪魔と呼ばれた……と言うのが有名だが、これは後年のゲーム作品において「ソロモンの悪夢」の異名を持つアナベル・ガトーが、アムロの乗るガンダムを評した言葉で、原作では登場していない呼び名である。

最終的には宇宙要塞ア・バオア・クーでの決戦時、ジオングと相打ちになる形で大破(参照:ラストシューティング)。
アムロコア・ファイターで脱出し、脱出の際に強制排除した上半身Aパーツと下半身Cパーツア・バオア・クー内部に放棄された。

RX-78-2の活躍はその後のMS開発史の方向性にを与え、革新的な技術を導入したMSの多くはガンダムとして開発されている。またジオン残党や味方の士気・戦意への絶大ながあることも明され、半世紀が経過してなお反抗の徴になっている。

派生機

RX-78シリーズ

作中のガンダムはRX-78の2号機であり、色はトリコロールカラー塗装されている[黄色]。他にサイド7で開発されていた機体には、1号機と3号機がある。(1号機はサイド7襲撃時に破損・放置され[色は]、3号機はマグネットコーティング試作機として、G-3ガンダムと呼ばれる。[色はグレー])

ちなみに番の数字(-2)は先述した通りバージョン情報である。2号機も当初はRX-78-1仕様であった。この辺はプロトタイプガンダムG-3ガンダムの記事を参照して貰いたい。

また上記の1~3号機以外にも、RX-78セカンドロットに分類される機体が存在する。

ホワイトベース級強襲揚陸艦サラブレッドに搭載された宇宙専用機として修を受けたガンダム4号機(G04)とガンダム5号機(G05)。通称「マドロック」と呼ばれる撃戦仕様ガンダム6号機FSWS計画を織り込み一年戦争後にロールアウトした重設計オプション込みのガンダム7号機。未だ詳細不明のガンダム8号機など。

元々は小説版で2号機という設定が付加されたものから始まった。その後、現在のガンダムの流を創った『ガンダムセンチュリー』において、ガンダムの試作機設定を含めた宇宙世紀全体の設定が発展し、公式MSVがそれを取り入れた形となる。
MSVでガンダムの1号機であるRX-78-1「プロトタイプガンダム」の設定を公式が取り入れ、旧キット1/144プロトタイプガンダム」のインストラクションで公式にガンダムは8号機まで存在していた、という設定になった。

MSV』として設定が存在していた4~7号機に1990年SDクラブ誌の『M-MSV大河原邦男コレクション)』で設定とデザインが追加された。後にカトキハジメによって大河原デザインリニューアルした機体がゲームに登場した。

RX-78タイプが少なくとも8機製造されたという事はガンダムセンチュリーから続く設定だが、8号機に関しては別バージョンに刷新されたのかは不明で、『M-MSV』でも触れられなかった(8機設定は現在も続いている)。

他のバリエーション

RX-78-02 ガンダム2号機(ORIGIN版)

漫画機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するif機。ガンキャノンガンタンクif設定のを諸に受けているため、開発経緯から色々と違う。従来のガンダムの兵装に加え左肩部ショルダーマグナム、右肩部ガトリングを装備している。これとは別にショルダーキャノン付きのバックパックも用意されていた。

オリジン版のコアブロックシステムコアポッドという脱出用小飛行機に置き換えられている(オリジンにもコア・ファイターは存在するがコアの役割を持たないただの戦闘機となっている)。

RX-78T ガンダム(ティターンズ仕様)

制圧SLGギレンの野望』に登場するティターンズ仕様のRX-78で、G-TITANSやT-ガンダムとも呼称される。一年戦争時にティターンズが発足したという「if設定」が基となっており、RX-78をティターンズフラッグシップ機にする為に開発された。ある意味ガンダムMk-ⅡガンダムTR-6[ウーンドウォート]泣かせのMS

初代ギレンの野望システム上高性機の生産が限定されているため、本機に限れば何機でも生産が可という二の利点があったのだが、ゲームが世代を重ねると微妙な性になってしまった。

RX-78/C.A キャスバル専用ガンダム

ギレンの野望』に登場。シャア・アズナブルキャスバル・レム・ダイクンとしてネオ・ジオンを率い、ニュータイプの理想を掲げて決起するというifで生まれたガンダム。シャア専用機としてく塗られている。装備は変わらないが推が大きく向上している。

「ガンダム」の名前の由来

企画段階では「フリーダムファイターガンボーイ」というタイトルだった。

後に短縮され「フリーダムガンボーイ」となったが、

この「ガンボーイ」の部分が当時人気を博したアメリカ映画コンボイ』にし「ガンボイ」に、

さらにチャールズ・ブロンソンがTV-CMで流行にした「う~ん、マンダムexit_nicovideo」から「フリーダム」のダムとかけて「ガンダム」という名前が生み出された。

出典:2002年発行講談社刊『ガンダム者―ガンダムを創った男たち』

他作品でのガンダム

アニメ機動戦士ガンダム」は大ヒットし続編がたくさん作られた。
その続編に登場する役機である巨大ロボットも「ガンダム」または「ガンダムタイプ」と呼ばれている。

その多くの「ガンダム」「ガンダムタイプ」は本稿のRX-78を元にデザインされているため頭部にアンテナ・口に二つの切れアゴの部品など共通点が多く見られるものが多い。

以降の宇宙世紀シリーズでは一年戦争英雄あやかり、多くのガンダムタイプが建造された。その多くが連邦軍の徴という意味も兼ねていた。

以下、アナザーガンダム宇宙世紀舞台としないガンダム作品)における「ガンダム」の解説

機動武闘伝Gガンダム
なガンダム:シャイニングガンダムゴッドガンダムデビルガンダム
世界が建造したモビルファイター「ガンダム」同士によるロボット格闘大会「ガンダムファイト」が開催されている。参加者は皆ガンダムに乗り込み「ガンダム・ザ・ガンダム」の称号をめざし闘を繰り広げる。
新機動戦記ガンダムW
なガンダム:ウイングガンダムゼロウイングガンダムウイングガンダムゼロ(EW)
この世界のガンダムは「ガンダニュウム合」を使用していることから「ガンダム」と呼ばれている。コロニー技術者が中心となって作り上げた5機のガンダムは「オペレーション・メテオ」に投入される。
機動新世紀ガンダムX
なガンダム:ガンダムXガンダムヴァサーゴガンダムダブルエックス
15年前の第七次宇宙戦争地球連邦軍が切り札として開発した決戦兵器を「ガンダム」と呼ぶ。ガンダムには同無人機遠隔操作するニュータイプ用端末「フラッシュシステム」が搭載されており、ニュータイプによる管制で多数のMSが敵を撃破する様はまさに決戦兵器と言える。戦後も新地球連邦軍が数機のガンダムを建造している。
∀ガンダム
なガンダム:∀ガンダム
作中の過去における高度文明を滅ぼした「∀ガンダム」。この世界ムーンレィスにとっては「迫者」という位置づけとなっている。を「ガンダム」とはじめて呼んだのはガンダムに関する記憶と執着心を持つコレン・ナンダー
機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
なガンダム:ストライクガンダムフリーダムガンダムデスティニーガンダム
該当するのは地球連合軍が劣勢を挽回するべき開発した「フェイズシフト装甲」を持つXナンバー(G兵器)、ザフトが奪取したXナンバーを参考に核エンジンを搭載したファーストシリーズファーストシリーズに続くセカンドシリーズ等である。
この世界では「ガンダム」という呼称を使うのは一部の人間のみで、キラ・ヤマトストライクOS頭文字General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System)を取り「ガンダム」と呼んでいた。また、いわゆるガンダムタイプはXナンバー以外もOS頭文字が「GUNDAM」となっている。
機動戦士ガンダム00シリーズ
なガンダム:0ガンダムガンダムエクシアダブルオークアンタ
私設武装組織ソレスタルビーイングが開発した太陽炉GNドライヴ」搭載MSを「ガンダム」と呼ぶ。ガンダムは高性で、単機での紛争行為への武介入を可にしていた。後にアレハンドロ・コーナーによってGNドライヴの技術が体制側にも伝わり、疑似太陽炉GNドライヴT」を搭載した量産型MSGN-Xシリーズが登場する。これらもガンダムタイプに分類される。
また、主人公刹那・F・セイエイはかつて「ガンダム」に命を救われており、ガンダムを視している。いわゆる「俺がガンダムだ」だが、ガンダムをえるため、ダブルオーライザーからは「ガンダム」の名を外している。
機動戦士ガンダムAGE
なガンダム:ガンダムAGE-1ガンダムレギルスガンダムAGE-FX
この世界における「ガンダム」は過去の大戦を終結に導いた伝説救世主の呼び名である。ガンダムを建造したモビルスーツ鍛冶アスの末裔フリット・アスノ執事から救世主の話を聞かされ、憧れを抱いていた。そしてフリットの敵から世界を守るため、地球連邦軍と共に高性MSを建造する。このMSは「救世主ガンダム」にあやかり、ガンダムAGE-1と命名された。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
なガンダム:ガンダム・バルバトスガンダム・グシオンガンダム・キマリス
エイハブリアクター」と呼ばれる動炉を2基搭載させた「ガンダム・フレーム」と呼ばれる格を採用したMSがこの世界では該当する。そのため、ガンダム・フレームさえ搭載していればこれまでのイメージとかけ離れていてもこの世界ではガンダムである。72機が300年前の「厄祭戦」時に建造され、戦いが終わって300年以上経ってもなお現存し、26機が確認されているという。
グレイズなどの最新鋭の機体から見て「董品」扱いされるが、間認識を増大させる「頼耶識システム」の存在もあり、一個師団と対等またはそれ以上に渡り合える性を未だ持っている。しかし、当の頼耶識システムが人的に問題のある技術であるため、実際に頼耶識システムに使用しづらい環境である。また、整備スタッフが昔の機体のノウハウを持っていない、そもそも昔の機体のため、装甲が劣化していることもあり、機体性がガタ落ちすることがある。

またインターネットにおいては海外青年が半裸でGUNDAMと書かれたダンボールを着ているの画像が出まわっており一部ではこれを「ダンボールガンダム」「箱ガンダム」などと呼んでいる。

その他

放送当時の玩具

放送当時、かつてサンライズメインスポンサーであったクローバー社(1983年倒産)から合玩具として、「ガンダム合体セット」という商品が発売されていた。しかし、その姿は現在から見ればまさに「異形」とされるモノだった。

などなど、さまざまな点で劇中イメージと大きく異なる玩具であった。
とはいえ、当時の玩具事情的に仕方ない面も多々ある。この時代のロボット玩具メーカー側がデザインギミックを変更することが多く(戦闘車両に変形するゴーショーグン基地に変形するブライガーなんてのもあったのだ)、またアニメ放送開始に合わせる必要があるため、玩具デザインなどは準備稿や専用の画稿が用いられることも多かった。
しかし、前年のダイターン3やその前のザンボット3較的劇中に似ていたのに対しこちらはぶっちゃけ似てない。

他にもさまざまなサイズで商品展開がされたがそのほとんどが作中とはかけ離れた姿であった。
こういった事もあって玩具が売れず、結果アニメ打ち切り決定したのはよく知られている話である。
ただし、終盤に発売されたGファイターとのセット商品「DX合体セット」が良く売れたため、メーカーが延長を打診したのもまた有名な話。

なお後年、漫画家トニーたけざきがこの仕様のガンダムを漫画に登場させている。

お絵カキコ

ガンダム

関連商品

関連項目

RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)

【スポンサーリンク】

  • 29
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダム

1350 ななしのよっしん
2022/04/04(月) 11:25:27 ID: qpSxwGmQEG
公式実在が確定してるのと
公式設定はあるけど実在が確定してないのと
そもそも非公式設定なのがごっちゃになってんな
1351 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 20:05:27 ID: 5iJoKvjy2Z
にわかだけど宇宙世紀西暦の先にある認識でいいの?
それとも独自に発展した平行世界地球みたいな感じ…?
1352 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 20:11:00 ID: 5rZ+yscTIS
>>1351
一応、2045年西暦から宇宙世紀したらしい
UCはこのセレモニーのお話をやってて面いよ
1353 ななしのよっしん
2022/04/09(土) 21:12:21 ID: 97+N8S6vFi
>>1352
2045年1990年代頃の本の年表で「第一号コロニー(ザーン1、つまりシャングリラ)の建造開始年」で
宇宙世紀元年」ではないよ
(ただし宇宙に進出した年として挙げている場合や、『宇宙世紀』の記事に書いてあるように、誤読して2045年=元年と吹聴してるサイトは多数ある)

もっと昔は、MSVとかのライターアポロ着陸の「1969年」を宇宙世紀元年扱いしてることも多かった

今では年表から西暦部分は削除されて、西暦何年から宇宙世紀ってのは設定がくなってるはず
1354 ななしのよっしん
2022/04/26(火) 08:43:35 ID: jz8A47db5O
初代ガンダムって放映当時は「連邦の技術のを結集させて作った最強スーパーロボット」みたいな扱いだったけど、現実世界で時が流れると共に、後付けの設定がどんどん出てきて「強いことは強いけど、あれだけの戦果を挙げることが出来たのはガンダムの性というよりアムロ異常に強かったから」という評価に落ち着いてきたよな。
実際終盤では設定上ガンダムより高性MSがわらわら出てきてたんだけど。
ソシャゲで例えるなら、敵側がSSRURの機体に乗ってるのに、アムロゲームに慣れた頃にはお役御免になるの初期配布SR無双してるようなイメージ
1355 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 07:54:52 ID: CQxh8QvGfK
ザクマシンガン化する装甲とアピールされるけどザクマシンガンって初速が毎300m以下の重力下で撃とうものならすぐ弾が下に落ちるような代物で運動エネルギーもこれだけ遅いと現代の戦車にも劣るレベルだろうはずだからそこまで頑丈じゃないんでは
現代戦車でもザクマシンガンが直撃しても正面ならガンダムと同じようにピンピンしてると思う
逆にこれにも耐えられないジムとかって…
1356 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 08:02:49 ID: lhrVL87D8X
いや普通バズ食らってもピンピンしてるよ。二話でシャアザクキックしたのも、手持ちの兵装が通用しないからパイロット化に狙いを切り替えた為

ただグフヒートロッドサイコミュ機体のビームでは損傷しているので、後半になるにつれて装甲で受けるのは通用しなくなる。あとガンダム破壊爆弾
1357 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 06:42:19 ID: p1wPfe2K4M
Q.ガンダムとは?
A.命…(ゲッター感)
1358 ななしのよっしん
2022/06/17(金) 23:24:03 ID: lGDRcLvxQt
どこの店行ってもコイツガンプラしか置いてなくてイライラする。
HGはリバイブMGは2.0、後はEGが山積みでウンザリ。
1359 ななしのよっしん
2022/06/18(土) 11:13:13 ID: bP6BQhUs+G
ガンダム戦争歴史と 安彦良和
https://www.asahi.com/articles/ASQ6G4K6HQ5DUPQJ007.htmlexit

おすすめトレンド