ガンダムデスサイズ単語

ガンダムデスサイズ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ガンダムデスサイズXXXG-01D Gundam Deathscythe)とは、アニメ新機動戦記ガンダムW』及びその関連作品に登場する架人型機動兵器モビルスーツMS)。

概要

Gundam Deathscyth
式番号 XXXG-01D
設計者 プロフェッサーG
製造者 プロフェッサーG
頭頂高 16.3m
重量 7.2t
材質 ガンダニュウム合
武装 ビームサイズ×1
バスターシールド×1
マシンキャノン×2
バルカン×2
ハイパージャマー×2
ルーセット装備

アフターコロニー(A.C.)における5機のガンダムの内の1機であり、プロフェッサーGが設計・開発したモビルスーツMS)。

OZ側でのコードネームは「ガンダム02」(ゼロツー)、もしくは単に「02」。
本機パイロットであるデュオ・マックスウェルはこの機体に強い着を持っており、「相棒」とも呼んでいる。

ガンダニュウム(一部資料でガンダニウム)合は高い耐久性を持つが、絶対的な強度を誇るわけではない。そのため運用時に機動性と隠密性を重要視したのがこの機体であり、ハイパージャマーによる電子的欺瞞とレーダー波、赤外線を吸収する特殊塗料により、5機のガンダムの中でも随一のステルス性を誇る(ガンダニュウム合それ自体がレーダー波を吸収する特性を持っているため、他のガンダムも一定のステルス性は持ち合わせている)。

作中ではヒイロパーツを抜き取られたりトロワに見せしめのため破壊されたりするなど、扱いの悪さという点ではウイングガンダムに引けを取らない。ただし、ウイングガンダムと異なりこちらは搭乗者の機体に対する着がかなり大きい。

EW版

一般的には大河原邦男デザインの「TV版」が広く認知されているが、『Endless Waltz』の発表に合わせてカトキハジメリファインした「Ver.Ka」「アーリータイプ」等と呼ばれるものも存在する。
設定上はTV版と同一機体であるが、外見上頭部のカラーリングホワイトになっている等の差異が見られる。現在ガンダムデスサイズ(EW版)という呼称に統一されている。

漫画敗者たちの栄光』では追加装備「ルーセット」が登場。さらに小説Frozen Teardrop』ではEW版の前身にあたる《魔王》が設定された(外部資料では魔王の発展機扱いされている)。

ファイティングアビリティ(リーオーをオールレベル100として換算)

武装詳細

ルーセット装備

漫画敗者たちの栄光』で新たに設定されたEW版追加装備。この装備により飛行が可になった。

バックパックの両サイドセットされ、飛行時にはを展開する。短時間ならウイングガンダムと同等の運動性が発揮できる。
その反面、航行ウイングガンダムとは違い、ある程度限定される。

ガンダムダークエンジェル(デスファイター)

初出はコミックボンボン。故・おとといきたろう氏のメカニックデザイン企画で設定されたデスサイズバリエーション

デスサイズ運動性と隠密性を極限まで高め「潜入行動において傷で離脱する」特性を突き詰めている。
新たに2本追加されたハイパージャマーに加え、両肩部髑髏のレリーフから発生する煙幕、頭部横からのホログラフィー、頭部上から閃光を発生させる。
タイプビームサイズプロペラのように回転させ、敵を一撃のもとに葬る。

下記の機体も同じだがボンボン掲載時とパーフェクトアルバム掲載時とで名前が異なる。ボンボン版ではデスファイターと呼ばれていた。

ガンダムマッドタランチュラ(デススパイダー)

初出はコミックボンボン。おとといきたろう氏案のバリエーションの一つ。ゲテモノその1。

MSの共通した特徴である2本脚を外して新規に蜘蛛のような6本脚の多脚歩行ユニットを装備し、接地が不安定な泥沼や砂漠密林での戦いを有利に持ち込むことを設計コンセプトに置いている。
上半身は360°回転する設計のため、理論上は死が存在しない。

巨大な2本の前脚は格闘戦にも応用できる。腕部ののような細長いアームユニット度を限定されていないためあらゆる方向に対応できる。設定画では右手ビームサイズ左手ビームスピアを装備しており、これで木を切り倒しながら進む。
胸部には巨大な髑髏ユニットを追加。これは髑髏ユニットの多カメラで隠れている敵をすぐさま発見し、分析した上で撃破することも可

ボンボン版の呼称はデススパイダー

ガンダムナイトメアケンタウロス(デスケンタウロス)

初出はコミックボンボン。おとといきたろう氏のバリエーションゲテモノその2。デスサイズの足をのような脚部ユニットに変更し、関節を強化、地上における移動性を向上させた機体。

右手に伸縮可ヒートランス、左腕のビームをはね返すん中の髑髏模様が特徴のシールドを装備。一撃離脱戦法を得意とするが、この運用論は速度と殲滅が不足しているため案になった。この形態はコロニーの正義感を高める的もあったものと推測される。

ボンボン版の呼称はデスケンタウロス

ガンダムクレイジービースト(デスビースト)

初出はコミックボンボン。おとといきたろう氏のバリエーションゲテモノその3。
デスサイズに「ゼロシステム」を搭載、宇宙用に全体を大幅に魔改造して禍々しく変貌した姿。

両肩部の巨大なポッドコウモリ形の「ファンネル」を搭載したファンネルポッドであり、射出することによって遠隔操作を行う事が出来る。脚部ユニットは4本のクローユニットとなっている。

両肩サイドにつき出たリアルチックな髑髏と胸の髑髏レリーフから出るダミーエコーで、レーダーに虚像のデータを送り込む。宇宙用にバーニアラスターを増設しているため運動も大きく向上している。

ボンボン版の呼称はデスビースト。なんかGガンに登場しそうな…。

関連商品

関連項目

5機のガンダム(前期)

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムデスサイズ

22 ななしのよっしん
2013/02/21(木) 19:43:16 ID: BhSsIsumhn
いまいち活躍がパッとしないが、高ステルス性とか遭遇戦適性クソ高いとか
やり方しだいでチートな機体だよな。
アールタイプタクティクスでウォーヘッドり殺されたのはいい思い出
23 シーリングガンナー愛好家
2013/05/13(月) 00:38:29 ID: k1szf84L6Z
GジェネNEOムービーだとハイザック4機を暗殺している。
24 ななしのよっしん
2013/06/01(土) 22:10:13 ID: yelCqt9zGj
アーリータイプの頭がいのが個人的に気に入らない
25 ななしのよっしん
2013/08/25(日) 10:34:12 ID: JQvGhiV5GT
最初は違和感あったが、しゃれこうべな死神っぽくなったという説明受けてから納得した<い頭
フード被ってるTV版も好き
26 ななしのよっしん
2014/04/23(水) 16:53:19 ID: wJix8khUrm
死神ガンダムとか厨二(褒め言葉)もいいところだからな
そりゃ当時の消防厨房レヌレですわ
のことだけど

Wも3発限定のゲロビ、重腕は火庫、ごひドラゴンハングとロマンに溢れすぎなんだよ
ただ、砂岩とごひの印は当時からブレてない
27 ななしのよっしん
2014/09/16(火) 04:36:47 ID: 2if8ctKlQx
最大出3発な
28 ななしのよっしん
2015/11/08(日) 17:39:43 ID: 1UFtpza+ng
HGACデスサイズ頼みますよ~財団Bさん
29 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 07:39:31 ID: F4bIlrRrux
ボンボン機体群のネーミングがパーフェクトアルバム収録にあたって更に禍々しくなってて吹いたw
そもそもなぜそいつらを収録したw
30 ななしのよっしん
2020/11/16(月) 00:54:49 ID: ZPHIoLxA69
>>28
良かったな、ガンダムデスサイズHGAC化が決まって
31 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 15:46:15 ID: ZPHIoLxA69
B財団「デスサイズか?欲しけりゃくれてやる!探せぇ!!電気玩具屋の何処かにある.......」

急上昇ワード改