ガンダムデルタカイ単語

ガンダムデルタカイ

ガンダムデルタカイとは、PS3ゲームソフト機動戦士ガンダムUC」および漫画機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ」に登場するモビルスーツである。『UC-MSV』に分類される。

概要

GUNDAM DELTA KAI
ガンダムデルタカイ
MSN-001X
頭頂高 19.6m
重量 28.0t(本体) / 68.6t(全備)

3,520kw
101,500kg
搭乗者 イングリュード
レイアリュード
装甲 ガンダリウム合
備考 n_i_t_r_o(ナイトロ)
武器

TMS試作モデルデルタガンダム」系列の最新鋭機である「デルタプラス」の運用データベースに開発され、数々の特殊装備を採用した試作機。
X(試作)とカイ()をかけたダブルミーニングと思われる。

デルタガンダムデルタプラス較して火力は大幅に強化されており、MSの標準的な武装に加えてロングメガバスターハイメガキャノン、炸裂ボルトプロフィン・ファンネルなど、恐竜進化を遂げた第4世代MSの武装を盛り込んでいる。

このような特殊な兵装群も試験の仕様で、運用方法の異なるウェイブライダー形態時における機的変化を示し、その変化に対する良点を見出だす為の装備であった。

複雑化した火気管制は、サイコミュシステムナイトロ」を介して制御される。このナイトロにより機体の追従性は上昇し、同時に搭乗者の反応速度(直感)も高まっている。

サイコミュナイトロ」の特筆すぺき点は、非NTでも扱える準サイコミュと同質のサイコミュという一点に尽きる
もっとも、準サイコミュが感波の微弱なオールドタイプマッチさせて活用を見出すシステムであるのに対し、システムナイトロ操縦者を強制的にシステムに適合するよう変化させる、という絶対的な差がある。

n_i_t_r_o(ナイトロ)

ナイトロとは「nEWTYPE iNIECTION tRACE rEFOMED oLDTYPE」のこと。
これは「操縦者をニュータイプに書き換える」一種のフィードバックシステム。つまりニュータイプを強制的に作り出すという全く新しい形のサイコミュである。

ナイトロは先述通り、非NTを強制的にNTに書き換えるシステムであり、パイロットの頭の中を強制的に書き換えていく事で、ファンネル等の感応波制御で動くサイコミュ兵装を扱えるようになる。

システム起動時には機体の駆動部から“い炎”が燃え上がるように噴出する。 時に妖しくも映る炎は、人がニュータイプへと変質していく際の副産物であると言われている。

副作用として搭乗者は性格が荒くなってしまう。そして次第にナイトロというものに飲まれていき、自分が自分でなくなってしまうような感覚を覚える。このような危険性をんでいるナイトロは、本質的にニュータイプよりも物や記憶調整等に依存しない新たな「強化人間」を作るシステムに近かったのかもしれない。

ガンダムは全てがめられるまま、いつの時代も生まれるべくして生まれたのだ。」

これは、とある連邦士官の言葉である。
ガンダムタイプは時に英雄視されるが、過去それを違えた者達がエゴイスティックに進化させた事もあった(特にティターンズサイコガンダムガンダムTR-6は、人的にも逸脱し始めていたと言える)。

武装

陸戦型ガンダムデルタカイ

漫画アクロス・ザ・スカイ』に登場。番:MSN-001X[G]

デルタカイに防処理を施し、脚部をホバーに換装した重力仕様でTMSの陸戦運用試験機。
全体のカラーリングを少し薄暗い配色に変更しており、プロフィンファンネルロングメガバスターの代わりにレールガン付きビームライフルを装備している。

機体はマリアナ基地に配備され、システムとの適性値が高いイングリュードパイロットに選ばれた。しかしイング及びデルタカイはレイヴン隊の離反により姿を消す。離反したレイヴン隊に奪取されたデルタカイは、その後もある時期まではイングのもとで運用された。

システム・ナイトロの萌芽

グリプス戦役時には既にナイトロ芽はあった。U.C.0094、ティターンズMSを不法に流通させた物を使用する武装組織のMSナイトロの初期を搭載していた。
イングであるブレイアリュードが所属するフレスベルグ隊は、レイヴン隊と一時共同戦線をり、デビルズ・ネストと呼ばれる山岳地帯でハンブラビガブスレイと交戦。いずれの機種も発火現と共にナイトロが起動し、次第に押し切られていく。
レイアは、戦闘で自身をい気絶したイングをデルタカイから降ろし、自らデルタカイに搭乗。よりも高い適合性を以て、システムナイトロを起動させた。この際、性格の変貌や危うさといったものを感じさせなかった。

U.C.0096年以降、デルタカイはデビルズ・ネスト戦闘(先述の戦闘ではなく後に出現したサイコガンダムサイコガンダムMk-Ⅱとの戦闘)で死亡したイングに代わりブレイアが搭乗した

続編『ラスト・サン』にもビームマグナムを引っ提げて登場する。

Oガンダム

刊OUT誌1986年3月号に掲載された企画アニメ機動戦士Zガンダム』の後番組『機動戦士Oガンダム』(O=アウター)に登場するモビルスーツOガンダム」は、機体は搭乗者に革新を促す新機軸のサイコミュを搭載している。これは搭乗者をニュータイプ進化させるフィードバックシステムで、ナイトロと類似したシステムと言える。
ただしナイトロは使用者の事情を考慮しないが、こちらは「搭乗者と共に成長する」という違いもあり、信頼性・搭乗者の安全を考慮するとOガンダムサイコミュの方に分があると思われる。

→詳細は「Oガンダム」を参照。

メガ粒子のカタマリをぶち込んで貰いたいのか!?

U.C.0094。ナイトロの事情を知る連邦士官監視のもと、宇宙デルタプラスとの模擬試験が行われた。
テスト終了後、所属不明機と遭遇しデルタカイが実戦に駆り出される。この際に件の炎が確認されており、パイロットの性格にも影が及んでいた。

敵殲滅後、オペレーターを担当したソフィロム中尉に対し、普段の彼(テストパイロット)からとても考えられないような暴言を吐くのである。

「X001ッ正気か!?上官に向かってその態度は!!」

「まったくうるさい女だ…メガ粒子のカタマリをぶち込んで貰いたいのか!?

「なっ…!なにを言ってるの……!?

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムデルタカイ

8 ななしのよっしん
2016/08/16(火) 10:35:43 ID: WmqyqnOvF9
途中送信してしまった
個人的にラスト・サンの役機もデルタカイ続投で良かった気がするなぁ
Gファースト嫌いじゃないんだが現状ナイトロ描くシリーズに必要かと言われれば…
9 ななしのよっしん
2016/10/01(土) 17:21:44 ID: xvxVmR/UIV
>>8
そのおかげで量産型νも日のを見たから、多少はね?
最近ナイトロ搭載プロトタイプダブルゼータB型フェネクスも出てきたね
ようやくナイトロ絡みの話が見れそうだ
10 ななしのよっしん
2017/06/05(月) 18:54:52 ID: ZFAt5k7aJc
○〜〜 ○〜〜 ○〜〜

 ↑メガ粒子の塊ってこういうの?
11 ななしのよっしん
2017/07/12(水) 11:57:18 ID: Nogab+ssMt
メガ粒子の塊(当たると死ぬ)
12 削除しました
削除しました ID: MwrAIfEkC+
削除しました
13 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 23:36:42 ID: NXGMR5O6WC
ガンダムギリシャ文字の塊ということをす1つの機体
14 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 22:22:39 ID: qbQOTN+VCn
ガンダムナラティブバナージシルヴァ・バレトビームマグナム撃った後保持してた腕を交換してたシーンみてめて疑問に思ったが、なんでこいつビームマグナム普通に使えてたんだろう?
15 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 00:57:58 ID: fMSyi9ZG+e
ビームマグナムRX-0以外破損せずに使えない」とかガンプラインストに書かれつつ
設定はいまだにはっきり決まってない節もあるので(NT監督とカトキで見解がすれちがってたり)
以下はただの想像だが

デルタカイビームマグナムを使えるのは腐っても「ガンダム」だからという考え方もある
ガンダムと名のつくMS1st以来、全ての部品レベルで一見他の連邦系と同に見えて数十から数倍の厳選した部品で構成されているし、リミッター値も高い(という設定がくなってなければの話だが)

それに対してデルタプラスデルタガンダムもどきシルヴァ・バレトはMk-Vの出来損ない子孫で
所詮はそこまでの綿密な完成度ではないのかもしれない…
16 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 22:09:36 ID: qbQOTN+VCn
>>15
腕部フレームサイコフレーム適用してたとか、何かしら納得できる説明が欲しかったところではある。

シルヴァ・バレトドーベン・ウルフジェガンの合いの子、δプラスZプラスリゼル辺りと共通の部品使ってたとかかな。少数とは言え量産を考慮に入れてたわけだし、調達性優先で耐久性はあまりめられてなかったとか。
17 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 04:36:21 ID: fMSyi9ZG+e
あとは見方を変えて、強度でなく電流の過多の方にな原因があるとすると
携行武器での大火力を前提としているデルタカイ(手持ちのメガバスターハイメガキャノンが「標準装備」。デルタプラスではこれらはあくまで「オプション」)
は、許容量にかなりの余裕を持たせて作ってあった、といったことも考えられる