編集  

ガンダム・センチネル単語

ガンダムセンチネル

ガンダム・センチネルとは、ガンダムシリーズ小説及びガンプラ企画である。
模型雑誌「モデルグラフィックス」で連載後、小説版及び総集編的なムック本が出版されている。

概要

もともと発端は、ガンダムZZ放送終了後の企画を探していたバンダイと、ガンダムZZ放送中もMSデザインなどで協していた模型雑誌「モデルグラフィックス」(MG)編集部のあさままさひこ氏らのアイデアをもとにスタートされた。簡単に言えばこの時点ではMSV的な企画だった。

当時から「逆襲のシャア」(CCA)の企画スタートしており、その間をつなぐ企画だったのだが、第1弾としてFAZZ(フルアーマー・ZZ)が発売されたところで、CCAのキット販売のスケジュールが前倒しになったため、ペンディング状態となってしまう。MGサイドはそれまで費やした時間その他諸々もあり、企画を一度引き上げ、MG上での連載企画とすることになった。
(当時、いきなりニュータイプ庵野秀明作画によるゼク・アインネロなどのイラストが掲載されたり話題になった。これはあさの氏のプロパガンダというか打ち上げ花火的なものだったようだ)

あさの氏らの主観では当時のガンダムを取り巻く環境いささか奇形化しており(原因の一つはZガンダムガンダムZZでのデザイン上の混乱でもあったし、ニュータイプというよりエスパーのような演出もあったが)、ガンダム世界における設定の数々を視していたものが多く出ていたと捕らえていた。

そこで新たに作るガンダムの設定として、半オフシャルムック、『ガンダムセンチュリー』などを踏まえる一方、Z、ZZで出てきた各種新設定を整合性のある形へと取り込みなおし、ガンダム世界での『リアル』をめようとしていたと後の記事で触れている。
このように当時「MS戦記」などリアル1年戦争モノコミック作品の原作などを手がけていた高橋也氏、新進デザイナーのかときはじめ(現カトキハジメ)氏(ただし、一部のMSデザインFAZZガンダムMk.Vは明貴美加氏が手がけている)、そしてコンセプトワークを担当していたあさの氏らの手により、「ガンダム・センチネル」がスタートすることになる。

ただ盛んに言及された『リアル』の捕らえ方について「所詮は架世界なのに何のリアル?」のような反論もあり色々な議論が飛び交うことになっていったのも触れておかないといけないだろう。
もともと人兵器の有効性とかを論じるとリアル何もない(と当時からこのリアル々の突っ込みについてあさの氏はそう答えている)。ここでいう『リアル』とはガンダム世界の延長線上における現実、つまり「ガンダム世界が実際にあるとしたらその延長線上には何があるのか。を突き詰めて考えていくということがあったように思われる。
その『リアル』を表現一つの手段として、スクラッチビルド化された作例解説などで盛んに言及された「情報量」というタームがあった。
実際に身長20m弱の戦闘機械をスケールダウンした際にどれだけの表現がそこにあるのか(たとえばムーバブルフレームと装甲の表現など)を突き詰めるとどう作例で表現すべきか。という点について考察しようという動きがそこにあった。

特徴

雑誌連載中は、当時どのように撮影されたか色々と議論を呼んだらしいCG加工された写真物語パートと、作例紹介としてモデル写真及び(かとき 氏&あさの氏によるSF的解説、あるいはMS設定)解説パート、そして連載中盤からは読者ページパートなどで構成された(後述)。実はこの読者ページでは 明貴美加氏のMS少女コーナーもあったりして…(20年たってもかわらないんだなぁ)。

設定の多くはモデル作例を繰り返すことでさらに練りこまれる形となり、もともとZガンダム時代の作例であったZプラスも幾度かのスクラッチビルド化を経て設定が固まっていった。
また劇中に登場するMS作成も従来のスクラッチビルドで行った場合、一人が手がけるのみであるが、センチネルでは複数のモデラーが担当する異例の形をとることになり、各々得意分野で分担するなど「センチネルワークス」と呼ばれる体制で作られることもあった。
(連載終了後20年以上が経過した今のから見ても古くささは感じないほか、現在ガンダムプラモデルシーンに残した影の強さがかいまみられる。たとえばロービジ配色や一転、分割迷彩などにおけるヴィヴィッドな配色パターンなど)
また発注体制の不備などからデザインワーク混乱のあったZ、ZZMSデザインリファインしたこともあげられるだろう。たとえばZ放映終盤に出てきた バーザムがあまりに連邦MSデザインの系譜から逸脱していたのをガンダムMk2後継としてリファインするなど、現在でもほとんど準公式的設定で取り扱わ れることになるデザインが生み出されている。また後述するようにそのリファイン一年戦争MSデザインについても行われている。

このようにして、新で航空機的なアプローチをみせたかとき氏のMSデザイン、女っ気しで延々と物語モチーフである幕末的な群像劇を描く高橋氏の小説 パート、あさの氏のグラフィックデザイン重視のレイアウトや鮮やかなモデル作例などのモデルパートなど、次第に人気を博していくことになる。
とはいえ、連載中のあさの氏のいささか挑発的な記事などは業界内に数多く反発を起こすことになったことも書いておかねばならないだろう。

CCAのキット展開がひと段落したあと、ガンダム・センチネルの再度キット化がスタートすることになる。MGでは毎号このキット化の進捗情報を知らせる形 をとるだけではなく、キット化後の改造(ディティルアップ)方法についても詳細な記事を載せることになった。これはあさの氏が後にるように、以前行わ れたマシーネンクリーガー(当時はSF3D)のキット化連動企画を模したものであった。
とはいえ、もともとMGホビージャパン(HJ)のお家騒動から端を発した雑誌であったことや、あさの氏のいささか釣り気味な記事の影もあっただけでな く、当時のガンダムプラモデルシーンを扱う雑誌は、HJ、MG、そしてバンダイ系の模型広報誌ぐらいしかなかった状況では正直扱いが小さかったことは否 めない。
(そして、この企画の立ち上がりと休止などにいたるいささか不透明なやり取りの影は後の同人キット販売の制限などにも生して問題として表面化していくこととなった)

この後、連載をまとめたムック本が出版された。ただし稿された小説パートはなお多くの部分がかれていたため、後に小説ガンダムセンチネルALICEの懺悔が出版されることになる。また連載終了間際二ヶにわたってセンチネル0079として、それまで培ったセンチネルの手法で一年戦争ソロ モン攻略戦を描かれた。ここで登場したガンダムボールなどのデザインの多くはその後何度かの修正を経たあとでVer.kaとしてキット化に至ることにな る。

このようにいささか「望まれない子供」「継子」的ポジションの作品ではあったが、のちにSDガンダムなどのゲームに取り上げられるなど、地味ながらも拡散を続け、現在ではガンダム世界の準公式としても認められたようで年表に記載される場合もあるようだ。

ストーリー

時はZとZZの間。グリプス戦役末期から始まる。
カール宣言のあと連邦軍の導権がティターンズからエゥーゴに移り変わったことに異議を唱えたMS戦闘教導部隊がニューディサイズ名乗り武装決起する。

地球連邦軍はこれに対してネオジオンとの衝突を前に大兵を動員することは出来ないまでも、新鋭艦ペガサスIIIアナハイムエレクトロニクス系のガンダムタイプMSを中心としたα任務部隊を結成、ニューディサイズ討伐を命じる。

登場人物

声優SDガンダムGジェネレーションのものです。
幕末モチーフに話が作られており、従って登場人物もニューディサイズ新撰組連邦軍は維新志士の名前になっている。命名には以下の法則性がある。

α任務部隊(タスクフォースアルファ)

リョウ・ルーツ藤原啓治 (坂本龍馬)
本編主人公でありSガンダムパイロット。粗野で自尊心が強い不良だが、マニングスの死を通して大きく成長する。初実戦でお○○ししたこともある。
トール・マニングス:大塚明夫 
α任務部隊MS隊長リョウ達の教官でもある。終盤にてトッシュを止めようとするが戦死してしまう。ちなみに最初にリョウの態度を見てSガンダムの適正がなければ絞め殺そうとも考えたとか。おお、こわいこわい
シンクリプト:塩屋翼 (高杉晋作)
リョウの親友でα任務部隊ではFAZZ隊長だったが、ガンダムMk-Ⅴとの戦闘で隊が自分を残して全員戦死してしまい、それを経て成長する。FAZZが破壊された後は撃担当としてSガンダムに搭乗する。
テックス・ウェスト川津泰彦 (西郷隆盛)
元カラバに所属していた巨Zプラスパイロットリョウシンべると温厚な性格であるが、最終決戦前に投降したエイノー提督の言い分に激怒パンチ一発食らわせている。機体運用の都合でSガンダムの索敵手になる。
イートン・F・ヒースロウ戸谷公次
ペガサスIII艦長でα任務部隊の指揮官。高等士官学校を首席で卒業し、34歳にして部隊指揮官となった現場を知らない典エリート士官。しかしベテランいのNDやかつての師であるエイノーに苦渋を味わわされ、やがて軍人として、指揮官として覚めていく。
シグマン・シェイド
リョウ達の仲間である新人パイロット。結局、最初から最後までZプラス搭乗で戦争を終える。
チュンユン
ペガサス所属のベテランMSパイロットリョウ達は反するが降下作戦で救われて和解、後にテックス機に乗り、最後の戦いにおいて合体シークエンス中のリョウ達を守るために戦死する。
ALICE朴璐美
本作のヒロイン的存在でMSSガンダム」のAI。「論理論理認識」とよばれる学習コンピュータで、一旦開発は中止されていたものの内密裏にSガンダムに搭載される。パイロットリョウを始めとする戦場の不条理さの中で成長し、最後に全に覚醒したが大気圏で燃え尽きる。

ニューディサイズ(ND)

ジョッシュオフショー山寺宏一 (沖田総司)
若くしてND第一MS突撃隊隊長パイロットを務める秀才。エアー戦闘麻痺してしまうものの最終決戦Sガンダムに立ち向かうがALICEによってMSごと地球に投げられ散る。
ブレイブ・コッド:玄田哲章 (近藤勇)
NDの首領。カリスマ性があるためトッシュにリーダーを任されるものの、本人は兵士として戦場に立つことを好む。MSの操縦技術に自信があり、ガンダムMk-Vを駆り敵を圧倒するも、最期はSガンダムの性ALICEによって一人の兵士として死んでいく。
トッシュ・クレイ堀内賢雄 (土方歳三)
ブレイブの僚友にしてマニングスの旧友ブレイブの死後NDの揮を執り、連邦議会に攻撃をかけようとしたが最期にSガンダム狙撃により戦死する。
ファスト・サイド:関智一 (斎藤一)
第4MS突撃隊隊長パイロット。クレイと共にゾディ・アック(ゾアン)に搭乗、最後まで連邦軍を苦しめるが、機体の構造上の欠陥による爆発で最後を遂げた。
ブライアンエイノー:大林隆介 (榎本武揚)
ジオン強硬宇宙艦隊提督。「いいスペースノイドは死んだスペースノイド」とするようなタカだったので、1年戦争後は高等士官学校校長という閑職に回されてしまう。こんな価値感のんだ校長やらしていいのかと思うのだが、これが後に大失敗な人事になってしまう。この時の生徒にイートンヒースロウがいた。
ニューディサイズへの人脈があるということでND討伐艦隊の令官として前線に出ることになったが、エゥーゴ寄りの連邦軍に反感を抱いていたため、サオトメの説得を受けて艦隊ごとあっさりと寝返ってしまい、戦局を泥沼にしてしまう。
最後は折れ矢尽きて連邦軍に投降。生存者の今後の設定はされていないがエイノーだけは銃殺刑にされたと考えるのが自然だろう。少なくても減刑する理由が思い当たらない。どっちも死であるにも関わらず投降を選んだのは自分たちの意志を他人に伝えられるからだと思われるのだが、待っていたのはテックスの鉄拳制裁であった。
マイク・サオトメ
NDの渉外担当。実はネオジオンの工作員である。
エイノー艦隊を寝返らせたのを皮切りに、エアーを抱き込んでの面大戦争、更にはネオジオンに撃を要請することによって陥落したエアーからの脱出に成功させるなど、有能ぶりを発揮する。特にエイノー艦隊が寝返らなければ、ペズンを脱出した時点で終わっていたと思うと凄腕である。ネオジオンに戻ったので、ND関係者では数少ない生存者となる。

登場MS

地球連邦軍

MSA-0011 Sガンダム
 主人公機。アナハイムエレクトロニクス開発のTMS(可変MS)。開発コードイオタガンダム。正式名称は"スペリオル"・ガンダムだが、諸般の事情(商品化に伴う商標問題)もあり"Sガンダム"という記述がされている。
 ※スペリオルとはSuperior=「高位の」「優位の」「上位の」の意味。後述するコンセプトによる"究極のガンダム"をしていたための由来とされている。
 開発コンセプトは、ムーバブルフレームメリットを生かしてコアブロックを中核とした合体・変形のほか多種多様な増加・強化パーツを装備可な兵装システムの中核としてのMSでもあった。
 俗に言う"フルアーマー"状態である"Ex-S(Extraordinary-Superior)"ガンダムの状態でも変形を可にするほか、Bstと呼ばれる下半身にあたるBパーツを増加ブースターに置き換えたものから、強襲・一撃離脱を的としたPLAN 303E "ディープストライカー"ではアーガマと同じビームカノン一門とプロペラントタンク、増加ブースターてんこもりの、もはやMSとはいい難いシロモノになることすら可である。
 ちなみにそのコンセプトの中には、兵器も視野に入れられており、あるシステムが開発途中で封印され・・・るはずだったか主任開発者の思惑で搭載されたまま、ND事件で揺れる連邦軍に導入された。
 グリプス戦役後半、第三世代(可変)MSから重火力・重装甲・巨大化・非NTパイロットによるサイコミュ兵器(インコム等)が実用化される中、これらのめられたエゥーゴフラグシップとしてZZガンダムと競作になるが、ZZガンダムが選択され結果的に少数の生産にとどまった、とされている。
 キット化するにあたり、合体変形というZZコンセプト+増加パーツコンセプトで多種多様な形態が可、というウリだったのだが、HGUCでは非可変。その後MG版で可変が可となった。ちなみにGUNDAM FIX FIGURATIONでは、Ex-S(ノーマルのSに換装可)、その後、SガンダムEx-SBst⇔Plan303Eに換装可のものが販売されている。
余談としてアニメで動く姿は見れないだろうと思っていたところにガンダムビルドファイターズで登場。センチネルリアルタイムで読んでいたおっさん連中が涙したとかしないとか。

MSZ-006C4 Zplus C1
 Zガンダム量産型。そのバリーエーションは多岐に富んでいる。
 ウェーブライダー形態の有効性に着したカラバが、大気圏内用に再設計したものでムーバブルフレーム向上によって変形機が簡略化され、 信頼性も向上している。
 その性に着した連邦軍が宇宙戦用に再設計をしたのがC1で、ペガサスにはテックス機(チュンユン機)とシグマン機が配備された。シグマン機は最後まで生き残るが損傷が酷く、戦後棄処分されている。
 Wikiを見れば分かる通り、Zプラスには大量のバージョンがある。連載中にも摘されていたようにF-16のような複雑さだと中の人からもツッコミがあるぐらい。中にはアムロ専用機まであったりする。MG誌的にはSガンダムよりもZプラスのほうにが入っているのかも知れない。ガンダムUCで再登場するとは思わなかったシロモノ。
 それはそうと、GUNDAM FIX FIGURATIONでノーマルのロービジ塗装版を出してほしいと願う人は少数だろうか(発売されたのはアムロ専用機とされるカラーリングのもの)

FA-010-A FAZZ
 ZZガンダムフルアーマー装備について、システム評価を行うために試作されたMS。当然のことながら見フルアーマー装備のZZガンダムに酷似している。バックパックと連結した巨大なハイパーメガカノンチャームポイント
 見たZZなのだが、フルアーマー装備は固定で着脱できず、変形合体もオミットされている。部と頭部のハイメガカノンもダミーで、装甲素材も1ランク劣るなど見た通りの火力支援機となっている。

ニューディサイズ

・RMS-141 ゼク・アイン
 グリプス戦役以降のMSは大・大火力化が進み、汎用性が失われる傾向にあったので、めて新世代のザクすべく開発された機体。 ジオンの工であるペズンで開発されたため、とってもジオンな見たになっている。
 余裕をもったペイロードシンプルで堅フレーム、コクピット周辺に重装甲といった具合に非常に手堅くまとめられているのが特徴。現代のマルチロール機のように状況に応じて多オプションが取れるので最良の汎用量産機すという的は達成できたのだが、生産数は少なく、ペズンの教導団で細々と使われるだけに留まった。ND機として幅広い局面で大活躍することとなる。

………でも、どうしてこうなった

・RMS-142 ゼク・ツヴァイ
 ゼク計画の2番機で、高機動高火力を謳った大MS……って、ゼク・アインコンセプトを投げ捨ててないか。
 とにかく巨大で前後幅がありすぎるため、そのフォルムは人から逸脱している。この場合、ジオンなら迷わずMAになるのだが、連邦にはガンダムからくるMS信仰があっため、あくまでもMSとして企画された。
 高性な反面、整備や運用面は明後日の方向に投げ捨てられており、あまりにも大過ぎてサラミス級では運用できないというのは致命的な欠点だろう。ザクコンセプトが行き詰まったので、新たなザクとして作られたのにザクと同じような畸形になってしまっているので失敗作といえるのかもしれない。

 ………そのめんどくささを反映してか、Sガンダムなどのセンチネルプラモなどが販売され、ゼク・アインHGモデルで出ているにも関わらず、こいつはだけはガレージキットの段階で留まっている。MGモデルを出してほしいのだが。EWACネロなんていうマニアックな物がリリースされているROBO魂に期待するしかないのんもしれない。

・ORX-13 ガンダム Mk-V
  番号が示すように、オーガスタ研究所で開発された試作インコム搭載MS。非NTパイロットでもサイコミュ兵器が運用可ということだけでなく高出・高機動可とかなり強MSとなっている。連邦軍に導入されたものの提督の反乱のためNDの手に渡りブレイブ・コッドが乗り込み、エアー戦闘で活躍。FAZZ部隊を一蹴するなど活躍することに。ちなみにこの機体、のちのドーベンウルフの元となった機体という設定もある。で、ドーベンウルフが再度連邦軍の手に渡り、今度はシルヴァ・ヴァレトとしてガンダムUCで登場というわけで結構ややこしい機体でもある。

 メカデザインドーベンウルフ同様、明貴美加MG誌のZZ別冊にも登場している(若干設定は異なるが)。 

AMA-100 ゾディ・アック
 ネオジオンとの交渉が決裂して別れる際に貰った欠陥MA
 センチネルにおけるラスボス

 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ガンダム・センチネルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%8D%E3%83%AB
ページ番号: 4205301 リビジョン番号: 2358488
読み:ガンダムセンチネル
初版作成日: 09/11/13 00:20 ◆ 最終更新日: 16/05/05 19:54
編集内容についての説明/コメント: ガンダムセンチネルのブログをまとめたマイリストを大百科に載せました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダム・センチネルについて語るスレ

125 : ななしのよっしん :2018/02/08(木) 08:58:19 ID: s0nX8kYBsf
どうやら、バンダイが「狂気」な事をやる模様だ。

MG200体リリース記念モデルとして、なんと「ディープストライカー」を「MGで」出す模様。
論、MGとしては最高価格となる2万円越え。(MGフェネクスや、Ver.Kaチタニウムエディションよりも高いのだw)
しかも、Sガンダム部分は、一部新規造形パーツが入るという。(VER.2フラグ?)
126 : ななしのよっしん :2018/03/02(金) 15:07:05 ID: NaC1DJaUEd
リョウブレイブに勝てたのはまさに「モビルスーツの性のおかげ」
127 : ななしのよっしん :2018/03/18(日) 22:04:20 ID: s0nX8kYBsf
MGディープストライカーの実物見てきた。
の大きさは、PGストフリや、MGのPとほぼ同じ。(取っ手もついてるよ)
ランナーも見せてもらった(店の人立ち合いの元ね。)が、最「壮絶」としか言いようがない・・・。購入予定のある人は、「覚悟を決めて」掛かって欲しい。
128 : ななしのよっしん :2018/03/28(水) 00:34:10 ID: o4jxBao1yH
パーツデカいだけで実はEx-Sより楽になってるという
頭部のデザ見ただけでガンプラ技術の進歩が伺えるわ。
・・・あれ、これの負荷やばくね。ちょっと後ろに傾いてる気が。
129 : ななしのよっしん :2018/03/28(水) 14:48:14 ID: BbR7eyDhF+
レドームのサイズがあとひとまわり大きければ璧だった
なおその場合のお値段は…
130 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 11:30:40 ID: 6qSx6SNlaG
今しがたムックを読んでたんだけども、HGUC Zガンダム1.0以降の組み換え変形のアイデアってこの時点で既に形になってたのか…
131 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 00:39:46 ID: /tNbLcUA8h
さんご存じでしょうか・・・
ガンダムセンチネル RPG」(1990)
<http://www.kaiga.co.jp/products/detail.php?product_id=3748>

大百科ピクシブ百科事典WikipediaアニヲタWiki(仮)ガンダムの根Wiki 、いずれの「ガンダム・センチネル」記事でも言及されない不憫な子です。Wikipediaゲームグラフィックスの記事とオーアールジーの記事に名前が出てくるくらい。あと Amazonプレミアついてました(2018/10 現在)。

製作は、AD&D翻訳産汎用 RPGWARPS」(1988) で知られるオーアールジー。編集・出版は、名作ファンタズムアドベンチャー」(1988) のゲームグラフィックス編集部(アートボックス/大日本絵画)。
続編に、一年戦争を扱った「ガンダム0079 RPG」(1991) がある…らしいです。

大判のムック形式でイラスト(あんまり上手くない)が豊富だったのを覚えています。近藤さんだったかな?
ルールパートの他には、ストーリーダイジェスト,登場人物紹介,MS の諸元・兵装一覧など。ソロシナリオゲームブックみたいなもの)や戦闘時の簡易シミュレーションに使う駒も付いていました。確か ALICE の振る舞いが、ちゃんとルール化されていたはずです。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
132 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 00:44:28 ID: /tNbLcUA8h
気がついたらものすごい長文になってた!
ごめんなさい。

ゲームとしては」大好きだったんだよ・・・
133 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 14:25:20 ID: bBGkZakUw7
エイノーの最期が『銃殺刑にされたと考えるのが自然だろう。』と言うのは筆者の予想に過ぎず、解説として書き加えるには不適切で有るように思える。

確かに生き残った反乱軍で最高階級者で、反乱討伐の任に着きながら反乱軍に内応するなど全ての責任を負って銃殺刑に処されるのは妥当で有るように見えるが、公式いて去就は明記されてはいない。

元ネタ榎本武揚は蝦夷共和国の首班で降伏後処刑も検討されたが、幕府軍を率いた実績とそれに付随する人脈、フランスとのコネなどを勘案されて免罪。後に明治新政府で大臣を歴任した。軍軍人としては中将まで上り詰めている(名誉職だと思われるが、薩摩閥が強い中で旧幕臣にもかかわらず)

これらの背景を落とし込むと、アクシズとの突が予想されるなかでタカかつその方面に強い人脈を持つエイノー々に処刑するのは、いざ戦乱と成った際に戦意の高い部隊を編成するのに足枷と成る愚策だと言える。反乱軍最高階級とは言え反乱軍首班ではないし、そもそもグリプス戦役連邦内での閥争いに起因する軍事衝突、連邦政府そのものに反乱した訳
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
134 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 14:31:45 ID: bBGkZakUw7
133追記

元ネタ榎本武揚は大臣職を通じて明治日本最高権者の明治天皇の信任を得ていたのが政府介入シナリオでの助命と言う着想の原点。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス