ガンダム・ヴィダール単語

ガンダムヴィダール
3.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ガンダム・ヴィダールとは、アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツである。

GUNDAM VIDAR
ガンダム・ヴィダール
ASW-G-XX
頭頂高 18.5m
重量 30.9t
搭乗者 ヴィダールガエリオ・ボードウィン
エイハブリアクター×3?
採用フレーム ガンダム・フレーム
武器

アニメ第2期から登場。ギャラルホルンラスタル・エリオンが整備・調整を行い、彼の側近である仮面の男・ヴィダールことガエリオ・ボードウィンに与えたガンダム・フレーム機。

ガンダム・フレーム機の共通項である、レメゲトン第一章『ゴエティア』の72柱の悪魔の名前が名付けられていない機体であり、番も「XX」となっている。一説には、北欧神話に登場するオーディン」の息子である「ヴィーザル」の別名である「ヴィダール」から名づけられたのではないかと言われている。ジュリエッタからは「自らをMSと一つにし、復讐のために本来の自分を捨て去ろうとしている」と評された。あるいは後述するシステムを考慮すると、自らMSになってしまったアイン=グレイズ・アインに倣ったネーミングであるとも取れる。

元々はガンダム・ヴィダールとしての姿をしておらず、破損した状態のガンダム・フレームをどこからか入手し、アリアンロッド艦隊に運び込んで現在の姿に組み直した機体である。この破損したフレームの出処はられていないが、パイロットガエリオであることと後述するの形式番号からもわかる通りその正体はガンダム・キマリストルーパー
ヴィダール=ガエリオが正体を明かしたことでガンダム・ヴィダールも偽装をする必要がなくなり、アリアンロッド帰還後は偽装状態の解除と共に新たな装甲へと装され、ガンダム・キマリスヴィダールとして生まれ変わった。


V字アンテナにツインアイばってスリムな体と、旧来のガンダムシリーズに登場したガンダム系統に近いスタイリッシュなフォルムが特徴だが、漆黒の顔に細長いピンクカメラアイと、どこか異質な雰囲気を漂わせている。背中メインラスターの他に膝とふくらはぎにもスラスターを装備しており、高い機動性を誇る。

操縦システムはこれまでのギャラルホルン系のシステムでもなく、かといって既存の頼耶識システムでもない独自のシステム頼耶識システム Type E」が使われている。その調整が難航し、序盤から登場はしていたが実際に戦いに出たのは中盤からになった。

最大の特徴は、ガンダム・フレームに元々搭載されているツインリアクターシステムに加えて、これとは別にMS用のエイハブリアクターを搭載していることにある。2基あればMSの動としては十分過ぎるエイハブリアクターをわざわざ新たに搭載している理由は、エイハブリアクターの固有周波数であるエイハブウェーブ」を変するためのダミーであるエイハブリアクターの独占生産をしているギャラルホルンには、当然ガンダム・フレームを含むそれまでのエイハブウェーブデータが登録されており、エイハブウェーブを探知して検索されれば72機しか存在しないガンダム・フレームは自ずと機体の出自が判明してしまう。隠密裏の行動が必要だったヴィダールには必要な修だったとえる。

メインウェポンは、刺突に特化したバーストサーベル」。身を柄から分離させることができ、分離した身は爆発する。そのため、敵に突き刺して爆破するという必殺攻撃を行うことができ、機体左右のバインダーには替を3本ずつ搭載している。つま先とカカトにも「ハンターエッジ」という折りたたみ式の物を搭載しているが、こちらは「切断する」よりも「カチ割る」ことに特化している。

その他、前面のスカートアーマーにハンドガンを2丁、試作ライフルを1丁装備し、遠近両面に対応した機体となっている。ガエリオキマリスに乗っていた時と同様に、高い機動性を活かして敵に一気に薄し、バーストサーベルハンターエッジでの攻撃後、一旦離脱して再度攻撃する一撃離脱戦法を好んでいるようだ。

阿頼識システム Type E

34話での出撃時、ガエリオは「お前の待ち望んでいた戦場だ」と中に自分以外のかがいるともとれる発言をしていた。その「お前」の正体はずばりガエリオの部下であったアイン・ダルトン頼耶識システムの手術によってグレイズ・アインという名の怪物と化し、散っていったあの男である。「一人では勝てない存在」に対抗せんとしたガエリオの要望によってヴィダールの内部にはアインベースに、グレイズ・アイン頼耶識システムを補助として組み込んだ「頼耶識システム type E」なるシステムが搭載されている。簡単に言えば疑似頼耶識ともいうべきもので、パイロット体動作と機体の挙動をシステムに委ねることで頼耶識に等しいを発揮できる。アインを介することによってパイロットにかかる負担という頼耶識の問題点が解消されており、これによってガエリオ三日月・オーガスガンダムバルバトスルプスレクスと同等のを得るに至っている。

ただし、パイロットには負担はくとも身体に対する負荷は決して軽くない。本来の人間が認識できる反応速度を上回る頼耶識による機動は、エイハブリアクターの慣性制御でも軽減しきれず、更にアインに操作を委ねる事は自身の意識と関係に強なG(重力)が掛かるという事と同義であり、事実頼耶識システム Type Eを作動させていたガエリオはコクピットで振り回されている描写がある。


前述の通り、第33話まで頼耶識システム Type Eの調整に難航していたため出撃せず、34話にて初陣コロニーの反乱鎮圧任務に出撃し、ほとんど単機で全ての敵機を撃破してみせた。その戦いぶりは、同行していたジュリエッタ・ジュリスから「綺麗」と称されるほど。

ハシュマルが復活した際にはマクギリスを追って火星に降りるが、マクギリスに対して「にはお前の気持ちがわからない」と問いを投げかける通信を送る。その後、加勢をめるジュリエッタの通信に応じてその場を立ち去ったため、マクギリスとの戦いは実現しなかった。だが、結局ハシュマルとの戦いの場にも現れず出番はなかった。

次の出番は、ガンダム・バエルが封じられた秘密格納庫での戦い。バエルを起動させようとするマクギリスの前に姿を見せるが、直後にガンダム・バルバトスルプスレクスが現れたためこれと交戦。ここで初めて頼耶識システム Type Eを使用して価を見せる。その後、マクギリスがバエルを起動させたため一旦退却。すぐに宇宙に上がり、装備を組み替えられガンダム・キマリスヴィダールとなる。

よって、ガンダム・ヴィダールの姿として戦ったのはたったの2回だけということになる。

実はカードゲームガンダムクロスウォー』における本機のイラストには「ASW-G-66」という式番号が割り振られており、内部フレームキマリスの物を流用している事になっている。
ただし、本編では上記のようにナンバーは伏せられており、キマリスである事が分からないように工夫されており、エドモントンでの戦闘後にキマリスがボードウィンに返還された事が記録されている等、キマリスとは別の機体であるように扱われている。
仮に本機が本物のキマリスである場合、ボードウィンに返還されたガンダム・フレームの正体がになる(第43話においてガンダム・フレーム所在が不明な門はあるが、関連性は不明)。

動画

MMDモデル

関連

関連項

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダム・ヴィダール

142 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 16:51:23 ID: UcC1SBW8D+
D.O.M.E.みたいに遺伝子レベルまで分解してシステムに組み込んでるんじゃね、機械化すればGとか関係ないし
143 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 20:51:25 ID: oJiG6alIh5
ロボット魂化かぁ、バルバトス発売した直後だからビビったわ
鉄血ガンプラ過去最高レベルの売上だったらしいがヴィダールは上位だったのかもな

まだ細部の写真は出てないが、例のエフェクトがこっちにも付くか
144 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 21:37:21 ID: 1fSzzyQR+n
というか、1/100二期ガンプラもルプスの次がヴィダールだったし、当時のガンダムEXPOの映像とか振り替えるとバンダイ的にはバルバトスライバル機の予定だったんだろうね(仮面だし
実際はほとんど戦わなかったけど
145 ななしのよっしん
2021/03/07(日) 11:47:42 ID: Qzha+WBHjO
疑似頼耶識はアインガエリオの体を動かして戦っているそうだが、その場合レバーとペダルで操縦しているのだろうか?
レバーとペダル操縦では頼耶識の意味がないと思うが。
146 ななしのよっしん
2021/04/02(金) 17:39:18 ID: fxboCZqgfe
作中描写見ていると頼耶識システムでの三日月達も普通レバー操縦しているっぽいぞ
頼耶識を使用したマクギリスも手のダメージで操作が鈍ってたのでこちらもレバー操縦のようだし
147 ななしのよっしん
2021/04/02(金) 17:45:38 ID: aXYYU7NXq3
機体を直接動かすシステムじゃなくてパイロットを乗っ取って動かすシステムなのかなって思ってる。
パイロット信号を上書きして頼耶識の信号で(パイロットの身体を)動かすみたいな
148 ななしのよっしん
2021/04/03(土) 06:46:42 ID: Qzha+WBHjO
同じ頼耶識でも全思考制御なのは手足を失ったであろうアインが操縦するグレイズアインぐらいで、後の頼耶識は肉弾戦時のMSの手足の操作はともかく、スラスターの推武器の選択、火器の操作などはレバーで行っているのかもしれない。
もっともリミッターを外せばグレイズアイン以外のMSでも全思考制御ができるかもしれないが。
149 ななしのよっしん
2021/04/03(土) 13:07:58 ID: fxboCZqgfe
>>147
Eは多分そういうシステムなんだと思う
ガエリオがターゲッティングしてそれ以外は全部アインシステムガエリオ体を動かすって
それで疑問になるのはガエリオの身体を経由する意味あんまりいのではって部分だが
150 ななしのよっしん
2021/04/03(土) 17:37:06 ID: Qzha+WBHjO
ガエリオアインと共に戦おうとする拘りが、アイン頼耶識を介してガエリオ体を操るという意味なシステムになったのかもしれない。
判断アインの補佐としてガエリオは必要だとしても、頼耶識はガエリオには繋がずそのままアインに直結して、ガエリオ戦場への移動と攻撃する敵機の選択だけにした方が難だろう。
151 ななしのよっしん
2021/06/05(土) 17:02:43 ID: oJiG6alIh5
結構ガエリオも振り回されてた感じするからな

まぁガエリオひとりじゃマッキーには勝てないし、アインも1対1ではマッキーには敵わなかったかもしれんから。共闘という形をとった意義はあったか

急上昇ワード改

大百科GPチャンピオンシップ