ガンダム4号機単語

ガンダムヨンゴウキ

ガンダム4号機とは、「MSV」「M-MSV」「機動戦士ガンダム外伝 宇宙閃光の果てに…」に登場するモビルスーツ

MSVとして設定が存在していたが、M-MSV大河原邦男コレクション)でデザインと設定が追加。PS2ゲームめぐりあい宇宙』のサイドストーリー宇宙閃光の果てに…」でカトキハジメリニューアル版が登場。

概要

ジャブローで組み立てたRX-78ガンダム」の4号機。通称:G04
次世代機のテストベッドとしての役割を背負ったセカンドロット4~8号機の内、宇宙での大規模反抗作戦に備えてガンダム5号機と共に宇宙空間戦に適した高機動修されていく。

5号機と第16独立戦隊ホワイトベース級強襲揚陸艦サラブレッド」に配備され、宇宙を戦って行くのだが…。

スペック

GUNDAM 4th
ガンダム4号機
RX-78-4
頭頂高 18.0m
重量 42.6t(本体) / 80.2t (全備)

1,550kw
70,500kg
搭乗者 ルース・カッセル
装甲 ルナチタニウム
武装

セカンドロット機は修前は連邦軍の簡易量産機GM」のテストベッド機であったが、初期・中期・後期仕様修していくにつれ最終的にはどれも異なるコンセプトに仕上がっていた。

その中で4・5号機はオーガススタッフの手に渡りジャブローにて修作業を行い、連携行動を想定した仕様となった。
まず最大の特長であったコアブロックシステムを排除。 内部構造の簡略化で確保したスペースに高性冷却システムを搭載したことで、排熱をより効果的に行えるようになる。

さらに推進宇宙空間での3次元機動を向上させるためにサブ・スラスターを増設。補助推進機の増設で消費エネルギーも増大してしまったため、ランドセルに推進機を兼ねたプロペラントタンクを2基接続。装備の際、ランドセルのスラスターを縦1列に並べ替えて両サイドからプロペラントタンクを挟み込むような形を取った。

これらの良でジェネレーター出・機動性は約40パーセント程の向上を実現させた他、4・5号機は宇宙軍が修を担当した3号機「G-3ガンダム」と同様に「マグネットコーティング」が施されている。

武装面ではジェネレーターの出が高く設定された事で、威に優れるハイパービーム・ライフルを携行(後のGP計画の物に匹敵する)。他、有用性・コスト・整備性の検証的にハンドビームガンを装備。

メガ・ビーム・ランチャー

基本的な部分で同仕様の4・5号機だが、先述通り連携運用の考慮から最終的に運用法や武装も異なる物となった。本機が攻撃の要であり、冷却システムとジェネレーター出の強化仕様のため「メガ・ビーム・ランチャー」を扱う。

4号機の最期

グラナダからア・バオア・クーへ向かう支援艦隊の殲滅任務に投入。この任務でメガ・ビーム・ランチャーを使用して敵艦隊の殲滅に成功したものの、敵殲滅のための理な発射が祟ってジェネレーター類に過度な負荷をかけ、外部バックパックが暴走爆発4号機は爆発に巻き込まれ大破。搭乗者のルース・カッセル中尉死亡している。

ルー中尉はオペレーターのミユ・タキザワ軍曹の再三の呼びかけで、負荷を関知していた事にも触れておきたい。重な4号機が大破した事故について、死亡した中尉の行動を問題視するもあったようだ。

しかし不慮の事故で失われたとはいえ、RX-78シリーズの名に恥じぬ多大な戦果を挙げた。それだけに本機を損失したという事実サラブレッド隊に、ひいては亡きパイロット人間関係も含めて大きくを残す事となった。

M-MSV

SDクラブ誌におけるM-MSV連動小説の一つではア・バオア・クーにおけるビグロとの戦闘事帰還している。逆にビグロとの戦闘5号機が破壊されたのだが、正史では立場が逆転した形となる。

宇宙閃光の果てに…』のIFルートでは、事故が起こる前にジェネレーターを排除して助かっていた。その後、4号機は5号機と共にア・バオア・クー戦に投入される。 ストーリー展開的にはSDクラブ設定に近いかもしれない。

ガンダム4号機[Bst]

宇宙閃光の果てに…』のifシナリオ漫画第3巻(if巻)に登場する幻の4号Bst形態。

ジェネレータの負荷で爆発が起こったが、ガンダム5号機が間一ジェネレータを排除し、ルースが生存する。後にガンダム4号機にもガンダム5号機Bst]形態同様の追加装備が施された。詳細は「ガンダム5号機」を参照。

G-4計画

OVAポケットの中の戦争』のスタッフ4号機を知らずにガンダムNT-14号機に設定した。
もちろんNT-14号機などという設定は撤回された(NT-1肩部の数字・4はその名残り)。その後に付け足された非公式寄りの設定回り、次世代構想機の開発計画「G-4計画」も、4号機と共通する役回りが見られる。

→詳細は「G-4計画」を参照。

関連動画

関連商品

関連項目

RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A04%E5%8F%B7%E6%A9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダム4号機

1 ななしのよっしん
2014/06/02(月) 22:01:47 ID: FGAXIY4QgP
作成乙
2 ななしのよっしん
2015/09/05(土) 16:07:29 ID: TvDcdfi1Iu
あと付けなのは判るけど、なんでこの機体がアムロに配備されなかったんだろ?アムロアレックス配備しようとしたんだし配備しなかった理由あるのかな
3 ななしのよっしん
2015/12/11(金) 00:18:34 ID: pLwtoS57nc
>>2
アレックスアムロ専用にチューンしたものだけど、コイツは元々テストベッド機だし一部未完成の機体
マグネットコーティングが施されてるからアムロにってのはわかるけど、そんな機体にエース乗せるわけにはいかないんじゃないかな
アムロガンダムを破壊されて乗るガンダムくなったならともかく、アムロが乗るガンダム自体はあるんだよね
4号機の所属が宙に浮いてるわけでもなく既にサラブレッド隊に配属されちゃってるし…
4 ななしのよっしん
2017/01/02(月) 00:58:32 ID: l95dppD0ii
一年戦争の艦船撃墜数は、一年戦争エースパイロット名鑑でわかる範囲であれば、
連邦軍はアムロ・レイの9隻、両軍合計だとグレニス・エスコット中尉の12隻が最高の模様。

グラナダからの増援艦隊の規模はよくわからないが、「MSによる艦船撃墜数」に限ればルースが大戦中最高のシップキラーである可性もある・・・?
超兵器使った上に、ど相打ち(?)同然ではあるけど・・・。
5 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 19:04:23 ID: spqiJYm3jj
>>2
>あと付けなのは判るけど
「4、5号機がサラブレッドに搭載された」という設定のできた当初(MSV最初期)は
4、5号機はRX-78-2か3と変わらない仕様だったからな…
アムロに持っていく理由がない

それはともかく今考えると、ピクシーアレックスと違ってアムロに持っていく話がかったのは
4号機が「5号機との連携」を大前提にした装備(おそらくガンキャノンのまとまった支援部隊との連携すら前提)なので
すでに編成されたWB隊には編入不可能だったという可性も高い
6 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 15:46:04 ID: xkC19bL8M/
サブジェネを小化せずにランドセルサイズの物を用意してればいは?
7 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 23:24:26 ID: TvgVgckYGG
バトオペ2に参戦してクソゲー化させた機体

急上昇ワード