ガンダムAGE-1単語

ガンダムエイジワン

ガンダムAGE-1とは、アニメ機動戦士ガンダムAGE』に登場する架人型機動兵器人型ロボット兵器)である。

機動戦士ガンダムAGEフリット編役機として登場した。

救世主ガンダム

概要

アニメ作中において、パイロットらび製作者はフリット・アスノ

いつかの敵であるUEに反撃する時が来ることを信じ、の残したAGEデバイスに記録された設計図とコロニー『ノーラ』のアリンストン基地官であるブルーザーや、整備士のバルガスの援助によりAGEシステムと共に作り上げた。

設計段階からアスで独自に発展させたプラズマ制御技術を組み込んだりロストテクノロジー産のプラズマ圧縮炉を搭載したことによりジェノアス等をかに大な出叩き出している。その装甲やフレームにはアスで独自に研究開発された素材を採用しており、UEぐ防御性を発揮し、ビームバルカン等を防げる様になっている(後に連邦軍の量産型MSにも採用されていると思われる)。胸部にはAGEシステムコアユニットが搭載されており、リアウイング状のブロードアンテナや頭部のセンサーと連動して戦闘中でも情報収集と分析、ある程度のデータ送信を行う事が出来る。腕部や脚部は技術実実験機としての意味合いが強い故にメンテナンスや輸送上の都合が考慮され、それぞれの動独立している特性を利用してAGEシステムでウェアシステムが構築され、戦況に応じて様々なウェアを換装して柔軟な運用が出来る。

機体の外見は過去戦争救世主と呼ばれた『ガンダム』を模して作られている。
後にこの伝説モビルスーツガンダム』は、アスに存在した肖像画やフリット言により再現機『ザ・ガンダム』が作られているが、再現されているとは限らない。

外伝「トレジャースター」と「ガンダムAGE-1 トレジャースターVer.」について

フリット編」の時間軸でありながら、本編の本機とは全く別個体の「ガンダムAGE-1」が同時に存在しているが、これは製作者のリュウジ・リュウザキの過去が大きく関わっている。詳細は作品記事「機動戦士ガンダムAGE トレジャースター」の項を参照。
トレジャースターVer.」は外伝主人公ダイキ・リュウザキが乗る機体。差別化として胸部センサーアルファベットがTとなっており、初戦後トレジャースターマークが付与されている。作中ではフリット製作AGE-1と並び立ち、共闘する場面もあった。また、フリット機とは違いドッズラフルは装備していない(第1話で何らかの射撃武装は装備していた)。また、AGEビルダーも専用の巨大なものしか確認されていない。

ノーマル

AGE-1の標準形態(形式番号:AGE-1)。初期の状態ではUEに対抗出来る武装は、UEビームサーベルより身の短いビームダガーしかく、UEの襲撃に苦戦を強いられているんだ!たがAGEシステムの機によりドッズラフルを装備し、やや安定した戦闘を行えるようになった。

武器はに「ドッズラフル」とダガー状態に出来る「ビームサーベル」。

ドッズラフルビームを回転で集束させることで凄まじい出ビームを出すことが可であり、従来のビームガンを駕する破壊を持ち、強固なUEの装甲も打ち抜けるようになっている。精密射撃モードハンドガンモードに切り替え可

フリット編最終話ではこの機体でラスボスのデファースと戦闘しており、圧倒的な戦闘力ガフランバクト部隊を使ったしい攻撃によって半壊するも勝利する。

アセム編でもアセムAGE-2に乗るまでの繋ぎとして登場しており、アセム編1~2話では馬小屋のワラの中に隠されていた。性フリットが乗っていた25年前にべて大幅に向上し、「ガンダムAGE-1リペア」と呼ぶに相応しくなっており、実質ガンダムエクシアリペアIIポジションも兼ねている。

アセムガンダムAGE-2乗り換えた後は、地球連邦軍総ビッグリングに運ばれ、AGEシステムを取り外し、連邦官であるフリットの専用機のガンダムAGE-1フラットになった。

タイタス

UEの新MSバクトと対峙し、ドッズラフルが効かなかったことでAGEシステムが生み出したパワー形態(形式番号:AGE-1T)。腕部、脚部のパーツが一回り太く大きくなっており、胴体以外のカラーリングに変更されている。圧倒的パワーと突進耐久で敵を打ち砕く。その代わり機敏な動きはあまり得意ではないようである。

通常の格闘攻撃(パンチタックル)だけでUEの装甲にダメージを与え、全身にあるビームジェネレーターからビームスパイクを発生させ、打撃を跳ね上げたり、磁気旋システムによる円環状のビーム集束体を発生させた状態で対物に叩き付け、重装甲を誇るバクトでさえもバラバラに粉砕する威を持つ「ビームラリアット」を持っている。

しかし、機動性の低さがとなりスパローの登場により第一世代編後半ではすっかりいらない子にされた。(´・ω・`)

 

……と、思いきや14話のラストUEの基地へ乗り込むを作るためボロボロになったスパローから換装し、ファーデーン編では見せなかったリミッターを解除して全身にビームり巡らせた突撃を行うなど活躍を見せた。その後、ディーバを基地内へ入れるために隔物理的にこじ開けたが、負荷に耐え切れなかったのか間接部が壊れてしまった。

数分しか活躍していのにもう終わりかよとかは言ってはいけない。

この機体のパーツを使い、ひそかにブームとなったものもある→まどかタイタス

スパロー

UEMSゼダスの機動に対抗する為にAGEシステムが生み出したスピード形態(形式番号:AGE-1S)。タイタスと同じく腕部と脚部のパーツを変更し、カラーリングに変更されている。装甲を薄くしたり、バーニアを大量に追加した結果、ノーマルタイタスとべて全体的に細身になり忍者のようなスピーディな動きで敵を翻ろうする。ステルス性を上げるために電磁波や熱を放出する機器がオミットされている。しかし、耐久は低下しており、バーニアの関係でシールドが装備出来ず、低威の攻撃でさえも致命傷になり兼ねない。

武装はステルス性を上げるためにビーム兵器は避けており、重が非常に重いレアメタルに高密度プラズマと硬化金属で表面処理をした、耐摩耗性が低く、一定の使用後に再表面処理が必要な高周波振動ブレードである「シグルブレイド」と膝の隠し武器である「ニードルガン」になっている。重量が重く、耐摩耗性が低いシグルブレイドはスパローの機動による短期決戦や全身のバーニアと連動して操る事で初めて威が発揮され、運用状態ではビームサーベルえる切れ味を発揮できる。この機体になった事で、UEゼダスえる機動性を手に入れ、まともに戦えるようになった。

14話ではゼダス、新兵器とそのパイロットによって半壊状態まで追い込まれてしまった。しかしあるきっかけを元にフリットXラウンダーとしての覚醒したのか、今までにい動きでゼダスを圧倒し見事ゼダスを打ち倒した。その後四肢は限界を迎え、棄された。

なお、本機のシグルブレイドの技術はAGE世界の実体の基礎となり、幾層加工による耐摩耗性の向上などの良をしながら後述の「レイザー」、「ソーディア」を始めとして様々な機体に引き継がれることになる。
また、後にタイスウェアとスパローウェアはアデル用に量産され、局地戦では換装する例も多くみられた。

小説版では、全身に展開したエネルギーフィールド同士の斥により機動を上昇させる「SPALLOW」システムを搭載している。
大気圏内で音速のえたり、宇宙空間においても加速・減速を実現させるなど、本編よりさらにスペックが盛られた恐ろしい存在になっており、ガンダムAGE-2にもこのシステムを継承している。

ソーディア

PSPゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ」とOVAMEMORY OF EDEN」に登場する騎士ウェア(形式番号:AGE-1SW)。パイロットフリットからAGEデバイスを託されたアセム・アスノ

大剣レベルブレード」と専用の大を専用兵装とする。レベルブレードの切れ味は抜群で、次世代機であるドラドビームサーベルですら「両断」してしまうほどであり、エネルギーを込めて放射状に放つことも可である。

当初はゲーム版のオリジナルウェアの一つであったが、OVA製作の際に逆輸入コロニー・トルディアでの戦いの後、搬入されたAGE-1に本ウェアを装着、第18話「卒業式戦闘」に相当するエピソードで登場した。

トルディアを制圧するべく強襲してきたドラドを一両断、を垂直に構えるポーズをとった。この男、なかなかの傾奇者である。続いてゼハート・ガレット駆るゼダスRとの戦闘に突入。ゼダスRの限界が見えているのもあり、善戦するがTV版同様最後は敗北してしまう。

なお、後にAGE-1ビッグリングに搬入され、ノーマルウェアに再換装されガンダムAGE-1 フラットとなった。

フラット

AGE-1からAGEシステムを外した姿(形式番号:AGE-1F)。連邦官であるフリット・アスノが搭乗する。

胸部のAGEシステムコアユニットがあった場所にいフタがしてあったり、カメラアイ等が緑色ではなくく発したりする以外には、ほとんど外見に変化はい。

22話(アセム編7話)では因縁の相手であるゼダスパイロットが乗るクロノスと互以上の戦いをして、その末にクロノスを中破に追い込んだ。

作戦に応じてではあるが、安定付き追加ユニットフルドランチャー」を背中に装備して出撃することもできる。これは2発のみの大ミサイル発射装置というべき代物であり、敵大標などに対してミサイルを発射したあとは切り離す。

その後、連邦軍基地ロストロウラン保守が続けられた。A.G.164アデルマークIIの技術で全面修し、ふたたびフリットのもとに届けられ、彼の乗機となるが・・・

グランサ/フルグランサ

三世代編OPで登場したAGE-1(形式番号:AGE-1G)。フルアーマーガンダムAGE-1といった趣。

この時代におけるAGE-1フラットアデルマークIIの技術による修が行われているものの旧式化が進んでおり、アデルマークIIの後継機であるクランシェはともかく最新技術を投入したヴェイガン指揮官機には全に後れを取る有様であった。キオを助けるために出撃するも、機体は半壊、キオガンダムAGE-3もろとも拉致されてしまう。

キオヴェイガンにさらわれている間に強化修を施したのがこのAGE-1グランサである。一部ミサイルランチャーをも兼ねた増加装甲で身を固めており、両腕にビームサーベルとしても機する攻防一体の射撃武器「シールドライフル」を装備する。最終決戦ではゼフルドランチャーの後継ユニットラストロランチャー」(シグマシスライフルと同質のビームが発射可な大ビーム)を背中に追加して、フル装備形態ガンダムAGE-1フルグランとなる。グランサの追加装甲は緊急時には切り離すことも可である。

AGE-1は既にAGEシステムから切り離され、肝心のAGEデバイスキオと共に火星拉致されたのでフリットやマッドーナ工房の面々が作り上げたものだろう。また、ジャケットシステムを採用していることから地球連邦軍の協も仰いでいることが推測される。プラモデルは「フルグランサ」の商品名であるので探すときは注意。

プラズマダイバーミサイル

フラットタイプで使用可兵器。本来艦船から打ち出す大ミサイルに照準・発射装置を装着し手持ち兵器としている。研究が全に終わっていないため未知数ではあるが、最低でも拠点やスペースコロニーを1発で消滅させる破壊を持っていると思われており、爆発した際の球は戦場の全域を照らすほどであるため、上層部から使用許可がおりなければ使用できない。AGEナンバーガンダムが使う武器の中でも大きな殺傷を持つ大量破壊兵器である。

アサルトジャケット&ガンダムAGE-1 2号機

MSV小説機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS」に登場する追加装甲を施したガンダムAGE-1(形式番号:AGE-1AJ/1 & AGE-1AJ/2)。

コウモリ退治戦役後、AGEシステムに頼らない機体強化プランとして機体を追加装甲で強化する「ジャケットシステム」が考案された。「アサルトジャケット」はその一つで、軍に正式入隊したディケ・ガンヘイルが開発した。火力と防御の向上に眼が置かれており、追加スラスターで機動も確保している。

搭乗者はAGE-1は引き続きフリット、新造されたAGE-1 2号機(AGEシステム非搭載)はラーガン・ドレイスで、両方の機体にアサルトジャケットが装着された。その後2号機はアデル開発の体となり、ラーガンジェノアスII乗り換えた。その後もジャケットシステムの研究は続き、AGE-1フルグランサもその系列とされている。

AGE-1 2号機のカラーリングを基調とし、塗装されている。フリットAGE-1とは趣の違うカラーリングである。

レイザー

MSV小説機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS」に登場するスパローの発展である近接戦闘形態(形式番号:AGE-1R)。シグルブレイドの耐摩耗性が低い事で起きたケースに対応する為に生み出した。

しかし、ただでさえ重いシグルブレイドを更に大きく、4本に増やした為に重量は増加し、攻撃の命中率が低下した為、扱い辛くなり、Xラウンダー級のパイロットでなければ使いこなせない。脳筋そのもののAGEシステムにはさすがのフリットもあきれ気味だった(システムを作ったんだよというツッコミは置いといて)。が、戦闘が終わり、帰投する頃には難なく乗りこなせるようになっていた。

武装は幾層にも加工することで耐摩耗性の対策を施し、大化したシグルブレイドである「レイザーブレイド」を腕部や脚部にそれぞれ1本ずつしており、重量を生かした破壊重視の撃を行う。腕部のレイザーブレイドは外して使う事が出来、それを連結してレイザーブーメランにする事も出来る。

フェニックス

外伝作品「機動戦士ガンダムAGE トレジャースター」に登場するオリジナル形態。主人公であるダイキ・リュウザキが搭乗する先述の「トレジャースターVer.」専用のウェア。
その名の通り大きなをアーム部分の付け根部分に付いている、色とカラーリングが特徴的のウェア。

武装はバクトをも切り裂く実体体としており、また装備している4枚のを変形させることで様々な姿を見せる。

・・・と、このように攻防万のまさにスーパーロボットというべき存在となり、第一世代に存在するには明らかオーバースペック極まりないを誇る。
特に誘導兵器地球側が実用できたのは第三世代の頃に漸くであり、第一世代においてファンネルの如く自在に操作できるを持つこのモビルスーツ的には既に原作クライマックスの域に踏み込んでいる。
ただしライジンシュートMS速度に追いつけなかったりする。

ゴールドアロー

UEの新MSファルシアのビットのオールレンジ攻撃に対抗する為にAGEシステムが生み出した小説オリジナル形態。ノーマルの発展だと思われ、外見、性ど差異がい。しかし、全身に追加されたハッチからガス状の対ビームコーティング剤をプラズマ吸着させ、ビームコーティングを行う事で色になる。対ビームコーティングは、ビームサーベル以上のビーム以外であれば耐える事が出来、常に対ビームコーティングを行う為、その上通常の対ビームコーティングではビームが当たった部位の効は失われるが、その欠点も解消されている。

静態保存機

TV最終回49話・長きの終わり)のラストシーンの機体。

戦争開始から100年を経た時期には火星移住計画に対する諸問題・障への取り組みが実を結び、地球圏・火星圏において平和が訪れていた。

そんな頃の地球連邦首都ブルーシアには、ガンダム記念館という記念施設が建設されている。この施設の館内にはガンダムAGE-1が、手持ち装備をもたない直立状態で保存されており、施設庭園に立っているフリット・アスノ(老年期)のとともに人類を見守っている。この頃にはフリットは、その生涯に幕を下ろしていたようである。

なお、この記念館仕様AGE-1の外見はフラットタイプではない。AGEシステムを運用していた初期仕様に近い姿に戻されている。

ゲーム作品において

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦BX』にてスパロボ初参戦。本作はキオ編からのスタートの為AGE-1フルグランサでの登場。運動性は流石に息子らの機体に劣るがシールドライフルミサイル等、火力FXにも劣らない。最大の玉は終盤で使える「プラズマダイバーミサイル」。MAP兵器版と通常兵器版があり、極めれば6桁も余裕の装備である。(人間のいるところに撃てる件はそっとしておいてください)

ガンダムVS.シリーズ

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXIBOOST』にて初参戦。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ガンダムage-1に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0age-1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムAGE-1

298 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 08:10:27 ID: sDQGko68Fg
エクバ2フルグランサ参戦きたね~
299 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 05:51:28 ID: p8qqUPzPNX
やっぱり覚醒技はプラズマダイバーミサイルなんだろうか…ガンブレ3でも思ったけど、正直言って撃ってほしくはないのよね…
300 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 20:13:40 ID: P03ppBvnJu
まあ、格CSあたりで一回だけFXの後覚醒技版が使える…が妥当かね
その後は撃墜されるまでフラットで戦うという感じになるのかも
これは絶対に使いこなしたいな
301 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 22:02:41 ID: o0YApCRLr5
フリットが変なキャラ付けされないかとかも気にしたほうがいいかね
試作2号機とかとの掛け合いで「ヴェイガンに撃ちこむのなら構わん」とか言い出さないよな
前に「もしAGEの出るスパロボ地球軍と戦う展開になったらキオ含めた自軍が敵仕様フリットと戦うとかあるんじゃね?」みたいな意見も見たし…
302 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 22:13:59 ID: 9yG5UwAulJ
変なキャラ付けや掛け合いは昔からだし、VSAGE関係はファルシア以外の原作再現率高いからそこは安心して良いかと
303 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 21:23:47 ID: sDQGko68Fg
参考程度に言うと
マラガブのジェリドAGEキャラの掛け合いが豊富
304 ななしのよっしん
2018/07/27(金) 23:16:30 ID: vGy3pDmU7L
プラズマダイバーミサイルは正直武装に入れて欲しくないよな…
撃たないのがフリットアスだから
305 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 17:39:20 ID: sDQGko68Fg
朗報:エクバ2フルグランサのPDMは打ち上げ
306 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 23:08:42 ID: vGy3pDmU7L
>>305
よかった…敵に撃ち込んでたら絶対にゲームしないレベルだった…
307 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 00:55:50 ID: sDQGko68Fg
フルグランサのミサイルの誘導が胡散臭い