ガンダムTR-1[ヘイズル改]単語

ヘイズルカイ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ガンダムTR-1[ヘイズル改]とは、公式外伝ADVANCE OF Ζ』に登場するガンダムシリーズMSである。

本記事ではヘイズル・ラーも解説する。

概要

ジオン残党機「シュトゥッツァータイプ」との戦闘で大破したガンダムTR-1[ヘイズル]を、コンペイトウ(旧:ソロモン)に配備されていたジム・クゥエルと、アスワンストックされていたヘイズル用予備パーツで修復・修した機体。
機体カラーグレーを基調とした色にペイントしている。

ヘイズル]の実戦データと開発のノウハウがふんだんに盛り込まれており、機体各部をあらゆる観点から見直してバランスの再調整を行った。その結果、「後付け感」が強かった外観は均整なフォルムになり、機体の軽量化やスラスター出の強化で推進も向上し、全体的な性を底上げすることに成功。
ただし、当初はシールドブースターを損失しており機動低下は否めなかった。パーツの新規供給を行うまでジム・クゥエルノーマルシールドで代用していた。

コックピットには、当時の最新技術「全モニター」と「リニアシートシステム」を試験的に導入。コックピットハッチ上部や股間部には多的ラッチ・ユニットがあり、強化パーツの取り付けが可となっている。またOSバージョンアップしており、全体的にヘイズルとは一線を画す機体に仕上がった。
技術的に一新されたこの形態から、ヘイズルはより実戦的なMSへと変わっている。

番はヘイズル2号機に「RX-121-2」のナンバーが与えられたため、「RX-121-1」に切り換わる。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]サブ・アーム・ユニット装備

部に2本の「腕」を装備し、サブマニピュレーターとする試作形態。

腕がもう二本あればライフルを何挺も同時に撃てたり換装システムとして利用できる事が着想の原点だが、両腕が塞がれた状態で換装や武器が扱える反面、火器管制が複雑になる。実際、最適なシステム補助を得られなかった試験段階だと2系統のマニピュレーターを同時に扱う機はいったん封印しており、メイン・アームからサブ・アームのデバイスドライバを切り替えて使用している。

TR計画完成機「ガンダムTR-6」などは幾つものサブ・アームを利用する機体だが、強化人間人格OSによるサポートや、複数人が乗り込んで操縦と火器管制を役割分担できる機体構造で簡易化している。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]イカロス・ユニット装備

ヘイズル改の胴体部を覆う巨大な装備。
ギャプランTR-5[ファイバー]が核となる「大気圏外からの強襲任務」で使用した重力下飛行ユニットである。

コンセプトは「重力下でのMS単体による飛行」。これまでMSは飛行形態に変形して飛行を得ていたが本機は下半身に装備した「熱核ジェットエンジン」と両肩部「熱核ロケットエンジン」の大な推により、MS形態での単独飛行を力技で可とさせた。

イカロス装備は機体前面の増設ユニット、肩部増設ユニット、巨大なリアラスタユニットで構成される。
リアラスターは部ジェネレーターと動パイプで直結し、メインラスターとしてMS中に浮かせる程の推を出す。胸部増加ユニットには中での姿勢制御を行うために左右にジェットノズルを増設しており、胸部装甲は展開式で「ビームリフレクター」や補助としても機する。
肩部には予備ジェネレーターを内蔵しており、熱核ロケットノズルが直結されている。前後の装甲はTR-5への搭載を配慮し、肩の動作に干渉しないように90度回転させることが可

バイアランはこのイカロス装備から繋がる機体でもある。また同シリーズに登場するハイザック[ヴァナルガンド]イカロスユニットデータベースに開発された。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]イカロス・ユニット試作プラン

画像右上状にパーツを広げた形態。

初期段階では両肩に飛行ユニットを装備し、揚・推進を使って滑を実現させる計画だった。しかしMS形態では特性に乏しく、自由三次元機動が得られない事もあり、計画は大推飛行に移行した。

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]

式番号:RX-121-1+FF-X29A

ヘイズル改用に開発されたGパーツ[フルドド]を1基装着した形態。

フルドドは強化用パーツであり、増加装甲やジェネレーター、補助推進器としての役割を持つ。左右のウイングユニットは稼動でAMBAC作用をもたらし、クローユニットは武装保持用のハードポイントとしても機する。

フルドドが備えたサブセンサーや補助装甲、ジェネレーターを取り付けることで第2世MSに匹敵する総合を手に入れた。Gジェネを例に挙げると、キャノンによる長射程を誇り、性ティターンズMSの中ではバランス良くかなり使い安い部類に入る(この時点でグリプス戦役時の後期エゥーゴMS並に強かったりする)。

機体名称はフルドド装着形態が「ラー」、フルドドⅡ装着形態が「ラー」と呼称される(例外あり)。

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](フルアーマー形態)

ヘイズル・ラーにアドバンスド・ヘイズル用の各種オプションパーツを装着し、発展させた形態。

狙撃時にはブレードを取り、サブ・アームでロングブレードライフルを組み立てる。

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](キャノン形態)

フルドドの左右ウイングユニットクローユニットに統一し、ロング・バレルを接続した中距離支援装備。

高機動型ブースター装備

フルドドを介してメッサーラと同ブースターを背部に接続した形態。

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]第二形態

ヘイズル・ラーにフルドドをもう1基装着した形態。
2基のフルドドバックパックだけでなく、部アーマーやマルチウェポンラッチにも接続する。

第二形態は計4枚のウイングユニットを装備する。
このウイングユニットは上下で機が分けられ、バックパック部の2枚は推進用スラスター・ユニットとして、部アーマーの2枚は武装の保持・管制用のクローユニットとしての機を持つ。またフルドドノーズ・センサーユニットシールドブースターの接続具として利用し、2枚のシールドブースターを保持できる。

このようにハードポイントや可動を最大限に利用してあらゆる可性を見出す拡性の高さこそ、TRシリーズ価でもある。

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]第二形態 クルーザーモード

ヘイズル・ラー第二形態にギャプラン用の大ブースターを装備した巡航形態。
ギャプラン用大ブースターと、4枚のウイングユニットと2枚のシールドブースターの推方向を一方向に集中させることで絶大な推・加速度を得る。

長い航続距離や強大な加速度を手に入れた結果、一撃離脱戦法や敵勢圏への深々度進行など運用用途も多岐に渡り、強襲形態とでも言うべき機体に仕上がった。

関連動画

関連商品

関連項目

TRシリーズ

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0tr-1%5B%E3%83%98%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%AB%E6%94%B9%5D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

1 トライデルタ
2015/11/12(木) 19:45:25 ID: NjgVFxZyAd
新規作成乙。『ティターンズの旗のもとに』といえば、
キハールとヘイズル改を連想するから、作成に感謝しますよ。
2 ななしのよっしん
2016/05/11(水) 20:51:27 ID: CYcnSvYLFd
少ないながらも実戦配備された模様
コンペイトウ守備隊に数機(少なくとも3機)が配備されたとか
3 ななしのよっしん
2017/06/27(火) 04:03:16 ID: FCSMe8tU8L
プレバンでMG化ってマジかよ・・・!
ど、どうせ後でラー形態まで出すんでしょ!?
4 ななしのよっしん
2017/12/15(金) 15:49:31 ID: eRVOsYAKKu
MGヘイズル実戦配備もプレバンとはね
5 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 08:37:12 ID: kfXP10Yrx7
MGフルドト、来ましたねぇ。
6 ななしのよっしん
2018/11/27(火) 08:31:13 ID: DG6Q5Lj8PV
ヘイズルベースクゥエルの2.0が見たい…見てみたくない?