ガンマン(キン肉マン)単語

ガンマン

ガンマン(キン肉マン)とは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。原初の人たる「完璧超人始祖」の一員にして、真実を見抜くハイパワーの持ち

概要

太古の昔に人としてのを正しく使おうと唱え、元の男ザ・マン(現超人閻魔=ストロング・ザ・武道)に導かれカピリア線での全虐殺から助かった人達「完璧超人始祖」の一人。"璧・漆式(パーフェクト・セブンス)"称号を冠し、「土のダンベル」を所有している。笑いは「シャババー」。

ヘラジカの如き巨大なと眼鋭い一つ、とがった牙、岩のような肌と頑強な蹄を持った3mをえる巨人。巨大なエルクホルン」は相手を挟み込んだり切り裂いたりする恐るべき武器であり、一つ眼(サイクロプス)」は未来を見通し見抜き真実を明かすを持つ。眼から放たれるの前には変装・変化は化され元の姿に戻ってしまう。

自分のに絶対の自信を持ち、他者を見下し正義悪魔の一般人をド下等と呼んで殺す事も憚らない傲慢で苛な性格。ただこれは自分の考えを通そうとし絶対に譲らず、自分の信じるモノに対してどこまでも実直であり続けようとした結果であり、行動や戦い方・過な言動も全てザ・マンした完璧超人の理想に至ろうとしてのモノ。眼の特性もあり、偽りが大嫌い。試合も含めてのない事をめており、相手にも当然と言わんばかりにその思想を押し付け、試合を観戦していた人間にまで強要している。

始祖の中で最も武闘であり、シングマンと共に一般人の粛清を叫んでいた過激派。一般の完璧超人をも上回る高い戦闘力を持った一般人をイレギュラーと呼び、それを危険視して一般人の粛清を大昔からめ続けていたがザ・マンに止められていた。(かつてカピリア線の大災害から生き残った人が地上でが物顔で暴れ璧の巨像を破壊しているのを見た際には、まるで友人を野球にでも誘うかのように「殺しに行こうぜーっ」と粛清を持ちかけミラージュマンドン引きされている。)

陰険な性格で相手を馬鹿にした発言が大好きなサイコマンとはソリが全く合わず、サイコマンの嫌味な発言→ガンマン激怒という流れは昔からだった模様。

今まで戦いは全て圧勝だったため、戦いで破った相手の名前を覚えていない。ついさっき倒したスニゲーターの名前もスニなんたら呼ばわりし忘れていた。本人く「ごたえのないヤツらばかりだった」「私にとってそいつらは全て名無しも同然」「ワンオブ・ゼム」にすぎぬのだ!」とのこと。名前を覚えてもらうにはを見せて勝つしかない。

ファイトスタイルは相手をド下等と断定し全て正面から迎え撃ち粉砕するパワーファイト。逃げる事はせずに底的に鍛えられた体のみで戦い倒す、完璧超人の思想に最も忠実に沿った戦い方をしているといえる。鍛えられた巨体は頑強そのもので、バッファローマンハリケーンミキサーすら正面から難なく受け止めてしまう程。当然攻も苛であり、ロングホーンを手一発でへし折った。その上破壊抜群の巨大エルクホルン」まで備えている。

好戦的なガンマンの性格だからか、手応えのい試合で退屈だったのか、バッファローマンとの試合では自分が不利になるのも構わず相手の戦闘をわざわざ引き出してからの全勝負を楽しんでいる。

プロフィール

活躍

過去

ザ・マンによって見いだされカピリア線から逃れる。その後、ザ・マンの下で他の助かった人達と共に修行し己を磨く日々を送る。"許されざる大(アンフォーギブン・ユグドラシル)"に隠れたために助かった人達が地上で好き勝手していると知ると粛清を提案するがザ・マンに却下され、結局"なる璧の山(モン=サン=パルフェ)"に拠点を移す事になった。

日は過ぎ、一般人達は勢を増していったがやがて人同士で争うようになり、強い人が弱者を虐げるようになってしまった。争いは完璧超人始祖による武介入を招くこととなり(裁きの日)、ガンマンもその戦いに参加した。本人く「あれは痛快だった!」。

無量大数軍&完璧超人始祖編

かつての完璧超人始祖の本拠地だった"璧の(トゥール・パルフェ"跡地であるイタリアピサの斜塔にて悪魔騎士スニゲーターを迎え撃った。変身殺法を眼で封じ込め終始圧倒。子であるスプリングマンステカセキングの死を知って怒るスニゲーターの姿であるティラノサウルスの足になって攻勢に出ても桁外れのパワーによってモノともせず粉砕。最後は「璧・漆式エルクホルンテンペスト」でバラバラに切り刻んで惨殺した。

その後、サクラファミリアに姿を現した敵であるサイコマン大人げない口喧を何度もおこなう。当初は、「璧の」で挑戦者を待つ予定だったが、勝ち残った人達が国立競技場に集結したため、ガンマン国立競技場に姿を見せる。

国立競技場の"許されざる大(アンフォーギブン・ユグドラシル)"内のサイフォンリング1階にて師の敵討ちをバッファローマンと対戦。パワーファイター同士の突となったが、バッファローマンの多な攻撃を次々と打ち破り、相手が偽りを付き全を出していない事を眼で見破った。その後キン肉マン悪魔将軍の助言によって迷いを吹っ切り本来のを出し始めたバッファローマンを相手取ってなお優位に戦い、むしろ何度倒れても不屈の闘志で立ち上がってくる彼との全勝負を嬉々として楽しんでいたガンマンだが、その中でバッファローマンに己のウソ摘されてしまう。昂し勝負を急いだガンマンバッファローマンの策に嵌ってしまい、今まで見まいとしてきた眼で武道を直視し、をそむけてしまう。これによって「エルクホルンテンペスト」の攻撃が遅れてしまい、バッファローマン8000万パワーによる新技「ハリケーンギガブラスター」を喰らいエルクホルンを粉々に砕かれ敗北した。

敗北後は自らの負けを認め、自らを破ったバッファローマンの名を覚え称賛し、たったひとつの敗北を招いてしまうことを忠告しつつ、土のダンベルを託している。そして、11人での過ぎ去りし遠い昔の修行の日々に思いを馳せながら息絶えた。ジャスティスマンは、ガンマンの敗因を「真実にこだわる余り真実からを背けた」ことであると分析している。

主な必殺技

眼(サイクロプス)
一つからを照射し、に照らされた相手がで偽っている場合はその真実問答用で暴く。精的なモノでも可。また、筋肉の動きや息遣いを読み行動を先読みしたり、眼から発射されるで相手の変身などの「」を暴き、相手の変身を強制的に解除させる効果がある。 
エルクホルン・シザース
エルクホルンで相手の胴体を挟み込む。
ハインドエルクホルン・シザース
自身の背後にいる相手めがけエルクホルンが攻撃。
"本顔"あぶり出し固め 
T-レックスの足という正体を出したスニゲーターに使用。怪力による締め上げ攻撃で本体の顔を文字通りり出した。
璧・漆式エルクホルンコンプレッサー
相手を挟み込んだ後、頭のを縦に回転させエルクホルンで挟み込んだ相手の顔と脚を掴み逆さにキャンパス突させる。
璧・漆式エルクホルンテンペスト
エルクホルンを高速でプロペラのように回転させ、相手掛け突進。喰らった相手はバラバラに切り裂かれてしまう。

その他

連載時での初登場時では現在と大きく姿が違っている。肌は普通の人肌な感じで一つは丸々とした上にしゃくれている。ゆで先生はこれでは悪魔将軍と同格な強者の雰囲気が感じられないと思ったようで、次話からはデザインが見直され現在ガンマンとなった。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%28%E3%82%AD%E3%83%B3%E8%82%89%E3%83%9E%E3%83%B3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンマン(キン肉マン)

51 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 00:19:46 ID: 9ArSu8Slk+
今回の更新で凄い生き生きしてたな。
52 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 13:08:16 ID: F8qUk2Fs20
ド下等を粛清するガンマン楽しそうでなによりです
53 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 18:29:10 ID: 1Z63cJbp7U
49
始祖とサイコの間に出来た裂はマグパお披露以降だからそれで良いと思う
54 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 10:28:51 ID: te+ei1dK6x
本心は昔のあやつに近かったんだろうなぁとは思う。下等下等と見下してはいるが自分を正直に正面から打ち砕いたバッファローマンに対してはよそ見もあったとはいえ負けを認めたし
下等人が越えるべきとして君臨し続けるヒールっぷりと嘘つきまくりなあやつを捨てきれない凝り固まった感じが好き
55 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 04:01:47 ID: J+Df1N5g3E
ザ・ニンジャサンシャインは相性悪そうな
こいつと当たらなかったのは運が良すぎる
56 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 01:31:55 ID: 9ArSu8Slk+
>>55
ガンマンメタルスライムみたく守備以上のダメージ受けたら結構く倒れそうな気がするんだよな。
少なくとも初登場時のガンマンならいざ知らずバッファローマン戦の前のガンマンサンシャイン相手に姑息な手を使うとは思えない。
キーパーツを強引に復活させてっ向から倒しに来そう。
57 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 23:13:40 ID: ueFgWzxPFJ
「そもそも私はなぁ、ウソが大嫌いなのだーーっ」
「裸一貫偽りのない正直な闘いで自分達のべ合う、それが完璧超人が持っていた原初的な理想のはずだったのだ!」
といった発言とそれに違わない小細工なしの堂々たる戦いをするガンマンからすれば、

大阪城地下通路のギミックで戦わずして対戦相手を潰そうとする
・「お前たちが卑怯な手を使わなければ私も堂々と戦う」発言からの卑怯な手のオンパレード
・一対一の勝負のはずなのに邪悪の々によってたかって後押ししてもらう

といったフェニックスの振る舞いなんかは下衆の極みと言うも生ぬるい唾棄すべき有り様だろうなぁ…
自らを璧の高みとするガンマンと、苦しい生活から王の座に這い上がろうとするフェニックスべても仕方ないとは思うが
58 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 10:58:40 ID: f0O3BbVu7H
もし倒されずに生きてたら今シリーズでのラスボスになってそうだなぁ。
59 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 16:48:44 ID: OkCDP6ZgAm
幻惑を見破って強制的に自分の土俵に上がらせるから
パワーで上回らないと勝てないんだよね
60 ななしのよっしん
2019/08/05(月) 19:18:21 ID: 1NcAq/J2SJ
完璧超人界のビッテンフェルトみたいだと思いました

急上昇ワード