ガーフィール・ティンゼル単語

ガーフィールティンゼル
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

「ハッ!そいつァ話がェ!『考えるよりガングリオン』ってこったなァ」

最強聖域

ガーフィール・ティンゼルとは、ライトノベルRe:ゼロから始める異世界生活」に登場するキャラクターである。

CV岡本信彦

概要

本編第4章(原作小説第10巻)から登場する人間獣人の混血児。逆立った金髪、鋭いつきとギザギザにとがった牙、額の大きな十字傷が特徴で、背はスバルよりやや低い。ヤンキーのような貌で、口が悪く直情的な性格ではあるが、根は素直で面倒見の良い人物。
メイザース領内クレマルディの聖域の有(物理)であり、聖域内の見回りや部外者への対応など、動的な面を一手に引き受けている。

そのままの姿でもパトラッシュを投げ飛ばしたり、オットーデコピン一発ノックアウトしたりと戦闘力はかなり高いが、そのは『獣化』して巨大な虎になることで発揮される。その一方、全に獣化すると理性がなくなる、あるいは制御が難しくなる、といった一定のデメリットがある様子。
また、治癒魔法を使うことができ、自身が持つ『地霊の加護』によって地面に接しているだけで傷がふさがることもあり、一対一の戦闘では類の強さを誇る。
武器は拳を覆うような形状の両腕の。本人く「防御できるで攻撃すれば、最大の攻撃と最大の防御で、最大二つで最強なんじゃね?」とのこと。

ロズワールの屋敷で働いているフレデリカバウマンとは父親違いの姉弟であるが、フレデリカ聖域を出てから10年以上出会っていない。

謎の慣用句

会話をする際、度々慣用句を混ぜながら会話をすることがあるが、その大半は自身がかっこいいと思って作った造である。しかし、一部の実在する慣用句はその意味と使い方をちゃんと理解して使っていることから学がないわけではなく、むしろ本人は読書である。

他多数

人間関係

関連動画

余談

リゼロの2期が決まった際、すでに、ガーフィール岡本信彦ではないかという憶測が建てられていた。これは「とある魔術の禁書目録」の主人公の一人、一方通行(アクセラレータ)と色々な共通点があったため。

  • 自分のことを最強だという
  • 三下ァ」という言葉をよく使う
  • 同じ顔をした多数の女性と関わりを持つ

また、岡本信彦氏はリゼロについてはあまり詳しくなかったが、事務所社長が大のリゼロファンであり、アニメ2期で岡本氏に役が決まった際、「ガーフィールですか?」と本人から聞かれていた。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガーフィール・ティンゼル

1 ななしのよっしん
2020/09/20(日) 17:52:58 ID: qOQ9eIqLhE
慣用句が、々の言で何に該当するのか
矢印追記してほしい

急上昇ワード改