キスカ島撤退作戦単語

キスカトウテッタイサクセン
6.9千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

キスカ島撤退作戦とは、大東亜戦争中の19435月27日から7月29日にかけて行われた日本海軍の撤退作戦である。絶望的状況だったにも関わらず、1隻の喪失艦も1名の戦死者も出さずに遂された事から「奇跡作戦」とも言われる。

概要

背景

1942年6月4日海軍はミッドウェー作戦と並行してアリューシャン作戦を実施。本土襲を予防するため、アリューシャン西部の要所を破壊ないし占領する事とした。アッツ島には陸軍が、キスカ島には海軍が上陸。両アメリカ軍の守備隊はく、原住民が住んでいるだけだった。攻略く間に了し、日本アッツ島を熱田島に、キスカ島を鳴名した。元々は一時的な占領に留める予定だったが、ミッドウェー海戦の大敗により方針を変更。恒久的な占領を行う事となった。両はれっきとしたアメリカの領土であり、日本軍によってアメリカの領土が占領された一の例となった。

アリューシャンはダッチハバーに近い事もあり、アメリカ軍6月10日頃に日本軍の進駐を確認。両の南東にあるアムチトカからB-17B-24を繰り出して攻撃する。帝國海軍は特設水上機母艦丸や千代田などを使って物資を輸送し、水上機部隊を進出させて迎撃した。

19432月ガダルカナル島争奪戦に勝利したアメリカ軍は反攻作戦を開始。アリューシャン方面でも頻繁に米軍艦艇が出現するようになり、日本側の輸送作戦を妨げた。アラスカ半島に程近いアッツ島キスカ島アメリカにとっても障りで、いつまでも土を占領されている訳にもいかない事情も手伝って奪還を企図した。アメリカ軍が来襲するとすればアラスカ側のキスカ島に来ると考え、日本軍キスカ島の防御を固めた。ところが5月12日、予想に反してアメリカ軍アッツ島に来襲。1万1000名の敵兵に対し約2650名の守備隊は果敢に抵抗したが、5月29日に玉砕。アッツ島を失陥してしまった。キスカ島の将兵5639名は、アッツ島と敵の飛行場があるアムチトカに挟まれる形となり絶体絶命の窮地に陥る。アメリカ軍キスカ島攻略を見越して同を艦隊で攻囲し、全に退路を断たれてしまう。大本営はアリューシャンの放棄を決断し、アッツ島の将兵を見捨てる代わりにキスカ島の守備隊は絶対に救出すると誓うのだった。

第一次撤退作戦の開始

アッツ島守備隊が玉砕した5月29日、機密北方部隊命第11号によりキスカ島からの撤退作戦…「ケ号作戦」の発動が命じられた。ケ号の「ケ」は乾坤一擲頭文字から取られた。キスカ島にも敵部隊上陸の兆が見え始めており、撤収は火急の課題であった。しかし周辺の制権は既にアメリカ海軍に取られており、ガダルカナル島同様に駆逐艦潜水艦での撤退を強いられた。

6月2日、第1潜戦隊官の古田武郎少将が特設潜水母安丸に座乗して筵(ホロシロ)に進出。ここから撤退の采配を振った。作戦には総数15隻の潜水艦が投入され、新鋭の巡潜甲から旧式の練習艦まで含まれていた。筵を出撃した潜水艦は敵に見つからないよう息を殺して移動し、闇に紛れてキスカ湾に到着。そこで弾薬や食糧を降ろし、傷病兵を収容。筵へ連れ帰った。しかし潜水艦の収容は微々たるもので、全将兵を救出するには膨大な時間を要した。また中には敵の駆逐艦が遊している上、たびたび濃霧が発生。真っ白は日双方の視界を奪ったが、アメリカ軍駆逐艦レーダーを装備しており、濃霧の中でも正確に潜水艦を狙い撃つ事が出来た。このため戦果と釣り合わない被害が発生し、24潜と9潜が消息不明となる。6月17日、古少将行動中の潜水艦に現地点付近で待機を命。しかしアメリカ軍キスカ島に対する撃や襲はますます盛んになり、やむなく翌18日に輸送の再開を命じている。

伊7潜の沈没

6月21日15時キスカ湾に向かっていた7潜が突如撃を受ける。が吹き飛ばされ、玉木留次郎大佐や艦長長井少佐、航長など要要員が全員戦死。先任将校の関口六郎大尉揮を引き継ぎ応戦したが、敵を発見する事が出来ず。やがて敵艦は去っていったが、損傷でメインタンクが満になってしまい潜航不能に陥ってしまった。15時15分、艦首岬に乗り上げる事でどうにか沈没は免れた。乗組員は応急修理に勤しみ、関口大尉暗号書1冊を残して機密書類を焼却した。18時に守備隊と連絡がついた。

翌22日午前6時に物資の揚陸を了させる。14時45分に排了して離礁、18時30分には応急修理了するなど明るいニュースが増えてきた。だが相変わらず潜航不能で、この状態で敵が跳梁跋扈する魔のを突破できるのだろうか…。関口大尉水上航行で敵中突破する事を決意、20時キスカ島を離れた。21時25分、敵艦からレーダー射撃を受ける。必死に応戦したが、次々に命中弾を受けて関口大尉以下多数が死傷。事だった砲術長の進藤尚男中尉揮を継ぎ、キスカ島反転しようと試みる。しかし逃げ切る事は出来なかった。命中弾多数を受け、火災と浸が発生。22時10分には弾も撃ち尽くし、抵抗の術を失う。進藤中尉は再びキスカ島へ乗り上げようとし、23時頃に南の二子岩に座礁させた。生存者は艦を脱出し、守備隊と合流している。

進藤中尉からの報告により、7潜の最期は第1潜戦隊部に伝わった。この時、部は7潜の喪失で「機密文書の一部がアメリカ軍の手に渡ったのでは?」と考え、潜水艦による救助を断念。輸送は計18回行われたが、大損と引き換えに救出できたのは15の872名、揚陸できたのは弾薬125トンと食糧100トンに過ぎず、未だ4767名の将兵が助けを待っていた。

第二次撤退作戦

潜水艦での救助は困難となったため、帝國海軍水上艦艇での救助に切り替えた。濃霧が広がる特殊な環境から空母は投入されず、快速軽巡洋艦駆逐艦のみの参加となった。北方域特有の濃霧を利用しつつ高速でキスカ湾に突入し、速に収容して撤退するのが狙いだった。この無理難題に挑むのは叩き上げの指揮官木村昌福少将軽巡洋艦阿武隈(旗艦)、木曾多摩駆逐艦長波夕雲風雲秋雲朝雲、薄若葉初霜五月雨、そして工したばかりの駆逐艦島風が投入された。成功のを握るのは濃霧である。巡洋艦那智乗員の気士官永一雄少尉天気予報を行い、濃霧が発生する日を特定キスカ湾突入時にちょうど濃霧が掛かるよう時間を調整する。阿武隈の3本煙突のうち1本をく塗りつぶしたり、駆逐艦に偽装煙突1本を追加するなどしてアメリカ軍に味方と誤認させる工作がなされた。

6月29日、救出艦隊の出撃に先立って潜水艦部隊が筵を出発。所定の位置に配備され、気情報を送る役割を担った。

7月7日19時30分、救出部隊は筵を出撃した。艦隊は厳重な線封鎖を実施し、米軍機の圏を避けるため一旦南へ回。Z地点と呼ばれるポイントで北東に針路を取り、濃霧の中に隠れながらキスカ島した。突入予定日を前日に控えた7月10日、高気圧によって情にも晴れ始めた。これでは敵に見つかる危険性が高いとして、木村少将は突入を延期。キスカ島守備隊から送られてくる気象通報によると悪化の兆しが見えており、待っていれば再びが発生する可性があった。しかし同時に敵艦隊もキスカ島へ接近していた。7月14日の午前は荒だったが、午後に入るとは回復し予報どおりが発生。16時よりキスカ島に向けて出発し、阿武隈を先頭に単縦を組んだ。しかし翌15日午前3時必死の祈りを嘲笑うかのように晴れ始めた。木村少将は、作戦を続行するか中断するかの難しい決断を迫られる。五月雨島風の艦長からは突入を望むが聞こえてくる。そんな中、戦隊長として便乗していた少尉から「が回復しつつある」との助言を受ける。加えて守備隊からも「敵が厳重な線をっている」との情報がもたらされる。ビスマルク戦で航空支援を受けられない事がどれほど恐ろしいかを身をもって知っていた木村少将は退却を決意。

午前9時5分に作戦の中止を決定し、「帰ろう、帰ればまた来られるからな」といたという。続いて各艦に向けて反転の信号を出し、帰路についた。このあと全に晴れ上がった。7月18日筵へ帰投。

次の機会を待つ

木村少将を待っていたのは連合艦隊部や大本営からの厳しい叱責であった。「何故突入しなかった!?」「今すぐ出撃してキスカ湾に突入せよ!」と矢継ぎに非難を受けた。実は筵基地の重油備蓄量はかなり減っており、あと1回分の出撃しかかった。低温環境で作動する重油は樺太北端にあるオハ油田産の度の低いものしかなく、おいそれと補給できるものではなかった。また8月に入れば濃霧の発生が期待できなくなり、時間切れ…すなわちケ号作戦全な失敗を意味していた。上層部が突入を急かすのは
こういった事情があった。しい罵詈の木村少将はただひたすら耐え、そして次の濃霧の発生を待った。帰投するや否や、艦隊にはあわただしく補給が行われて出撃準備が整った。待ち続けること一週間、ついにその時がやってきた。7月22日天気図は、北太平洋に長期の濃霧が発生する事を示していた。筵の気台も「25日以降、キスカ島周辺で確実にが発生する」と報告した。燃料的にもタイムリミット的にも次が最後のチャンスである。キスカ島で助けを待つ将兵の命運は、木村少将の手腕にかかっていた。少尉天気予報によると7月29日キスカ島濃霧に包まれるという。突入日は29日に定められた。

何が何でも突入させるため、軽巡多摩には監視役の第5艦隊部が乗り込んだ。作戦揮を執るというが突入前に帰るという事で、監視される側は不不満を申し立てた。不協和音が聞こえる中、最後の撤退作戦が始まろうとしていた。待っているのは破滅の未来か、それとも…。

奇跡を起こした第三次撤退作戦

出撃は7月22日19時となっていたが、泊地内にも濃霧が広がっていて出撃どころではなかった。やむなく時間をずらし20時10分に抜錨した。出港後、艦隊は針路180度を取って14.5ノットの速で航行。時折警を鳴らしながら互いに位置を確認した。しかし視界不良で補給隊の特設給油日本丸と海防艦後が行方不明になる。7月24日15時10分、木曾に搭載されていた陸軍高射砲を試射したところ、30分後に前方の航路上で日本丸が発見された。どうやらを聞きつけて来たようだ。幸運に助けられ、再度キスカ島して進撃する。守備隊からはしい艦砲射撃爆撃を受けているという悲痛な報告が飛び込んでくる。

7月26日、幸運の次は不運がやってきた。行方不明になっていた後が突如濃霧の中から現れたのである。視認した時には既に回避不能距離で、後の艦首が旗艦阿武隈の右舷中央に衝突。こので単縦が崩れ、駆逐艦初霜艦首若葉に、艦尾が長波の左舷に接触する多重事故が発生した。阿武隈長波は航に支障はかったが、若葉初霜は戦速を出せなくなり、この2隻は突入から外された。若葉修理のため自筵へ、初霜は補給隊の護衛となって艦隊から離れた。7月28日、艦隊はキスカ島の近まで到達。しかし頼りのは突入を待たずに晴れ始めており、多摩に座乗している第5艦隊部は適切な判断を下せずにいた。一方で阿武隈木村少将や幕僚たちは突入の意思を固めていた。気班、潜水艦部隊、守備隊がそれぞれ「翌29日は濃霧算大」と報告しており、彼らを信じて賭けに出ようとしていた。

7月29日、ついに突入予定日である。気班や守備隊が報告した通り、待望の濃霧が広がっていた。軽巡多摩では濃霧のため機を出せない事を伝える敵の通信が傍受された。木村少将多摩に向けて「本日のにありと信ず、適宜反転されたし」と信号を発し、午前7時多摩からも発信号で「御成功を祈る」と伝えてきた。旗艦阿武隈を先頭に単縦を組み、キスカ湾へと向かう。突撃中、阿武隈が敵艦隊発見を報じ、艦隊に緊が走る。阿武隈島風魚雷を発射し、全弾命中させた。…が、魚雷を当てたのは敵艦によく似た形ので、単なる誤認であった。キスカ湾に近づくと、にわか晴れ始めた。ちょうどキスカ湾に一筋のが注がれており、その幻想的なは救出艦隊を誘導しているかのようだった。13時40分、キスカ湾に到着。不思議なことに敵艦隊の姿は全くく、湾内に入ると強が吹いて一気にが払われた。おかげで座礁や接触を気にする事く、速に動けた。各艦が所定の位置へ移動し、あらかじめ待機していた陸海軍の部隊が大発によって次々に収容されていく。収容作業短縮のため守備隊は重火器を捨てて身軽になっており、これが作業を円滑なものにした。おかげで2時間を予定していた収容が僅か1時間で了。全将兵が事乗艦し、14時25分に出港用意のラッパが鳴りく。艦は続々とキスカ湾から離れていき、最後の艦が湾を離れた時、人のはずのキスカ島から万歳の唱和が聞こえてきたという。「アッツ島で玉砕した英霊助けてくれたんだ」とみんなでを流した…。またアッツ島を横切った時にも万歳のが聞こえたらしく、人知をえた何かが起きていたのは間違いない。

キスカ湾を出た艦隊は第四戦速に上げ、二手に分かれて筵をした。湾外へと出て行った直後に再び濃霧が発生し、敵機のから艦隊を覆い隠してくれた。7月30日、帰投中の艦隊が1隻の潜水艦に発見される。だが潜はアメリカ艦に偽装している木曾を味方と誤認し、何事もく去っていった。そして7月31日15時15分に最初の艦隊が筵に入港。8月1日午前5時45分に後続の艦隊も入港し、在泊艦艇から撤収成功を祝う帽振れが行われた。気観測に出た潜水艦部隊も全艦帰投。あの絶望的な状態から1隻の喪失艦も出さずに撤収を成功させるという、後世に残る世紀の大奇跡が起きたのだった。

アメリカ側の動き

厳重にキスカ島を包囲していたはずのアメリカ艦隊が、何故救出艦隊の突入を許してしまったのか。今度はアメリカ側の視点で見てみよう。

包囲網を形成してから、アメリカ艦隊はキスカ島への苛艦砲射撃を行っていた。もちろん周辺域には戦艦2隻、重巡4隻、軽巡1隻、駆逐艦9隻などが封鎖を行っており、仮に日本艦隊が来れば簡単に討ち取れるはずだった。ところが7月22日を機に、不思議なことが起きる。中のカタリナ飛行艇アッツ島南西200里で7隻の艦レーダーで捕捉した。日本の艦隊と思われたが、この時木村少将率いる救出艦隊は筵にいて当該域にはいなかった。7月26日キスカ島南西200里にレーダー日本艦隊と思われる艦を捕捉。一説によるとミッドウェーで沈んだはずの4隻の空母だったという。アメリカ艦隊は一斉にレーダー射撃を行い、36cm弾118発、20cm弾487発を発射。40分後に反応が消えたことで全滅させたと思った。しかしこの時も救出艦隊はおらず、レーダーの誤作動が生み出した幻の存在だった。また、何故か重巡サンフランシスコレーダーにだけは反応しなかったという不可解な点も付随した。敵艦隊が発した緊急の文は救出艦隊にも傍受されていて、「どうやら同士討ちをやっている」と思ったとか。

そうとは知らずに日本艦隊を壊滅させた(と思った)アメリカ艦隊は、消費した弾薬を補給するため包囲を解く事にした。そして油断からか用の駆逐艦まで引き上げさせてしまい、7月28日キスカ島周辺は全にがらきとなった。その包囲が解けた日に木村少将の艦隊が突入したのである。まさに奇跡としか言いようがなかった。補給を終えた艦隊は7月30日に舞い戻り、再び包囲網を形成。軍用2匹しか残っていないキスカ島撃を開始し、上陸作戦に備えて撃ちまくった。

アメリカ軍キスカ島航空偵察していたが、走るキツネの群れを日本兵の移動と勘違いしたり、襲で生じた煙幕を対火のものと勘違いするなど有り得ないミスを連発し、まだキスカ島日本兵が残っていると確信。そして8月15日コテージ作戦を発動し、100隻以上の艦艇に支援された3万4426名の兵士が上陸。この日は濃霧に覆われており、極度の緊から動くものを全て日本兵と断じて射撃。結果、味方を敵と誤認して壮絶な同士討ちとなり、122名が戦死する事態となった。上でも混乱が生じ、駆逐艦1隻が誤射で大破している。手痛い犠牲を出しながらもキスカ島は奪還された。戦史研究のサミュエル・E・モリソン氏は「史上最大の最も実戦的な上陸演習だった」と皮を言っている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B3%B6%E6%92%A4%E9%80%80%E4%BD%9C%E6%88%A6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キスカ島撤退作戦

1 shio
2020/10/28(水) 11:16:49 ID: CNXvPHHXv2
作成お疲れ様です
2 ななしのよっしん
2021/12/17(金) 22:14:27 ID: jCFTBZ6b6p
来年はこの作戦に関する本を最低でも5冊読むことにする
3 ななしのよっしん
2021/12/18(土) 18:22:29 ID: jCFTBZ6b6p
よく考えたら5冊もないので太平洋戦争関連の本を最低でも5冊読んで特にキスカ島撤退作戦について学ぶことにする