キハ126系単語

キハイチニイロクケイ

キハ126系とは、JR西日本の一般気動車である。なお、キハ121系に関しても便宜上この記事で取り扱う。

概要

鳥取県島根県の協の下に行われた山陰本線高速化の了を受けて投入された気動車であり、製造にも同自治体の援助を受けている(※この為「山陰海岸ジオライナー」を除き原則として鳥取県島根県以外での運用は行われない)。

ほぼ同時期に特急気動車キハ187系が製造されている為、内装を除いたほとんどの設計を踏襲している。よって運転台はアーバンネットワーク223系に準じている。
2連のキハ126系がキハ187系の代走を務める事も稀によくある鳥取米子間などの一部区間。運用変更はだいたい当日にJR西日本の運行情報ページに掲載される)。 

なお、130km/hも可だが、現時点では100km/h運転となっている。

スペック

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F126%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ126系

1 ななしのよっしん
2011/12/25(日) 09:18:00 ID: wy05rNcNi+
記事作成乙
ところで、
>>原則として鳥取駅島根県以外での運用は行われない。

鳥取”じゃなくて鳥取”県”じゃないか?