キハ183系単語

キハイチハチサンケイ

キハ183系とは、北海道専用系列の特急気動車である。
九州向けのジョイフルトレインとして、1編成だけ製造された1000番台についてもこの項で扱う。

概要

キハ80系82形の老朽化に伴い、更なる高速化と耐寒性の強化を的に開発・投入された車両で、1979年に先行試作900番代を12両製造し、1981年から1983年にかけて89両が量産された。
国鉄民営化を前に控えた1986年に準新形式として500/1500番代(通称N183)を36両増備、1988年から1989にかけて550/1550番代(通称NN183)が28両増備された。これら一般車の他にジョイフルトレイン3編成(九州向けを除く)と二階建てグリーン車4両が製造されている。
新造されたのは以上だが、多種多様な改造が行われたために番を伴わないものも含め仕様区分が非常に複雑なものとなっている。

本系列は元々北海道向け区分ではあるものの、1988年JR九州にもこのキハ183系が投入され1000番代を名乗っている。この1000番代は500番台ベースとしている為キハ183系を名乗っているが、1編成分4両しか製造されていない希少車両でもある。
パノラマエクスプレスアルプス(現富士急行フジサン特急)や後に登場するシルフィード(現NO.DO.KA)に似た展望席を備え、加えて251系と並んで子供室が設置されている点もしい。
なお電車との併結実績もある。

2018年平成30年)3月17日ダイヤ正で北海道旅客鉄道JR北海道)の特急北斗」の運転を終了した。

また、旭山動物園号2018年平成30年)3月25日に11年間(国鉄新造時から起算して37年間)運行して惜しまれつつ引退した。

同年3月31日旭川駅7番線にて内覧会が行われる。(参加費は無料ですが、入場券【大人170小学生80円幼児無料】をご購入の上ホームへ)終了しました

詳細はこちらexit

エンジン関係

に搭載されるエンジンは、中間30リッターV12気筒180バンクDML30H系、先頭等の発電セットを装備する車両には15リッター6気筒のDMF15H系がそれぞれ発電用と走行用に1機づつの搭載となっている。
しかし、ジョイフルトレインではDMF13HZCを2機搭載、キハ182形0番代のエンジン換装200番代ではN-DMF18HZを1機搭載、といった具合に民営化以降は6気筒エンジンが搭載されている。

DML30H系では、北海道の酷寒仕様化とキハ181系での課題となった熱対策(500から440へと抑制、ラジエータの強制冷化やシリンダヘッドの各気筒独立化、変速機をキハ181系の2段(自動車でいうロックアップ付1段ギヤボックスのトルクコンバータ)から3段(1速からロックアップ出来る2段ギヤボックスのトルコン式セミAT)に変更する等)が加えられている。
アツイDML30H系であるが、予燃焼室式で440だった900/0番代のDML30HSIから、N183DML30HSJでは直噴化と給排気系レイアウト善で550へ、さらにNN183ではインタークーラ装備で660へとなった。この最終進化であるDML30HZ気動車用のエンジン単体として最強を誇っていたが、2013年に出火事故が発生しすべてDMF13系へ換装され消滅した。

発電セット付の形式に搭載のDMF15HSAでは、1985年に当初の220から250へとチューニングされ、N183からは250DMF13HSに切り替わり、NN183ではDML30H系同様にインタークーラを装備し330DMF13HZとした。

エンジンはいずれも常用定格出であり、最大出ではない。

ユニークな形式たち

国鉄初の北海道専用特急気動車という事で、外装フォルムや内の間取りにも特徴的な形式が多数有り、その改造もまた豊富である。

他にも、御座敷列車改造された6000番代、キハ400/480形急行利尻にスハネフ14形を連結する為に出補充用として装されたキハ182-36~38や、先頭並みの回送用簡易運転台を設置したキハ182-106108特急サロベツ利尻リニューアルキハ281系開発時の振り子試験番不明)…と色々有るのだが、切がいのでこの辺で止めておこう。←苗穂工場「私を甘く見ない方がいい」

現状

北海道では、後継車両キハ281系キハ283系キハ261系への置き換えも進んでいるが、定期便の他に臨時列車や代走等で依然現役であり、DML30系エンジンきと厳ついフォルム、5編成のジョイフルトレイン(御座敷列車旭山動物園号含む)、そして先述した数の改造による豊富なバリエーションが楽しめる。

九州では運用列車が「オランダ村特急)→ゆふいんの森II世()→シーボルト()→ゆふDX(末期色赤色)」と長崎大分の2つの場所を麗に変身して行き来しているが、2011年3月12日正で「ゆふDX」が止され、定期列車としては初めて豊肥本線へと活躍の場を移して「あそぼーい!」へとまた変身している。あなたはどれだけ変身するんですか・・・ 

車両数(2016年現在)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F183%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ183系

23 ななしのよっしん
2016/02/23(火) 23:35:18 ID: 0RHxU1mI5y
全編成エンジン交換の遅れが常態化しているのは単に運転に余裕持たせた為なのか?
交換前は常にノッチ入れながらブレーキ等と余裕なさそうな運転だったけど定時運転はしていた
24 ななしのよっしん
2016/04/15(金) 17:15:15 ID: Bx0TZTQE66
>>22-23
なんだその脱線事故前後のJR西みたいなカオス。ちっともゆとりなんか生まれてないじゃないか(驚愕
それで今度は初期引退させるが補充しなんだって?壊れるなあ・・・

あ、そういえばお座敷編成もいつの間にかお亡くなりになってたそうで。
25 ななしのよっしん
2016/04/17(日) 06:51:34 ID: 7m0T2XibBn
今後の豊肥本線の復旧速度次第ではまた1000番台転職してしまうかもしれないな
26 ななしのよっしん
2016/05/05(木) 19:36:24 ID: mKquWJItVH
>>25
あそこまで改造したんだから転職もう許してやれよ

でも、実際どうなるか・・・
27 ななしのよっしん
2017/03/27(月) 17:29:54 ID: Dmr9/Ycy4r
キハ183が撤退したはずの宗谷線でノースレインボーの代走が常態化している。この前も両側スラント・基本番台オホーツクみたいな編成が走った
そして今日は苗穂で坊主サロベツ(札幌行)の幕を出して待機中
28 ななしのよっしん
2017/05/18(木) 20:26:02 ID: Dmr9/Ycy4r
キハ183200番台先頭8両、キハ182初期8両と坊主キハ183-104屋に装される模様

これで残る初期キハ183が5両、キハ182が8両に
キロ182とキロハ182はまだまだこき使うらしい
29 ななしのよっしん
2017/08/24(木) 20:58:01 ID: Dmr9/Ycy4r
先週屋のキハ183系17両を見に行ったけど、
他のDD51と一緒にそのままだった
30 ななしのよっしん
2017/09/14(木) 16:09:28 ID: Dmr9/Ycy4r
29年間ありがとうニセコエクスプレスラストラン | 平成29年9月14日
https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170914-1.pdfexit
昭和63年1988年12月に営業運転を開始したニセコエクスプレス車両平成29年11月引退することとなりました。これまでの永らくのご利用に感謝し、札幌越間煮て以下の通り3日間、ラストランとして運転します。
31 ななしのよっしん
2018/03/20(火) 23:40:14 ID: OuNClRv+yi
2018年3月16日
北斗ラストラン

2018年3月24&25
旭山動物園号ラストラン

どちらも長い間おつかれさま。
32 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 09:16:49 ID: IeeBUIT18U
実家へ帰するのに久々オホーツクに乗ったが、なんか北斗みたいな編成だわ
それにいきなり自動放送だわでビビったぞオイ!

おまけにやたらシートピッチ広いし(直前まで乗ってた261系はおろか、新幹線ばりに広い)

急上昇ワード