キハ20系単語

キハニジュウケイ

キハ20系とは、国鉄1957年に開発した一般形気動車である。キハ20形・キハ21形(北海道東北向け)・キハ22形(キハ21形をさらに良したもの)・キハ25形キハ20形を片運転台にしたもの)・キハユニ25形(寒冷地向け郵便荷物合造)・キハユニ26形(暖地向け郵便荷物合造)・キハ52形(キハ20形にエンジン2基を搭載したもの)を便宜的に総称したものであり、国鉄制式の系列呼称ではない。1965年までに1100両以上が製造され日本各地で活躍した。

概要

初期形(1957年)

キハ10系と同じDMH17B形ディーゼルエンジンを搭載、DT19C・TR49Aウイングバネ式台車を装着した。体はキハ55形をベースキハ10系より大化され、客並みの大断面となった。また、ラッシュ対策としてドアの位置も体の中央寄りとした。いわゆる「バス」を採用し、キハ10系とは異なり下の補強帯は止された。塗装3号褐色2号のツートーン。

改良形(1958年~)

DMH17C形ディーゼルエンジンDT22A・TR51A複列コイルバネ式台車に変更。乗り心地が格段に向上した。体の部材は販の形鋼を、は2段上昇式に変更された。同時に、寒冷地向けのキハ22形、郵便荷物合造キハユニ26形、エンジンを2基積んだ勾配線区向けのキハ52形も製造された。塗装1959年9月から朱色4号クリーム4号のツートーンへ移行した。一部は準急列車への増結対策として準急色に塗り替えられた。1970年代後半からは朱色5号首都圏色)への塗り替えが行われた。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F20%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ20系

1 Suport02
2012/04/01(日) 07:01:13 ID: CEK5FctTdO
Wikipediaからのコピペ記事は、規約違反です。
き場合、記事の削除をさせていただく場合もありますので注意願います。

急上昇ワード

2019/08/18(日)22時更新