キハ31形単語

キハサンジュウイチガタ

キハ31形とは、国鉄JR九州1986年から1988年にかけて製造した一般気動車である。

概要

国鉄末期国鉄分割民営化は決定的となったため、民営化後に経営難が予想される三島北海道四国九州)用気動車として、キハ54形が開発された。

しかし、九州地区は急勾配の路線が多いため、車両の長さを短くする、エンジンは1基搭載とすることで軽量化を図り、重量当たりの出を多く取る設計変更が行われた。これがキハ31形である。

四国向けのキハ54形0番台と同様に、ステンレス体、発生品を流用した台車・液体変速機・ブレーキ装置バス用の冷房装置・折り戸を備える。

ただ、キハ54形と異なるのは、前述の通り軽量化のために、車両長が約17mと短く(キハ54形は約21m)、エンジンを1基しか搭載していない。ワンマン運転にも対応出来るようにと、運転室は半室構造となっており、乗務員は側面に1つしかない。また、も1段下降式であり、座席配置に合わせるため、割りが細かくなっている。

座席は0系新幹線電車転換クロスシートを流用し、2+1列に配置している。しかし、流用とは言えども、キハ58系キハ40系などの従来のボックスシートにべると居住性は向上している。JR九州が新製した車両は、新の座席を装備している。

塗装水色のテープを2本巻いている。

国鉄時代の1986年から1987年20両(1 - 20)、JR化後の1988年に3両(21 - 23)、合計で23両が製造された。うち1両(20)は2004年くま川鉄道に譲渡され、塗装変更のうえKT-31形として運用されていたが、2013年に運用を離脱し、となった。また、2017年ダイヤ正以降、BEC819系の導入などによりJR九州内の気動車の運用が大きく変更された。それに伴い、2018年7月現在23両中15両がとなり、現存するのは8両のみである。

配置と運用

現在の運用

2017年3月までの運用

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F31%E5%BD%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ31形

1 ななしのよっしん
2011/11/09(水) 17:35:11 ID: GWNQX3OLHF
記事作成乙…なんだが、何故に関連車両キハ58
N183キハ183系)ならわからんでもないが。
2 ななしのよっしん
2013/11/27(水) 12:59:21 ID: Zr72pzxvcz
>>2
台車と変速機がキハ58発生品だからだよ
あとブレーキ

急上昇ワード

2019/08/25(日)07時更新