キハ80系単語

キハハチジュッケイ

キハ80系とは、国鉄が初めて製作した特急気動車である。

概要

東北本線には1958年から常磐線経由で特急はつかりが運行されていた。このはつかりは特急を名乗っていたものの、東北本線北部に非電化・単線区間が多く残っており、蒸気機関車牽引の客特急では上野から青森まで約12時間かかる有様であった。
また、ほぼ同時期に東海道本線で運行を開始した電車特急こだま電車ならではのスピードと、冷暖房備の快適な内によって人気が出ていた。
おりしも同年に東京で第1回アジア鉄道会議が開催されていて、1960年に第2回の会議東京で開くことが決定されていた。そこで次回会議玉として非電化路線向けの特急車両制作しようということになり、開発されたのが本形式である。

当初は新式の大出エンジンと直結2段式トルクコンバーターを搭載したキハ60系を元にする予定であったが、キハ60系そのものがエンジントルコンも開発が難航したため計画は失敗。そこで、すでに実績のあった準急急行キハ55形のエンジントルコンに、こだま電車151系の客室と足回りを組み合わせたありものでのやっつけ仕事実情に合わせたものになり、急ピッチで開発が行われた。東海道本線ほど高級志向の需要がめられなかったため、1等カーペット省略されたりカーテンが幕式といった具合に少しグレードが落とされているほか、パーラーカーなどの特別仕様はなかった。また、東北方面にはホームのかさ上げがされていないも多く、それに対応するためステップ付きのデッキCTC化されていない線区に備えてタブレットキャッチャーといった地方向けの装備も施されている。そして、タブレット受け渡しへの対応のためにこだま電車ほどには運転席を高く出来ず、ボンネット内に冷暖房用の発電機付きエンジンを積んだために、その排気管も取り回しする必要があるなどのデザイン上の制約をクリアするため、独特のボンネットスタイルとなった。これはそのいかめしさと嬌が伴う出で立ちから「ブルドッグ」の称で親しまれた。

一応第2回会議には間に合い、各の強い関心を得ることに成功した国鉄であったが、上述した突貫作業により制作されたたため、いざはつかりに投入してみると様々なトラブルが発生した。

これらのトラブルが多発したため、マスコミからは「はつかりがっかり事故ばっかり」などとかれることになった。国鉄側もこれらの事態を重く受け止め、特にこう配がきつい中山の前後の御堂小鳥場運転停を行い、エンジンの点検や冷却の確認を行うようになった。
それでも従来の客べればはるかに高速で快適な気動車特急は好評で、国鉄昭和36年ダイヤ正で2次を製造、全各所に特急を増発することになった。この2次はつかり運用の際に問題となった個所の設計を変更されており、特に先頭は貫通となり使い勝手が良くなった。この先頭がまた独特の優美さを湛えた稀代の傑作デザインとなり、後継のキハ181系キハ183系キハ185系に至るまでの貫通先頭デザインコンセプトとして引き継がれることになる。このことから1次と2次の間を別の形式と考えている人も多く、その場合前者をキハ81系、後者をキハ82系と呼ぶ。

1968年はつかり電車化以降はつばさに転用され、それも大出エンジン搭載のキハ181系に置き換えられたのちは紀勢本線のくろしおに転用、1978年381系電車投入によりボンネットスタイルの1次となった。2次以降も各地で電化や後継のキハ181系気動車キハ183系気動車投入などにより徐々に活躍の場を減らし、最後まで定期運用に残っていたJR東海特急南紀にも1992年キハ85系が投入されて撤退した。

北海道ではおおぞらおおとり北海、などに充当されたほか、「フラノエクスプレス」「トマムサホロエクスプレス」に改造された。三笠三笠鉄道記念館に6両編成まるまるが保存されている。

東海地区では分割民営化後のひだ1990年、南紀が1992年まで使用された(籍上は2009年までニートレインであった)ほか、3両が「リゾートライナー」に改造された。また、リニア・鉄道館にキハ82が展示されている。

関西地区では山陰方面のあさしお、まつかぜ、紀州方面のくろしおなどで活躍し、上述の1次キハ81は3号引退後に交通科学館(後に交通科学博物館)に展示され、同館の閉鎖にともなって京都鉄道博物館に移設して展示されている。

九州地区でもかもめ有明、おおよど、にちりんなどで活躍したが、交流による電化がめに進んだため、1980年には撤退した。

四国地区にだけは配備されたことがない。これは最初から特急列車キハ181系で運転開始されたためだ。

形式

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連列車名

ニコニコ大百科内に存在する列車名を北から挙げる

※「ひゅうが」は「日向」表記

その他

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F80%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ80系

1 ななしのよっしん
2012/06/23(土) 21:35:49 ID: zGMii08FV/
キハ80系って補機なしでセノハチ登れたんだっけ?
グルとかヤフー検索しても出てこないからわからないのよねえ・・・
2 ななしのよっしん
2013/12/01(日) 22:42:22 ID: l1EtLIaeTx
>>1
瀬野八を自登坂できなかったのは151系153系だったと思う。
共にモーター率と性が問題だった。
だもんで後に181系165系に置き換えられた。(153系モーターを変えた編成は残された)

キハ82系は「つばさ」のと違って瀬野八では補機は不要だったと聞く(こっちはキハ181系でも難儀するレベルだったようだが)。実際にキハ82系の「かもめ」「みどり」が瀬野駅を通過する画像とかある。