キハ8500系単語

キハハッセンゴヒャッケイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

キハ8500系とは、名古屋鉄道が開発した特急気動車である。

概要

JR東海高山線へ直通する気動車特急アルプスに使用していたキハ8000系の置き換え用として登場。北アルプスの止後は齢が若いこともあって会津鉄道へ譲渡され、快速AIZUマウントエクスプレスで運用され、最終的に2010年引退した。引退後2両が内に残り、2両が海外譲渡となった。

性能・車体

JR東海キハ85系気動車と同レベル。つまり搭載するエンジン英国カミンズ社製のNTA-855-R1形を各2機搭載、変速機は3段6要素・直結2段式の液体変速機で、電車並みの高い加速性を獲得している。

体は長さ20m、幅2.74mと名鉄車両限界ほぼいっぱいのサイズで、鋼製体である。客室内部のデザイン1000パノラマSuperと似たようなもので、通路を挟んで合計4列の回転リクライニングシートが並ぶ。車内チャイムキハ85系と同じものを搭載している。

そしてあまり知られてはいないが、登場当初はミュージックホーンを搭載していたが、JR東海直通車両で有った事が災いし、JR東海運転士が警ダルとの踏み間違いをしないよう営業運転開始前に撤去されている。その為、「電車でGO!名古屋鉄道編」でキハ8500系を運転していてミュージックホーンが鳴らせるのはタイトースタッフがこの事を知っていた為である。

運用

名鉄時代

1991年3月ダイヤ正より運行を開始。須ヶ口駅近くの新区に配置され、神宮前・新名古屋高山を1日1往復する特急アルプスをメインに、名鉄線内の特急列車(通称:ディーゼル特急・社線内特急)にも使われた。

運行開始当初、多客期には美濃太田から高山まで特急ワイドビューひだと併結運転を行うことがあり、その場合は上下列車とも先頭にキハ85系、後ろにキハ8500系を連結する形を取っていた。なお併結運転を行うひだは当初は臨時列車であり、晩年定期列車に格上げされている。

運行開始当初は新区を9時半頃に出庫。津島線甚回送して給油し、給油鳴海駅に向けて回送鳴海で時間調整を行い、神宮前から北アルプスとして営業入り。上り北アルプスの神宮前に到着後も一旦鳴海駅まで回送していた。これは神宮前・新名古屋枇杷島分岐点間が名鉄トップクラス列車密度の高さを誇る区間であり、新名古屋駅神宮前駅折り返し設備がないための措置である。

名鉄線内で完結する特急としての運行が始まったのは1991年5月のこと。社線内特急での運用は平日のみであり、平日は甚での給油後に東岡崎駅まで回送。東岡崎午前8時31分発の特急金山行として金山まで行き、清掃と給のために一旦入庫。その後大江駅まで回送し、北アルプスの運用に入った。高山から神宮前に戻った後も大江まで回送し、金山20時35分発の特急山行となり、山到着後栄生まで回送で戻って入庫していた。ものすごく駄が多い気がするが多分気のせい。

しかし北アルプスは利用者が減少。それもそのはず、名古屋駅から普通ワイドビューひだに乗るほうが運賃が安いのと2000年から名鉄自社のバス部門(現:名鉄バス)が高速バス「ひだ高山号」の運行を開始。存在意義の薄れた北アルプスは2001年9月止となり、車両も保留となった。

会津鉄道時代

現有車両更新事故一般車イベント車両転用による車両不足に起因する車両補充を考えていた会津鉄道は運用を失ったキハ8500系に着名鉄に譲渡を申し入れ、5両全てが会津鉄道へ渡ることとなった。

名鉄で譲渡整備を行い、2001年12月福島県まで甲種輸送された。番と塗装は当初は変更される予定だったが、北アルプスに着のあるファンからの要望もあってそのままとされた。

会津鉄道では2両編成2本を組み、中間1両は予備扱いとした。

こうしてキハ8500系は2002年3月より快速AIZUマウントエクスプレスとして運行を開始。2003年10月からはJR東日本磐越西線喜多まで乗り入れるようになり、2005年3月からは野岩鉄道を経由して東武鉄道鬼怒川温泉まで乗り入れるようになった。

2007年3月末をもって中間。その後も先頭4両は運用されたが高速運転体の足回りのまま頻繁な加減速を必要とする普通列車運用に投入したために変速機内部のゴム劣化。新車両AT-700・750形へ置き換えられることとなり、2010年5月30日引退した。

2010年12月会津鉄道公式HPにて売却先が募され、キハ8501と8504が那珂流鉄保存会へ引き取られ、8502と8503は名古屋市在住の大学職員の男性が落札した。8502と8503は当初愛知県内へ輸送する予定だったのを東日本大震災の復支援も兼ねて福島県会津若松市内の観光施設「やすらぎの郷 会津村」で保存されることとなった。

海外譲渡

「やすらぎの郷 会津村」で保存されていた8502と8503は商社を通じてマレーシアサバ州立鉄道へ譲渡されることが決まり、2015年8月会津からマレーシアへ向けて輸送された。

カラーリングが塗り替えられたこと以外見たの大きな変更点はなく、内装もほぼ原を留めている。ただしサバ州立鉄道軌間1000mmであるため、軸の改造が行われている。

2016年10月より8502単独での「切れ」状態で営業運転を開始。単独運転中は終点ターンテーブルか、ビューフォーだけはデルタ線で向きを変えているが、相方8503の営業開始後は8502と8503で編成を組んでの運転となった。

しかし、2両で運転をしようにも片方が不調だと日本ではありえない「切れ」で単独営業運転を再び行っている。

そして、2017年8月頃より乗客減少により定期運用から離脱しているが、その後は団臨による運行か定期列車故障時の代走運用がとなった。

しかし、8502は2017年6月22日に故障し、更に追い打ちをかけるかの様に2019年には8503も故障してしまい運行不可能となってしまったが、同年9月頃に2両共に修理了し再び2両運転を再開している。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8F8500%E7%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハ8500系

1 ななしのよっしん
2017/07/01(土) 23:32:03 ID: GBd9teVOyN
8503の整備終わったらしいね。よかった、よかった

おすすめトレンド