キハE200形単語

キハイーニヒャクガタ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

キハE200形とは、JR東日本が保有する気動車である。鉄道友の会2008年ローレル賞受賞。

概要

キハ200形ではなく、キハ「E」200形である。(「キハ200系」はJR九州気動車なのでお間違えないように)
世界初の「ハイブリッドシステムを搭載した営業列車」を名乗っている。

気動車に使われているディーゼルエンジンブレーキから発電した電気を蓄電池に貯めることで、電を効率的に使用し、燃料消費や有物及び騒音排出を抑える、まさに環境に優しいエコ車両である。

2007年に3両が製造され小海線に投入、データ収集を行いながら試験的に運用が続けられている。2010年に、同じハイブリッドシステムを搭載する「HB-E300系気動車」が登場した。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

キハE200形の運行情報は「ハイブリッド車両『こうみ』情報」に掲載される。
また、JR東日本にしてはしく、キハE200形のイメージキャラクターには萌えキャラ『ぶりっと』ちゃんが採用されており、同内のポスターや「わくわくエコランド」でその姿を見ることができる。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%8Fe200%E5%BD%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キハE200形

1 1げt
2014/05/10(土) 18:25:49 ID: txjik0zbr8
路にもハイブリッドの時代ですよ
どんどこ進化していきますな…
2 ななしのよっしん
2016/05/06(金) 22:55:03 ID: ouiCdHHQ3O
物質の排出量は従来の6090%程度に抑える反面
燃費の向上は10%程度。
燃費性よりも環境が決め手となって導入したと思われる。