キメラテック・ランページ・ドラゴン単語

キメラテックランページドラゴン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

キメラテック・ランページ・ドラゴンとは、遊戯王OCGに登場するモンスターカードである。

概要

キメラテック・ランページ・ドラゴン
融合・効果モンスター/5/闇属性/機械族/攻2100/守1600
サイバー・ドラゴンモンスター×2体以上
このカード融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカード融合召喚に成功した時、
このカード融合素材としたモンスターの数までフィールド魔法カードを対として発動できる。 
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから機械族・属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常攻撃に加えて、
この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。 

CROSSOVER SOULS」で登場した融合モンスター
3体キメラテックにして、自身の融合素材に「サイバー・ドラゴンモンスター定した初めてのカードである。

これまでのサイバー・ドラゴン融合素材とするモンスターには、素材名に「サイバー・ドラゴン」と特定カードを必要としていた。そのため、後発のサイバー・ドラゴン関連モンスターには自身を「サイバー・ドラゴン」として扱う効果によって融合素材条件を満たしてたのだが、その効果が適用されるのは下記した場所のみであった。

この制約により手札では「サイバー・ドラゴン」として扱えず、召喚権を消費する等の難点を抱えていた。

かしこカードサイバー融合モンスターでは初めて「サイバー・ドラゴン」と名のついたモンスターのみで融合召喚できる素材定となっており、上記したカードだけでも手札融合で呼び出すことが可
機械族・闇属性なので「オーバーロードフュージョン」に対応しており、墓地プロトも素材として活用できる。
変わったところでは、エクシーズモンスターである「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」も融合素材にすることができる。
このカード融合召喚は上記した素材でしか行えないため、融合召喚扱いとなる「簡易融合」には対応していない。ただし融合召喚以外の特殊召喚は可なので「デビル・フランケン」「幻想召喚師」等でならば呼び出せる。

このように融通の効く素材定自体が優秀だが、このカードが持つ2つの効果にもそれに劣らない利点がある。

まず(1)の効果によって、融合素材の数までフィールド魔法カードを破壊できる除去性を持つ。
融合召喚によるディスアドバンテージを補えると同時に、サイバー流で不足しがちだった除去カバーできる優秀な効果である。召喚を効にされなければ、たとえ除去されても最低限の仕事は行える。
この効果でモンスター除去はできないが、元より戦闘の高いサイバー流では十分対応できるのでさほど問題ではなく、戦闘破壊できないモンスターには「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」で対処が可
ちなみに破壊する魔法カードは自分フィールドのものも選択できるため、自分の「サイバーネットワーク」を破壊して大量展開に繋ぐといった使い方もできる。

2)の効果は、デッキから機械族・属性モンスターを2体まで墓地に送って、その数だけ追加攻撃できる
直接攻撃可な3回攻撃だけでも強なのに、そこに墓地肥やしまでついてくるという破格の性
デッキから送れるモンスターが切れると発動できなくなるが、対モンスターを多めに採用したり、「サイバー・リペア・プラント」の効果などでモンスターデッキに戻せばそうそう弾切れは起こさない。
このカード自体はやや低めの攻撃ではあるが、機械サポートの「リミッター解除」や「パワー・ボンド」で底上げが可モンスターが1体いる状況でも容易く1ショットキルが狙えるだろう。
この効果で墓地に肥やしたサイバー・ドラゴンに「オーバーロードフュージョン」を使用し、2体の「キメラテック・ランページ・ドラゴン」を融合召喚するプレイングも実用的である。
墓地肥やしできるモンスターサイバー以外の機械族も含まれているので、「超電磁タートル」を送って相手ターンに備えたり、生用カードサイバーと相性のいい「銀河戦士」を送ったりできる。

較的容易に召喚できるレベル5モンスターということもあって、状況によってはランク5の「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」のX素材としても利用できる。

総じて使い勝手の良い融合モンスターであり、サイバー流においてエクストラデッキの優先度は高いと言えるだろう。


同パックのワールドプレミアにて、「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」とともに現れたサイバー期待の新人
イラスト中央に描かれるオブジェクトからいくつもの首や尾が生えているその姿は、どことなくそれまでのキメラテックに似た特徴を感じられる。
較的容易な融合素材によって不足しがちだった要素を補えるこのカードの登場は、表サイバー流にとって朗報であった。「ランページ(暴れまわる)」の名の通り、その効果によってフィールドを存分に荒らしてくれることだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キメラテック・ランページ・ドラゴン

6 ななしのよっしん
2015/03/15(日) 01:03:12 ID: jC7Pp1LoTL
みんなインフィニティに注行ってるけど、ランページも強いわ。
墓地肥やしつつ3回攻撃素晴らしい普通こういうタイプモンスターに3回攻撃で直接攻撃できないパターンが多いのに、こいつは3回直接攻撃できるし。

パワボンリミ解で8400,3レンダァ!!相手は死ぬ
7 クロ
2015/03/21(土) 00:35:50 ID: lLJrH4Ad+Q
初手ガン伏せなんて基本せずに初手なんて2、3枚伏せが普通だろうから初手にサイドラ二枚とパワボンあればほぼ1キルできるとかなにこれ凄い。仕留めきれないならそのあとドライだせばノヴァインフィニティだせるからマジお得。
8 ななしのよっしん
2015/04/01(水) 21:48:38 ID: wJerTzMFnJ
サイドラドライツヴァイの三つ首かと思ったけど、
ドライの分って頭までの長さやデザインが他と違ってるんだよな
キマイラ尻尾になってるのと同じ理屈で、ドライの分も頭というより尻尾って可性あるんかな
9 ななしのよっしん
2015/04/15(水) 16:59:43 ID: C6CNxjTw+E
まだランページフォートレスというサイバー要素が見える効果だから
わりとサイバー強化っぽくて好きだけどインフェニティはちょっと引くレベル魔改造だなぁ
10 削除しました
削除しました ID: mT+LugGhQ+
削除しました
11 ななしのよっしん
2015/06/02(火) 17:50:20 ID: EtXVAxREgs
>>10
他のキメラテックはエヴォリューション・レザルト・なんとかだからそれに従えばそれっぽくなるんじゃない?
12 ななしのよっしん
2015/06/16(火) 18:23:07 ID: 5+U4+kLgIw
>>10
エヴォリューション・レザルト・ファランクスとかどうだろう
効果はイレイザーボム
13 ななしのよっしん
2016/04/20(水) 18:12:23 ID: fqj1Yr006L
レーザーとかバリアの攻撃名にショットが入ってるからはエヴォリューションレザルトショットと呼んでる
14 ななしのよっしん
2017/03/21(火) 19:03:39 ID: JFqio9VD9G
インフィニティべればこっちの方が正統な進化をしてると思う
インフィニティの方はサイバー・ダーク関連にした方が、それらしかった気がする
15 ななしのよっしん
2020/02/12(水) 19:15:18 ID: Xqzh9srTnT
ランページの頭って全部がなくなってるな。オーバーに合わせたのかね